slider-20170227-1

こんにちはなんくるナイトです。

2月へ入り各大学が続々と新体制を発表し、既に新チームが始動しています。

関東の大学にとって新チームとしての最初の大会は春の恒例となった“春季大会”。

先日関東ラグビー協会HPで日程が発表されましたのでご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

関東大学春季大会

Aグループ日程

【4月23日(日)】      
13:00 早稲田大 - 大東文化大
    (早稲田大G)  
       
【4月29日(土・祝)】      
13:00 大東文化大 - 帝京大
    (岐阜・長良川球)  
       
【5月7日(日)】      
13:00 早稲田大 - 東海大
    (早稲田大G)  
       
14:00 明治大 - 流通経済大
    (明治大G)  
       
【5月14日(日)】      
13:00 流通経済大 - 早稲田大
    (茨城・たつのこF)  
       
14:00 東海大 - 明治大
    (静岡・草薙)  
       
【5月28日(日)】      
13:00 帝京大 - 東海大
    (山梨・中銀スタ)  
       
13:00 大東文化大 - 流通経済大
    (流通経済大G)  
       
【6月4日(日)】      
13:00 流通経済大 - 東海大
    (流通経済大G)  
       
13:00 明治大 - 帝京大
    (北海道・月寒)  
       
【6月11日(日)】      
14:00 帝京大 - 早稲田大
    (帝京大G)  
       
14:00 明治大 - 大東文化大
    (明治大G)  
       
【6月18日(日)】      
13:00 早稲田大 - 明治大
    (宮崎・県陸)  
       
13:00 東海大 - 大東文化大
    (東海大G)  
       
13:30 帝京大 - 流通経済大
    (帝京大G)  

 

前年度対抗戦、リーグ戦各リーグの上位3校が顔を揃えるAグループ。

対抗戦グループからは帝京、早稲田、明治の3校、リーグ戦グループからは東海、流経、大東文化の3校が参加します。

顔ぶれを見るだけでもワクワクするリーグとなっていますね。

昨年から大学選手権は従来のトーナメント方式に変更されたため、他リーグの大学同士が戦う機会も少なくなりました。

そのため、これらのカードの中で去年選手権で見れたカードと言うのは、帝京×大東文化(準々決勝)、帝京×東海(決勝)のみ。

上位6校による総当たりを見る事が出来るのがこの春季大会の魅力の一つです。

新チームの現在地を知る事が出来る絶好の機会。上位争いは帝京、東海、流通経済当りになるでしょうか。

4月から始まるリーグ戦は4月23日(日)の早稲田×大東文化で幕を開けます。

 

早稲田大学の日程

そして、次は早稲田の日程を見て行きましょう。

【4月23日(日)】      
13:00 早稲田大 - 大東文化大
    (早稲田大G)  
【5月7日(日)】      
13:00 早稲田大 - 東海大
    (早稲田大G)  
【5月14日(日)】      
13:00 流通経済大 - 早稲田大
    (茨城・たつのこF)  
【6月11日(日)】      
14:00 帝京大 - 早稲田大
    (帝京大G)  
【6月18日(日)】      
13:00 早稲田大 - 明治大
    (宮崎・県陸)

春季大会

春季大会

一昨年の対抗戦で4位に終わり、去年はBグループを戦った早稲田ですが、

昨年は2位の好成績を残したことにより今季Aグループへの復帰を果たしました。

しかし、去年は下記の通りBグループでも大苦戦。

【2016年関東大学春季大会Bグループ】

春季大会2

(出典:関東ラグビーフットボール協会HP)

慶應、大東文化には惨敗、青山学院には史上初となる公式戦での敗戦を喫するなど苦しい春シーズンとなりました。

去年は山下体制初年度という事で、春シーズンは体作りなどフィジカルの底上げに着手、

チームとしての戦術・戦略の落し込みは夏以降と言う形で臨みました。

結果的にそれが対抗戦2位という結果に表れましたが、今年戦うAグループ勢の実力は去年の比ではありません。

下手をすれば全て大敗という恐れもあり、そうなれば春の段階で自信を失い、チームが空中分解してしまう可能性も秘めています。

今年は改革2年目として去年培った“強み“への上積みからスタートできる早稲田。

山下監督がこの春季大会をどのようなアプローチで臨むのか。

試合結果と共に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA