2020年度シーズンへ向けた各大学の戦力予想。

新戦力を迎え入れ、新たなシーズンへ臨む各チームの戦力図と布陣はどのようになっているのか!?

例年よりも少々早い時期ですが、個人的な戦力予想をしてみたいと思います。

予想する方法は、”昨年までの活躍”、”Aチームへの絡み”、”今後の期待値”などを鑑みて、各ポジションの『本命』、『対抗』、『期待』選手を挙げ、最後に現時点での”予想布陣”を見ていきます。

※あくまで私個人としての意見です。

今回お送りするのも『天理大学』。

前回のフォワードに引き続き、今回はバックスの戦力を考えてみたいと思います。

それではいってみましょう。

フォワード編はこちら↓

【戦力予想2020】関西Aリーグ 天理大学 ~FW編~

2019年度基本布陣

今季の布陣を考える前に、まずは昨年度のメンバーを振り返ってみます。

※太字は4年生

9 SH
藤原 忍③
(日本航空石川)

12 CTB
市川敬太③
(日新)

10 SO
松永拓朗③
(大産大付)

13 CTB
シオサイア・
フィフィタ③
(日本航空石川)

11 WTB
江本洸志②
(日本航空石川)

15 FB
立見聡明④
(明和県央)

14 WTB
荒川浩二郎②
(光泉)

バックスの主力で唯一の4年生だったFB立見聡明選手(現/豊田自動織機)が、リーグ終盤に前十字靱帯断裂という大怪我を負い離脱。

その後、4年生不在のメンバーで、大学選手権ベスト4という結果を残したことは賞賛に値します。

ただ、1年生の頃から”漆黒ジャージ”に袖を通し、”BKリーダー”としてゲームメイクもこなせる大黒柱の不在はやはり大きかった。

例え”たられば”だとしても、立見選手がいてくれたら、、、という想いは、天理ファン共通のものでしょう。

それでも、藤原選手、松永選手、フィフィタ選手といった”ビッグネーム”は今年も健在。

彼ら『黄金世代』が最終学年として充実期を迎える今季は、天理にとって勝負の年。

悲願の日本一を狙えるだけのメンバーは揃っていると言えます。

2020年度戦力予想~バックス編~

それでは、ここから各ポジション毎に今年度の戦力予想をしていきたいと思います。

ハーフバック

<9番スクラムハーフ>

9番SH 戦力予想

【本命】 藤原 忍選手(4年・日本航空石川)

【対抗】 臼井礼二朗選手(4年・天理)

【期待】 マーク・フアタ選手(1年・ネイビア)

”9番”の本命は、今年も藤原忍選手(4年・日本航空石川)が最有力。

テンポを生み出すパスワーク、味方を前進させるキック、スペースを巧みに突くランで1年生から天理の”9番”を背負い、『ジュニア・ジャパン』『U20日本代表』にも名を連ねる世代屈指のスクラムハーフ。

中でも特筆すべきは、チームが劣勢に立たされても強気の姿勢を決して崩さず、声とプレーで味方を鼓舞し続けるその強靱なメンタル。

敵としては非常に厄介な選手ですが、味方にいたらこんな頼もしい存在はいません。

今年もチームにとって不可欠な存在でしょう。

 

そして”対抗”と見るのは、昨季、藤原選手のバックアッパーとしてシーズン全試合でベンチ入りを果たした臼井礼二朗選手(4年・天理)。

天理高時代は2年生で主力として花園ベスト8を経験し、3年時には”高校日本代表候補”にも選出された逸材。

同学年に強力なライバルが存在するとはいえ、このまま2番手で終わる選手ではないはずです。

 

そして”期待する選手”に挙げるのはマーク・フアタ選手(1年・ネイビア)。

他校でもなかなかお目にかかることのないスクラムハーフの留学生。

彼のインスタグラムによると年齢は22才で、完成された体格はとてもハーフとは思えません。。。


実力は未知数ながら、大器の予感が漂います。

 

<10番スタンドオフ>

10番SO 戦力予想

【本命】 松永拓朗選手(4年・大産大付)

【対抗】 

【期待】 臼杵大佑選手(2年・開志国際)

”10番”のポジションを担うのは、やはり松永拓朗選手(4年・大産大付)。

パス、キック、ランと司令塔に求められるスキルを全て高次元で持ち合わせる”魅惑のファンタジスタ”。

思い出されるのは2年前の大学選手権決勝・明治戦。

左膝の陥没骨折と靱帯損傷という大怪我を抱えながら、テーピングでガチガチに固められた脚で果敢に天理のアタックをリードし、山沢京平選手(明大4年)へ真っ向からキッキングゲームを挑んだあの姿は、決して忘れることが出来ません。

”BKリーダー”へ就任し、満を持して迎えるラストイヤー。

天理初の戴冠にはこの選手の力が必要です。

 

そして期待する選手に挙げるのは臼杵大佑選手(2年・開志国際)。

高校時代は2年生でチームの司令塔を務め、第97回大会(2017年度)の花園県予選決勝では、それまで13年連続で花園出場を続けていた王者・新潟工をあと一歩のところまで追い詰めた実績(●7-14)を持つ好選手。

全国的には無名な存在ながら、昨年、ルーキーとしてジュニアリーグ3試合で”10番”を任された事実は、首脳陣からの期待値の表れ。

まだ私自身プレーを拝見したことはありませんが、今年活躍が楽しみな選手の1人です。

 

センター

<12番センター>

12番CTB 戦力予想

【本命】 市川敬太選手(4年・日新)

【対抗】 土橋源之助選手(4年・光泉)

【期待】 前川風雅選手(1年・天理)

続いてはセンター。

まず”12番”は、昨季、関西リーグ第4節以降の全ての試合で”12番”を背負った市川敬太選手(4年・日新)が”本命”。

全国では無名の高校出身ながら、強靱な足腰と爆発的な加速力でピッチを躍動。

昨年の選手権準決勝早稲田戦で見せた、鋭角なアングルチェンジからのトライも秀逸でした↓

叩き上げの逸材を続々輩出する天理ならではの実力者。

最終学年として迎える今年も、主力としての活躍が期待されます。

 

そして”対抗”と見るのは、2年生の頃から”漆黒ジャージ”に袖を通してきた土橋源之助選手(4年・光泉)。

昨季は春シーズンの多くの試合でフィフィタ選手とセンターコンビを組み、大学選手権準決勝(早稲田戦)ではウィングとしてスタメン出場を果たすなど、ポリバレントな能力を遺憾なく発揮しました。

今年はウィング、センターどちらで起用されるのか現時点では分かりませんが、同学年のライバル・市川選手との定位置争いは熱いものになりそうです。

 

そして期待する選手に挙げるのは、前川風雅選手(1年・天理)。

今年度ルーキーの中でも個人的な注目選手の”筆頭格”。

天理高では2年生で主力として花園ベスト8へ貢献し、主将を務めた3年時には選抜大会ベスト4という結果を残すなど、文字通りチームの”大黒柱”として君臨。

共に”高校日本代表候補”に選ばれたエースWTB豊田祐樹選手(天理大1年)とのコンビで、数多くのトライを演出してきました。

この美しすぎるトライは、第98回大会のベストトライの一つ。

天理が誇る”ランニングラグビー”の系譜を継ぐ存在として、1年目からAチームへ絡む活躍を期待したいと思います。

 

<13番センター>

13番CTB 戦力予想

【本命】 シオサイア・フィフィタ選手(4年・日本航空石川)

【対抗】 

【期待】 マナセ・ハビリ選手(1年・高知中央)

続く”13番”。

ここは、『天理黄金世代』の中心的存在でもあるシオサイア・フィフィタ選手(4年・日本航空石川)が揺るぎない”本命”です。


今年は大学生としてサンウルブズの”シーズンスコッド”に選出され、スーパーラグビー全6試合全ての試合で先発出場を果たすなど、その実力が世界で通用することを改めて証明して見せました。

チームの”副将”へ就任し迎える今季は、大学ラストイヤー。

”天理の大器”から”日本の至宝”へ。

いよいよその真価が問われます。

 

そして”期待する選手”に挙げるのは、高知中央の誇る”万能バックス”マナセ・ハビリ選手(1年)。

頑強なフィジカルと卓越したランスキルを持ち、2年連続で”高校日本代表候補”に選出された傑物。

高校時代は主にフルバックとして豪快なカウンターアタックを幾度も披露してきましたが、HPで確認する限り大学ではセンター登録。

来年卒業を迎えるフィフィタ選手の後継者として、1年目から台頭を期待したいところです。

 

バックスリー

<11番ウィング>

11番WTB 戦力予想

【本命】 江本洸志選手(3年・日本航空石川)

【対抗】 内村祐介選手(3年・天理)

【期待】 豊田祐樹選手(1年・天理)

続いてはバックスリー。

まず”11番”は、昨シーズン、2年生ながらレギュラーを勝ち取り、シーズン全試合で先発フル出場と不退転の活躍を見せた江本洸志選手(3年・日本航空石川)が”本命”。

昨季の関西リーグでは個人で11トライを記録し、今年の3月に行われた『ワールドラグビーパシフィック・チャレンジ2020』では”ジュニア・ジャパン”の一員として2試合に先発するなど、高い決定力を誇る世代屈指のフィニッシャー。

今年はフルバックが空位となるため、高校時代に慣れ親しんだ”15番”としての起用も非常に魅力的ですが、エースとして大外で疾走する働きを期待し、ウィングのポジションで選出させて頂きます。

 

そして江本選手の”対抗”と見るのは、昨シーズンジュニアリーグで主力を務め、リーグ戦でも2試合に出場した実績を持つ内村祐介選手(3年・天理)。

個人的に”期待する選手”には、昨年度の選抜大会で個人11トライを記録し、”高校日本代表候補”にも選出された天理の誇るスピードスター豊田祐樹選手(1年・天理)を挙げたいと思います。

 

<14番ウィング>

14番WTB 戦力予想

【本命】 荒川浩二郎選手(3年・光泉)

【対抗】 アントニオ・トゥイアキ選手(2年・ロトルア)

【期待】 

続く”14番”の本命には、昨シーズン、リーグ戦5試合&大学選手権2試合でスタメン出場を果たした荒川浩二郎選手(3年・光泉)を挙げます。

180cmの長身を生かしたダイナミックなランと、ディフェンスラインを切り裂くスピードは、フィニッシャーとして魅力十分。

今季も怪我無く、シーズンを通し活躍してくれることを期待します。

 

そして”対抗”に推すのは、アントニオ・トゥイアキ選手(2年・ロトルア)。

来日1年目の昨季は、大学選手権準々決勝の流経大戦で、途中出場からすぐさま奥長凌太選手(現/JR西日本)のトライを演出するなど、主にウィングとして起用されました。

バックスリーの選手として魅力的なサイズ(187cm/83kg)を誇るこの選手を今年は是非スタメンで、、という気持ちは強くあります。

しかし、”3人の外国人枠”を考えると、フォワードの2人(LOモアラ選手/No.8ケレビ選手)と、CTBフィフィタ選手はやはりファーストチョイスになると予想。

そうなるとアントニオ選手は、今年も試合後半に流れを変える”インパクトプレーヤー”として起用される可能性が高いと見ます。

 

<15番フルバック>

15番FB 戦力予想

【本命】 津野来真選手(2年・天理)

【対抗】 國本茂孝選手(4年・石見智翠館)

【期待】 本田飛翔選手(1年・天理)

最後を飾るのは、昨季まで立見選手が不動の地位を築いてきたフルバック。

選択肢も豊富で非常に悩ましいポジションですが、ここの”本命”には津野来真選手(2年・天理)を推したいと思います。

弟分・天理高で2年生から主力として活躍し、3年時に出場した選抜大会では個人9トライと大爆発。14年ぶりの選抜ベスト4という結果を導くと共に、その年の”高校日本代表候補”にも選出されます。

しかし、大黒柱として臨むはずだった花園では、大会直前の骨折により無念の負傷欠場。

大胆なポジションチェンジなどの創意工夫を重ね、エース不在のまま花園でベスト8まで勝ち進んだ天理の快進撃は強く心を打たれるものでした。

ただその一方で、もしこの選手が全開でプレーしていれば、という思いが私の中に今なお残っていることも事実。

それほどのインパクトを与えてくれる選手です。

大学1年目の昨季はコルツでの出場が多く、Aチームでの実績はまだ乏しいものの、この選手の持つスキルとダイナミズムは、日本一を目指す天理にとって”ラストピース”となり得る存在と個人的には見ています。

 

そして”対抗”として挙げるのは、昨季ジュニアリーグで主戦のフルバックとして活躍し、Aリーグの近大戦では”14番”を背負い出場した國本茂孝選手(4年・石見智翠館)。

抜群の加速力、キレキレのステップ、一撃必殺のタックル。
個々の能力が高い智翠館出身者らしく、スキルフルな好ランナーです。
4年目での定位置奪取へ。
今年もレギュラー争いに絡んでくることは間違いないでしょう。
そして、津野選手から天理の”15番”を受け継いだ本田飛翔選手(1年・天理)にも、1年目からAチーム絡んでくるポテンシャルは十分にあると見ています。
3年ぶりに空位となり激化が予想される”15番”のレギュラー争い。
頂点を目指すチームで仲間の信頼を勝ち取り、”最後の砦”として君臨するのはどの選手か。
シーズン開幕が今から楽しみでなりません。

2020年度予想布陣

9 SH
藤原 忍④
(日本航空石川)

12 CTB
市川敬太④
(日新)

10 SO
松永拓朗④
(大産大付)

13 CTB
シオサイア・
フィフィタ④
(日本航空石川)

11 WTB
江本洸志③
(日本航空石川)

15 FB
津野来真②
(天理)

14 WTB
荒川浩二郎③
(光泉)

<天理フォワード編はこちら↓>

【戦力予想2020】関西Aリーグ 天理大学 ~FW編~

<同志社編はこちら↓>

【戦力予想2020】関西Aリーグ 同志社大学 ~FW編~

【戦力予想2020】関西Aリーグ 同志社大学 ~BK編~

<立命大編はこちら↓>

(最新)【戦力予想2020】関西Aリーグ 立命館大学 ~FW編~

(最新)【戦力予想2020】関西Aリーグ 立命館大学 ~BK編~

<他リーグ予想はこちら↓>

【戦力予想まとめ】2020年度大学ラグビー主要リーグ メンバー予想

コメントを残す

CAPTCHA