フランスへ舞台を移し、次回は4年後の2023年に開催されるラグビーワールドカップ。

今大会で日本代表が大躍進を遂げただけに、”史上最強”と言われた今回のチームからどれだけのメンバーが2023年も主力として活躍してくれるのか、非常に気になるところです。

『2023年W杯日本代表スタメン予想』第2弾はバックス編。

今大会を戦ったメンバーの4年後の年齢も考慮しながら、2023年大会のスタメンを予想してみます。

では早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

2019年大会メンバーの4年後

まずは今大会の最終メンバーの現在の年齢と4年後の年齢を見てみましょう。

PO名前所属20192023
SH田中史朗キヤノン3438
茂野海人トヨタ自動車2832
流 大サントリー2630
SO田村優キヤノン3034
松田力也パナソニック2529
CTBウィリアム・トゥポウコカ・コーラ2933
中村亮土サントリー2832
ラファエレ ティモシー神戸製鋼2832
WTBレメキ ロマノ ラヴァホンダ3034
福岡堅樹パナソニック2630
アタアタ・モエアキオラ神戸製鋼2327
松島幸太朗サントリー2630
FB山中亮平神戸製鋼3135

※年齢は最終メンバー発表時点(2019/8/29)

今大会バックスの最終メンバーはフォワードより5名少ない13名。

その平均年齢は28.0歳です。

そのうち、

30代が4

20代が9

SH流選手、WTB福岡選手、松島選手ら92年度生まれの『黄金世代』や、共に91年度生まれのCTB中村選手、ラファエレ選手の『同級生コンビ』など、フォワードと比較すると20代の若い世代が今大会を牽引したことは、特筆すべき点です。

彼らは4年後の2023年も30代前半で迎えることになるため、次回大会でも中心選手として活躍してくれることをファンとしてはつい期待してしまいます。

では他のポジションはどうか。

もちろん今大会のメンバーを中心にチームが編成されることになるかと思いますが、スタンドオフやフルバックなど、やはり世代交代が求められるポジションは存在します。

ポジション別 2023年代表候補

では次にそれぞれのポジション別に、予想メンバーを見ていきたいと思います。

(以下敬称略)

ハーフバック(SH/SO)

⑨番 スクラムハーフ

候補選手
茂野海人㉘(大東大-NEC-トヨタ自動車)
内田啓介㉗(筑波大-パナソニック)
流 大㉖(帝京大-サントリー)
小山大輝㉔(大東大-パナソニック)
齋藤直人㉒(早稲田大/4年)

2011年から3大会で桜のジャージを背負ってきたレジェンド田中史朗選手も、2023年には38歳。

大会後のご自身のコメントにもあったように、そろそろ次の世代へバトンタッチをする時が来ています。

後継者の筆頭候補としてまず名前が挙がるのは、今大会全5試合でスタメン出場を果たした流選手

年齢的にも4年後は30歳と、選手として脂の乗ってくる年齢で2023年大会を迎えることになるのも非常に大きい。

高校、大学、トップリーグと全てのチームで主将を務めるなどリーダーシップも兼ね備える若き闘将が、次回大会でもこのポジションのファーストチョイスとなる可能性は限りなく高いと言えます。

ただ、”スピード”と”器用さ”という日本人の特性が最も生きるこのポジションには、『才能の宝庫』と言われるほど素晴らしい選手が名を連ねます。

今大会メンバー入りをしながら試合出場が叶わなかった茂野選手は次回大会でのリベンジを期し、直前で代表から漏れた内田選手は、NZ国内最高峰リーグ(マイター10カップ)に所属するタスマンで現在奮闘中。

さらに、大東大時代に『大学界No.1スクラムハーフ』の呼び声が高かった小山選手に、今年度早大主将で『将来ジャパンを担う逸材』と評される齋藤選手と、候補となりうるメンバーは実に多士済々。

2023年大会も今大会と同様に、スクラムハーフ3人選出があるかもしれません。

個人的には、的確な判断力に裏付けされたパスワーク、切れないフィットネス、そして抜群のキック精度を誇る齋藤選手が、ジェイミーの戦術に最もマッチする選手だと考えています。

4年後にはこの選手が、『ジャパンの9番』を背負う姿が見られるのではないでしょうか。

 

⑩番 スタンドオフ

候補選手

松田力也㉕(帝京大ーパナソニック)

山沢拓也㉕(筑波大ーパナソニック)

ヘイデン・パーカー㉘(パナソニック-神戸製鋼)

真野泰地㉒(東海大/4年)

今大会5試合全てで司令塔の10番をまとい、ジャパン躍進の象徴となった田村優選手

しかし、最終戦となった準々決勝南ア戦後のコメントで、

次の世代に託します。何か次に残せたとは思う。」

と代表引退を示唆。

年齢的にも4年後は34歳とやむを得ない判断であることは間違いありませんが、この4年間戦術の中心を担った選手の抜けた穴を埋めるのはそう簡単な作業ではなく、ここが最も世代交代が難しいポジションであると言えます。

そうなると、やはりジェイミーが求める戦術を熟知している選手の存在は必要不可欠。

その意味では、合宿でも田村選手と同部屋になるなど寝食を共にし、今大会でもバックアッパーとして試合出場も果たした松田選手が、最もその位置に近い存在と言えます。

ライバルとしては”黄金の左足”を持ちサンウルブズで活躍したヘイデンパーカー選手

そして個人的には、バックロー仕込みのディフェンスと確かな戦術眼、卓越したリーダーシップを併せ持つ”リアルリーダー”真野選手のジャパン選出にも期待をせずにはいられません。

 

センター(CTB)

⑫番⑬番 センター

候補選手

ラファエレ・ティモシー㉘(山梨学院大-コカコーラ-神戸製鋼)

中村亮土㉘(帝京大ーサントリー)

マイケル・リトル㉖(ブルーズー三菱重工相模原)

梶村祐介㉔(明治大ーサントリー)

鹿尾貫太㉔(東海大ーヤマハ発動機)

中野将伍㉒(早稲田大/4年)

センター陣は全5試合でスタメンフル出場を果たし、全ての試合で出色のパフォーマンスを披露したラファエレ・ティモシー選手中村亮土選手の同級生コンビが今大会は君臨。

揃って32歳で迎える2023年大会も、この2人の力は欠かすことは出来ません。

ただ、フォワード並みのフィジカルが求められ、消耗が激しく、故障が多いポジションなだけに、若い世代の台頭も必要不可欠です。

やはり最も期待がかかるのは、最終合宿まで残りながら大会前の最終選考でメンバー外となった梶村選手でしょう。

日本人離れした強靱なフィジカルと、献身性の高いプレーで魅せる若きエースは、4年後は28歳と選手としては最高の状態で次回大会を迎えることになります。

次期スター候補として、彼らからスタメンを勝ち取る活躍に期待がかかります。

そして、齋藤主将と共に今年の早稲田を牽引し『大学界No.1センター』として圧倒的な存在感を誇る中野選手も、桜のジャージをまとった姿を見たい選手の一人です。

梶村選手と中野選手のセンター陣。

想像するだけでワクワクしてきますね。

 

バックスリー(WTB/FB)

⑪番⑭番 ウィング

候補選手

松島幸太郎㉖(桐蔭学園ーシャークスーサントリー)

セミシ・マシレワ㉗(ウェスタンフォースー近鉄)

アタアタ・モエアキオラ㉓(東海大ー神戸製鋼)

高橋汰地㉓(明治大ートヨタ自動車)

竹山晃暉㉒(帝京大ーパナソニック)

それぞれ5トライと4トライを奪った”Wフェラーリ”こと松島幸太郎選手福岡堅樹選手は、今大会のジャパン躍進に欠かせない存在でした。

30歳で4年後を迎える松島選手には、次回大会もエースとしての活躍を期待せずにはいられませんが、一方福岡選手は来年の東京五輪を最後に、医師の道を志すため現役を退く意向を示しており、”ジャパン最速”の走りを見る機会は、残念ながらW杯では今大会が最後となります。

献身的なプレーが目立ったレメキ選手も、2023年には34歳と年齢的にどうか、というところ。

やはり新戦力の台頭は必要不可欠です。

筆頭候補として挙げられるのは、今大会もメンバー入りしたアタアタ選手と、今年サンウルブズでトライを取りまくった”エガちゃんポーズ”でお馴染みセミシ・マシレワ選手

マシレワ選手は2020年中には代表資格を取得予定で、次回大会では貴重な戦力となってくれそうです。

そして個人的に気になるのは、帝京大時代”スピードスター”として名を馳せた竹山選手と、昨季明治日本一の立役者の一人高橋選手

竹山選手は”柔”、高橋選手は”剛”と、それぞれタイプは異なりますが、ボールを持つと何かやってくれそうな雰囲気を持つ両選手。

まだまだ国際舞台の経験値という面では不足している部分がありますが、是非桜のジャージを着て疾走する姿を見てみたい選手です。

 

⑮番 フルバック

候補選手

野口竜司㉔(東海大ーパナソニック)

尾崎晟也㉔(帝京大ーサントリー)

丹治辰碩㉓(慶應大ーパナソニック)

中井健人㉓(法政大ーヤマハ発動機)

最後を飾るのはフルバック。

ここは今大会山中選手トゥポウ選手がポジションを争いましたが、最後まで最適解が見つからなかった印象でした。

年齢的にどちらも今大会が最後となる可能性が高く、2023年に向けては”不動のフルバック”となりうる存在の台頭が待たれます。

そう、2015年大会で最後尾に君臨したあの五郎丸選手のような。

候補選手を挙げてみても、若くて将来性のあるタレントが並ぶ一方で、まだまだ決め手に欠ける印象があるのも否めません。

ここは彼らの成長を楽しみに待つと同時に、日本代表入りを熱望しているジェイソン・エメリー選手(宗像サニックス)や、ロビー・ロビンソン選手(リコー)ら、頼りになる外国出身選手にチャンスを与えるのもありではないかと考えます。

個人的には、身体能力が高くスケールの大きいプレーが魅力の中井健人選手のようなタイプが、面白い存在だと思うのですが。。。

2023年W杯予想スタメン

バックス予想メンバー

9 SH
齊藤直人㉒
(早大/4年)
12 CTB
中村亮土㉖
(サントリー)
10 SO
松田力也㉕
(パナソニック)
13 CTB
梶村祐介㉔
(サントリー)
11 WTB
アタアタ・モエアキオラ㉓
(神戸製鋼)
15 FB
野口竜司㉔
(パナソニック)
14 WTB
松島幸太郎㉖
(サントリー)
スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA