こんにちは内弁慶サラリーマンなんくるナイトです。

今日われらが“ブレイブブロッサムズ”(ラグビー日本代表の愛称)が強豪ウェールズ戦を迎えます。

 

スポンサーリンク

ウェールズ代表

 ウェールズ代表とは

ウェールズ代表は赤いユニフォームとウェールズ国旗に描かれた伝説の竜から

”レッドドラゴンズ”と呼ばれています。

ラグビーW杯では過去全ての大会に出場しており、最高位は第1回の3位。

昨年日本代表が大躍進したイングランド大会でもベスト8に進出しており

11月14日に発表された最新の世界ランキングでは6位(日本代表は11位)と世界の強豪国の一つです。

 

ウェールズは英国に属する国の一つですが、ホーム・ネイションズの名の下

それぞれに独立した協会を持ち、サッカーと同様にW杯のような国際大会には単独チームで参加をしております。

※ちなみに英国を形作るホーム・ネーションズは

イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランドの4か国です。

 

注目選手

 

伝統的にバックスにスター選手が多いような気がしますが、

現在のスター選手は以下の選手が挙げられるのではないでしょうか。

 

サム・ウォーバートン

pht_warburton

 

 

 

 

 

 

 

(出典:J-Sports HPより)

 

生年月日 1988年10月5日

身長/体重 188cm/103kg

ポジション FL(フランカー)

2009年に代表に初選出だれ、22歳の若さでキャプテンに任命された。

フランカーとしてはオーストラリア代表のマイケル・フーパーと並び称される世界的プレイヤーです。

高校時代に現レアル・マドリードに所属するガレス・ベイルと同窓だったらしいです。

 

 

 

You Tubeで彼の映像を見てみてもタックルもえぐいし、

ジャッカル(密集内でボールを奪い取るプレー)も半端ないです。

 

リー・ハーフペニー

pht_halfpenny

 

 

 

 

 

 

 

(出典:J-Sports HPより)

 

生年月日 1988年12月22日

身長/体重 178cm/88kg

ポジション FB(フルバック)

現代ラグビーでは比較的小柄な体格ですが、スピードスターの異名を持つほど

スピードに優れ、正確無比なキックを誇ります。

ヨーロッパ最高のフルバックと言っても過言ではないでしょう。

 

所属クラブはラグビー界のレアル・マドリードと言われるメガクラブのトゥーロン。

あの五郎丸選手が所属しており、ポジション、プレースキッカーとしてもライバル選手です。

しかしイケメンですね~。

 

 

日本代表

 

さて、相対する我らがブレイブブロッサムズも本気布陣です。

先ほど日本ラグビー協会HPでウェールズ代表戦に臨むメンバーが発表されました。

 

11017_japan_member-795x1024

 

注目は何と言っても布巻選手ですね。

名門東福岡高校から早稲田大学、現在はトップリーグの強豪パナソニックに所属してます。

元々はセンターとして花形の選手でしたが、大学3年時にフランカーへ転向し、

そしてついに今年先週行われたジョージア戦で日本代表デビューを果たしました。

布巻選手の特徴も強力なタックルとジャッカル。

サム・ウォーバートン選手とのマッチアップが楽しみでなりません。

 

最近の両国の対戦

 

ラグビーファンの間では記憶に新しい出来事ですが、

ウェールズ代表は2014年に来日をして当時エディー・ジョーンズが

ヘッドコーチをしていた日本代表とテストマッチを行いました。

その当時、ウェールズ代表は英国4か国の選抜チームである

「ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ」

に主力メンバーが参加しており、若手中心の1.5軍レベルのチームで臨みました。

その結果、第1戦こ22対18で勝利を収めましたが、

続く第2戦では8対23と対日本代表戦で歴史上初めての敗北を喫しました。

今回の対戦はその時以来となり前回と同じ槌は踏まないと

先ほど紹介した2人のスター選手を含む本気の布陣で臨む事が発表されております。

リベンジに燃える本気のウェールズとの闘い、

そして会場はウェールズの聖地カーディフ・ミレニアムスタジアム、

これは見逃せませんね!

 

Kick Offは今日11月19日(土)23:30※日本時間

日本テレビ系列でライブ中継も予定されております。

是非みんなで新生ジェイミー・ジャパンを応援しましょう!!

 

それでは今日も”なんくるないさ~!”

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA