2020年度シーズンへ向けた各大学の戦力予想。

新戦力を迎え入れ、新たなシーズンへ臨む各チームの戦力図と布陣はどのようになっているのか!?

例年よりも少々早い時期ですが、個人的な戦力予想をしてみたいと思います。

予想する方法は、”昨年までの活躍”、”Aチームへの絡み”、”今後の期待値”などを鑑みて、各ポジションの『本命』、『対抗』、『期待』選手を挙げ、最後に現時点での”予想布陣”を見ていきます。

※あくまで私個人としての意見です。

今回お送りするのも『法政大学』。

前回のフォワードに引き続き、今回はバックスの戦力を考えてみたいと思います。

それではいってみましょう。

フォワード編はこちら↓

【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 法政大学 ~FW編~

2019年度基本布陣

今季の布陣を考える前に、まずは昨年度のメンバーを振り返ってみます。

※太字は4年生

9 SH
中村翔④
(東福岡)

12 CTB
舘内倭人②
(法政二)

10 SO
伊藤浩介②
(愛知)

13 CTB
ジョーンズ
杏人竜③
(札幌山の手)

11 WTB
高橋達也②
(目黒学院)

15 FB
井上拓④
(御所実)

14 WTB
斉藤大智③
(黒沢尻北)

昨年は主力に怪我人が多く、一部のポジションを除いて最後までなかなかメンバーを固定することができない1年でした。

ただその分、SO/CTB舘内倭人選手(3年・法政二)、WTB高橋達也選手(3年・目黒学院)、FB坂田龍之介選手(2年・東海大仰星)ら、多くの1,2年生がリーグ戦の舞台を経験。

個々の能力の高い4年生に加え、チームの主軸へと成長した彼らが中核となる今季は、主力5人が残るフォワードと同様に戦力は充実。

リーグ開幕に向けてハイレベルなポジション争いが繰り広げられることになりそうです。

2020年度戦力予想~バックス編~

それでは、ここから各ポジション毎に今年度の戦力予想をしていきたいと思います。

ハーフバック

<9番スクラムハーフ>

9番SH 戦力予想

【本命】 隠塚翔太朗選手(3年・東福岡)

【対抗】 守安真成選手(4年・法政二)

【期待】 山脇一真選手(1年・天理)

下級生の頃から主力として活躍してきた中村翔選手(現/コカ・コーラ)が卒業した”9番”。

ここは、高校2年生の時にレギュラーとして東福岡の『高校三冠』を経験し、『U17日本代表』『U18日本代表』と各年代の日本代表にも名を連ねてきた隠塚翔太朗選手(3年・東福岡)が本命と見ます。

法政入部後の過去2年間は、高校の先輩でもある中村翔選手のバックアッパーという役回りでしたが、3年目となる今季は主力として法政のアタックを牽引する活躍が期待されます。

 

隠塚選手の”対抗”に挙げるのは、昨年、春季大会・青学大戦で”10番”を背負い公式戦デビューを果たした守安真成選手(4年・法政二)。

最終学年となる今年はスタンドとハーフどちらのポジションで勝負をするのか。(公式HP上ではスクラムハーフ登録)

4年目に懸ける想いを応援したいですね。

 

そして”期待する選手”に挙げるのは山脇一真選手(1年・天理)。

奈良の名門・天理で2年生の時から”9番”を背負い、昨年の『高校日本代表候補』にも選出された逸材。

高校ラグビー界屈指の『展開ラグビー』を誇る天理。

その3年間で培われたスキルと経験は、法政へさらなるテンポと展開力を生み出してくれるはず。

兄貴分・天理大ではなく法政へチャレンジする道を選択したことに対しても敬意を表したいですね。

 

<10番スタンドオフ>

10番SO 戦力予想

【本命】 舘内倭人選手(3年・法政二)

【対抗】 伊藤浩介選手(3年・愛知)

【期待】 橋本貴大選手(3年・法政)

昨年は、舘内倭人選手(3年・法政二)、伊藤浩介選手(3年・愛知)、橋本貴大選手(3年・法政)の『2年生トリオ』でスタメンを分け合った”10番”のポジション。

ここの”本命”に推すのは、昨シーズン、スタンドオフ、センターとしてリーグ戦全試合に先発フル出場と大車輪の活躍を見せた舘内倭人選手。

的確な状況判断とアタックのテンポを生み出すパスワークはもはやチームにとって必要不可欠。

今季はシーズンを通して、『司令塔』としてチームを牽引してくれることを期待します。

 

舘内選手の”対抗”と見るのは、昨季リーグ終盤の3試合で”10番”を務め、鋭い仕掛けを再三披露した伊藤浩介選手。

そして”期待”する選手には、昨シーズンの東海大戦でリーグ戦デビューを飾った橋本貴大選手を挙げたいと思います。

 

ここは今年も同級生によるポジション争いが熱くなりそうですね。

センター

<12番センター>

12番CTB 戦力予想

【本命】 根塚洸雅選手(4年・東海大仰星)

【対抗】 有田闘志樹選手(3年・鹿児島実)

【期待】 藤井季生選手(1年・茗渓学園)

昨季はなかなかメンバーを固定することができず、リーグ戦中盤からはスタンドオフからセンターに回った舘内倭人選手(3年・法政二)が主に務めた”12番”。

今季このポジションの主軸を担うのは、やはり根塚洸雅選手(4年・東海大仰星)でしょう。

驚異の体幹と卓越したボディバランスで対人プレーに無類の強さを誇り、『高校日本代表』『ジュニア・ジャパン』『U20日本代表』と各年代の代表を歴任してきた世代最高峰のバックスプレーヤー。

大学でも1年生の頃からプレータイムを多く獲得し、ウィングやフルバックなど複数のポジションをこなしてきましたが、この選手の攻守にわたる”ダイナミズム”は、ボールキャリーとコンタクト機会の多いセンターでこそ生きる。

個人的にはそう思っています。

昨年はリーグ戦出場4試合にとどまり不完全燃焼なシーズンだっただけに、”共同主将”へ就任した今季は、文字通り『大黒柱』として、吉永主将と共に法政をリーグ上位へと引き上げる原動力となってほしいですね。

 

そして、根塚選手の”対抗”として見るのは有田闘志樹選手(3年・鹿児島実)。

昨年のW杯戦士・中村亮土選手(帝京大-サントリー)や、早稲田で活躍し共に東芝でトップリーガーとなった桑山兄弟(聖生/淳生)など、強力なランナーを多く輩出する鹿児島実で、1年生からスタメンを張った俊英。

今季は、リーグ戦で2試合に出場した昨シーズン以上の活躍を期待したいところです。

 

そして”期待する選手”には、”セブンズユースアカデミー”に選出されるなどラン能力に長け、昨年度の花園でも茗渓学園の主力として活躍したルーキー・藤井季生選手(1年・茗渓学園)を挙げたいと思います。

 

 

<13番センター>

13番CTB 戦力予想

【本命】 南部翔大選手(2年・京都成章)

【対抗】 堀川優選手(4年・東福岡)

【期待】 坂口匡平選手(3年・大産大付)

リーグ終盤は本来フォワード第3列のジョーンズ杏人竜選手(4年・札幌山の手)を起用するなど、メンバー繰りに苦労した昨シーズンの”13番”。

今年このポジションの本命に推すのは、法政の誇る”パワフルランナー”南部翔大選手(2年・京都成章)です。


卓越したランスキルと抜群の決定力はフィニッシャーとしても魅力満点ですが、やはりこの選手もセンターで見てみたい、というのが正直なところ。

根塚選手とのセンターコンビがピッチを躍動すれば、他校にとって驚異となること間違いなし。

そうなれば法政の上位進出はいよいよ現実味を帯びてきます。

 

そして、南部選手の”対抗”として挙げるのは堀川優選手(4年・東福岡)。

高校時代は現在明治で活躍する森勇登選手(明大4年)と強固なセンター陣を形成し、”死闘”となった東海大仰星との花園決勝では試合を決定づけるトライ(ラストパスを放ったのは隠塚選手)を奪うなど、東福岡の『高校三冠』に貢献。

大学ではここまでリーグ戦の出場機会はなく、苦難のシーズンを過ごしてきましたが、この選手の復活が法政バックス陣の層をさらに厚いものにしてくれることは間違いありません。

 

そして”期待する選手”には、昨シーズン、2年目ながらジュニア選手権での活躍に加え、春季大会4試合&リーグ戦3試合に出場を果たすなど、メキメキと頭角を現わした坂口匡平選手(3年・大産大付)を挙げます。

 

バックスリー

<11番ウィング>

11番WTB 戦力予想

【本命】 高橋達也選手(3年・目黒学院)

【対抗】 

【期待】 福部鉱也選手(3年・崇徳)

続いてはバックスリー。

まず”11番”の本命は、昨季リーグ戦6試合に先発した高橋達也選手(3年・目黒学院)。

ラグビーは高校で始めたという遅咲きの選手ながら、目黒学院ではキャプテンとしてチームを花園へ導き、今季は3年生にして早くも”副将”へ就任(副将4人体制の1人)するなど、リーダーとしての資質も持ち合わせる好選手。

今季は”フィニッシャー”としてだけではなく、味方を鼓舞するプレーでチームを牽引する役割が期待されます。

 

そして”期待する選手”に挙げるのは、昨シーズン、ジュニア選手権で3試合に先発し、主力として活躍した福部鉱也選手(3年・崇徳)。

ウィング、フルバック、センターと複数ポジションを担えるユーティリティ性も魅力。

3年目でのリーグ戦デビューに期待が高まります。

 

<14番ウィング>

14番WTB 戦力予想

【本命】 斉藤大智選手(4年・黒沢尻北)

【対抗】 

【期待】 中澤俊治選手(4年・日川)

続く”14番”の本命は、1年生の頃からリーグ戦を経験してきた斉藤大智選手(4年・黒沢尻北)。

アグレッシブなボールキャリーに加え、強さと速さを兼ね備える天性のフィニッシャー。

昨シーズンも主力に怪我人が多く出る中で、SO/CTB舘内倭人選手と共にリーグ戦全試合で先発フル出場を果たし、身体を張ったプレーでチームを牽引。

”副将”へ就任した今季は、名実ともに”エース”としてチームを勝利に導くトライを量産してくれることを期待しています。

 

そして”期待する選手”には、昨シーズン東海大戦でリーグ戦デビューを飾った中澤俊治選手(4年・日川)。

”寮長”へ就任した今季は、Twitter(@OpYssArDeHpK1CS)でも部の情報を発信し、ファンを喜ばせてくれています。

チーム目線だけでなく、ファンに対してもこのようなことを実践&発信してくれる中澤選手。

応援したくなりますね。

 

<15番フルバック>

15番FB 戦力予想

【本命】 石岡玲英選手(1年・御所実)

【対抗】 坂田龍之介選手(2年・東海大仰星)

【期待】 中島黎遂選手(3年・三好)

最後を飾るフルバック。

このポジションの本命には、今年度ルーキーの目玉・石岡玲英選手(1年・御所実)を挙げます。

花園準V・御所実の主将にして”絶対的エース”、そして昨年度の『高校日本代表」にも選出された世代屈指のスピードスター。

相手を瞬時に抜き去るスピード、秀逸なコース取り、抜群のボディバランス。

モノが違います。

御所実の先輩で1年目からレギュラーに定着した井上拓前主将(現/清水建設)のように、ルーキーイヤーから不動の地位を確率する可能性は十分にあると見ます。

 

そして”対抗”と見るのは坂田龍之介選手(2年・東海大仰星)。

昨年は1年生ながらリーグ戦開幕から3試合に先発出場するなど、東海大仰星のエースとして活躍したそのポテンシャルの高さを見せつけました。

昨年末には『U20日本代表候補』にも選出された逸材・坂田選手と超大物ルーキー石岡選手。

開幕戦で”15番”を付けているのはどちらか!?

他校も羨むハイレベルなポジション争いが期待できそうです。

 

最後に”期待する選手”に挙げるのは中島黎遂選手(3年・三好)。

昨シーズンは春季大会全試合でスタメンに名を連ねながら、リーグ戦では残念ながら出場は叶わないませんでした。

3年目でのレギュラー奪取へ。

今季に懸ける想いは強いはずです。

2020年度予想布陣

9 SH
隠塚翔太朗③
(東福岡)

12 CTB
根塚洸雅④
(東海大仰星)

10 SO
舘内倭人③
(法政二)

13 CTB
南部翔大②
(京都成章)

11 WTB
高橋達也③
(目黒学院)

15 FB
石岡玲英①
(御所実)

14 WTB
斉藤大智④
(黒沢尻北)

<フォワード編はこちら↓>

【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 法政大学 ~FW編~

<2020年シーズンスケジュール↓>

【祝・開幕決定②】大学ラグビー関東リーグ戦1部 チーム別日程

<大東大2020年戦力予想↓>

(最新)【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 大東文化大学 ~FW編~

(最新)【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 大東文化大学 ~BK編~

<他リーグ予想はこちら↓>

【戦力予想まとめ】2020年度大学ラグビー主要リーグ メンバー予想

コメント欄
  1. 法政ラグビー より:

    SOは一年生の熊田に期待をしているのですが、どうですか。

    • 熊田選手も前評判が高く、1年目から実戦経験を積んでいると伺っています。リーグ戦デビューの可能性もあるかもしれませんね。楽しみです!

コメントを残す

CAPTCHA