5月10日(月)に日本協会が『2021年度高校日本代表候補』の第1次メンバーを発表。

昨年はコロナ禍で中止となった代表活動が、2年ぶりに戻ってくることになった。

例年、その年の勢力図を測る上で重要な指標となるのがこの代表候補者の存在なだけに、その顔ぶれと人数分布はやはり気になるもの。

そこでここでは、今回代表候補に選ばれたメンバーを紹介すると共に、候補者の数をチーム別のランキング形式で見ていきたい。

2021年度 第1次高校日本代表候補

フォワード(39名)

PO氏名出身校学年サイズ
PR1伊藤潤乃助常翔学園3174/103
富田 陸大阪桐蔭3182/113
西野帆平東福岡3175/107
弓部智希石見智翠館3173/93
PR3相川拓也桐蔭学園3180/109
池田蒼威石見智翠館3183/106
板野春来京都工学院3180/110
シオネ・
ポルテレ
目黒学院3184/105
笛木健太常翔学園3178/104
森山飛翔京都成章2180/105
HO赤星泰成東福岡3176/107
稲嶺翔太石見智翠館3172/91
大中穂高天理3170/95
大本峻士常翔学園3173/102
門脇遼介桐蔭学園3175/99
長島幸汰京都成章3175/93
LO石橋チューカ報徳学園2186/86
井上茉紗樹佐賀工3189/93
小椋健介桐蔭学園3182/96
甲斐匠馬東福岡3183/100
北川叶羽朝明3188/95
楠田知己東海大仰星3184/95
白丸智乃祐長崎北陽台2184/90
ティポアイールーテル・
ラリー
倉敷3194/116
中村 豪常翔学園3189/105
能勢涼太郎川西北陵3197/93
物部耀大朗中部大
春日丘
2190/110
FL
NO.8
茨木 颯東福岡3186/81
薄田周希東海大仰星3180/92
大西一平東福岡3184/86
岡崎慶喜石見智翠館3180/92
蔵森 晟東福岡3179/95
小山虎汰朗京都成章3181/85
真田隼翔桐蔭学園3179/85
太安善明天理2176/91
ダウナカマカマ カイサ大分東明2185/107
利川桐生大阪桐蔭3181/93
林 慶音大阪桐蔭3180/97
最上太尊仙台育英3183/97

注目選手

全国にその名を轟かす強豪校のメンバーがずらりと並ぶ中、一際目を引くのはLO能勢涼太郎選手(川西北陵)。

 

今回のメンバーの中でも最長身となる”197cm”のサイズもさることながら、何より驚かされるのは川西北陵というチームが全国とは縁遠い兵庫の公立校で、さらに能勢選手自身、高校へ入学後にラグビーを始めたというその事実。

私自身も同じ境遇でラグビーを始めた人間として、ここに名が載ることがどれだけ凄いことかは身に染みて理解ができる。

能勢選手が昨年、一昨年と参加し、今回の選出への道しるべとなった”全国の隠れた才能を発掘するプロジェクト”『TIDキャンプ』。

2019年度にはPR末永天選手(仙台/現・立命館大2年)とFB福田大河選手(寝屋川/現・同志社大2年)もこのキャンプを通じて代表候補に選出されたように、全国では無名の選手へ実際に光が当てられるという点に、この取り組みの意義と発起人・野澤武史氏の情熱を感じる。

同じポジションには全国の猛者が揃い、代表への道は険しいものが予想されるが、2021年度の”公立の星”として是非輝きを放ってほしい。

バックス(36名)

PO氏名出身校学年サイズ
SH朝倉達弥東福岡3170/67
石田太陽東海大仰星3166/70
小山田裕悟桐蔭学園3170/69
川久保瑛斗長崎北陽台3160/65
杉山雅咲大阪桐蔭3170/74
高橋佑太朗茗溪学園3172/72
田中景翔常翔学園2169/65
SO大島泰真京都成章3170/74
大町佳生長崎北陽台3172/80
川村心馬函館
ラ・サール
3180/88
黒川和音茗溪学園3167/75
楢本幹志朗東福岡3177/83
蓬田 雄流経大柏3173/87
CTB今野椋平桐蔭学園3183/85
河村ノエル大阪桐蔭3175/83
木下 颯石見智翠館3182/91
平 翔太東福岡3175/85
立川和樹天理3169/78
中 俊一朗東海大仰星3176/78
ナブラギエロニ大分東明2184/92
野中健吾東海大仰星3180/92
平山尚樹東福岡3173/88
森 草知桐蔭学園3185/80
東 海隼光泉
カトリック
3181/79
WTB御池蓮二東海大仰星3173/75
小倉亮太新田3169/65
倉田 渉京都成章3175/77
小池陽翔中部大
春日丘
3176/76
立巳竜の介関西学院3173/82
山村和也報徳学園3180/72
FB上ノ坊駿介石見智翠館3182/77
神田陸斗常翔学園3173/76
奈須貴大光泉
カトリック
3178/81
福島秀法修猷館3182/82
武藤航生関西学院3173/81
矢崎由高桐蔭学園2180/79

(情報元:日本ラグビーフットボール協会HP)

注目選手

バックスの注目は、WTB小倉亮太選手(新田)とFB福島秀法選手(修猷館)。

小倉選手は50m6秒2の快足を武器に、昨冬花園1回戦(vs城東)で1試合4トライと衝撃デビューを飾った”四国のスピードスター”。

そして福島選手は、中学時代、全国ジュニアラグビー大会を制した福岡県代表の主力で、『世代No.1フルバック』の呼び声も高い”福岡の至宝”。


SH川久保瑛斗選手(長崎北陽台)、SO楢本幹志朗選手(東福岡)、CTB今野椋平選手(桐蔭学園)、FB矢崎由高選手(桐蔭学園)ら全国区の選手が名を連ねるこのバックスで、どこまでその実力を見せつけることができるか。

是非注目していきたい。

学校別候補者ランキング

ここからは代表候補者の人数を高校別に見ていきたい。

順位学校名総数FW/BK
1位東福岡(福岡)10名6名/4名
2位桐蔭学園(神奈川)8名4名/4名
3位常翔学園(大阪)6名4名/2名
東海大仰星(大阪)6名2名/4名
石見智翠館(島根)6名4名/2名
4位大阪桐蔭(大阪)5名3名/2名
京都成章(京都)5名3名/2名
5位天理(奈良)3名2名/1名
長崎北陽台(長崎)3名1名/2名
6位茗溪学園(茨城)2名0名/2名
中部大春日丘(愛知)2名1名/1名
関西学院(兵庫)2名0名/2名
報徳学園(兵庫)2名1名/1名
光泉カトリック(滋賀)2名0名/2名
大分東明(大分)2名1名/1名
7位函館ラ・サール(北海道)1名0名/1名
仙台育英(宮城)1名1名/0名
流経大柏(千葉)1名0名/1名
目黒学院(東京)1名1名/0名
朝明(三重)1名1名/0名
京都工学院(京都)1名1名/0名
川西北陵(兵庫)1名1名/0名
倉敷(岡山)1名1名/0名
新田(愛媛)1名0名/1名
修猷館(福岡)1名0名/1名
佐賀工(佐賀)1名1名/0名

今年度最も多くの代表候補を輩出したのは東福岡

3月に行われた選抜大会では”ライバル”東海大仰星(〇46-17)、”花園王者”桐蔭学園(〇46-31)を相次いで撃破し、4大会ぶりに”春の王者”の称号を手にしたことは記憶に新しい。

今年のチームは、中学時代に『全国ジュニア大会』を制した”福岡県選抜”のメンバーが最終学年として中核を担い、そのタレント力の高さは以前から注目されていた。

今回選出された10名のうち7名がその選抜チーム出身という事実からも、彼らのここまでの順調な成長ぶりと、”ヒガシ復権”への熱い想いが伝わってくる。

選出数で全体の2位(8名)に入った桐蔭学園も選抜大会では京都成章、天理、大阪桐蔭を退け準優勝に輝いており、今季はこの両校が”実績”&”タレント力”の両面で一歩リードしている状態と言えそうだ。

 

そしてそれに続くと見られるのは、やはり近畿勢。

中でも、今年19年ぶりに”近畿王者”に輝いた常翔学園は、

2017年:1名

2018年:2名

2019年:1名

2021年:6名

と、今年その人数を大きく伸ばしている。

東海大仰星(同6名)、大阪桐蔭(同5名)も揃って評価が高く、今年は大阪勢の復権も楽しみだ。

ただその一方で、御所実、國學院栃木、日本航空石川の花園シード常連組、そして東京都や埼玉県など”ラグビーどころ”の地域から1人も選出されていない点はやはり気になるところ。

ここに名前が出てこなかったチームには冬に向けての更なる奮起と、

代表候補者数と花園の成績は比例する

この定説を覆す活躍を花園で期待したい。

<U20日本代表候補↓>

【2021年度】ラグビーU20日本代表候補 学校別ランキング

<関東大会2021↓>

【2021年度】第69回関東高校ラグビー大会 日程と組み合わせ

<選抜2021試合結果↓>

【最新速報】全国高校ラグビー選抜大会2021 日程と結果速報

【選抜予選2021】第22回高校ラグビー選抜大会 地方予選速報&出場校

コメントを残す

CAPTCHA