プール戦順位予想の最後を飾るのは今大会に復活をかけるオーストラリアと、初のW杯制覇を目論むウェールズが入るプールD。

ワールドカップ前の状態が対照的な両チーム。

このプールも楽しみです。

スポンサーリンク

プールD

組み合わせ

このグループはオーストラリアウェールズの2強で決まりと言えそうです。

オーストラリアはこれまで2度のW杯制覇を誇る強国ですが、スーパーラグビーでは2017年~2018年にかけて自国チームがNZ勢に40連敗するなど低迷。

そのクラブチームに引きずられるように代表チームも、2016年にイングランド戦で3連敗を喫するなど、2015年以降のテストマッチでは18勝24敗2分と極度の不振に陥ります。

そこへ同性愛者への度重なる中傷発言でオーストラリア協会から解雇された”絶対的エース”FBイズラエル・フォラウの離脱と、W杯へ全く希望が持てない状態が続いていました。

しかしここに来て、2013年以降代表から遠ざかっていた”元ゴールデンボーイ”CTBジェームズ・オコナー、”世界屈指のボールハンター”FLデービッド・ポーコック、そして、白血病を克服したブランビーズの主将SOクリスチャン・リアリーファノ、そして4度目のW杯へ挑むベテランCTBアダム・アシュリークーパーらが満を持してワラビーズへ復帰。

さらに、私が追いかけてやまない”世界最高峰のフランカー”マイケル・フーパー主将、強力な突破が魅力のCTBサム・ケレビらも健在とあって、開幕直前になり一気に頂点を狙える布陣が整ってきました。

8月10日には南半球4か国対抗でNZを47-26と圧倒するなどチームも上昇気流。

4年間もがき苦しんだワラビーズの逆襲に期待が高まります。

そして対抗馬は”レッドドラゴン”の異名を持つウェールズ

2013年以来優勝から遠ざかっていた今年の欧州6か国対抗では、強国との接戦をことごとく制し5戦全勝でグランドスラムを達成。

さらに8月には10年間トップに君臨した王国NZを抑え、2003年の世界ランキング導入以来初めてとなる世界1位の座を獲得。

一躍優勝候補へ名乗りを挙げました。

しかし、直近に行われたテストマッチではイングランド、アイルランドとの4連戦を1勝3敗と負け越しあっさり世界1位の座をアイルランドへ明け渡すと、ここへ来てフォワードの核No.8タウルペ・ファレタウ(鎖骨のケガ)、司令塔ギャレス・アンスコム(前十字靭帯損傷)と2人の中心選手が負傷で本大会への出場を断念。

同国悲願の初優勝へ暗雲が立ち込めます。

”世界最高のロック”と評されるアルン・ウィン・ジョーンズ主将らを中心とした堅守で、昨年からテストマッチ14連勝を飾ったあの勢いをW杯で取り戻すことが出来るのか⁉

手負いのレッドドラゴンの戦いに注目しましょう。

試合スケジュール

キックオフ対戦カード会場
9月21日(土)13:45オーストラリア v フィジー札幌
9月23日(月)19:15ウェールズ v ジョージア豊田
9月25日(水)14:15フィジー v ウルグアイ釜石
9月29日(日)14:15ジョージア v ウルグアイ熊谷
9月29日(日)16:45オーストラリア v ウェールズ東京
10月3日(木)14:15ジョージア v フィジー花園
10月5日(土)14:15オーストラリア v ウルグアイ大分
10月9日(水)18:45ウェールズ v フィジー大分
10月11日(金)19:15オーストラリア v ジョージアエコパ
 10月13日(日)17:15 ウェールズ v ウルグアイ 熊本

順位予想

前評判は低いながらも戦力充実のオーストラリアが、4戦全勝で復活の首位通過を果たすと予想します。

2位にはウェールズ

残る3チームで波乱を起こすとすれば同国”史上最強”の呼び声が高く、7月にはマオリ・オールブラックスを撃破したフィジーでしょうか。

本大会に臨むメンバーも31人中26人が欧州でプレーし、持ち前の強さと速さに加え、欧州仕込みの組織と規律をミックスさせた好チーム。

台風の目になる可能性はあると見ます。

ただ、オーストラリア、ウェールズ共に堅守を誇るチーム。

その壁はやはり厚いと考えます。

そして”欧州最強スクラム”を誇るジョージアも2強に食い込むまでの力があるかと言われると、そこはやはり厳しいと言わざるをえません。

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA