ラグビーに夢中で前回の更新からだいぶ間が空いてしまいました。。。

もうリゾート気分もだいぶ色褪せてしまいそうですが、写真を振り返るとその時の記憶が鮮明に蘇ってきました。

という事でつづき。

到着2日目は昨日できなかったホテル内散策。

この写真はホテルの名前を見る事ができる唯一のエリア。

それ以外に”サリンダ・リゾート”の名前を主張しているところは殆どありません。

この前に出すぎない感じもいいですよね。

余裕を感じます。

ではポチポチ施設の散策をしてみましょうか。

 

スポンサーリンク

サリンダリゾート施設散策

レストラン

まず旅行の最初の楽しみは朝ごはんですね。

宿泊棟から徒歩で1分ほどの距離にある建物にレストランはあります。(冒頭の写真のちょうど左側の建物。)

 

入口でルームナンバーを告げ、いざ突入。

中へ入ると、こんだけの人が泊まっていたのかと思うほどの大盛況。

そりゃ宿泊者がみんな来るから当たり前か...

朝食はビュッフェ形式です。

ドリンク&フルーツコーナーに、

パンコーナー。

メインディッシュコーナー。

中ではフォーや卵料理をオープンキッチンで作ってくれています。

サイドもメインも和洋中と種類は豊富。

正直毎日食べても飽きない程です。

こんな感じ👇

 

 

味もどれもレベルが高い!

きっとここに泊まる方は外に朝食を外に食べに行こうという感覚は全くなくなるでしょう。

ちなみにフォーと卵料理は注文に応じて料理してくれるため、テーブルについてから用紙に書いて注文する形です。

フォーはヌードルの種類が選べたり、卵料理はオムレツ、目玉焼き、スクランブルなど色々な種類から選べます。

フォーは毎日スープと具材が変わるので全く飽きません。

レパートリーはまた別の記事でご紹介します。

 

そしてここサリンダの売りは、、、、、

何と言っても、、、

 

スパークリングワイン飲み放題!!!!!

 

2枚目写真の右上に申し訳なさそうに映ってるこれ。

サイダーのようにも見えますが、、

これスパークリングワインなんです!!

しかも何回でもお代わり自由の飲み放題です!!

リゾートホテルで朝からワイン飲み放題。

お酒好きの方にはたまらないサービスですよね。

朝からほろ酔い気分で現実逃避したい方は是非!

私は毎日3~4杯はお代わりしてしまいました。。。

 

もちろんコーヒー、子供用のジュース(娘は毎日アイスチョコを注文)も色々な種類から選択する事ができ、

テーブルにスタッフの方が「お代わりいかが??」と聞きに来てくれます。

テーブルも飲食器具も清潔。

耳には隣で弾くピアノの生演奏の音。(日本の曲も弾いてくれます)

まさに至れり尽くせり。

間違いなく家族で朝の優雅なひと時を楽しめます。

 

プール

そしてリゾートと言えばプール!

8月は雨季真っ只中なので、青い空は見れない覚悟で行きましたが、

降ってもスコールが1時間ほど続く位で、毎日晴れ間が見えました。

プールはレストランから出てすぐの海に面したところにあります👇

DSC_0569

プール越しにフーコックの海を眺めることができます。

DSC_0567

プールの横にはバーがあり、ビーチサイドでお酒や食事も。

カクテル。

写真でかっ。。

けどなんていう飲み物だったかな。。

日本人(に限らず韓国人、中国人などアジア系)のカップル、家族連れも中にはいますが、欧米系の人が6~7割といったところでしょうか。

朝から肌を焼きながら読書をする姿が見られます。

常に人は相当数いますが、”いっぱいで座れない!”という事は一度もなく、いつでもプールサイドでスローライフを味わえるところもポイントが高いですね。

私たち家族はお出かけしない日はきまってここ。

4~5時間は過ごしました。

ただ、一つだけ難点をあげるとすれば、、、

プールの水が塩水でしょっぱい!

という事。

水は清潔で透き通っていますが、日本の感覚でゴーグルなしで飛び込むと痛い目にあいます。

海水や塩水が苦手な方は必ずゴーグルを持っていくか、現地で調達して行かれることを強くおススメします。

 

その他設備

その他旅行するときに気になるポイントを紹介します。

部屋用スリッパ

部屋用サンダルは大人用が2つ用意してあります。

子供用はないので私たちは子供用サンダルを持参しました。

(フロントへ確認しても用意がないとのこと)

 

電源プラグ

部屋付きの電源プラグは複合型で日本で使われているAタイプでも差し込みは可能です。

しかし、ベトナムの電圧は”220V”(日本は100~110V)のため、使用する際は機器の電圧対応表示をよく確認して使用する事をおススメします。

最近の携帯やパソコンは100V~240Vに対応しているので、まず問題ないと思いますが念のため。

私は日本のものをそのまま使用し全く問題ありませんでした。

 

空調設備

部屋の空調設備は日本が世界に誇る空調機メーカー”DAIKIN”です。

1℃単位で設定が出来、しっかりと働きますので部屋の中はいつでも快適に過ごすことができます。

 

部屋からの眺望

今回、(値段の関係で...)シービューではなくマウンテンビューを選択しましたが、青々とした山々が望めるのはそれはそれで悪くありません。

部屋棟から海までは若干距離があるため、(清掃中にこそっと確認した)シービューの部屋でも”海が目の前”という事ではないので、特別なこだわりがなければマウンテンビューでも十分にありかと思います。

 

ベッド

ベッドはキングサイズで3人寝るのには十分な大きさ。

毎日きれいにハウスキーピングしてくれますので、清潔なベッドで朝までぐっすりです。

枕も2種類用意があります。

 

ハウスキーピングの札も洒落てますね👆

 

あと、写真を撮り忘れたんですが、部屋のシャワーの出も悪くありません。

アジアでありがちな”チョロチョロ感”はありませんのでご安心を。

 

その他

ホテル内のトイレも清潔。

わざわざ部屋に帰らなくても快適に用を足せます。

ビリヤード場も空いていれば使い放題。

うちの娘もお陰さまでビリヤードデビューさせることができました。

 

家族で旅行する際、宿泊するホテルに求めるのはやはり清潔感

全部で7泊しましたが、その間不快に感じるところは一度もありませんでした。

スタッフもみな気さくでホスピタリティにあふれているため、困ったら何でも笑顔で相談に乗ってくれます。

さすが五つ星といったところでしょう。

まだまだ書ききれないので、フォー特集、周辺レストランの情報はまた改めて書きたいと思います。

なるべく早く。。

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA