2020年度シーズンへ向けた各大学の戦力予想。

新戦力を迎え入れ、新たなシーズンへ臨む各チームの戦力図と布陣はどのようになっているのか!?

シーズン前の参考までに、個人的な戦力予想をしてみたいと思います。

今回は、前年度リーグ4位からの復活を期す『大東文化大学』。

予想する方法は、”昨年までの活躍”、”Aチームへの絡み”、”今後の期待値”などを鑑みて、各ポジションの『本命』、『対抗』、『期待』選手を挙げ、最後に現時点での”予想布陣”を見ていきます。

※あくまで私個人としての意見です。

では、まずはフォワード編からいってみましょう。

2019年度 基本布陣

今季の布陣を考える前に、まずは昨年度のメンバーを振り返ってみます。

※太字は4年生

1 PR
渋谷圭④
(大東大一)

2 HO
小泉友一郎④
(御所実)

3 PR
藤井大喜④
(黒沢尻工)

4 LO
呉山聖道③
(大阪桐蔭)

5 LO
服部鋼亮④
(中部大春日丘)

6 FL
篠原大政④
(国学院栃木)

8 No.8
サイモニ・
ヴイランギ①
(Massey)

7 FL
佐々木剛④
(八戸西)

前年から大幅な選手の入替えを余儀なくされた昨季は、4年生を中心としたチームでシーズンを戦う事を選択。

特に1年を通してピッチに立ち続け、身体を張ったプレーでチームを牽引したFL/No.8佐々木剛主将(現/東芝)の鬼気迫る奮闘ぶりは、ラストシーズンへ懸ける熱い想いが存分に伝わってくるものでした。

それでも、HO平田快笙前主将(現/東芝)、ファカタヴァ兄弟、PR古畑翔選手(現/パナソニック)らビッグネームが抜けたフォワード陣の破壊力不足はやはり否めず、強みであるはずのスクラムでも苦戦する姿が散見されるなど苦しみ、最終結果はリーグ4位。

7年ぶりに大学選手権出場を逃すという憂き目に遭ったシーズンでした。

今季は昨季中核を担った4年生がこぞって抜け、本格的な世代交代が求められる年。

特に、PR藤井大喜選手(現/パナソニック)という大黒柱が抜け、総入れ替えとなるフロントローはテコ入れが急務。

”スクラムの再整備”が今季、大東大復権のカギを握ることになりそうです。

2020年度戦力予想~フォワード編~

それではここから各ポジション毎に今年度の戦力予想をしていきたいと思います。

フロントロー

<1番プロップ>

1番PR 戦力予想

【本命】 小島燎成選手(3年・秋田工)

【対抗】 加藤大夢選手(4年・中部大春日丘)

【期待】 トル シオシファ ラベマイ マウ選手(2年・Newington College)

昨季リーグ全試合でスタメンを張った渋谷圭選手が抜けた”1番”。

このポジションの”本命”には、昨季ジュニア選手権で主力として活躍した小島燎成選手(3年・秋田工)を挙げます。

183cm/118kgという規格外のサイズと”高校日本代表候補”へ選出された経歴を持ち、入部当初からその活躍が期待されてきた逸材。

錚々たる顔ぶれの先輩を前に、ここまでリーグ戦での出場機会には恵まれてきませんでしたが、今季は定位置を掴み取る絶好の年。

”大東大スクラム”の復活には、この選手の爆発が必要不可欠でしょう。

 

小島選手の”対抗”とみるのは、昨年ジュニア選手権を主戦場とし、最終学年の今季はAチームでの活躍が期待される加藤大夢選手(4年・中部大春日丘)。

 

そして”期待する選手”に挙げるのは、トル シオシファ ラベマイ マウ選手(2年・Newington College)。

昨年は春季大会早稲田戦でCTBシオペ・ロロ・タヴォ選手と入替えで出場するなど、主にセンターとして戦力に加わっていましたが、HP上で確認すると今年はプロップ登録。

180cm/110kgのサイズはフォワード第1列でも申し分はなく、その機動力を是非プロップで生かしてほしいと思います。

 

<2番フッカー>

2番HO 戦力予想

【本命】 酒木凜平選手(3年・御所実)

【対抗】 川畑宥馬選手(4年・中部大春日丘)

【期待】 森俊輔選手(2年・深谷)

小泉友一郎選手(御所実)が抜けた2番のポジション。

このポジションは、コンタクトエリアでの高いワークレートを武器に1年目からAチームへ絡んできた酒木凜平選手(3年・御所実)が本命。

1年目は当時の主将・平田快笙選手(現/東芝)のバックアッパーとしてシーズン4試合出場、昨年は御所実の先輩・小泉選手とポジション争いを繰り広げ、法政大戦、東海大戦の先発含むリーグ戦5試合に出場。

さらに、ジュニア選手権では全試合で”2番”を背負うなど、年々確実にそのプレータイムを伸ばしてきています。

満を持して臨む3年目はフォワードの主力として、大東大スクラムを支える活躍が期待されます。

酒木選手の”対抗”と見るのは、4年目でのリーグ戦デビューに期待がかかる川畑宥馬選手(4年・中部大春日丘)。
春日丘の盟友・PR加藤大夢選手と大学でのコンビ再結成はなるか。
この点にも注目です。
そして”期待する選手”には、埼玉の強豪・深谷で2年生からレギュラーとして選抜大会へ出場し、3年時には主将としてチームを花園へ導いた森俊輔選手(2年・深谷)を挙げたいと思います。

<3番プロップ>

3番PR 戦力予想

【本命】 藤倉大介選手(1年・国学院栃木)

【対抗】 野口大貴選手(3年・遠軽)

【期待】 四ツ屋勇樹選手(4年・中標津)

3年間”不動の3番”としてスクラムを支え続けてきた藤井大喜選手(現/パナソニック)がついに卒業。

大黒柱の抜けた穴を埋める存在として今年本命に挙げるのは、177cm/125kgと規格外のサイズで高校1年生の頃から名門”国栃(コクトチ)”の3番を担い、”世代最強スクラム”と評された期待の新星・藤倉大介選手(1年・国学院栃木)。

永山淳選手(国学院久我山-慶大1年)らと共にユース世代選手の競技力向上を支援するプロジェクト↓を立ち上げるなど、そのパワフルなプレー面に加え、明確なビジョン、実行力、そしてクレバーさも併せ持つ逸材。

この選手がここから4年間大東大スクラムの中心として成長を遂げれば、”モスグリーン軍団復権”はより現実味を帯びてくることになるでしょう。

藤倉選手の”対抗”には、183cm/115kgのサイズを誇り昨年ジュニア選手権全試合で”3番”を務めた野口大貴選手(3年・遠軽)、そして”期待する選手”には高校日本代表候補の経歴を持ち、昨年はジュニア選手権で野口選手とポジションを争った四ツ屋勇樹選手(4年・中標津)をそれぞれ挙げたいと思います。

セカンドロー

<4番ロック>

4番LO 戦力予想

【本命】 呉山聖道選手(4年・大阪桐蔭)

【対抗】 

【期待】 新屋 快選手(1年・大阪桐蔭)

続いてはロック。

まず”4番”は、昨年このポジションのレギュラーの座を掴み取り、春シーズン含む全12試合で”4番”を背負った呉山聖道選手(4年・大阪桐蔭)が今年も本命。

高校時代はフランカーとして2年生から名門校のレギュラーを張り、3年時にはロックとして高校日本代表候補にも選出されるなどポリバレントな能力を持つ好選手。

メンバー構成によって今季は第3列での起用も予想されますが、チームの『副将』として、シーズンを通してピッチで身体を張り続ける姿を見せてほしいと思います。

 

そして”期待する選手”に挙げるのは、196cm/106kgと魅力的なサイズを誇る”ビッグマン”新屋 快選手(1年・大阪桐蔭)。

チーム戦術が要因か昨冬花園での出場機会は決して多くなかったものの、名門校で高2から選抜&花園を経験し、『U17日本代表』『高校日本代表候補』にも選出された実績を持つこの選手の能力の高さに疑いの余地はありません。

大東大期待の”大型ロック”。

ラインアウトの中心を担う存在として、是非1年目からの台頭を期待したいと思います。

 

<5番ロック>

5番LO 戦力予想

【本命】 シアレ・パウラ・タモウア選手(2年・Tonga High school)

【対抗】 芝 弘太郎選手(4年・朝明)

【期待】 スコット・ケアヌ・ププンガトア・レオネ選手(1年・Rotorua Boys)

続いては、”5番”。

このポジションの本命に挙げるのはシアレ・パウラ・タモウア選手(2年・Tonga High school)。

昨年はルーキーイヤーながら、春の春季大会全試合で先発フル出場、リーグ戦でも第3節の日大戦まで先発に名を連ねるなど頭角を現わすも、W杯によるリーグ中断以降はどのカテゴリーでも試合出場記録はなし。

負傷などのコンディション面が心配されるところですが、U17、U18トンガ代表にも選ばれた逸材として、今季は全試合で”5番”を背負い、ピッチを躍動する姿を見せてほしいと願います。

 

そして”対抗”と見るのは、強烈な突破力を武器に、三重の名門・朝明で2年生から”不動のNo.8”として活躍した芝 弘太郎選手(4年・朝明)。

昨シーズンは春季大会3試合でベンチ入りを果たし、ジュニア選手権では主力として活躍するなどAチームへ肉薄。

ラストイヤーへ懸ける想いは強いはずです。

 

そして”期待する選手”に挙げるのは、スコット・ケアヌ・ププンガトア・レオネ選手(1年・Rotorua Boys)。

188cm/93kgのサイズを誇り、NZの名門ロトルアボーイズでバリバリの主力として活躍したと言われる注目のルーキー留学生。

今年プレーを見てみたい選手の一人です。

 

バックロー

<6番フランカー>

6番FL 戦力予想

【本命】 長谷川ショーン選手(3年・Barker College)

【対抗】 松川 宙選手(3年・正智深谷)

【期待】 西林勇登選手(1年・御所実)

続いてはフォワード第3列。

まずは、篠原大政選手(国学院栃木)が抜けた”6番”。

フォワードの中で最も頭を悩ませたのがこのポジションですが、ここは豪州育ちの長谷川ショーン選手(3年・Barker College)を本命に挙げたいと思います。

同国の名門シドニー大でもプレーをした経歴を持つ逸材は、本来はフッカー登録ながら1年目はセンター、そして2年目はウィングのポジションでAチームの試合へ出場するなど高い能力を発揮。

さらに今年は登録ポジションへ”フランカー”の名も。(HP上で確認済)

この事実は、このポジションで今季挑戦する意思の表れと予想することが出来ます。

フォワード最多27人の登録人数を誇る激戦区で、果たしてスタメンの座を確保することが出来るのか。

”快足フランカー”の台頭に注目していきたいと思います。

 

長谷川選手の”対抗”と見るのは、昨年ジュニア選手権など主にBチームでプレータイムを確保した松川 宙選手(3年・正智深谷)。

 

そして”期待する選手”には、昨冬花園で準優勝に輝いた御所実の誇るハードタックラー西林勇登選手を挙げたいと思います。

最前線で攻守にわたり身体を張れる素晴らしい選手。

『高校日本代表候補』にも選出されたその実力を示し、是非1年目からAチームへ絡む活躍を見せてほしいと思います。

<7番フランカー>

7番FL 戦力予想

【本命】 泉 壮典選手(3年・御所実)

【対抗】 田中侑輝選手(4年・岐阜工)

【期待】 

続く”7番”。

このポジションの”本命”に挙げるのは、昨季春季大会・早稲田戦、慶應戦のスターティングメンバーに名を連ね、シーズンイン後はジュニア選手権の主力メンバーとして活躍した泉 壮典選手(3年・御所実)。

169cmとサイズは小柄ながら、低い姿勢から繰り出される強烈なタックルは、”狂気のタックル”でチームをリーグ優勝へ導いた2017年度の主将・FL河野良太選手(現/釜石SW)を彷彿とさせるもの。

今季空位となった”7番”の座をガッチリ掴んで欲しいと思います。

 

そして泉選手の”対抗”と見るのは、田中侑輝選手(4年・岐阜工)。

昨シーズンは春季大会・慶應戦で公式戦デビューを飾ると、秋シーズンでは第3節の日大戦でリーグ戦のピッチを踏むなど躍進。

高い突破力と確かな技術で高校時代はスタンドオフやセンターとしてバックスラインを牽引した万能型の好選手。

ラストイヤーとなる今季は、フォワード最激戦区のこのポジションで、熱い定位置争いを繰り広げてくれることを期待しています。

 

<8番ナンバーエイト>

8番No.8 戦力予想

【本命】 ヴニランギ・サイモニ選手(2年・Massey)

【対抗】 

【期待】 松山 青選手(1年・岐阜工)

フォワードの最後を飾るナンバーエイト。

ここは、昨季リーグ第4節以降にスタメンへ定着し、力強い突破と密集エリアでの勤勉な働きで頭角を現わしたヴニランギ・サイモニ選手(2年・Massey)が今年も本命。

ディフェンスでの連携面ではまだまだ不安が残るものの、197cmの高さと強靱なフィジカルはチームにとって大きな武器となること間違いなし。

2年目を迎えさらにチームへフィットしてくれば、不動の存在として大東大フォワードを牽引してくれることでしょう。

 

そして”期待する選手”に挙げるのは松山 青選手(1年・岐阜工)。

182cm/92kgという恵まれたサイズを持ち、高校時代は岐阜の強豪・岐阜工で1年生からレギュラーを張った逸材。

全国的にはまだまだ無名ながらも、佐々木剛前主将のように隠れた原石を磨き上げ、輝ける場を提供するのは大東大の真骨頂。

1年目からの活躍を是非期待したいと思います。

2020年度予想布陣

1 PR
小島燎成③
(秋田工)

2 HO
酒木凜平③
(御所実)

3 PR
藤倉大介①
(国学院栃木)

4 LO
呉山聖道④
(大阪桐蔭)

5 LO
シアレ・パウラ・
タモウア②
(Tonga
High School)

6 FL
長谷川
ショーン③
(Barker
College)

8 No.8
ヴニランギ・
サイモニ②
(Massey)

7 FL
泉 壮典③
(御所実)

<バックス編はこちら↓>

(最新)【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 大東文化大学 ~BK編~

<2020リーグスケジュール↓>

(最新)【祝・開幕決定②】大学ラグビー関東リーグ戦1部 チーム別日程

<法政大2020戦力予想はこちら↓>

【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 法政大学 ~FW編~

【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 法政大学 ~BK編~

<他リーグ予想はこちら↓>

【戦力予想まとめ】2020年度主要リーグ メンバー予想

コメントを残す

CAPTCHA