過去5年で4度のリーグ優勝。

大学ラグビー界屈指の”フィジカル”を武器に、近年リーグ戦グループをリードする東海大学

過去2度跳ね返されてきた日本一に挑むチームへ、今年はどのようなメンバーが加入したのか。

新入生の顔ぶれと注目選手をポジション別に見ていきたい。

2021年度新入部員一覧

PO氏名サイズ出身校代表歴
PR池田遼人174/105高知中央
PR伊波大地177/100東海大相模
PR岩舘大樹175/108盛岡工
PR太田耀之172/103國學院栃木
PR竹内賢人174/108深谷
PR林 隆成175/103東京
PR前川直哉178/106東海大仰星U20候補
PR佐藤出帆171/100東海大相模
HO本田 啓173/117東福岡U17代表
花園
優秀選手
U20候補
HO
LO
中嶋 翼174/92東海大甲府
LO川瀬悠河188/90東海大相模U20候補
FL菊谷蒼波178/95大産大附
FL菊地 柊167/83東京
FL米元悠翔177/85東海大相模
FL勝矢直樹168/81茗渓学園
FL
LO
三浦継生
トア
180/85東海大翔洋
FL
LO
大森 光182/87熊本西
FL
LO
今井郁太177/87東海大相模
FL
No.8
村田和志171/88京都成章
FL
No.8
小池隆仁173/90桐蔭学園
FL
No.8
飯泉 輝175/86東海大相模
FL
No.8
汐月佑心172/90九州学院
FL
No.8
中山竜太朗185/102東海大仰星
FL
No.8
北村竜哉167/83東京
FL
No.8
五十嵐
龍之介
176/92明和県央
SH大野啓太郎169/74東海大相模
SH辻 時羽173/70常翔学園U20候補
SH中村一貴164/60松山聖陵
SH秦 諒磨164/65四日市工
SH
SO
中村大介166/69京都工学院
SH
SO
水谷元気179/79鹿児島実
SH
WTB
大久保 柾163/68新潟工
SO緒方蒼太朗173/76関大北陽
SO近藤翔耶179/86東海大仰星花園
優秀選手
U20候補
CTB小川翔夢169/85御所実
CTB奥 耀大172/84東海大相模
CTB恒石旭陽170/81大分舞鶴
CTB朴 鍾太175/89東京朝鮮
CTB浜 蒼一郎172/82東海大福岡
CTB山崎悠馬173/85磐城
CTB
SO
木津谷勇輝180/84札幌山の手
CTB
WTB
岡村優太175/82東海大仰星
CTB
WTB
オトゥホウマ
シアレ
177/98東海大福岡
CTB
WTB
中村安利174/92目黒学院
CTB
WTB
平根康晴167/90東農大二
CTB
FB
河野吏玖172/80東海大相模
WTB中川湧眞168/74京都成章
WTB東原叶夢176/84東海大相模
WTB渡辺一晴165/69東海大翔洋
WTB渡邉 元174/85仙台育英
FB
SO
奥田泰進173/82東海大仰星
FB
SO
千葉康瑛168/78尾道
FB
WTB
森山翔斗170/72佐賀工
FB
WTB
的野 怜168/71筑紫
FB田代諒介171/81大分舞鶴

(情報元:東海大学ラグビー部HP)

今年は総勢55名が加入。

この数字は全体1位だった昨年(47名)をさらに上回る数。

他校では今季多くても40人前後、さらに人数を縮小するチームさえある中、この入部者数は正直驚かされた。

大学ラグビーを志す高校生の”受け皿”として、毎年多くの選手を受け入れる東海大。

チームとしての”懐の深さ”を感じさせてくれる。

ポジション別注目選手

ここからは注目選手をポジション別に見ていきたい。

フォワード(FW)

フロントロー(PR/HO)

東海のスクラムを支えるフロントロー。

このポジションの注目は、前川直哉選手(東海大仰星)と本田啓選手(東福岡)の2人。

前川選手は全国中学生大会で初優勝を果たした2017年度の仰星中の主力。

高校でもグラウンド外では”クラブリーダー”として、ピッチ上では”不動の①番”として文字通りチームを牽引してきた。

全国中学生大会決勝(vs勧修中)では試合を決定づけるトライ、昨冬花園準々決勝(vs東福岡)では同点に繋がるトライを記録するなど、抜群の勝負強さも併せ持つ世代屈指のフロントローだ。

そして、一方の本田選手は名門ヒガシで1年時から花園を経験し、昨冬花園では力強いキャリーとスキルフルなプレーでファンを魅了した期待の”大型プロップ”。

このサイズでこの俊敏さ。

大学でも対戦校にとって脅威の存在となってくることは間違いない。

 

さらにこの2人以外にも、

”相模の③番”佐藤出帆選手と、その佐藤選手と③番を争った伊波大地選手(共に東海大相模)、

2019年度の『TIDキャンプ』へ”ビッグマン”として召集された岩舘大樹選手(盛岡工)、

2年時から主力として花園を経験する高知中央の”スクラムリーダー”池田遼人選手、

そして、昨夏に患った硬膜下血腫という脳の損傷からの復帰を目指す国栃屈指の”スクラメイジャー”太田耀之選手(國學院栃木)、

など、大学での成長が楽しみな選手がずらりと顔を揃える。

ハイレベルな環境で経験を積み、”東海強力フォワード”の一角を担う日が今から楽しみだ。

 

セカンドロー(LO)

このポジションでは、川瀬悠河選手(東海大相模)に注目したい。

188cmの魅力的なサイズと高いワークレートを誇り、”ビッグマン”として2019年度の『TIDキャンプ』へ選出された”相模の④番”。

昨冬花園でもセットプレーの中心&ペネトレーターとして活躍し、元日本代表・大西将太郎氏からも名指しで賛辞を受けた期待のロックだ。

先日、日本協会から発表された『U20日本代表候補』。

青木恵斗選手(桐蔭学園⇒帝京大)、本橋拓馬選手(京都成章⇒帝京大)などロックにタレントが揃うこの世代の中でそこへ名を連ねたことからも、この選手のポテンシャルの高さをうかがい知ることができる。

横井隼選手(石見智翠館/現・サニックス)という不動の存在が抜けた”東海の⑤番”へ1年目から名乗りを挙げることができるか。

是非注目していきたい。

 

バックロー(FL/No.8)

バックローには全体最多の14名と多くの選手が加入した。

その顔ぶれも、

相模の”副将”飯泉 輝選手、”⑥番”今井郁太選手、”⑦番”米元悠翔選手の”相模トリオ”、

関東中学校大会を制した茗溪学園中の主力で、高校でも2年時から主力を担った勝矢直樹選手(茗溪学園)、

共に160cm台のサイズながら2年時から主力を担った東京の”小兵コンビ”菊地 柊選手&北村竜哉選手、

など多士済々。

中でも注目は、小池隆仁選手(桐蔭学園)と五十嵐龍之介選手(明和県央)。

小池選手は”173cm”と小柄なサイズながら、重心の低い鋭いランと激しいコンタクトプレーを武器に桐蔭学園で信頼を獲得。

昨冬花園ではスタメン2試合含む花園全試合出場を果たし、チームの2連覇へ貢献した。

 

そして一方の五十嵐選手は、コンタクトエリアでの抜群の強さとスケールの大きいランで魅せる明和県央の”大黒柱”。

#ラグビーを止めるな2020』プロジェクトへ投稿された動画からも、この選手の持つダイナミズムが存分に伝わってくる

 

登録人数約40名とチームでも屈指の層を誇るこのバックローで、1年目から頭角を現わすことができるか。

彼らが高いレベルで切磋琢磨する姿を期待したい。

バックス(BK)

続いてはバックス陣。

ハーフバック(SH/SO)

まずスクラムハーフの注目は、辻 時羽選手(常翔学園)。

全国ジュニア大会を制した”大阪府中学校選抜”で正SHを務め、常翔では1年時から花園を経験、先日発表の『U20日本代表候補』にも名を連ねた世代屈指のスクラムハーフだ。

ハイパントの正確性、高い俊敏性、そして強気のゲームメイクは、逸材が揃うこの世代の中でも一際輝きを放つ。

”常翔⇒東海”のルートは近年記憶に無く、チームへ新風を吹かせると言う意味でも今季の注目選手に挙げたい。

 

そしてスタンドオフの目玉はやはり、”仰星の主将”近藤翔耶選手(東海大仰星)だろう。

中学時代は”大阪府中学校選抜”の主力としてSH辻選手と共に『全国ジュニア大会』を制覇。

仰星でもパス・ラン・キック全てに優れるオールラウンダーとして活躍し、3年時にはチームの”主将”として約100名いる大所帯のチームを一つにまとめあげた。

東福岡との後半48分に及ぶ死闘が”花園史に残る名勝負”なら、

「30人で試合をしているというか、一体感というか、プレー中にノーサイドが来ていた気がします」

試合後に発せられたこのコメントも、間違いなく高校ラグビー史に残るものだろう。

真野泰地選手(現・東芝)、山田生真選手(現・神戸製鋼)ら優れたリーダーのDNAを受け継ぐ存在として、大学でもそのリーダーシップを発揮してくれることを期待したい。

 

またこのポジションでは、

チーム初の花園出場へ貢献し、U17東海代表の主力としても活躍したSH秦 諒磨選手(四日市工)、

『KOBELCO CUP2019』でU17北信越代表の”優秀選手”を受賞したSH/WTB大久保柾選手(新潟工)、

京都の名門・工学院の”司令塔”中村大介選手、

そして、大阪の”第2勢力”関大北陽で2年時から⑩番を背負ってきた緒方蒼太朗選手にも注目をしたい。

センター(CTB)

センターのポジションには、

今季唯一の留学生選手で、フォワードからバックスまでを万能にこなすオトゥホウマ シアレ選手(東海大福岡)、

抜群の突破力を誇る山の手の”主将”木津谷勇輝選手(札幌山の手)、

ら”大型センター”に加え、

仰星の誇る”フィジカルランナー”岡村優太選手(東海大仰星)、

兵庫県スクール選抜の一員として『全国ジュニア大会』で”優秀選手”を受賞した小川翔夢選手(御所実)、

中学時代、福岡県選抜の主力を張り、舞鶴でも2年時から中核を担った恒石旭陽選手(大分舞鶴)、

積極的な仕掛けで魅せる”相模の⑬番”奥 耀大選手(東海大相模)

など、多くの実力者が加入した。

東海のセンターは、昨季、”不動のコンビ”として活躍した杉浦拓実選手(東京/現・三菱重工)、赤木凜選手(京都工学院/現・ユニチカ)が揃って卒業しただけに、今季は世代交代が急務。

彼らには1年目からその穴を埋める活躍を期待したいところだ。

バックスリー(WTB/FB)

最後を飾るバックスリー。

このポジションには、中川湧眞選手(京都成章)、森山翔斗選手(佐賀工)と2人の逸材が加入した。

中川選手は昨冬花園で個人7トライを挙げ、LO青木選手(桐蔭学園)らと共に『トライ王』に輝いた成章の”フィニッシャー”。

森山選手は、強靱なバネと抜群の加速力を武器に、名門佐賀工の”スピードスター”として多くのチャンスを演出してきた。

 

また彼ら2人以外にも、

県予選決勝・桐蔭学園戦で貴重なトライを奪うなど、WTB樋川蔵人選手(⇒立命大)と共に相模のバックスリーを支えたFB/SO河野吏玖選手(東海大相模)、

仰星のゲームメーカーとして花園2試合で”⑩番”を背負ったSO/FB奥田泰進選手(東海大仰星)、

高い突破力を武器に1年時から育英の”⑧番”を背負ってきたWTB渡邉 元選手(仙台育英)、

元福岡県中学校選抜の主力で、舞鶴でも2年時から”エース”として活躍してきたFB田代諒介選手(大分舞鶴)、

らも能力が高く、楽しみな存在であることは間違いない。

林隆広選手(4年・石見智翠館)、酒井亮治選手(3年・東海大相模)、谷口宜顕選手(2年・東海大仰星)、フィナウ・ポロメア選手(2年・東海大福岡)など各学年に逸材が割拠するこのバックスリーで、1年目から頭角を現すことができるか。

彼らの成長を応援していきたい。

関東リーグ戦の視聴方法について

今年の関東リーグ戦も”J SPORTSオンデマンド”が、開幕節から最終節まで全試合を配信してくれます。

なんくる
毎年ありがとうございます!

9月配信スケジュール

9月26日(日)

12:30~:日本大 vs 中央大 (Live)

15:00~:流経大 vs 大東文化大 (Live)

15:00~:東海大 vs 関東学院大 (Live)

18:00~:法政大 vs 専修大 (録画)

J SPORTSオンデマンド公式へ

<関東リーグ戦試合結果速報>

【結果速報】大学ラグビー2021 関東リーグ戦1部 日程と順位表

<新入生情報2021↓>

【新入生2021まとめ】大学ラグビー 2021年度新入部員

<卒業生進路&2021展望↓>

【卒業生進路まとめ】大学ラグビー2021 就職先と新チーム展望

<新体制情報↓>

【2021最新】関東大学ラグビー リーグ戦1部 新体制まとめ

コメントを残す

CAPTCHA