シーズン中のコロナ感染者発生に揺れる中、青学大、立教大にはしっかりと勝利を収め対抗戦6位の座を死守した日本体育大学

2008年度以来の全国復帰を目指すチームへ、今年はどのようなメンバーが新戦力として加入したのか。

その顔ぶれと注目選手を見ていきたい。

2021年度新入部員一覧

PO氏名出身校サイズ代表歴
PR工藤隆誠専大松戸174/100
PR矢部隆真新潟工176/108
PR
HO
LO
本宮大海保善185/96
HO新垣敬史美里工163/100
HO木村素晴八戸西172/92
HO敦賀浩佑北越168/94
HO藤田幹太筑紫175/85
HO髙平結大長崎北陽台171/90
HO
FL
萩原一平中部大
春日丘
172/95
LO清水荘一郎報徳学園188/107
LO岸 佑融玉川学園190/100
LO當山恭右名護180/80
LO粟田駿也高鍋181/83
LO
FL
No.8
大橋興太郎九国大附189/85
FL大竹智也桐蔭学園175/80
FL
No.8
伊達雅紘関西176/90
FL
No.8
CTB
日置啓太平工178/85
FL
CTB
齊藤弘毅流経大柏174/85
FL
SO
髙橋龍世桐蔭学園168/82
SH日髙 柊鹿児島工168/66
SH伏見永城甲府工165/70
SO
CTB
勝目龍馬佐賀工164/71
CTB
FB
本間正悟大阪桐蔭171/75
WTB海原一郎小倉165/63
WTB
FB
甲斐倖ノ助九州学院181/83
WTB
FB
畠山史哉宮古176/78
FB辰巳一輝日体大柏179/77

(情報元:日本体育大学ラグビー部HP)

今年は27名が新たに加入。

代表クラスこそ存在しないものの、桐蔭学園、中部大春日丘など名門の主力クラスが今年も多く名を連ねている。

ポジション別注目選手

フォワード(FW)

今年度の新入生は27名中、実に19名がフォワードの選手。

さらにそのうち7名が”フッカー”、5名が”ロック”登録とポジション毎の偏りが顕著な形となっている。

ただ、

・LO玉置将也前主将(熊野/現・クボタ)、HO北原寿哉選手(岡谷工/現・丸和運輸機関)ら絶対的な存在が卒業したこと

・昨年度はこのポジションを担う新入生の加入がなかったこと

これらを考慮すると、今季の補強意図は十分に頷ける。

 

個々の顔ぶれを見ても、

<フッカー>

・2年時には”第3列”として選抜大会に出場するなど、フィジカルに加え機動力にも秀でる萩原一平選手(中部大春日丘)

・名門・北陽台で1年時から花園を経験する髙平結大選手(長崎北陽台)、

・2019年度の『九州ブロックU17トライアウト』へ沖縄県から唯一人参加した新垣敬史選手(美里工)

 

<ロック>

・富島中時代は主力として『全国中学生大会(太陽生命カップ)』で5位入賞を果たし、高鍋でも2年時からフォワードの中核を担ってきた粟田駿也選手(高鍋)

・190cm/100kgと国際規格のサイズを誇り、2019年度の『TIDキャンプ』にも選出された”ビッグマン”岸 佑融選手(玉川学園)

・”不動の⑤番”として2年時から花園を経験する名護の副将・當山恭右選手(名護)

 

<それ以外のポジション>

・昨冬花園で2連覇を達成した桐蔭学園”不動の⑦番”大竹智也選手(桐蔭学園)

・日本代表・稲垣啓太選手(関東学大-パナソニック)、近藤芽吹選手(帝京大ー中部電力)など屈強なプロップを輩出する新潟工で2年時から”③番”を背負ってきたPR矢部隆真選手(新潟工)

・千葉の名門で2年時にはバックスのレギュラーとしても活躍したFL齊藤弘毅選手(流経大柏)

 

など、各ポジションに実力者が名を連ねている。

 

中でも個人的に注目したいのは、HO藤田幹太選手(筑紫)。

卓越したリーダーシップでチームを5年ぶりの花園出場へと導いた筑紫の”チームキャプテン”だ。

↓の動画は、コロナ禍で甲子園など”最後の大会”が中止となった他部所属のメンバーへ向けて語られたもの

このコメントからもこの選手の持つ知性と思慮深さ、そして他者を思いやれる人間性を窺い知ることができるが、それと同時に、彼ら去年の高校3年生が失ってきたものの大きさも改めて実感させられる。

コロナ禍の中でもがき苦しみながら、それを乗り越え、仲間と共に培ってきたそのスキルと人間力。

それらを是非大学の舞台で存分に発揮してほしい。

心からそう願う。

バックス(BK)

一方のバックスは登録人数8名と少ないが、

・九州の名門・佐賀工で②年時から”⑫番”を背負うSO/CTB勝目龍馬選手(佐賀工)

・バックスの要としてチームを引っ張り、『関東ブロックU17トライアウト』へチームから唯一参戦したSH伏見永城選手(甲府工)

・九州ブロック予選決勝へ進出した鹿工の”⑨番”日髙 柊選手(鹿児島工)

・”50m6秒1”の快足を誇り、”ファストマン”として2019年度の『TIDキャンプ』へ選出されたWTB海原一郎選手(小倉)

・『東北ブロックU17トライアウト』へ参加した快足ランナーWTB/FB畠山史哉選手(宮古)、

など、大学でさらなる成長が期待される選手が揃う。

日体大のバックスは、昨季のチームからSH本堂杏虎選手(國學院栃木/現・パナソニック)、SO高木陽太選手(府中西)らHB団の2人が揃って卒業した。

それだけに、SO勝目選手、SH伏見選手&SH日髙選手らそのポジションを担いうる選手たちには、是非1年目からAチームへ絡む活躍を期待したいところだ。

<新入生情報2021↓>

【新入生2021まとめ】大学ラグビー 2021年度新入部員

<卒業生進路&2021展望↓>

【卒業生進路まとめ】大学ラグビー2021 就職先と新チーム展望

<新体制情報↓>

【2021最新】関東大学ラグビー対抗戦Aグループ 新体制まとめ

コメントを残す

CAPTCHA