史上初めて予選プールを突破し、新たなステージへ踏み出した我らが日本代表。

自国開催の熱狂そのままに、次回フランス大会では今大会を超える『ベスト8以上』の成績に期待がかかります。

気が早い人は、既にフランスへのスケジュールを押さえたという方もいるかもしれませんね。

今から4年後が楽しみです。

そこで気になるのは、今回歴史を作ったメンバーの内、一体どれだけのメンバーが2023年も代表に残ってくれそうなのか!?

そして、新戦力の台頭はありそうなのか!?

ということでしょう。

そこでこでは、今大会の最終メンバーの年齢も踏まえて、2023年ワールドカップのスタメンを予想してみたいと思います。

まずはフォワード編から行ってみましょう。

スポンサーリンク

2019年大会メンバーの4年後

今大会輝きを放ったメンバーが、どれくらい2023年に主力として残ってくれるのか。

まずは現在と4年後の年齢を一覧で見てみましょう。

PO名前所属20192023
PRヴァルアサエリ愛パナソニック3034
稲垣啓太パナソニック2933
具 智元トヨタ自動車2529
中島イシレリ神戸製鋼3034
木津悠輔トヨタ自動車2327
HO堀江翔太パナソニック3337
坂手淳史パナソニック2630
北出卓也サントリー2630
LOトンプソン ルーク近 鉄3842
ヴィンピー・ファンデルヴァルトNTTドコモ3034
ヘル ウヴェヤマハ発動機2933
ジェームズ・ムーアサニックス2630
FLツイヘンドリックサントリー3135
リーチ マイケル東 芝3034
ピーター・ラブスカフニクボタ3034
徳永祥尭東 芝2731
No.8姫野和樹トヨタ自動車2529
アマナキ・レレイマフィNTTコム2933

※年齢は最終メンバー発表時点(2019/8/29)

今大会フォワードの最終メンバー18名の平均年齢は28.7歳

そのうち、

30代が8名

20代が10名

そして、4年後の2023年を20代で迎えれるのは、

PR具智元・PR木津悠輔・No.8姫野和樹

の3名のみ。

これは今現在ピークを迎えている”勝つため”のメンバーが、今大会は集結したことの表れと言えます。

では4年後はどうなるのか。

今大会指揮を執ったジェイミー・ジョセフHCが2023年まで続投することを前提にするならば、20代後半で2023年を迎える上記3人が、次回W杯でも主力候補となることは間違いありません。

さらに、今大会のようにベテラン選手がもたらす”経験”も、短期決戦のW杯では必要不可欠の要素。

その意味では、今大会平均年齢の”28歳”をベースに、4年後に『28歳±3』当たりにいる選手が、2023年大会の主力として考えることができそうです。

ポジション別 2023年代表候補

それでは年齢の観点からも見て、どのようなメンバーが候補となってくるのか。

各ポジション毎に予想をしてみたいと思います。

(以下敬称略)

フロントロー(PR/HO)

1番 プロップ

候補選手

稲垣啓太㉙(関東学院大-パナソニック)

三浦昌悟㉔(東海大-トヨタ自動車)

古畑 翔㉒(大東大-パナソニック)

今大会、”笑わない男”としても脚光を浴びた稲垣選手が君臨した1番プロップ。

2015年大会から2大会でスクラムの屋台骨を支えてきた稲垣選手も、2023年には33歳。

まだまだ一線級で活躍してくれそうな期待はあるものの、やはり新戦力の台頭は不可欠です。

そこで、候補となりそうなのが、三浦選手古畑選手

両選手とも東海大、大東大時代はそれぞれ『学生最強スクラム』のメンバーとしてならし、持ち前のスクラムワークだけでなく、フィールドプレーにも秀でる選手です。

古畑選手はまだ代表のスコッド入りした経験はありませんが、ハイレベルなメンバーの揃うパナソニックで研鑽を積めば、代表入りは自ずと見えてきそうな選手です。

 

2番 フッカー

候補選手

坂手淳史㉖(帝京大-パナソニック)

北出卓也㉖(東海大-サントリー)

堀越康介㉔(帝京大-サントリー)

島根一磨㉓(天理大-パナソニック)

スクラムの中心フッカー。

このポジションは今大会でもMVP級の働きをした堀江翔太選手が、長年主力を務めてきました。

しかしそんな堀江選手も2023年には37歳。

世代交代が急務です。

今大会ではサモア戦で先発出場も果たした坂手選手が、バックアッパーとして活躍しましたが、1学年上の北出選手と共に2023年は30歳を迎えます。

もちろんこの二人が中心となってくると思われますが、個人的には今大会の最終合宿まで残った堀越選手、そして今年からパナソニックに入社した天理大前主将の島根選手を、対抗馬として挙げたいと思います。

特に島根選手は今年1月に行われた、大学選手権決勝明治戦での獅子奮迅の活躍が記憶に新しいところ。

バックロー経験もあり機動力にも定評のある同選手。

桜のジャージに袖を通す日もそう遠くはないのではないでしょうか。

 

3番 プロップ

候補選手

具智元㉕(拓大-ホンダ)

渡邉隆之㉕(東海大-神戸製鋼)

木津悠輔㉓(天理大-トヨタ自動車)

今大会ほとんどの試合でスタメンを張り、世界を相手に『押し込むスクラム』を披露した具智元選手が、29歳とバリバリの年齢で2023年を迎えるのは心強い限り。

今大会バックアッパーを務めた中島イシレリ選手も、4年後には34歳とピークを越える年齢となるただけに、具選手にかかる期待は非常に大きいものがあります。

唯一の不安要素は、大会前の合宿やスコットランド戦で負傷したように、故障がちな面くらいでしょうか。

そして、対抗馬としては代表10キャップを持つ渡邉選手や、今大会試合出場が叶わず悔しい思いをした木津選手

2023年には両選手とも一段と成長した姿を披露してくれることを期待します。

 

セカンドロー(LO)

4番5番 ロック

候補選手

ジェームズ・ムーア㉖(東芝-サニックス)

秋山大地㉒(帝京大-トヨタ自動車)

辻雄康㉓(慶大-サントリー)

箸本龍雅⑳(明治大/3年)

今大会を通して抜群の存在感を放ったジェームズ・ムーア選手は、もはや代表に不可欠な存在。

”トモさん”ことトンプソンルーク選手の『後継者』としても、2023年も主力として活躍してくれるはずです。

いや、してくれなければ困ります。

問題はその相棒が誰になるのか、という点。

ロックは『チーム一の身長と体格』が求められるだけに、今大会唯一、外国出身選手のみが選出されたポジション。

確かに世界基準のサイズという面では日本人にはハードルが高く、これからの4年間でも海外出身者で代表資格を満たす選手らが、スコッド入りする可能性が高いことは否めません。

しかし、昨年度帝京大主将の秋山選手、慶大副将の辻選手ら高いポテンシャルを持つ逸材は存在します。

彼らの成長に期待すると共に、個人的には東福岡高時代に『超高校級』として名を馳せ、明大でも1年生から重戦車フォワードを引っ張る箸本選手の早期スコッド入りを期待しています。

 

バックロー(FL/No.8)

6番7番 フランカー

候補選手

徳永祥尭㉗(関西学院大-東芝)

布巻峻介㉗(早大-パナソニック)

松橋周平㉖(明大-リコー)

長谷川崚太㉖(大東大-パナソニック)

亀井亮依㉕(帝京大-NEC)

ファウルア・マキシ㉒(天理大-クボタ)

福井翔大⑳(東福岡-パナソニック)

リーチマイケルピーター・ラブスカフニの両リーダーも2023年には34歳。

まだまだジャパンの顔として活躍してほしい気持ちは山々ですが、ラグビーの中で最も消耗の激しいフランカーというポジションを考えると、やはり世代交代は避けては通れません。

そこでまず候補となってくるのは、今大会メンバーに選ばれながらウォーターボーイとして黒子の役割を全うした徳永選手、そして最終選考で惜しくもメンバーから外れた布巻選手

この2人は、個人的に2023年大会で最も活躍が見たい選手です。

そして、サンウルブズでも奮闘した松橋選手長谷川選手も、30歳と脂の乗るタイミングで2023年を迎えます。

若手に目を移しても、帝京8連覇達成時の主将にして、所属するNECでも2年目で主将を務めるなどリーダーシップにも定評がある亀井選手

さらに、今年天理大からクボタへ進んだ”フィジカルモンスター”ファウルア・マキシ選手に、高卒でトップリーガーとなった福井選手など逸材が揃います。

フォワード最激戦区を制しメンバー入りを果たすのはどの選手か!?

この4年間の成長が楽しみです。

 

8番 ナンバーエイト

候補選手

姫野和樹㉕(帝京大-トヨタ自動車)

ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ㉔(NTTコム-サニックス)

ベン・ガンター㉒(ブリスベンボーイズ高-パナソニック)

”フォワードの花形”ナンバーエイトのポジションは、文句なしで姫野選手で決まりです。

今大会最もブレイクしたであろう若きエースは、卓越した統率力でリーダーグループの一員としてもチームを牽引。

29歳で迎える2023年大会は日本代表主将の重責を担い、『ジャパンの顔』として迎えることが既定路線かもしれません。

そして、NTTコムやサンウルブズでの活躍で、代表待望論が巻き起こるウォーレン・ボスアヤコ選手や、高校時代にパナソニックからスカウトされ来日した、ベン・ガンター選手も近々代表資格を取得予定。

貴重な戦力として代表を活性化してくれそうです。

2023年W杯予想スタメン

フォワード予想メンバー

1 PR
三浦昌悟㉔
(トヨタ自動車)
2 HO
堀越康介㉔
(サントリー)
3 PR
具 智元㉕
(ホンダ)
4 LO
箸本龍雅⑳
(明大/3年)
5 LO
ジェームズ・ムーア㉖
(サニックス)
6 FL
徳永祥尭㉗
(東芝)
8 No.8
姫野和樹㉕
(トヨタ自動車)
7 FL
ファウルア・マキシ㉒
(パナソニック)
スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA