王者帝京を撃破し、優勝した明治と大接戦を演じるなど、天理大が大学日本一へ向け躍進を続ける一方で、2年連続で大学選手権の出場を逃した名門同志社大学

長く君臨してきた”関西の雄”の座を天理へ明け渡し、もがき続ける盟主ですが、復権への道のりは厳しく、なかなか明るい兆しが見えてきません。

109代目を迎える新シーズン。

再建を託された幹部陣と、同志社の将来を担う入部予定者がHP上で発表されました。

スポンサーリンク

同志社大学 2019年度新体制

監督 萩井好次
主将 山本雄貴 同志社 WTB
副将 服部綾 東福岡 LO
古城隼人 修猷館 SO

新チームの主将は山本雄貴選手に決まりました。

弟分同志社高校で2年時からレギュラーを張り、3年時にはキャプテンを務めた同選手。

大学入学後も2年時にU20日本代表に選出され、ウルグアイで行われた”ワールドラグビーU20トロフィー”でも活躍しました。

このチームのメンバーは、

安昌豪、武井日向、箸本龍雅(明大)、岸岡智樹、古賀由教(早大)、眞野泰地(東海大)、藤井大喜、佐々木剛(大東大)、ファウルア・マキシ(天理大)

ら、下級生から強豪校のレギュラーを張り、今や各チームの主力として活躍する逸材だらけ。

U20トロフィーを全勝で駆け抜け、前年降格したチャンピオンシップへ1年で再昇格を果たした事からも、このメンバーのレベルの高さが伺えます。

ただ、昨シーズンは関西リーグ開幕戦の京産大戦にこそスタメンに名を連ねるも、その後は主にリザーブ、終盤はメンバー外となるなど苦難の年でもありました。

さらに高校3年時には主将を務めながら、体調不良で長期間の離脱を経験するなど数々の苦労を知る男でもあります。

しかしその経験が、人として、男として、選手としての深みを与え、そしてその人間性が新チームの牽引役に指名された要因となったのではないでしょうか。

同志社の復権は系譜を継ぐスキッパーに託される事になります。

力強いプレーと共にそのキャプテンシーにも注目したいと思います。

 

同志社大学 2019年度入部予定者

そして復権を目指す同校の将来を担う存在として、2019年度に入学・入部を予定しているメンバーも発表されました。

PO氏名出身校身長体重
CTB大森広太郎茗渓学園17783
FB岸本尚龍国学院久我山16875
No8梁本旺義常翔学園18090
FL/NO8馬渡仁之祐東海大仰星17790
SH新和田錬尾道17170
FL/NO8小島雅登東福岡17579
SH原昇大小倉16965

青字:高校日本代表候補 赤字:U17日本代表

7名の内3人が高校日本代表校に選出され、4人が花園を経験しています。

まだ決定していない選手もいるのか、この時期の発表としては非常に少ない人数になっていますね。(2018年度は13名)

 

<追記>

2019年4月27日に同部HP上で一般入部含む全新入部員が発表されました。

PO氏名出身校身長体重
FL油⾕ 慧桐蔭学園17685
PR⽯丸英仁同志社香里176117
CTB⽯本倖⼤同志社香里17272
SO伊藤敬太旭野17075
FL伊藤敦⼤高岡第一17183
SH井上拓海筑紫16774
FB井ノ⼝和⾨同志社香里18077
SO⼤槻健⼈同志社香里17378
SO笠原浩史同志社香里17384
FL⼩嶋将太朗同志社香里17486
CTB齋藤基興函館ラサール17074
WTB酒井陽向長崎北陽台17070
FL迫尾真聖大分舞鶴16581
FB宿⾥優太東福岡17070
HO杉⼭左⾨同志社香里175100
FL鈴⽊康⽣旭野18086
FL⼟蔵万寛同志社香里18193
SH南野剛輝同志社香里17668
SO⻄村海⾳同志社香里17278
LO秦 隆太大阪桐蔭18597
FB東 恒太小倉17675
LO平本宏基同志社18075
LO⽂⼭永貴同志社香里18195
SO古舘晏璃洛北17278
PR牧 拓真小倉170103
SH松浦匡祐東海大仰星16868
FL向井⻯平同志社香里16380
PR吉本滋起尾道168104
PR李 優河大阪朝鮮179123
FB渡邊⾠之介函館ラサール16670

(情報元:同志社大学ラグビー部HP)

注目はこの選手たち!

バックスにはキラ星のように輝くタレントを抱えながら、セットプレー、ブレイクダウンなど接点の部分で、強豪校に差を開けられてしまっている同志社。

その意味ではやはりフォワードの3選手に目がいってしまいます。

梁本旺義(常翔学園)、馬渡仁之祐(東海大仰星)小島雅登(東福岡)

常翔、仰星にヒガシ。

もはや説明はいらないほど高校ラグビー界では横綱クラスに位置する学校です。

帝京や明治など関東の強豪校に流れがちな傾向の中で、よくぞ同志社を選んでくれたという印象ですね。

3校とも伝統的にフォワードが重たく強く、さらに走れる選手を育てる事に定評があるチーム。

その中で、梁本選手は花園ベスト8の常翔で主将を務め、小島選手は同ベスト4の東福岡で副将を務めるなど、主力としてだけでなく幹部としてもチームを引っ張った逸材です。

そして馬渡選手も仰星の主力として、花園前年度覇者というプレッシャーと1年間戦い続けた選手。

その経験はメンタルの部分でもきっとチームにとって大きな力となってくれることでしょう。

さらに梁本選手と馬渡選手は名門対決となった大阪府大会決勝で同じバックローとして渡り合った仲でもありますね。

今度は同じチームとして同志社フォワードを引っ張っていってほしいと思います。

 

チームとしてなかなか結果出せない中、毎年強豪高校の主力が同志社の門戸を叩くほどまだまだネームバリューは健在。

後は結果を出すだけです。

まずは”関西リーグ優勝”、

そして3年ぶりの”大学選手権出場”へ。

新入部員の活躍と共に注目していきましょう!

 

春シーズンスケジュール

 

4月14日 同志社 - 関西大 京田辺
4月21日 同志社 - 関西学院 関学大G
4月28日 同志社 - 立命館 宝ヶ池
5月5日 同志社 - 大体大 宝ヶ池
5月19日 同志社 - 天理 天理新里
5月25日 同志社 - 福工大 京田辺
5月26日 同志社 - 京産大 西京極
6月16日 同志社 - 立教 江戸川G

 

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA