昨季、3年ぶりに”正月越え”を果たした帝京大学

惜しくも覇権奪回はならなかったものの、王者のプライドを胸にチームをベスト4まで押し上げた『黄金世代』の奮闘劇は、「帝京ここにあり」を証明し多くの人の心を打った。

優勝を知る最後の世代が卒業し、”帝京新時代”として新たなスタートを切る2021年度シーズン。

そのチームへ新たに加入したのは果たしてどのようなメンバーなのか。

新入生の顔ぶれと注目選手をポジション別に見ていきたい。

2021年度新入部員一覧

PO氏名出身校サイズ代表歴
PR梅田海星秋田工176/108
PR北野匠海滋賀学園182/115
PR高比良駿介長崎南山176/104
PR小林龍司御所実177/105U17代表
PR依藤駿之介常翔学園180/108
PR
HO
髙山碧惟大阪桐蔭171/95
PR
HO
小玉明知流経大柏181/103
HO伊藤大心八千代松陰173/82
HO
FL
當眞 蓮流経大柏176/92U20候補
HO
No.8
佐地麟太朗保善176/95

LO

青木恵斗

桐蔭学園

187/110
U17代表
高校候補
花園
優秀選手
U20候補

LO

本橋拓馬

京都成章

192/113
U17代表
高校候補
花園
優秀選手
U20候補
LO
FL
No.8
平井半次郎御所実177/95
FL
No.8
伊東龍一朗高川学園175/80
FL
No.8
グアイニ優人石見智翠館177/86
FL
No.8
知念優来常翔学園171/90

No.8
FL

倉橋歓太

東海大仰星

180/104
花園
優秀選手
U20候補
FL
No.8
福井 蓮東福岡174/88U17代表
FL
No.8
森元一気尾道169/81
SH上村樹輝京都工学院165/63
SH李 錦寿大阪朝鮮174/78
SO野口順平東京165/70
SO
CTB
セバスティーン
ワットニ
ヘルプメカー
カレッジ
182/84
SO
CTB
久木野太一小倉176/86U17代表
SO
WTB
吉本恵太富山第一173/74
SO
FB
小村真也ハミルトン
ボーイズ
179/80U20候補
CTB田中 翔高鍋171/80
CTB森 寛大光泉176/91
CTB
FB
キアヌ・クッツェズワートコップ178/90
CTB
WTB
FB
五島 源尾道170/102
CTB
FB
松澤駿平京都成章177/85花園
優秀選手
WTB中村海斗関商工174/78
WTB青柳龍之介國學院栃木176/83
WTB
FB
岩田一真関大北陽180/74
WTB
FB
山田駿也長崎北陽台172/74
FB
WTB
寺山廉太郎京都工学院165/70

(情報元:帝京大学ラグビー部HP)

今年は総勢36名が加入。

代表クラスの数は7名と10名を擁した明治には及ばないものの、花園を湧かせたスター選手が揃い、実に豪華な顔ぶれとなっている。

ポジション別注目選手

ここからは注目選手をポジション別に見ていきたい。

フォワード(FW)

フロントロー(PR/HO)

PR清水岳選手(現トヨタ)、HO李承爀選手(現/Honda)ら主力が多く卒業したフロントロー。

このポジションには、

”大阪府中学選抜”の主力として『全国ジュニア大会』で優勝した実績を持つ大阪桐蔭の”共同主将”高山碧惟選手(※同校からの主将経験者の入部は5年連続)、

花園ベスト8へ進出した流経大柏の”闘将”當眞 蓮選手(流経大柏)、

”東北の雄”秋田工で2年時からレギュラーとして活躍した梅田海星(秋田工)、

そして、体格や身体能力に優れた選手を発掘するプロジェクト『TIDキャンプ』へ”BIGMAN”として選出された経歴を持つ北野匠海選手(滋賀学園)、

など、今年もその顔ぶれは豪華そのもの。

 

中でも個人的に注目するのは、御所実”不動の③番”小林龍司選手。

花園で準優勝に輝いた2019年度からチームの中核を担い、『U17日本代表』にも名を連ねた世代屈指のフロントロー。

中学2年で母親を亡くし、その翌年には父が病に倒れる、、それでも大好きなラグビーを続ける選択をした同選手。

困難な状況に直面しても決して失わなれなかったその情熱、親代わりとしてこの選手を温かく迎え入れた竹田監督、そして、3年間ラグビーに打ちこめる環境を提供した御所実業というチームに心から敬意を表したい。

大学でも是非この笑顔を失わず、ラグビーを楽しんでもらいたい。

 

セカンドロー(LO)

このポジションの目玉は何と言っても、青木恵斗選手(桐蔭学園)と本橋拓馬選手(京都成章)の2人だろう。

前者は、No.8佐藤健次主将(早大1年)と双璧をなす”桐蔭のツートップ”として、『花園2連覇』の偉業を達成。

そして後者は、”史上最大フォワード”と評された2019年度から主力を張り、昨冬花園では同校史上初の『準優勝』へ貢献した。

共に押しも押されぬ高校ラグビー界最強の”ツインタワー”。

おそらく全ての大学が欲しがったであろうこの2人が揃って入部するあたり、『帝京ブランド』はやはり健在。

このハイレベルな環境の下、果たしてどこまで進化を遂げていくのか。

帝京ファンのみならず、全てのラグビーファンが彼らの成長を楽しみにしていることだろう。

 

バックロー(FL/No.8)

帝京の生命線”ブレイクダウン”を司るバックロー。

このポジションもまた凄い。


LO/FL/No.8平井半次郎選手(御所実)

花園準Vに輝いた2019年度から主力を張る御所実”不動の④番”。

この選手の強力なフィジカルとキャリーへ入るアングルは必見。

花園を主催する”MBS(毎日放送)”の選ぶ『注目選手』にも選出。

 


FL/No.8グアイニ優人選手(石見智翠館)

花園ベスト4・東福岡を追い詰めた智翠館の”大黒柱”。

屈強なフィジカルにバックス並みのスピードとステップを併せ持つ”オールラウンダー”。

平井選手同様、花園『注目選手』へ選出。

 


FL/No.8知念優来選手(常翔学園)

171cmと小柄なサイズながら、強靱な足腰とワークレートの高さで、2年時から”常翔の⑧番”を背負ってきた逸材。

 


FL/No.8倉橋歓太選手(東海大仰星)

『全国ジュニア大会』を制した2017年度の”大阪府中学選抜”の中核。

懐の深いランと味方のピンチを救うジャッカル、攻守に身体を張ったプレーで、1年時から仰星で不動の地位を築く。

昨冬花園の『大会優秀選手』に選出。

 


FL/No.8福井 蓮選手(東福岡)

ボールキャリーにタックルやジャッカル。

コンタクトエリアで抜群の強さを発揮するヒガシのファイター。

兄であるHO福井翔選手(3年)と共に『深紅のジャージ』獲得へ挑む。

 


FL/No.8森元一気選手(尾道)

花園準V京都成章へ真っ向勝負を挑んだ尾道の闘将。

小柄な身体ながら相手へ深く突き刺すタックルで魅せる。

 

正直、、、ここまで”スター級”が集結すると圧巻すぎて言葉が出てこない。

いずれにしても、ここから4年間彼らが形成するバックローは、他校にとって脅威となってくることは間違いないだろう。

 

バックス(BK)

ハーフバック(SH/SO)

続いてはバックス。

まずスクラムハーフには、

部員数39名で花園ベスト4の実績を残した”レジェンドチーム”の副将・李錦寿選手(大阪朝鮮)、

 

そして、中学時代はFL福井蓮選手と共に”京都府中学校選抜”の一員としても活躍した京都工学院の副将・上村樹輝選手が加入。

片岡祐二選手(3年・京都成章)、前田翔哉選手(3年・常翔学園)ら、世代別の代表クラスが集結するこのポジションで頭角を現すことが出来るか。

 

そして“スタンドオフ”。

このポジション最大の注目は、本場NZからの”逆輸入”小村真也選手(ハミルトンボーイズ)。

高校でNZへの留学を選択したこともあり、全国的な知名度はまだ低いものの、中学時代は『全国ジュニア大会』を制した大阪府中学選抜で”エース兼主将”を務め、大会後には『大会優秀選手』にも選出されるなど、プレーを目にした識者の間では”世代No.1”とも評される逸材中の逸材だ。

あのNZの名門校で”ファーストスコッド”にも名を連ねたその実力は果たして如何に。

ベールを脱ぐ日が今から楽しみでならない。

 

さらにこのポジションでは、

多彩なキックとパスを操る東京の司令塔・野口順平選手(東京)、

ヒガシ勢が中核をなした『U17九州代表』の主力で、『U17日本代表』にも名を連ねた小倉の主将・久木野太一選手も楽しみな存在だ。

 

センター(CTB)

このポジションにも、

花園で初の正月越えを果たした光泉の”副将”で、『U17近畿代表』でも主力を務めた森 寛大選手(光泉)、

抜群のコンタクトスキルとステップワークを兼ね備える成章の”攻守の要”松澤駿平選手(京都成章)、

など、いずれも世代屈指のランナーが顔を揃えた。

尾崎泰雅選手(現/サントリー)、ニコラス・マクカラン選手ら”大駒”が抜けたこのポジションで、1年目からその穴を埋める活躍を見せることが出来るか。

注目したい。

 

バックスリー(WTB/FB)

そして最後はバックスリー。

このポジションにも、

花園注目選手』にも選ばれるなど、1年時から花園を席巻してきた北陽台の”スピードスター”山田駿也副将(長崎北陽台)。

華麗なステップワークと視野の広いプレーで、2年時から名門・国栃の”エース”を担ってきた青柳龍之介選手(國學院栃木)、

『U17東海代表』でも違いを生み出すランを連発した”フィニッシャー”中村海斗選手(関商工)、

”FASTMAN”として2019年度の『TIDキャンプ』へ参加した経歴を持つ岩田一真選手(関大北陽)、

そして、小柄な身体ながら切れ味鋭いランでチームを牽引した工学院の”主将”寺山廉太郎選手(京都工学院)など、

ラストを飾るに相応しいタレントが名を連ねた。

いずれも将来の帝京バックスを背負って立つ俊英揃い。

彼らが『真紅のジャージ』に袖を通し、ピッチを躍動する姿を楽しみにしたい。

対抗戦2021の視聴方法について

今年の関東対抗戦も”J SPORTSオンデマンド”が、開幕節から最終節までLive配信を中心に全試合を配信してくれます。※見逃し配信あり

なんくる
毎年ありがとうございます!

帝京大戦9月配信スケジュール

9月12日(日)

12:30~:帝京大 vs 筑波大 (Live)

9月25日(土)

12:30~:帝京大 vs 青山学院大 (Live)

J SPORTSオンデマンド公式へ

<対抗戦2021試合結果速報>

【結果速報】大学ラグビー2021 関東対抗戦Aグループ 日程と順位表

<卒業生進路&2021展望↓>

帝京大ラグビー部 卒業生進路と2021年展望【新チーム大予想】

<新入生情報2021↓>

【新入生2021まとめ】大学ラグビー 2021年度新入部員

コメントを残す

CAPTCHA