japan union

日本ラグビー協会より2017年度高校日本代表候補(第1次)が発表されました。

少し前まで前年度の高校日本代表のお話をしていた気がしますが、、、時が経つのは早いものですね。。

昨年は東福岡から最多11名が選ばれるなど同校の戦力充実が際立ち、そのまま“高校三冠(選抜、セブンス、花園)“を達成しました。

今年はどのような顔ぶれとなっているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

高校日本代表候補(第1次メンバー)

 

2017年度高校日本代表候補

【FW】    
氏名 所属先 学年 身長 体重
ノア トビオ 札幌山の手 3 183 100
シンクル 寛造 札幌山の手 2 186 114
泉 海斗 青森山田 3 195 106
田嶋 グン 三本木農業 3 178 101
小島 燎成 秋田工 3 183 118
照内 寿明 國學院栃木 3 168 90
福田 陸人 國學院栃木 3 175 85
上野 竣矢 深谷 3 177 105
大石 康太 国学院久我山 3 174 100
山本 渓太 国学院久我山 3 175 95
小池 隆成 東京 3 185 92
ハラシリ シオネ 目黒学院 3 178 114
小島 静也 桐蔭学園 3 178 77
山本 耕生 桐蔭学園 3 172 96
髙田 風吾 桐蔭学園 3 174 90
田中 慶伸 桐蔭学園 3 170 88
細木 康太郎 桐蔭学園 3 177 103
原田 衛 桐蔭学園 3 173 95
山本 凱 慶應義塾 3 175 83
土一 海人 東海大相模 3 174 100
アサエリ ラウシ 日本航空石川 2 187 110
アシペリ モアラ 日本航空石川 3 185 101
山本 健人 鶴来 3 181 83
上山 黎哉 大阪桐蔭 3 172 88
紙森 陽太 大阪桐蔭 3 175 101
河野 晶大 東海大仰星 3 195 103
南 光希 東海大仰星 3 181 92
百地 龍之介 東海大仰星 3 177 97
奥野 翔太 常翔学園 3 177 102
田中 熙 伏見工 3 173 100
樋上 寛大 伏見工 3 185 80
藤田 康助 京都成章 3 180 120
中谷 玲於 京都成章 3 170 76
齋藤 龍夜 石見智翠館 3 178 90
武内 慎 石見智翠館 2 190 96
德谷 琉希 石見智翠館 3 182 95
小川 大輔 松山城南 3 162 69
牛嶋 憂輔 東福岡 3 177 88
木下 龍 東福岡 3 181 90
木原 音弥 東福岡 3 182 92
清原 裕揮 東福岡 3 186 103
小林 賢太 東福岡 3 181 110
福井 翔大 東福岡 3 182 80
本山 慶都 東福岡 3 175 82
大澤 蓮 長崎南山 3 180 89
園田 翔平 長崎南山 3 181 115
深山 竣介 長崎南山 3 180 88
石川 大貴 佐賀工 3 178 89
山内 開斗 佐賀工 3 187 93
山崎 海 佐賀工 3 187 86
小牧 皓太 高鍋 3 192 86

 

【BK】
氏名 所属先 学年 身長 体重
川崎 清純 盛岡工 3 191 91
児玉  樹 秋田工 3 191 103
千葉 真之亮 仙台育英 3 170 69
新井 滉平 桐生第一 3 180 73
加藤 樹大 茗溪学園 3 180 71
堀尾 健太 茗溪学園 3 174 72
飯沼 蓮 日川 3 166 63
石井 匠 明和県央 3 184 93
ハラトア ヴァイレア 日体大柏 3 180 90
中楠 一期 国学院久我山 2 174 81
ヴァカラヒ シオエリ 目黒学院 3 179 100
岩田 真樹 明大中野八王子 3 176 82
中西 亮太朗 早稲田実 3 176 83
ジェイミー ゴードン 日体荏原 3 176 92
黒木 陽斗 桐蔭学園 3 182 80
小西 泰聖 桐蔭学園 2 166 69
田村 魁世 桐蔭学園 3 170 74
大場 丈 東海大相模 3 182 82
江本 洸志 日本航空石川 3 173 66
望月 裕貴 東海大静岡翔洋 3 187 90
鈴村 淳史 中部大春日丘 3 170 65
谷川 司 名古屋 3 179 82
朝倉 健裕 御所実 3 176 70
メイン 平 御所実 2 177 78
廣田 瞬 天理 3 164 66
山本 秀 京都成章 3 190 79
押川 敦治 京都成章 3 172 78
西川 虎哲 京都成章 3 165 65
藤井 健太郎 伏見工 3 180 75
松山 将輝 大阪桐蔭 3 166 71
松山 千大 大阪桐蔭 2 173 82
長田 智希 東海大仰星 3 180 81
河瀬 諒介 東海大仰星 3 183 79
西村 高雅 東海大仰星 3 174 74
堀田 恒司 東海大仰星 2 180 82
李 承信 大阪朝鮮 2 174 79
松永 貫汰 大産大付 3 166 72
江藤 良 報徳学園 3 180 90
雲山 弘貴 報徳学園 3 186 88
奥平 湧 尾道 3 187 86
隠塚 翔太朗 東福岡 3 166 65
稲吉 渓太 東福岡 3 174 80
丸山 凜太朗 東福岡 3 175 75
焼山 功雅 東福岡 3 172 70
高比良 隼輝 長崎北 3 178 80
竹ノ内 駿太 長崎南山 3 168 70
小柳 琢登 佐賀工 3 186 85
松本 純弥 佐賀工 3 171 72
井俣 暁登 高鍋 3 160 56
日下 太平 クライストチャーチボーイズ 3 181 88

青字:U18日本代表メンバー

FW/BM合わせて101名の選手が選ばれました。その中にはU18日本代表として今年4月にフランスで行われた「ヨーロピアンチャンピオンシップ」に参加したメンバーは基本全て選出され、2年生も御所実の逸材メイン平選手など9人が選ばれる形となりました。

そして、先の選抜大会で個人的に注目していた春日丘SH鈴村淳史選手も見事選ばれましたね。

この選手はスピード、パスワーク、ゲームコントロール全てにおいて高いスキルを持つ選手。

是非代表に残ってほしいですね。

選抜大会の様子はこちら⇒【高校ラガーの春開幕!】高校ラグビー選抜大会2017 激闘の軌跡① 予選グループ

学校別選出数

2人以上の複数選手が選出された高校は以下の通りです。

 

11人 東福岡

9人 桐蔭学園

7人 東海大仰星

5人 京都成章 佐賀工

4人 大阪桐蔭 長崎南山

3人 日本航空石川 国学院久我山 伏見工 石見智翆館

2人 札幌山の手 秋田工 国学院栃木 目黒学院 東海大相模 高鍋 茗溪学園 御所実 報徳学園

 

東福岡は昨年に続き最多11人のメンバーが選出される結果となりました。

驚くべきは7人がFWから選出されている事です。

FW8人中7人が高校日本代表候補。。。

こんな高校があっていいのでしょうか(笑)

 

しかもBKから選ばれた4人は昨年のチームでも主力として活躍した逸材だらけ。

今年も他校と比類なき圧倒的な戦力を誇っています。

 

そして今年春の選抜を初制覇した桐蔭学園から9人、東海大仰星からも7人が選出され、東福岡と並び“高校ラグビー界の横綱“と評される高校には、さすが毎年いい選手が現れます。

 

そして、注目したいのは佐賀工と長崎南山です。

近年九州の有力選手は東福岡へと流れる傾向にあり、九州地区では“ヒガシ“の1強時代が続いています。

特に佐賀工は以前は毎年花園のベスト8以上に顔を出す強豪でしたが、近年はすっかり弱体化し、シード権すら獲得出来ない状況が続いていました。

しかし、今年は春の選抜大会グループリーグであの東海大仰星を秘策“13人モール”で撃破するなど、私の中で今年大注目のチーム。

試合を見ていても個人個人のスキルが高く、5人の選出は納得です。

 

昨年との学校別選出人数比較

それでは学校別に昨年度との選出人数比較を見てみましょう。

 

  2016 2017
11人 東福岡 東福岡
9人   桐蔭学園
7人 東海大仰星 常翔学園 東海大仰星
5人 桐蔭学園 秋田工 京都成章 佐賀工
4人 大阪桐蔭 大阪桐蔭 長崎南山
3人 御所実 東京 深谷 尾道 石見智翆館 

国学院栃木 光泉

日本航空石川 国学院久我山  伏見工 

石見智翆館

 

今シーズン評判の高い京都成章、佐賀工が昨年の2人から5人と躍進する中、大阪の強豪常翔学園は昨年の7人から今年は1人と大幅に人数を減らしました。

ただ、上位校の顔ぶれはあまり変わっておらず、やはり有望選手が常連校に流れる傾向は変わらないですね。

 

 

この世代は日本開催の2019年W杯には間に合わないながら、2023年W杯には何人かの選手が中心選手となって出場する事が予想されます。

将来のジャパン候補生”としてこれからの成長が楽しみです。

 

 

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA