多くの怪我人に苦しみ、昨季はリーグ6位に沈んだ法政大学

個々には高いポテンシャルを有しながらも、チームとしてなかなか結果を出す事が出来ず、全国の舞台から遠ざかること2年。

『古豪復活』の道は長く険しいものになりつつあります。

しかし今年は、多くの代表クラスが名を連ねた”2017年入部組”が最終学年を迎える年。

”黄金世代”を中心に再起を懸けるシーズンへ、今年はどのようなメンバーが法政の門戸を叩いたのでしょうか。

スポンサーリンク

2020年度新入部員一覧

PO氏名サイズ出身校代表歴
PR竹部力185/107大分舞鶴
PR中野一樹177/110国学院栃木
HO四元涼太169/100鹿児島玉龍
HO石川空悟167/87佐賀工
LO木村開182/100秋田中央
LO渡部創太郞184/89桐蔭学園
FL板橋愛翔171/86日体大柏
FL横山慶伍172/85法政二
FL本山淳大184/96佐賀工
FL山下武準172/83法政二
No.8高城喜一186/96金光藤蔭
SH山脇一真169/70天理代表候補
SO熊田経道172/81大産大付
SO関口純平175/85幕張総合
CTB相川大智177/81法政二
CTB片岡善知172/74石見智翠館
CTB藤井季生177/86茗渓学園7'sユース
アカデミー
CTB多賀薫平172/82早稲田摂陵
CTB松下 励181/86開明
CTB土橋愛介171/76京都工学院
CTB椎葉修嗣174/80日向
CTB花澤昌太175/88法政二
WTB原澤昇吾168/74法政二
WTB星野真里171/79九段中等
FB石岡玲英177/76御所実高校代表

(情報元: 法政大学ラグビー部HP)

総勢25名が新たに加入。

その内高校代表クラスは2人。

かつて”リーグ随一のタレント力”を誇ったチームにとって、この数字は正直寂しい気がしますが、1年目からAチームを狙えそうな楽しみなメンバーが入部しています。

そして人数も、昨年が15名と少数だったことを考えると、大幅に増加した形となっています。

注目はこの選手たち!

佐賀工の”バックローコンビ”

まずは11人が加入したフォワード陣。

注目は”九州の名門”佐賀工で主将を務めた石川空悟選手と、本山淳大選手の”バックローコンビ”です。

石川選手は167cmと小柄ながら、強靱なフィジカルと瞬時にトップギアへ入る加速力で、花園でもトライを量産。

大学ではフッカー登録ですが、その機動力の高さはバックローでも十分通用しそうな気がします。

一方の本山選手は、184cmの恵まれた体格を生かした肉弾戦に強みを発揮し、佐賀工の誇る強力フォワードの中心として活躍した好選手。

共にバックス並みのハンドリングスキルも併せ持ち、花園でもこの2人のライン参加から多くのトライを演出。

『展開ラグビー』を代名詞とする法政にとっては、最適な戦力補強と言えます。

 

そしてその他にも、

大東大へ進学した藤倉選手と共に、”国学院栃木”の最強スクラムを支えたPR中野一樹選手、

名門・大分舞鶴で2年生からレギュラーを張り、九州選抜にも選ばれた経験を持つPR竹部力選手、

小田嶋生吹選手(大東大)ら好選手を輩出する秋田中央で、フォワードの中心を担ったLO木村開選手、

桐蔭学園花園優勝メンバーの一人LO渡部創太郞選手、

そして、昨春の選抜へ出場した大阪の強豪・金光藤蔭の中心選手で、センターも担えるマルチプレーヤーのNo.8高城喜一選手らが加入。

昨年は、石母田健太選手(国学院栃木)、河村龍成選手(明和県央)、吉永昂生選手(東福岡)ら3人のルーキーがメンバー入りするなど、若手が躍動する法政フォワード陣。

今年もこの中からジャージに袖を通す選手が出てくるのか。

非常に楽しみです。

花園の”トライ王”加入

続いてはバックス陣。

ここの注目は何と言ってもこの選手でしょう。

花園準V・御所実の”絶対的エース”にして主将、そして高校日本代表にも選ばれたFB石岡玲英選手。

相手を瞬時に抜き去るスピード、秀逸なコース取り、抜群のボディバランス。

フィニッシャーに求められる要素をハイレベルで持ち併せるスピードスターは、花園でもその輝きを存分に見せつけ6トライを量産。

見事、第99回大会の『トライ王』に輝きました。

花園を放送するMBS(毎日放送)が選ぶ、未来の日本代表候補特集にトップで名を連ねた逸材は、即戦力としての期待がかかるルーキーの筆頭格。

固い結束で『御所ファミリー』として知られる御所実は、近年、帝京の竹山晃暉選手(パナソニック)、北村将大選手(4年)、大東大の主将・南昂伸選手、そして昨年法政で主将を務めた井上拓選手ら多くのリーダーを輩出。

石岡選手には将来の法政を背負って立つ存在として、大所帯を束ねたそのリーダーシップにも期待をしたいところです。

 

さらにバックスには、

奈良の名門・天理で2年生からレギュラーを獲得し、『ランニングラグビー』を標榜するチームの心臓部を担ったSH山脇一真選手、

中学時代からその才能が注目され、伊藤大祐選手(桐蔭学園-早大)、廣瀬雄也選手(東福岡-明大)らと共に、中3でセブンズアカデミーにも選出された経験を持つ茗渓学園のCTB藤井季生選手、

そして、高校では全国と無縁ながらも、中学時代に奥井章仁選手(大阪桐蔭-帝京大)、谷口宜顕選手(東海大仰星-東海大)、前述の天理・山脇選手と共に、”オール大阪”に選ばれた実績を持つSO熊田経道選手(大産大付)など、楽しみな選手がずらり。

いずれも『法政ラグビー』を体現しうるタレントと言えるでしょう。

充実の戦力・いざ上位進出へ

吉永純也選手(東福岡)、根塚洸雅選手(東海大仰星)、山下憲太選手(長崎海星)ら、7人の高校日本代表クラスを擁し、下級生時代からチームを支えてきた”2017年度入部組”も今年ついに最終年。

彼らの今季へ懸ける想いは並々ならぬものがあるはずです。

さらに昨シーズンは、大澤蓮選手(3年・長崎南山)、舘内倭人選手(3年・法政二)ら多くの下級生がレギュラーとして経験を積んだことで、主力11人が残る今季は例年になく戦力が充実。

ここに今年の新入部員が新鮮な風を吹き込み、南部翔大選手(京都成章)、坂田龍之介選手(東海大仰星)、吉永昂生選手(東福岡)ら生きのいい2年生が台頭すれば、一気に上位を狙えそうな強力布陣が形成されます。

「今年こそ強い法政が見たい」

これは復活を待ち望むファン共通の想いのはず。

前年度6位からの逆襲に燃える今季。

オレンジ軍団』の復活に期待しましょう!

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA