リーグ3位、2年連続の大学選手権ベスト8。

創部100周年(2028年度)に向けた強化が実り、近年、”リーグ戦の強豪”の地位へと返り咲いた日本大学

選手権ベスト4以上を狙う新シーズンへ、今年はどのようなメンバーが加入したのか。

新入生の顔ぶれと注目選手をポジション別に見ていきたいと思います。

2021年度新入部員一覧

PO氏名出身校サイズ代表歴
PR中林凪義斗明和県央167/100
PR吉田唯冴仙台育英172/95
PR黒﨑晴貴八千代松陰177/108
PR鈴木力斗佐野日大178/109
PR岩佐夢々目黒学院174/112
PR安原雅人静岡
聖光学院
178/97
PR
HO
江藤大輝大分東明176/101
PR
HO
中野裕翔京都成章167/95
PR
HO
内山玄達明和県央170/100
HO本間颯太国学院
久我山
170/96
HO春野星翔日大高169/97
HO西岡昴石見智翠館173/90
HO
FL
小池太曜桐蔭学園176/96
FL杉崎遼開志国際171/75
FL小柳滉大大分東明175/89
FL白石彪真同朋175/75
FL大野敬鹿児島実173/87
FL四宮勇斗京都成章169/88
FL小池勇斗京都成章169/77
LO
No.8
セコナイア
ブル
大分東明194/128花園
優秀選手
No.8
CTB
廣田薪乃輔日大高180/95
SH山元冬舞東京学館
浦安
166/66
SH中村岳日大藤沢160/65
SH山口隆斗天理167/70
SH石黒康生岐阜工176/83
SH小原零央黒沢尻工168/70
SH
SO
中島佑維人西南学院173/73
SO宮﨑悠馬四日市工172/79
SO
FB
徳永優太佐賀工174/78
WTB西山宏鹿児島実165/72.4セブンズ
アカデミ
WTB田中翔佐野日大165/70
WTB
FB
芳賀直人仙台育英179/83
CTB眞柄澪斗湘南
工科大附
176/78
CTB
WTB
ジョアペ
ナコ
大分東明182/96.5花園
優秀選手
CTB
WTB
中瀬健太郎興国171/76
CTB
WTB
石本純平東京173/80
CTB
FB
川原隆太佐賀工180/78

(情報元:日本大学ラグビー部Instagram)

今季はフォワード22名/バックス15名の総勢37名。

高校代表クラス(U17代表&花園優秀選手&セブンズユース)も3名と、例年以上に充実の布陣となっている。

ポジション別注目選手

ではここからは今年度の注目選手をポジション別に見ていきたい。

フォワード(FW)

フロントロー(PR/HO)

日大躍進の象徴とも言うべき”スクラム”。

その屋台骨を担うフロントローには、実に”13名”が加入。

全体の3分の1以上を占めるこの人数比は異例と言えるが、この点からも”スクラム”へ懸ける日大の本気度が伝わってくる。

個で見ても、

強豪・仙台育英で1年時からレギュラーを張った吉田唯冴選手、

強力フォワード擁する目黒学院の”①番”岩佐夢々選手、

花園3回戦へと躍進した大分東明の”③番”江藤大輝選手、

そして、明和県央の”両輪”としてスクラムを支え、#ラグビーを止めるな2020』プロジェクトでも知られるPR1中林凪義斗選手とPR3内山玄達選手、

など、花園で鳴らした実力者が名を連ねている。

その中でもやはり最大の注目は、中野裕翔選手(京都成章)と西岡昴選手(石見智翠館)の2人。

前者は、京都成章の”不動の①番”として同校史上初の花園準優勝へ貢献。

そして後者は、”花園ベスト4”東福岡を追い詰めた智翠館の中核として、花園全3試合で4本のトライを量産した。

どちらも将来の日大フォワードを支えうる逸材同士。

HO藤村琉士前主将、PR1坂本駿介選手(2019年度主将)という”大駒”が揃って抜けるフロントローへ、1年目から新風を吹かせてくれることを期待したい。

セカンドロー(LO)

このポジションの注目は何と言っても、大分東明初の外国人留学生としてチームを初の花園出場へ導いたLO/No.8セコナイア・ブル選手(大分東明)。

194cm/128kgと規格外のサイズながら、”フィジアン”特有の柔らかいハンドリングとバネのあるランを併せ持つ”フィジカルモンスター”。

昨冬花園でも、ベスト8以上の選手が名を連ねた『大会優秀選手』に、ベスト16のチームから選出された事実からも、この選手が与えたインパクトの大きさを推し量ることが出来る。

フィジーから共に来日したCTBジョアペ・ナコ選手と紡いだサクセスストーリーは、青森山田を初の花園へ導き、今年揃って大東大へ進学したNo.8フィナウ・リサラ選手(青森山田)とCTBヴァイレア・ハニテリ選手(青森山田)のコンビと重なるもの。

共にリーグ戦に所属する強豪同士。

直接対決の実現が今から楽しみだ。

バックロー(FL/No.8)

このバックローで真っ先に名前が挙がるのは、”花園準V”京都成章で不動の地位を築いた四宮勇斗選手(京都成章)。

169cmと上背はないながらも、キャリーやタックルなどコンタクトエリアで精を出すそのプレースタイルは玄人受け抜群。

花園準決勝・東福岡戦で決勝点となったトライは印象的で、今でも鮮明に記憶に残っている。

トライ後、祝福に来た”巨漢LO”本橋選手(⇒帝京大)に吹き飛ばされたのはご愛嬌。

成章からは、”ピラニアタックル”の体現者としてチームからも一目置かれる“ハードタックラー”小池勇斗選手も加入するなど、PR中野裕翔選手含めフォワードの主力3人が日大の門戸を叩く。

藤村琉士前主将を始め先人が築いたこのルートが確立されつつあるのは、フォワード強化を進める日大にとって心強い限りだろう。

 

バックローではこの2人以外にも、

2年時の選抜大会ではフルバック、そして昨冬花園ではロックとして大分東明の躍進を支えた小柳滉大選手、

北信越ブロックを突破し、創部6年目で初の花園出場を果たした開志国際の”主将”杉崎遼選手、

力強さとしなやかさを併せ持つ鹿実の”④番”大野敬選手(鹿児島実)、

など、多士済々のメンバーが揃った。

日大のバックローと言えば、新チームの主将へ就任した飯田光紀選手(4年・日川)、昨季シーズン7トライを挙げたハラシリ・シオネ選手(4年・目黒学院)、さらに、1年目からAチームを経験する佐川奨茉選手(2年・佐野日大)、井上風雅選手(2年・東福岡)らが割拠する激戦区。

彼らと高いレベルで切磋琢磨する姿を楽しみにしたい。

バックス(BK)

ハーフバック(SH/SO)

続いてはバックス。

まずスクラムハーフには、SO阿部凌太選手(⇒関東学院大)と共に”2年生HB団”として花園でも活躍した小原零央選手(黒沢尻工)、創部初の”県ベスト4”に輝いた東京学館浦安の主力で『千葉県優秀選手』にも選出された山元冬舞選手(東京学館浦安)など大量6名が加入。

このポジションには、昨季1年目から開幕スタメンを勝ち取った逸材・前川李蘭選手(2年・目黒学院)、『高校日本代表候補』の”万能バックス”石川留依選手(3年・美里)、佐賀工の心臓部を司った齋藤史也選手(2年・佐賀工)ら実力者が揃うだけに、レギュラー奪取への道のりは極めて険しい。

この中で1年目から定位置争いへ名乗りを挙げる選手が出てくるか。

楽しみにしたい。

 

そしてスタンドオフには、あの五郎丸歩選手(ヤマハ)も付けた”佐賀工の⑮番”を2年生で背負い、3年時には”副将”としてNo.8内川朝陽主将(⇒関東学院大)と共にチームを牽引した徳永優太選手(佐賀工)が加入。

自分以外の誰かのためにプレーできる選手。

1人のラグビーファンとして、子を持つ親として、このような選手を応援しないわけにはいかない。

センター(CTB)

センターの目玉は、大分東明でブル選手と”ツートップ”を張ったジョアペ・ナコ選手(大分東明)。

このしなやかさと破壊力はまさに圧巻。

日大のジャージに身を包み、ピッチを縦横無尽に駆け回る日が楽しみだ。

 

さらにこのポジションでは、全国的には無名な存在ながら、

圧巻のスピードとステップを誇る中瀬健太郎選手(興国)、

そして、前へ出るタックルで魅せる眞柄澪斗選手(湘南工科大附)、

(※HPを確認すると大学ではFLで勝負されるようですね。)

この2人も注目選手として挙げておきたい。

バックスリー(WTB/FB)

最後を飾るバックスリー。

このポジションの注目は、『セブンズユースアカデミー』『TIDキャンプ(Bigman&Fastman Camp)』に選出された経歴を持つ西山宏選手(鹿児島実)。

2019年度に行われた『セブンズユース・フィジー遠征』では、志氣陸王選手、高本とむ選手、山口泰輝選手(共に帝京大2年)など、1つ上にそうそうたるランナーが名を連ねる中で”2年生”として参加。

2年生で選ばれたのは、他にFB金昂平選手(大阪朝鮮⇒明治大)、FB阿曽有馬選手(中部大春日丘⇒近大)のみという事実からも、この選手のポテンシャルの高さを窺い知ることができる。

昨冬花園では1回戦(札幌山の手戦)の前半で途中交代と、不完全燃焼に終わっているだけに、是非大学の舞台でそのポテンシャルを爆発させる姿を見せてほしい。

さらにこのポジションでは、佐賀工でFB徳永選手とバックスリーを形成した川原隆太選手(佐賀工)、仙台育英の切り札・芳賀直人選手(仙台育英)と、共にサイズに恵まれた2人の”フィニッシャー”にも注目をしたい。

<新入生情報2021↓>

【新入生2021まとめ】大学ラグビー 2021年度新入部員

<卒業生進路&2021展望↓>

日大ラグビー部 卒業生進路と2021年展望

【新チーム大予想まとめ】大学ラグビー 卒業生進路と2021年展望

<新体制情報↓>

【2021最新】関東大学ラグビー リーグ戦1部 新体制まとめ

コメントを残す

CAPTCHA