logo_jprm_250

 

 

 

 

 

2019年日本開催ラグビーW杯の前哨戦ともいえる“リポビタンDチャレンジマッチ”がいよいよ今週幕を開けます。

相手はルーマニアとアイルランド。

アイルランドは先に行われたグループリーグ抽選会で同組に入る事が決定。

そして、ルーマニアはこれまた同組の欧州予選1位の枠に入る事が濃厚なチーム。

「日本協会でかした!」と言いたくなるほど的確すぎるマッチメークです。

この大会に臨む日本代表登録メンバー33名は先月発表されていましたが、今日初戦のルーマニア戦に臨むメンバーが発表されましたので、併せてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

リポビタンDチャレンジカップ2017

日本代表登録メンバー

それではまずは5月29日に発表された登録メンバーのご紹介です。

FW            
名前 所属チーム 出身校 身長 体重 CAP
PR1 石原 慎太郎 サントリー 明治大 181 105 4
PR1 稲垣 啓太 パナソニック 関東学院大 186 116 13
PR1 山本 幸輝 ヤマハ発動機 近畿大 181 118 3
HO 庭井 祐輔 キヤノン 立命館大 174 102
HO 日野 剛志 ヤマハ発動機 同志社大 172 100 4
HO 堀江 翔太 パナソニック 帝京大 180 104 49
PR3 浅原 拓真 東芝 法政大 179 113 5
PR3 伊藤 平一郎 ヤマハ発動機 早稲田大 175 115 4
PR3 知念 雄 東芝 順天堂大学院 184 125 6
LO 梶川 喬介※ 東芝 福岡工業大 188 105 4
LO ヘル ウヴェ ヤマハ発動機 拓殖大 193 115 3
LO 真壁 伸弥※ サントリー 中央大 192 119 34
LO 谷田部 洸太郎 パナソニック 国士舘大 190 107 12
FL ツイ ヘンドリック サントリー 帝京大 189 110 38
FL 徳永 祥尭 東芝 関西学院大 185 100 4
FL 松橋 周平 リコー 明治大 180 99 6
No.8 アマナキ・レレイ・マフィ NTTコム 花園大 189 112 13
No.8 リーチ マイケル 東芝 東海大 189 105 47

※6月4日:梶川選手のコンディション不良により大戸選手(ヤマハ発動機)が追加招集

※6月5日:真壁選手の負傷離脱により大野選手(東芝)が追加招集

 

フォワードは合計18名。

その内2015年W杯組は稲垣、堀江、真壁、ツイ、マフィ、リーチら6名。

中でもリーチはW杯後の2016年は心身の休養に当て、代表活動を辞退をしていたため、実に1年半ぶりの代表復帰となりました。

現在はスーパーラグビーの強豪チーフスの一員としてNo.8の定位置を確保。

頼れる男が万を持して代表に復帰です。

 

さらに、我らが“沖縄の星“PR知念雄選手も代表入りを果たしました。

昨年代表デビューを果たし、先日行われたアジアラグビーチャンピオンシップにも選出されましたが、どちらも若手を中心としたメンバー構成となっていましたので、“ベスト布陣”での代表選出は今回が初めてと言えるでしょう。

“沖縄の星“として是非代表定着を狙って欲しいですね。

※知念選手の魅力についてはこちら⇓も併せてご覧下さい

 

一方、フォワード陣唯一の初キャップは庭井選手。

サンウルブズへ途中参戦ながらも、デビュー戦からバックロー並みの走力とフィジカルの強さから一気に注目を浴びました。

私は正直その試合を見るまで名前も知らなかった選手でした。

現在の代表主将にして“不動のレギュラー“堀江選手の牙城を崩せるか!?

その活躍に期待です。

 

そして、特筆すべきは出身大学の多様さでしょう。

18名の内、2名と複数選出されているのは帝京と明治のみで、後はそれぞれの大学から1名ずつの構成です。

中にはLO梶川選手(福岡工業大)、LO谷田部選手(国士舘大)、No.8マフィ選手(花園大)のように強豪校以外からも選出された選手もおり、“ダイヤの原石“は無名校にも多くいて、努力次第では大学名に関係なく、ジャパンへの道が開かれる事を改めて実感させられる結果です。

皆さん是非頑張ってほしいですね。

 

BK            
名前 所属チーム 出身校 身長 体重 キャップ
SH 内田 啓介 パナソニック 筑波大 179 86 21
SH 田中 史朗 パナソニック 京都産業大 166 72 58
SH 流 大 サントリー 帝京大 166 71 4
SO 小倉 順平 NTTコム 早稲田大 172 80 2
SO 田村 優 キヤノン 明治大 181 91 42
SO 松田 力也 パナソニック 帝京大 181 92 7
WTB 江見 翔太 サントリー 学習院大 180 95
WTB 福岡 堅樹 パナソニック 筑波大 175 83 17
WTB 山田 章仁 パナソニック 慶應義塾大 182 88 21
CTB デレック・カーペンター サントリー オークランド大 183 94
CTB 立川 理道 クボタ 天理大 180 95 51
CTB ウィリアム・トゥポウ コカ・コーラ ブリスベンステート高 187 101
CTB ティモシー・ラファエレ コカ・コーラ 山梨学院大 186 98 4
FB 野口 竜司 東海大学(4年) 東海大仰星 177 86 8
FB 松島 幸太朗 サントリー 桐蔭学園 178 87 22

 

バックス陣は合計15名。

その内、2015年W杯組は田中、田村、福岡、山田、立川、松島の6名。

 

そして現在全ポジションの中でFlと並び再激戦区と言っても過言ではないSHのポジションには田中選手、内田選手の常連組に、4月のアジアチャンピオンシップの際、初キャップで主将に抜擢された流選手がその座を勝ち取りました。

 

そして、スーパーラグビーで世界に通用するスキルを見せつけ、抜群の存在感を発揮している江見選手、CTBコンビとして体を張り続けているカーペンター選手、トゥポウ選手らサンウルブズ組が初選出となりました。

大学生から唯一選出された野口選手にも注目ですね。

 

ルーマニア戦メンバー

さぁそして6月10日(土)に行われる初戦ルーマニア代表との試合に臨むメンバーがこちらです。

1 山本 幸輝 ヤマハ発動機 近畿大学 181 118 3
2 堀江 翔太 パナソニック 帝京大学 180 104 49
3 浅原 拓真 東芝 法政大 179 113 5
4 谷田部 洸太郎 パナソニック 国士舘大 190 107 12
5 ヘル ウヴェ ヤマハ発動機 拓殖大 193 115 3
6 リーチ マイケル 東芝 東海大 189 105 47
7 徳永 祥尭 東芝 関西学院大 185 100 4
8 アマナキ・レレイ・マフィ NTTコム 花園大 189 112 13
9 田中 史朗 パナソニック 京都産業大 166 72 58
10 小倉 順平 NTTコム 早稲田大 172 80 2
11 福岡 堅樹 パナソニック 筑波大 175 83 17
12 デレック・カーペンター サントリー オークランド大 183 94
13 ティモシー・ラファエレ コカ・コーラ 山梨学院大 186 98 4
14 山田 章仁 パナソニック 慶應義塾大 182 88 21
15 野口 竜司 東海大学(4年) 東海大仰星 177 86 8
16 庭井 祐輔 キヤノン 立命館大 174 102
17 稲垣 啓太 パナソニック 関東学院大 186 116 13
18 伊藤 平一郎 ヤマハ発動機 早稲田大 175 115 4
19 大戸 裕矢 ヤマハ発動機 立命館大 188 104 2
20 ツイ ヘンドリック サントリー 帝京大 189 110 38
21 内田 啓介 パナソニック 筑波大 179 86 21
22 田村 優 キヤノン 明治大 181 91 42
23 松島 幸太朗 サントリー 桐蔭学園 178 87 22

 

マイケル・リーチがFLでマフィがNo.8、、、なんて心強いバックローでしょうか。。

田中ー小倉のHB団も楽しみですが、山田、福岡の両WTBもボールを持てば何かやってくれそうな感が満載ですね。

ルーマニアは今年欧州最強のフィジカルを持つと言われる強豪ジョージアを破るなど、着実に成長を続けているチームです。

特にスクラムは重いだけでなく、上手くズルく組んでくるチームとして知られています。

スクラムでの苦戦は避けられないかもしれませんが、まずは接点で互角に対抗し、HB団からのキックでかき回し、両WTBを前自由に走らせたいところです。

とにかく久しぶりのフルメンバーでの代表戦、ワクワクしますね。

試合日程

日程 対戦 時間 会場
6月10日(土) 日本 vs ルーマニア(16位) 14:40 熊本・えがお健康
6月17日(土) 日本 vs アイルランド(4位) 14:00 静岡・エコパ
6月24日(土) 日本 vs アイルランド(4位) 14:40 東京・味スタ

 

チケットはこちらから⇒日本ラグビーフットボール協会HP

<テレビ中継>

日本テレビ(地上波・全国)   6月10日(土)14:30~LIVE

J SPORTS4(衛星波・CATV)  6月10日(土)14:25~LIVE

 

 

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA