2020年度シーズンへ向けた各大学の戦力予想。

新戦力を迎え入れ、新たなシーズンへ臨む各チームの戦力図と布陣はどのようになっているのか!?

例年よりも少々早い時期ですが、個人的な戦力予想をしてみたいと思います。

今回は、昨季リーグ6位からの巻き返しを図る『法政大学』。

予想する方法は、”昨年までの活躍”、”Aチームへの絡み”、”今後の期待値”などを鑑みて、各ポジションの『本命』、『対抗』、『期待』選手を挙げ、最後に現時点での”予想布陣”を見ていきます。

※あくまで私個人としての意見です。

では、まずはフォワード編からいってみましょう。

2019年度 基本布陣

今季の布陣を考える前に、まずは昨年度のメンバーを振り返ってみます。

※太字は4年生

1 PR
宮川優也④
(仙台育英)

2 HO
濱野隼也③
(秋田工)

3 PR
菊田圭佑③
(仙台育英)

4 LO
大澤蓮②
(長崎南山)

5 LO
ウォーカーアレックス
拓也④
(東福岡)

6 FL
吉永純也③
(東福岡)

8 No.8
竹内仁之輔④
(法政)

7 FL
山下憲太③
(長崎海星)

昨シーズンは前5人をほぼ固定できたことにより、シーズンを通して、これまで課題として挙げられてきたスクラムに安定感が見られました。

特に大東大東海大といった”列強校”を相手にスクラムで押し込む姿は、ここ数年目にすることが出来なかったもの。

課題を見事克服して見せたフォワード陣には心から敬意を表すと共に、主力5人が残留する今季は更なる飛躍を期待したいところです。

2020年度戦力予想~フォワード編~

それではここから各ポジション毎に今年度の戦力予想をしていきたいと思います。

フロントロー

<1番プロップ>

1番PR 戦力予想

【本命】 稲田壮一郎選手(3年・中部大春日丘)

【対抗】 石母田健太選手(2年・国学院栃木)

【期待】 中野一樹選手(1年・国学院栃木)

昨季のリーグ戦全試合で”1番”を背負った宮川優也選手(仙台育英-法大)が卒業。

今季、その穴を埋める役割を期待されるのはやはり稲田壮一郎選手(3年・中部大春日丘)でしょう。

172cmとサイズは小柄ながらも、低い姿勢から前へ押し込むスクラムで1年目からAチームへ定着。

昨季も春季大会全試合で”1番”を背負うなど、主力として更なる飛躍が期待された年でした、、、が、シーズン前に無念の負傷。

2年目のシーズンはリーグ戦に出場することなく終えることになってしまいました。

再起を図る今季は、シーズンを通して法政スクラムを支える活躍を見せてほしいところです。

 

そして稲田選手の”対抗”と見るのは石母田健太選手(2年・国学院栃木)。

昨季はルーキーながら、宮川優也選手のバックアッパーとしてリーグ戦全試合に途中出場。

稲田選手不在の穴を見事に埋める活躍を見せました。

2年生の代表として”学年リーダー”へ就任した今季は、稲田選手とのレギュラー争いに挑むことになります。

 

そして、”期待する選手”に挙げるのは、大東大へ進学した藤倉大介選手と共に、昨年度の”国栃”最強スクラムを支えた中野一樹選手(1年・国学院栃木)。

1学年上の石母田選手とは、高校時代にフロントローとして共に試合へ出場した経験もあり、スクラムに定評のある”国栃”の主力組が複数ここにいてくれるのは、ファンとしても心強い限りです。

 

<2番フッカー>

2番HO 戦力予想

【本命】 濱野隼也選手(4年・秋田工)

【対抗】 森口陽介選手(4年・北園)

【期待】 吉永昴生選手(2年・東福岡)

このポジションは昨季全試合でスタメンに名を連ね、スクラムの中心として活躍した濱野隼也選手(4年・秋田工)が今年も”本命”。
#ラグビーを止めるな2020プロジェクトへ投稿された動画からも、濱野選手の”スクラム”への強い拘りが伝わってきます。


スクラム、ラインアウトなどのセットプレーに加え、ジャッカルやボールキャリーなどのフィールドプレーでもチームへ活力を与えてくれる希少な存在。

今季もこの選手を外すことはできません。

 

そしてその”対抗”に挙げるのは今年度の”主務”を務める森口陽介選手(4年・北園)。

昨季は、濱野選手のバックアッパーの地位を巡り、井口龍太郎選手(2年・静岡聖光学院)と激しい争いを繰り広げました。

リーグ戦の出場は中央大戦のわずか1試合と、2試合に出場した井口選手よりも下回ったものの、レギュラーを窺う位置にいることは間違いありません。

第96回の花園東京都予選で都立高として7年ぶりの3位入賞へ貢献し、名門の門戸を叩いた森口選手。

”主務”と”選手の”両立は簡単なことではありませんが、ラストイヤーへ懸ける想いを応援したいと思います。

 

そして期待する選手に挙げるのは吉永昴生選手(2年・東福岡)。

高校時代はヒガシの”不動の4番”として花園でも活躍し、大学1年目の昨季は主に”第3列”としてリーグ戦3試合に出場を果たしました。

公式HP上ではフッカー登録となっているため、フッカーとして名前を挙げさせて頂いていますが、どのポジションでもチームにとって心強い存在であることは間違いありません。

今季主将へ就任した兄・吉永純也選手(4年・東福岡)と共に、法政の躍進を支える原動力となってほしいですね。

さらにこのポジションには、強力フォワード擁する佐賀工の”8番”として昨年度の花園でも活躍した石川空悟選手(1年)も加入。

井口龍太郎選手も含め、将来性のある若手が顔を揃えますね。

 

<3番プロップ>

3番PR 戦力予想

【本命】 菊田圭佑選手(4年・仙台育英)

【対抗】 河村龍成選手(2年・明和県央)

【期待】 竹部 力選手(1年・大分舞鶴)

このポジションは、『東北トリオ(宮川優也/濱野隼也/菊田圭佑)』の一角として、昨季リーグ戦全試合でスタメン出場を果たした菊田圭佑選手(4年・仙台育英)が”本命”。

今季もスクラムの屋台骨として活躍をしてくれることでしょう。

 

そして”対抗”と見るのは、昨シーズンのリーグ戦で5試合に途中出場を果たすなど、ルーキーながらAチームへ定着した河村龍成選手(2年・明和県央)。

さらに”期待する選手”に挙げるのは、名門・大分舞鶴で2年生からレギュラーを張り、九州選抜にも選ばれた経歴を持つ竹部力選手(1年・大分舞鶴)。

高校時代は主にロックを務めていたそのサイズ(185cm/107kg)も魅力十分です。

 

セカンドロー

<4番ロック>

4番LO 戦力予想

【本命】 大澤蓮選手(3年・長崎南山)

【対抗】 赤坂大也選手(3年・法政)

【期待】 木村開選手(1年・秋田中央)

続いてはロック。
まず”4番”は、昨シーズン、フォワードで唯一春季大会からリーグ戦まで全ての試合で先発フル出場と、まさに不退転の活躍を見せた大澤蓮選手(3年・長崎南山)で決まりでしょう。
法政ラインアウトの中心を担い、今季は3年生ながら”副将”としてリーダー陣に名を連ねるこの選手は、今年も外すことは出来ません。
そしてその”対抗”と見るのは赤坂大也選手(3年・法政)。
高校時代に、”もう一つの花園”こと『U18合同チーム東西対抗戦』に選ばれ、昨年は2年生ながら”グラウンドリーダー”の1人へ選出された赤坂選手。
ここまで公式戦への出場記録はありませんが、法政のDNAを継承する選手として、今シーズン頭角を現わしてきて欲しい選手の1人です。
そして期待する選手には、昨年、2年連続で秋田の伝統校・秋田工を打ち破り花園へ出場した秋田中央でFWリーダーを務めた木村開選手(1年・秋田中央)を挙げたいと思います。

 

<5番ロック>

5番LO 戦力予想

【本命】 兼森大輔選手(3年・報徳学園)

【対抗】 安達武志選手(4年・報徳学園)

【期待】 

1年生からチームの中心として活躍してきたウォーカーアレックス拓也選手が卒業した”5番”。
大黒柱が抜けたポジションの後を継ぐ選手として、真っ先に名前が挙がるのは兼森大輔選手(3年・報徳学園)。
昨季は春季大会4試合、リーグ戦でも4試合に出場するなどAチームへ定着。
最終節の流経大戦ではフランカーへ回った大澤選手の代わりに”4番”を背負い先発フル出場も果たしました。
最終戦後のスポ法の記事で、ウォーカーアレックス選手からも”期待する選手”として名前を挙げられた兼森選手。
3年目の今季、大ブレークの期待がかかります。
そして”対抗”に挙げるのは、兼森選手の高校の先輩でもある安達武志選手(4年・報徳学園)。
2年目ではナンバーエイトとしてリーグ戦3試合に出場するも、昨季公式戦の出場は春季大会の明大戦のみ。
ラストイヤーはどこのポジションでチャレンジをするのか。
4年生の意地に期待したいですね。

 

バックロー

<6番フランカー>

6番FL 戦力予想

【本命】 吉永純也選手(4年・東福岡)

【対抗】 ジョーンズ杏人竜選手(4年・札幌山の手)

