2020年度シーズンへ向けた各大学の戦力予想。

新戦力を迎え入れ、新たなシーズンへ臨む各チームの戦力図と布陣はどのようになっているのか!?

シーズン前の参考までに、個人的な戦力予想をしてみたいと思います。

予想する方法は、”昨年までの活躍”、”Aチームへの絡み”、”今後の期待値”などを鑑みて、各ポジションの『本命』、『対抗』、『期待』選手を挙げ、最後に現時点での”予想布陣”を見ていきます。

※あくまで私個人としての意見です。

今回お送りするのも”モスグリーン軍団”『大東文化大学』。

前回のフォワードに引き続き、今回はバックスの戦力を考えてみたいと思います。

それではいってみましょう。

<フォワード編はこちら↓>

【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 大東文化大学~FW編~

2019年度 基本布陣

今季の布陣を考える前に、まずは昨年度のメンバーを振り返ってみます。

※太字は4年生

9 SH
南昂伸③
(御所実)

12 CTB
星野大紀④
(中部台
春日丘)

10 SO
高本海斗③
(大阪桐蔭)

13 CTB
シオペ・ロロ
・タヴォ③
(Wesley
College)

11 WTB
園田拓巳④
(輝翔館)

15 FB
鎌田進太郎②
(石見智翠館)

14 WTB
朝倉健裕②
(御所実)

昨季リーグ戦では敗れた4試合が全て10点差以内と、接戦を展開しながら勝ちきれないもどかしさが残るシーズンでした。

しかし、

同点で迎えた後半ロスタイムに突き放された日大戦(●33-40)

後半ロスタイムに猛攻を仕掛けながら最後1点差に泣いた流経大戦(●21ー22)、

試合を有利に進めながらラスト10分で逆転を許した東海大戦(●18-27)、

など、大学選手権ベスト8以上の成績を残したリーグ上位勢との対戦は、いずれも試合終盤まで勝敗の行方が分からない紙一重のゲームばかり。

この事実は裏を返せば、昨季のチームが大学トップクラスとも互角に渡り合う実力を有していたことを示す何よりの証。

”低迷”という言葉は相応しくありません。

4位からの巻き返しを図る今季は、ハーフバック団など主要ポジションに主力が残り、FW/BK共に多くの有望新人を迎えるなど戦力充実。

フォワードの世代交代が順調に進み、タレント豊富なバックスがピッチを躍動する姿を見ることができれば、”台風の目”どころか一気にリーグの”覇権奪回”も現実味を帯びてきそうです。

2020年度戦力予想~バックス編~

それではここから各ポジション毎に今年度の戦力予想をしていきたいと思います。

ハーフバック

<9番スクラムハーフ>

9番SH 戦力予想

【本命】 南昂伸選手(4年・御所実)

【対抗】 東海林拓実選手(3年・山形中央)

【期待】 稲葉聖馬選手(1年・御所実)

まずはスクラムハーフ。

このポジションは、今季『主将』へ就任した南昂伸選手(4年・御所実)が不動の地位を築きます。


相手の隙を瞬時に見抜く視野の広さと卓越したランスキルで、これまで並み居る強豪校の防御網をごと如くぶち破ってきた”超攻撃的”スクラムハーフ。

不思議とここまで代表には縁がなかったものの、昨年はユニバーシアード日本代表(セブンズ)に選出され、共同主将の1人として日本初の金メダル獲得へ貢献。

さらに今年は、五輪を目指すセブンズ日本代表としてワールドシリーズカナダ大会へ出場を果たすなど、世界を舞台に大きく躍進を遂げました。

満を持して迎えるラストイヤーは、名実ともに『リーダー』として大東大をリーグ王座へ導く役割が期待されます。

 

”対抗”と見るのは、豊富な運動量とクイックネスでアタックをリードする東海林拓実選手(3年・山形中央)。

1学年上に”絶対的存在”はいるものの、1年生の頃からリーグ戦でプレータイムを得てきた俊英として、3年目での突き上げに期待をしたいと思います。

 

そして”期待する選手”に挙げるのは、今年度ルーキーの目玉・稲葉聖馬選手(1年・御所実)。

『U17日本代表』『高校日本代表』と各年代の代表に名を連ね、茗渓学園の大越勇気選手(明大1年)と並び評される”世代最高峰のスクラムハーフ”。

この強気なアタック。

見ていてワクワクします。

是非1年目からレギュラー争いへ絡んで来てほしいところです。

それにしても、南選手といい、この稲葉選手といい、御所実はスキルと判断力に優れたハーフを輩出しますね。。。

 

<10番スタンドオフ>

10番SO 戦力予想

【本命】 高本海斗選手(4年・大阪桐蔭)

【対抗】 松田武蔵選手(2年・Rotorua Boys)

【期待】 

続いてはスタンドオフ。
このポジションの”本命”に挙げるのは、高本海斗選手(4年・大阪桐蔭)。
高次元のパス、キック、ランを駆使し、昨季はリーグ戦5試合で”10番”を務めるなど、大矢雄太選手(現/東京ガス)が抜けた穴を見事に埋める活躍を披露。
今季は”不動の司令塔”として大東大バックスを牽引する働きを期待したいところです。
が、、、気になるのは、今年HP上の登録ポジションでは”FB”のみになっている点。
今年はフルバックへ専念するのか、、、
果たして。

そして”対抗”と見るのは、NZの名門ロトルアボーイズでの武者修行を経て昨年入部した松田武蔵選手(2年・Rotorua Boys)。

複数ポジションを高いレベルでこなすポリバレント性を持ち、昨季春季大会ではセンターとスクラムハーフとして全試合に出場、リーグ戦ではウィングのインパクトプレーヤーとして5試合に出場するなど、1年目からAチームへ定着。

今年どこのポジションで起用されるのかは分かりませんが、ボールにより多く触れるポジションでこの選手をもっと見てみたい、との個人的な思いからスタンドオフとして選出をさせて頂きます。

センター

<12番センター>

12番CTB 戦力予想

【本命】 青木拓己選手(2年・御所実)

【対抗】 

【期待】 小田嶋生吹選手(1年・秋田中央)

続いてはセンター。

まずは、昨季全試合で先発フル出場した星野大紀選手(現/コカコーラ)が務めた”12番”のポジション。

ここは青木拓己選手(2年・御所実)を本命に挙げます。

184cm/93kgと恵まれたサイズを持ち、『高校日本代表候補』『U20日本代表』にも名を連ねる世代屈指のゲームメーカー。

昨季は春シーズンでいきなりAチームの”10番”を任され、リーグ開幕から3試合でベンチ入り(試合出場はなし)を果たすなど、ルーキーイヤーからAチームへ定着。

大所帯で知られる御所実で主将を務め、リーダーシップやコミュニケーション能力にも優れる青木選手。

大東大バックスへ”展開力”と”ダイナミズム”いう貴重なオプションをもたらせる存在として、今季はセンターでの活躍を期待したいところです。

 

そして”期待する選手”に挙げるのは、今年度ルーキー注目の1人・小田嶋生吹選手(1年・秋田中央)。

切れ味鋭いステップワークのみならず、広い視野と柔らかいハンドリング技術で味方を生かすプレーにも秀でる”万能型のセンター”。

まさにボールを持つと何かやってくれそうな期待感を抱かせる選手です。

これまで代表に縁が無かったことが不思議でなりませんが、大学を舞台にその非凡な才能をどこまで開花させることができるのか。

楽しみしかありません。

 

<13番センター>

13番CTB 戦力予想

【本命】 シオペ・ロロ・タヴォ選手(4年・Wesley College)

【対抗】 

【期待】 ラトゥ・ペニエリ・ジュニア選手(1年・St Peter's Cambridge)

”13番”のポジションは、1年生の頃から主力としてリーグ戦へ出場し続けてきたシオペ・ロロ・タヴォ選手(4年・Wesley College)で決まりでしょう。


流経大戦のラストプレーとなってしまったオフロードパスなど、まだまだ荒削りな面は攻守共に散見されますが、この選手の突破力はやはり大東大にとって必要不可欠。

今季もシーズンを通して活躍してもらわなければ困る選手の1人です。

 

そして”期待する選手”に挙げるのは、”大東大のレジェンド”・シナリ・ラトゥ氏の実弟ペニエリ・ラトゥ選手のご子息・ラトゥ・ペニエリ・ジュニア選手(1年・St Peter's Cambridge)。

190cm/96kgのサイズは対面に立つ相手にとって脅威そのもの。

果たしてピッチでどのようなプレーを見せてくれるのか。

楽しみは尽きません。

今季は1年目でのリーグ戦デビューを心待ちにしたいと思います。

 

バックスリー

<11番ウィング>

11番WTB 戦力予想

【本命】 鎌田進太郎選手(3年・石見智翠館)

【対抗】 佐藤 心選手(4年・金足農)

【期待】 金川凌真選手(2年・深谷)

続いてはバックスリー。

まず”11番”の本命に挙げるのは、鎌田進太郎選手(3年・石見智翠館)。


昨年はリーグ中盤から4試合で”15番”を背負い持ち前の決定力の高さを見せつけましたが、今季はメンバーを構成を考え、高校時代から慣れ親しんだ”ウィング”として大外で勝負する勇姿に期待をしたいと思います。

 

そして”対抗”と見るのは佐藤 心選手(4年・金足農)。

全国の舞台からは長らく遠ざかるチームで唯一、”高校日本代表候補”に選出された実績を持つ逸材。
共に候補へ選ばれたメンバーが、根塚洸雅選手(東海大仰星-法大4年)、木村朋也選手(伏見工-帝京大4年)、仁熊秀斗選手(石見智翠館-筑波大4年)という点からも、この選手のレベルの高さを窺い知ることが出来ます。
3年目で迎えた昨年は、夏合宿までAチームのスタメンにも名を連ねるなど期待されながら、シーズンイン後はどのカテゴリーでも試合出場記録なし。
HPでは昨年8月の成蹊大B戦で開始7分で交代しているデータが最後となっていることからも、この試合で負傷などのトラブルに見舞われたものと考えられます。
復活を期す今季は怪我なくAチームで活躍する姿を見せてほしいと思います。
そして“期待する選手”に挙げるのは、埼玉の強豪・深谷で”絶対的エース”として活躍した金川凌真選手(2年・深谷)。

まさに”スペースを切り裂く”という表現がピッタリの痛快なランニングワーク。

『高校日本代表候補』『セブンズユースアカデミー』にも名を連ねた逸材。

2年目でのレギュラー奪取を期待したいと思います。

 

<14番ウィング>

14番WTB 戦力予想

【本命】 朝倉健裕選手(3年・御所実)

【対抗】 

【期待】 佐藤亮吾選手(1年・秋田中央)

”14番”の本命に挙げるのは、大東大の誇る”スピードスター”朝倉健裕選手(3年・御所実)。

この選手をおいて他にいないでしょう。

『U17日本代表』『U18日本代表』など各世代の代表を歴任し、大学では1年目から春季大会&リーグ戦でそれぞれ6トライを記録するなど躍動。

昨年はシーズンわずか2トライに終わったものの、その決定力の高さは紛れもなく世代トップクラスです。

1年生の頃から全試合フル出場を続ける心体の”タフネス”もこの選手の魅力の一つ。

今季も欠かすことの出来ない戦力であることは間違いありません。

 

そして”期待する選手”に挙げるのは、CTB小田切選手と並ぶ秋田中央”2枚看板の一角”佐藤亮吾選手(1年・秋田中央)。

50m5秒9のスピードと華麗なステップワークを武器に、2年生の頃から2年連続で『セブンズユースアカデミー』に選出された生粋のフィニッシャー。

180cm/83kgのサイズも魅力十分。

1年目からエースへ君臨する朝倉選手のように、”将来の大東大”を担う存在として、ルーキーイヤーからAチームへ絡む活躍を見せてほしいと思います。

 

<15番フルバック>

15番FB 戦力予想

【本命】 鈴木 匠選手(4年・札幌山の手)

【対抗】 安藤 諒選手(4年・流経大柏)

【期待】 

ラストを飾るフルバック。

ここは、今季チームの『副将』へ就任した鈴木 匠選手(4年・札幌山の手)を”本命”に挙げます。

3年目で迎えた昨季は、フルバックへ固定された前年度から一転、フルバックとして3試合、スタンドオフとして2試合に起用されるなど複数ポジションを兼任。

それぞれのポジションで非凡な才と高いユーティリティ性を発揮しましたが、この選手の前への推進力はやはりフルバックで見たいと個人的には考えています。

今季は”リーダー”そして”最後の砦”として、最後尾からチームを鼓舞する姿を期待したいと思います。

 

そして”対抗”と見るのは、今年4年目となる安藤 諒選手(4年・流経大柏)。

昨シーズンは開幕節の専修大戦で”11番”を背負いリーグ戦デビューを飾ると、トライの起点となる快走を随所に披露するなど活躍。
しかし、それ以降はB、Cチームでの試合出場のみにとどまっただけに、今季へ懸ける想いは人一倍強いはずです。
ラストイヤーでの定位置奪取へ。
4年生の意地を見せつけてほしいと思います。

2020年度予想布陣

9 SH
南昂伸④
(御所実)

12 CTB
青木拓己②
(御所実)

10 SO
高本海斗④
(大阪桐蔭)

13 CTB
シオペ・ロロ
・タヴォ④
(Wesley
College)

11 WTB
鎌田進太郎③
(石見智翠館)

15 FB
鈴木 匠④
(札幌山の手)

14 WTB
朝倉健裕③
(御所実)

<フォワード編はこちら↓>

【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 大東文化大学 ~FW編~

<2020リーグ日程とレビュー↓>

【結果速報&順位表】大学ラグビー2020 関東リーグ戦1部

<他リーグ予想はこちら↓>

【戦力予想まとめ】2020年度主要リーグ メンバー予想

コメントを残す

CAPTCHA