3年ぶりに1部の舞台へと戻ってきた関東学院大学

最終順位はリーグ7位と悔しい結果に終わったものの、上位勢相手にも奮闘したスクラム、FW/BK一体となったアタックは往時を彷彿とさせ、名門復活へ十分に希望を抱かせてくれるものでした。

来季は1部復帰2年目。

さらなる飛躍が期待される新シーズンへ、今年はどのようなメンバーが新たに加入したのか。

新入生の顔ぶれと注目選手をポジション別に見ていきたいと思います。

2021年度新入部員一覧

PO氏名サイズ出身校代表歴
PR菅野侑多郎180/108昌平
PR小泉翔太郎184/110常総学院
PR紫藤翔平179/98熊本西
PR竹下優作170/96佐賀工
PR
飯塚太一172/93桐生第一
PR
寺尾壮吾187/113西陵
PR
FL
村田 颯167/100常総学院
HO
PR
津曲祐太郎166/114荒川工
HO
FL
近藤雅久人173/85東京
HO
FL
NO8

北野 駿

164/82

東海大相模
岡崎 翼181/97四日市工

NO8
花田龍紀184/95東海大福岡

FL
NO8

水野泰治

178/90

昌平
FL金子駿太168/82関東学院六浦
FL古角亮太朗172/81静岡聖光学院
FL田中流星172/83石見智翠館
FL
NO8
CTB

本多正人

171/85

長崎南山
NO8内川朝陽182/93佐賀工
SH大森 健166/75東京
SH難波隼士163/65玉島
SH服部莞太170/70佐賀工
SH
SO
岡田爽平162/68朝明
SH松岡秀磨169/67坂出第一
SH
SO
小川洋生173/70関東学院六浦
SH
SO
CTB

今村柊斗

178/83

東福岡
SO藤生奨太郎170/76桐生第一
SO山村 拓176/90保善
SO
WTB
FB

阿部凌太

170/70

黒沢尻工
CTB阿部光希176/93三本木農
CTB伊藤茉広176/81石巻工
CTB茎沢光隆178/83仙台育英
CTB松元 陸169/78石見智翠館
CTB由比藤 聖177/92東海大
静岡翔洋
CTB
WTB
中村 元172/76東福岡
CTB
WTB
山嵜 和169/82明和県央
WTB近藤大暉166/62目黒学院
WTB
FB
菊田壮太郎173/70大産大附
WTB
FB
諸山裕祥169/77長崎海星
FB
WTB
秋山友成185/74秋田工
FB桑原健太朗170/72仙台育英
FB沢田石智志177/75秋田工
MG大場 陸静岡聖光学院

(情報元:関東学院大学ラグビー部HP)

今年は42名が新たに加入。

昨年が27名だったことを考えるとこれは驚くべき増加。

復活へ期する想いが伝わってきます。

ポジション別注目選手

ではここからは今年度の注目選手をポジション別に見ていきたいと思います。

フォワード(FW)

フロントロー(PR/HO)

新入生の中で”フロントロー”の登録選手は42名中10名(複数ポジション含む)。

その数は全体の約4分の1を占める。

今年はPR児玉悠希選手、PR壽文字将選手、HO岡輝剛選手、HO矢吹悠斗選手など、下級生時代からチームを支えてきたメンバーがこぞって抜けるだけに、彼らの加入は世代交代を進める上でもチームにとって非常に大きい。

その顔ぶれを見ても、

熊本西で2年時から⑧番を背負い、3年時には共同主将の1人としてチームを花園出場に導いた紫藤翔平選手、

”九州の名門”佐賀工の強力スクラムを支えた竹下優作選手(佐賀工)、

187cm/113kgのサイズを誇り、”BIGMAN”として2019年のTIDキャンプに選出された寺尾壮吾選手(西陵)、

プレーは未知数ながら184cm/110kgのサイズが魅力の小泉翔太郎選手(常翔学院)など、

今年は例年以上にサイズに恵まれたメンバーが集った印象だ。

中でも個人的な注目は、菅野侑多郎選手(昌平)と飯塚太一選手(桐生第一)。

菅野選手は、県予選決勝、花園初戦など大事な試合でトライを記録し、昌平・御代田監督からチームのキーマンとしても指名された”頼れるプロップ”。

180cm/108kgのサイズでこの機動力。

迫力満点です。

 

そして飯塚太一選手は、花園初出場を勝ち取った2018年度の桐生第一で、1年時からレギュラーとして活躍してきた逸材。

#ラグビーを止めるな2020』プロジェクトへ投稿された動画からも、その高いワークレートとディフェンス力を見て取ることができる

共に大学での成長が楽しみな選手同士。

是非1年目からの台頭に期待したい。

セカンドロー(LO)

このポジションは、悲願の花園初出場を果たした四日市工の”主将”岡崎 翼選手(四日市工)、PR菅野選手と共に昌平のフォワードを支えた水野泰治選手(昌平)、そして東海大福岡の⑧番として”ヒガシ”相手にも力強い突破を繰り返した花田龍紀選手(東海大福岡)の3人に注目したい。

中でも、系列校の東海大ではなくカントーへ挑戦する道を選んだ花田選手はその人間性も魅力十分↓

【善行表彰 太宰府市】

本校3年2組の 花田 龍紀君(ラグビー部)とお父様が、火災を見つけ消火活動をして太宰府市から表彰を先日受けました。
写真は表彰式の様子です。

危険を顧みず、困ってる方々のために必要な行動がとれる花田くん親子に感服しました。
東海生の誇りです!!