【期待】 

続いてはフランカー。
まず”6番”の本命は今シーズン、CTB根塚洸雅選手と共にチームの『共同主将』を務める吉永純也選手(4年・東福岡)。
この選手をおいて他にいません。
相手を一撃で仕留める強烈なタックルを武器に、東福岡時代は盟友・箸本龍雅選手(主将・明大4年)と共に、高2で『高校日本代表』に名を連ねた世代屈指のバックロー。
法政入学後も、1年目からフォワードの中心選手として3年間。最前線で身体を張ってきました。
現在は昨年に続き豪州の名門・シドニー大学で武者修行中。
今季の『オレンジ軍団』はこの選手なしには語ることが出来ません。
そして”対抗”として挙げるのはジョーンズ杏人竜選手(4年・札幌山の手)。
昨シーズンのリーグ戦では、全試合(フランカー:4試合/センター:3試合)にスタメン出場を果たすなど主力として活躍。
当然今年も活躍してもらわなければならない選手の一人ですが、果たしてどこのポジションで起用するのがチームとして最適なのか。
私の中ではフランカーという選択肢ですが、正直、まだ確信が持てていません。。。
高いユーティリティ性を持つ選手として、高いレベルで複数ポジションをこなせるだけに、この選手の起用方法は、今季のメンバー構成を考える上でカギを握りそうですね。

<7番フランカー>

7番FL 戦力予想

【本命】 山下憲太選手(4年・長崎海星)

【対抗】 橋本 陸選手(4年・東京)

【期待】 本山淳大選手(1年・佐賀工)

続く”7番”。

ここは、吉永純也選手と共に1年生から試合に出場してきた山下憲太選手(4年・長崎海星)で決まりです。

”高校日本代表候補”にも選出された高校時代から、精度の高いタックルなどの”ディフェンス面”に注目されがちですが、2018年度のリーグ戦では出場わずか5試合で9トライを量産するなど”アタック面”でも非凡な才を持つ逸材。

昨シーズンはリーグ戦わずか4試合の出場にとどまりましたが、”副将”へ就任した今季は文字通り”リーダー”として、法政の躍進を支える活躍を見せてほしいところです。

 

そして、山下選手の”対抗”として見るのは、突破力抜群のボールキャリーを武器に、1年生からリーグ戦へ出場してきた橋本 陸選手(4年・東京)。

公式HP上では今季は”プロップ”での登録となっていますが、果たして起用されるポジションはどこか。

 

最後に”期待する選手”として挙げるのは本山淳大選手(1年・佐賀工)です。

今年の新入生紹介記事の中でも個人的に注目選手に挙げていたこの選手。

184cm/96kgの魅力的なサイズに加え、柔らかいパススキルにステップワークも兼ね備える万能タイプのバックロー。

大学レベルのコンタクトに身体がフィットしてくれば、吉永選手や山下選手のように、1年目からAチームで活躍してくれる選手と見ています。

 

<8番ナンバーエイト>

8番No.8 戦力予想

【本命】 山下太雅選手(4年・東福岡)

【対抗】 徐 和真選手(2年・大阪朝鮮)

【期待】 佐藤達朗選手(2年・秋田中央)

フォワードの最後を飾るのはナンバーエイト。

昨シーズンは前副将の竹内仁之輔選手が主に務めたこのポジション。

ここは今季、山下太雅選手(4年・東福岡)が担うものと見ます。

吉永選手と共に主力を務めた2016年度の東福岡では、”大型ウィング”として同校の『高校三冠』に貢献し、高校日本代表候補にも選出。


大学入学後は本来のバックローへ戻り、主にナンバーエイトとしてここまでリーグ戦の出場を重ねてきました。

長いストライドから繰り出すステップ、懐の深いラン、相手ディフェンスを突き破るボールキャリーなど、フォワードに求められるプレーを全て高いレベルでこなすオールラウンダー。

最終学年となる今季は、シーズンを通して”8番”を背負い躍動する姿を見てみたいですね。

 

そして”対抗”に挙げるのは、パワフルな縦突破を武器に1年目からリーグ戦デビューを飾り、今年2年生の“学年リーダー”へ就任した徐 和真選手(2年・大阪朝鮮)。

さらに、昨年度ルーキーの中で唯一の高校日本代表候補・佐藤達朗選手(2年・秋田中央)を”期待”の選手として台頭を見守りたいと思います。

2020年度予想布陣

1 PR
稲田壮一郎③
(中部大春日丘)

2 HO
濱野隼也④
(秋田工)

3 PR
菊田圭佑④
(仙台育英)

4 LO
大澤蓮③
(長崎南山)

5 LO
兼森大輔③
(報徳学園)

6 FL
吉永純也④
(東福岡)

8 No.8
山下太雅④
(東福岡)

7 FL
山下憲太④
(長崎海星)

<バックス編はこちら↓>

【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 法政大学 ~BK編~

<2020リーグ日程とレビュー↓>

【結果速報&順位表】大学ラグビー2020 関東リーグ戦1部

<大東大2020年戦力予想↓>

(最新)【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 大東文化大学 ~FW編~

(最新)【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 大東文化大学 ~BK編~

<他リーグ予想はこちら↓>

【戦力予想まとめ】2020年度大学ラグビー主要リーグ メンバー予想

コメントを残す

CAPTCHA