2020年度シーズンへ向けた各大学の戦力予想。

新戦力を迎え入れ、新たなシーズンへ臨む各チームの戦力図と布陣はどのようになっているのか!?

例年よりも少々早い時期ですが、個人的な戦力予想をしてみたいと思います。

今回は昨シーズン関西Aリーグを全勝で制し、創部初となる”リーグ4連覇”を達成した関西王者『天理大学』。

予想する方法は、”昨年までの活躍”、”Aチームへの絡み”、”今後の期待値”などを鑑みて、各ポジションの『本命』、『対抗』、『期待』選手を挙げ、最後に現時点での”予想布陣”を見ていきます。

※あくまで私個人としての意見です。

では、まずはフォワード編からいってみましょう。

2019年度 基本布陣

今季の布陣を考える前に、まずは昨年度のメンバーを振り返ってみます。

※太字は4年生

1 PR
谷口祐一郎③
(東海大仰星)

2 HO
北條耕太④
(天理)

3 PR
小鍛冶悠太③
(大産大付)

4 LO
ナイバルワガ
セタ①
(秋田工)

5 LO
アシペリ・モアラ②
(日本航空石川)

6 FL
岡山仙治④
(石見智翠館)

8 No.8
ジョネ・ケレビ②
(ナタプア)

7 FL
松岡大和③
(甲南)

爆発的な突破力でチームを牽引し続けた岡山仙治前主将(現/クボタ)、そして 昨シーズン全試合で”2番”を背負った北條耕太選手(現/栗田工業)が卒業。

それでも、関西リーグを全勝で駆け抜け、大学選手権ベスト4という実績を残した主力6人は今年も健在です。

新主将へ就任したFL松岡大和選手(甲南)を始め、下級生時代からAチームでの経験を積んできた選手も多く、今年は昨季以上の成績を狙える強力布陣と言えます。

2020年度戦力予想~フォワード編~

それではここから各ポジション毎に今年度の戦力予想をしていきたいと思います。

フロントロー

<1番プロップ>

1番PR 戦力予想

【本命】 谷口祐一郎選手(4年・東海大仰星)

【対抗】 高橋虎太郎選手(3年・報徳学園)

【期待】 奥村英人選手(4年・東福岡)

天理の生命線である”スクラム”を支えるフロントロー。

まず”1番”のポジションは、昨シーズン全試合でスタメンに名を連ねた谷口祐一郎選手(4年・東海大仰星)が今年も本命です。

東海大仰星時代から対人プレーの強さと抜群の機動力を武器に”強くて速いプロップ”として花園を席巻し、『高校日本代表』『ジュニアジャパン』『U20日本代表』と年代別の代表を歴任してきた世代屈指のフロントロー。

今年の2月にはサンウルブズの『シーズントレーニングスコッド』へ選出され、春先にはハリケーンズ(NZ)での武者修行を敢行するなど、世界を視野にその活動の場を広げています。

”FWリーダー”として迎える今年は、スクラムだけではなくチームの中心としてフォワードを牽引する役割が期待されます。

 

そして谷口選手の”対抗”と見るのは高橋虎太郎選手(3年・報徳学園)。

昨季は谷口選手のバックアッパーとしてリーグ戦全試合に出場し、PR小林賢太選手(早大3年)、PR紙森陽太選手(近大)ら世代を代表するタレントと共に『U20日本代表候補』にも選出。

3年目を迎える今季。

谷口選手を脅かす活躍を見せることが出来るか。

注目の選手です。

 

そして”期待する選手”に挙げるのは、高いワークレートに定評のある奥村英人選手(4年・東福岡)。

昨年はジュニアリーグを主戦場として経験を積み、今年はいよいよラストイヤー。

4年目でのリーグ戦デビューへ期待がかかります。

 

<2番フッカー>

2番HO 戦力予想

【本命】 谷口永遠選手(2年・関大北陽)

【対抗】 佐藤康選手(3年・天理)

【期待】 伊藤健太選手(4年・八戸工)

北条選手が抜けたフッカーのポジション。

その穴を埋める役割は、谷口永遠選手(2年・関大北陽)が担うことになると見ます。

昨年度はルーキーながらリーグ第4節以降にAチームへ定着すると、大学選手権では途中出場ながら準々決勝・準決勝の舞台も経験。

さらに今年の3月には”ジュニア・ジャパン”の一員として、『ワールドラグビーパシフィックチャレンジ2020』へ参戦し、初戦のトンガ戦に先発出場、第2戦のサモア戦では途中出場から2トライを記録するなど、世界を舞台に強烈なインパクトを残しました。

2年目となる今季はスクラムの要として、”天理最強スクラム”の構築を期待したいところです。

 

そして谷口選手の”対抗”と見るのは、1年生の時にリーグ戦へ出場した経験を持つ佐藤康選手(3年・天理)。

昨季はジュニアリーグを舞台に、谷口選手、そして卒業した吉田慶規選手と共に激しい定位置争いを繰り広げました。

空位となったポジションを争う今季は、佐藤選手にとっても勝負の年。

Aチームへ絡む活躍を是非見せてほしいと思います。

 

そして期待する選手に挙げるのは、昨季春シーズンはAチームへ絡む活躍を見せながら、シーズン終盤はコルツでのゲームも経験した伊藤健太選手(4年・八戸工)。

最終学年での巻き返しはなるか。

4年生の意地に期待したいところです。

 

<3番プロップ>

3番PR 戦力予想

【本命】 小鍛冶悠太選手(4年・大産大付)

【対抗】 西山隆希選手(4年・興国)

【期待】 金山忠次選手(2年・天理)

”3番”のポジションは、昨シーズン全試合でスタメンを張った小鍛冶悠太選手(4年・大産大付)が今年も”本命”。

2年生の頃から主力を担い、”低くて強いスクラム”を体現するこの選手は、今年も外すことはできません。

 

そして、その”対抗”に推すのは、昨シーズンリーグ開幕から3試合でベンチ入りを果たした西山隆希選手(4年・興国)。

”期待する選手”には、『高校日本代表候補』『U20日本代表候補』に選出された経歴を持つ逸材・金山忠次選手(2年・天理)を挙げたいと思います。

また上記3人以外にもこのポジションでは、180cm/106kgという恵まれたサイズを持ち、昨年リーグ戦にも出場した経験を持つ岩室勇汰選手(3年・柏原)も有力候補の1人。

HP上では”ロック登録”となっているためここでは名前を挙げてはいませんが、岩室選手の去就によって、このポジションにおける各選手の立ち位置や、戦力図も変わってきそうです。

セカンドロー

<4番ロック>

4番LO 戦力予想

【本命】 ナイバルワガ・セタ選手(2年・秋田工)

【対抗】 中鹿 駿選手(4年・光泉)

【期待】 

続いてはロック。

まず”4番”は、昨季、ルーキーながらシーズン全9試合中7試合で先発フル出場を果たしたナイバルワガ・セタ選手(2年・秋田工)がやはり本命でしょう。

小柄な選手が並ぶ天理フォワードにあって、チーム最長身となる”188cm”のサイズはやはり魅力。

今年の3月には『ジュニア・ジャパン』のメンバーとして世界も経験し、天理ではラインアウトの中心も担うセタ選手。

今年も欠かせない存在であることは間違いありません。

 

そして、セタ選手の”対抗”と見るのは、昨季全試合でベンチ入りを果たし、摂南大戦では”4番”を背負いスタメン出場した中鹿 駿選手(4年・光泉)。

4年目でのレギュラー奪還へ。

今季に懸ける想いは人一倍強いはずです。

<5番ロック>

5番LO 戦力予想

【本命】 アシペリ・モアラ選手(3年・日本航空石川)

【対抗】 野田海生選手(3年・市尼崎)

【期待】 紺谷憲治選手(4年・天理)

続く”5番”は、入学から2年間、シーズン全試合で先発出場を続けるアシペリ・モアラ選手(3年・日本航空石川)が、不動の地位を築きます。

この破壊力でまだ3年生。。。

あと2年この選手が”漆黒ジャージ”をまとう姿が見れることは、ファンにとって心強い限りでしょう。

 

そして、”対抗”と見る選手には、昨シーズン主にジュニアリーグで活躍し、3年目でのブレークに期待がかかる野田海生選手(3年・市尼崎)。

”期待する選手”には、昨季の春シーズンではAチームとしても試合に出場していた紺谷憲治選手(4年・天理)を、それぞれ挙げたいと思います。

バックロー

<6番フランカー>

6番FL 戦力予想

【本命】 小林真陽選手(3年・天理)

【対抗】 宮田隆平選手(3年・福岡工大城東)

【期待】 奥平龍ノ介選手(4年・名古屋)

続いてはフォワード第3列。

まずは昨年までの3年間、岡山前主将が不動の地位を築いてきた”6番”。

今年、このポジションの”本命”に推すのは小林真陽選手(3年・天理)。

中学時代に天理高のラグビーに憧れ、地元・長野県を離れ天理の門戸を叩く決意をした勇気ある挑戦者。

天理高時代は下級生の頃から伝統の”純白ジャージ”に袖を通し、高3時(2017年度)には主将として名門を牽引。

2年生で迎えた昨年は、第3節の摂南大戦でAリーグデビューも果たしました。

HO北条耕太選手(天理高-天理大)が卒業し、スタメン候補の出身校から”天理高”の名がなくなるのはやはり寂しいもの。

小林選手には”天理のDNA”を受け継ぐ存在として、今年定位置を確保してくれることを期待しています。

 

そして”対抗”として挙げるのは宮田隆平選手(3年・福岡工大城東)。
167cmとサイズは小柄ながら、豊富な運動量と密集での仕事量に優れ、『U17九州代表』『U17日本代表候補』にも名を連ねた逸材。
ここまでリーグ戦での出場記録はありませんが、今年はAチームへ絡んでくるポテンシャルを有している存在と見ています。
ライバルとなる小林真陽選手とは昨季ジュニアリーグで”両フランカー”としてコンビも組んだ仲。
空位となったポジションを巡る同級生対決。
熱くなりそうですね。
そして”期待する選手”に挙げるのは、#ラグビーを止めるな2020プロジェクトにも参戦した奥平龍ノ介選手(4年・名古屋)。
下記投稿動画からもボールキャリアーとしての能力の高さや、非凡なタックルセンスを窺い知ることができます。

最終学年でのAリーグ出場はなるか。

注目の選手です。

 

<7番フランカー>

7番FL 戦力予想

【本命】 松岡大和選手(4年・甲南)

【対抗】 

【期待】 上田圭佑選手(3年・花園)

続く”7番”。

このポジションの本命は、昨シーズン全試合で先発フル出場を果たし、今季、171名の大所帯を束ねる”主将”へ就任した松岡大和選手(4年・甲南)。

この選手をおいて他にいません。

登録人数でフォワード最多の32名が名を連ねる”最激戦区”フランカー。

花園常連校出身ではない選手が、この激戦区で2年生から”漆黒ジャージ”に袖を通す事は並大抵の事ではありません。

高校時代の肩書きではなく、自らの努力と実力で確固たる地位を築き上げた『叩き上げの星』。

肉弾戦で誰よりも身体を張り、グラウンドへ響き渡る声で味方を鼓舞する姿は”闘将”という呼び名こそ相応しい。

今季は名実ともに”リーダー”として、プレーと背中、そして”声”でチームを牽引してくれることでしょう。

 

そして、このポジションで”期待する選手”には、ロックもこなすユーティリティ性を持ち、昨季、春シーズンにはAチームでの試合も経験した上田圭佑選手(3年・花園)を挙げたいと思います。

 

<8番ナンバーエイト>

8番No.8 戦力予想

【本命】 ジョネ・ケレビ選手(3年・ナタプア)

【対抗】 亀沖泰輝選手(3年・市尼崎)

【期待】 山村勝悟選手(2年・天理)

フォワードの最後を飾るのはナンバーエイト。

このポジションの”本命”は今年もジョネ・ケレビ選手(3年・ナタプア)と見ます。

天理大で万能バックスとして活躍したジョシュア・ケレビ選手(現/豊田自動織機)、昨年のW杯でも活躍した現役ワラビーズのサム・ケレビ選手(現/サントリー)を兄に持ち、屈強なフィジカルに加え、高さと速さでも魅せるバックロー。

昨シーズンはリーグ戦&大学選手権全ての試合で”8番”を背負うなど不動の地位を確立しました。

ただ、個人的にはまだまだそのポテンシャルを発揮しきれていないという印象を持っているだけに、フォワードの中核として迎える今季は、さらにチームへフィットし、相手に脅威を与える存在へと成長を遂げてくれることを期待したいと思います。

 

そして、ジョネ選手の”対抗”と見るのは、1年目でリーグ戦デビューを飾るなど早くから頭角を現わし、昨季はジュニアリーグ4試合で”8番”を務め、リーグ関学大戦では”4番”を任された亀沖泰輝選手(3年・市尼崎)。

そして”期待する選手”には、高校時代はロックやセンターを務め、『高校日本代表候補』『U20日本代表候補』にはバックローとして名を連ねる”世代屈指のオールラウンダー”山村勝悟選手(2年・天理)を挙げたいと思います。

2020年度予想布陣

1 PR
谷口祐一郎④
(東海大仰星)

2 HO
谷口永遠②
(関大北陽)

3 PR
小鍛冶悠太④
(大産大付)

4 LO
ナイバルワガ
セタ②
(秋田工)

5 LO
アシペリ・モアラ③
(日本航空石川)

6 FL
小林真陽③
(天理)

8 No.8
ジョネ・ケレビ③
(ナタプア)

7 FL
松岡大和④
(甲南)

<バックス編はこちら↓>

【戦力予想2020】関西Aリーグ 天理大学 ~BK編~

<同志社編はこちら↓>

【戦力予想2020】関西Aリーグ 同志社大学 ~FW編~

【戦力予想2020】関西Aリーグ 同志社大学 ~BK編~

<立命大編はこちら↓>

(最新)【戦力予想2020】関西Aリーグ 立命館大学 ~FW編~

(最新)【戦力予想2020】関西Aリーグ 立命館大学 ~BK編~

<他リーグ予想はこちら↓>

【戦力予想まとめ】2020年度大学ラグビー主要リーグ メンバー予想

コメントを残す

CAPTCHA