#東海大学付属福岡高校
#東海大福岡2020
#TeamTOKAIFUKUOKA
#BeTheNo.1
#TheHeroisYou

東海大学付属福岡高等学校さんの投稿 2020年12月13日日曜日

 

1人のラグビーファンとして、そして子を持つ親として、このような選手を応援しないわけにはいかない。

新チームの副将へ就任した小濱康嵩選手(4年・鹿児島実)、昨季リーグ全試合スタメンの矢野裕二郎選手(2年・関東学院六浦)が不動の地位を築くこのセカンドローで、1年目から2人に割って入る活躍を見せることができるか。

是非期待をしたい。

バックロー(FL/No.8)

カントーの生命線”ブレイクダウン”を司るバックロー。

このポジションの目玉は何と言っても、佐賀工の”主将”内川朝陽選手。

「チームのために一番体を張れる選手」

枝吉監督にそう評される”闘将”は、名門校で2年時から不動の地位を築き、タレント発掘&育成の”権威”野澤武史氏の『#ゴリ押し』にも選出された。

昨季、ルーキーながら開幕スタメンを勝ち取ったSO立川大輝選手、”小兵のハードタックラー”FL宮上凜選手(共に2年・佐賀工)らに続き、カントーの最盛期を支えたこの”黄金ルート”からの主力加入は心強い限り。

即戦力候補として是非1年目からピッチで躍動する姿を見せてほしいところだ。

 

さらにこのポジションでは、”弟分”関東学院六浦の副将・金子駿太選手も非常に楽しみな存在。


168cm/82kgとサイズは小柄ながら、馬力十分の脚力で相手守備網を突き破っていく姿は圧巻。

是非注目していきたい。

バックス(BK)

ハーフバック(SH/SO)

続いてはバックス。

まず”スクラムハーフ”の注目には、”カンムツの主将”としてFL金子副将と共にチームを牽引した小川洋生選手(関東学院六浦)を挙げたい。

高速展開を生み出すパスワークとクイックネスを武器に、”FASTMAN”として2019年度のTIDキャンプへ選出された経歴を持つ逸材。

そのスキルフルなプレーぶりは、1年時からカントーの攻守の要として君臨してきたSO/CTB芳崎風太選手(4年・関東学院六浦)にも重なる。

共にカントーのDNAを持つ逸材同士。

彼らの共演を心待ちにしているのは私だけではないはずだ。

 

そして続いては”スタンドオフ”。

このポジションの注目は、桐生第一で”不動の司令塔”を務めた藤生奨太郎

元日本代表の”若き名将”霜村誠一監督のもと躍進を続けるチームで、1年時からレギュラーを張ってきたその実力は伊達ではなく、鋭い仕掛け、ランスキル、そして卓越したラインコントロールはどれも非凡。

大学の舞台でどこまでその才能を伸ばしていくのか。

非常に楽しみだ。

 

またこのハーフバックでは、

”岡山の雄”として3年連続で花園へ出場した玉島の”副将”SH難波隼士選手、

2年時からレギュラーとして花園を経験する坂出第一の”主将”SH松岡秀磨選手、

テンポを生み出すパスワークで佐賀工のアタックを牽引したSH服部莞太選手、

黒沢尻工の”主将”で1年時からレギュラーとして花園を経験するSO阿部凌太選手にも注目をしたい。

センター(CTB)

バックスの”要所”となるセンターには、茎沢光隆選手(仙台育英)、松元 陸選手(石見智翠館)、山嵜 和選手(明和県央)など、いずれも強豪校のメンバーとして花園のピッチを踏んだ実力者が顔を揃えた。

中でも山嵜選手は169cmと上背はないながら、鍛え上げられた下半身を武器に、ボールキャリーは力強く、右脚から繰り出されるプレースキックは高い精度を誇る。

チームの貴重な得点源として、そして来季卒業を迎える”正キッカー”芳崎選手の後継者としても期待をしたいところだ。

バックスリー(WTB/FB)

最後を飾るバックスリー。

注目は何と言っても、秋田工の”副将”にして”不動の⑮番”沢田石智志選手。

スペースを見極める視野、抜群のボディバランス、そしてダイナミックなランはどれも見る人を魅了する。

このポジションは、福士萌起選手(⇒日野)、萬田開人前主将という2人の”大黒柱”が抜け、来季世代交代が急務。

萬田前主将の母校・仙台育英の後輩で”フィニッシャー”としての能力が高い桑原健太朗選手(仙台育英)と共に、カントーのバックスを引っ張る存在へと是非成長を遂げていってほしい。

<卒業生進路&2021展望↓>

関東学院大ラグビー部 卒業生進路と2021年展望【新チーム大予想】

【卒業生進路まとめ】大学ラグビー2021 就職先と新チーム展望

<新入生情報2021↓>

【新入生2021まとめ】大学ラグビー 2021年度新入部員

<新体制情報↓>

【2021最新】関東大学ラグビー リーグ戦1部 新体制まとめ

コメントを残す

CAPTCHA