大学選手権準決勝で優勝した天理の前に敗れた明治大学

3年ぶりの日本一奪還へ向け、同部HP上ではいち早く2021年度の新入部員が発表されました。

毎年世代を代表する逸材が集結する名門へ、今年はどのようなメンバーが仲間入りを果たしたのか。

その顔ぶれと注目選手をポジション別に見ていきたいと思います。

2021年度新入部員一覧

PO氏名出身校代表歴
PR倉島昂大桐蔭学園
PR田中翔太朗長崎北陽台
PR
HO
山本文士郎明大中野
HO
No.8
金 勇哲大阪朝鮮花園
優秀選手
LO大﨑哲仁国学院
久我山
LO金子琉聖佐賀工

LO

田島貫太郎

東福岡
花園
優秀選手
U20候補
LO
FL
稲村 心新潟工
LO
FL
木戸大士郎常翔学園U20候補
LO
FL
佐藤大地国学院栃木
FL春日悠平明大中野
FL
No.8
福田大晟中部大
春日丘
U17代表
花園
優秀選手
U20候補
FL
No.8
吉田爽真国学院栃木U17代表
U20候補
SH登根大斗御所実U17代表
SH行松 真甲南
SO青木大輔明大中野
CTB
SO
寺下功起東福岡U17代表
花園
優秀選手
U20候補
CTB山田歩季京都成章
CTB
SO
吉田輝雅東海大相模
WTB
FB
秋濱悠太桐蔭学園U17代表
花園
優秀選手
WTB
FB
安田昂平御所実U17代表
花園
優秀選手
U20候補
FB
WTB
金 昂平大阪朝鮮7'sユース
アカデミー
花園
優秀選手
U20候補
FB
WTB
坂本公平東福岡U17代表
U20候補

(情報元:明治大学ラグビー部HP)

付属校出身者含め総勢23名。

そしてその内、高校代表クラス(U17代表&花園優秀選手)は実に10名。

今年もその顔ぶれはまさに”圧巻”、この言葉以外見つかりません。

ポジション別注目選手

ではここからは今年度の注目選手をポジション別に見ていきたいと思います。

フォワード(FW)

フロントロー(PR/HO)

明治の矜持”スクラム”を支えるフロントロー。

このポジションには、2連覇を達成した”桐蔭学園の①番”倉島昂大選手(桐蔭学園)と、長崎の名門北陽台の主将で1年時から花園を経験した田中翔太朗選手(長崎北陽台)らが加入。

今年は登録人数が”4人”と、例年と比較して人数が少ないのは気になる点だが、 村上慎選手(4年・法政二)、田森海音選手(4年・長崎北陽台)、 大賀宗志選手(3年・報徳学園)、中村公星選手(3年・国学院栃木)、 為房慶次朗選手(2年・常翔学園)らが割拠する陣容を鑑みれば、少数精鋭の補強も納得できるところ。

強豪校で研鑽を積んできた彼らがこの激しい定位置争いへ割って入り、1年目から頭角を現してくれることを期待したい。

セカンドロー(LO)

片倉選手、高橋選手の主力組が抜けたセカンドローには、194㎝のサイズながらハンドリングやランスキルにも秀でる田島貫太郎選手(東福岡)、身長192cmのサイズを武器に2年時から佐賀工の強力フォワードを支えた金子琉聖選手(佐賀工)といった、高校ラグビー界を代表する”ビッグマン”2人が加入。

さらに、高校1年時に関東スーパーリーグフレッシュマンMVPを獲得した久我山の主将・大﨑哲仁選手(国学院久我山)、1年時から国栃の”不動の4番”として君臨してきた佐藤大地選手(国学院栃木)らも能力が高い。

このポジションは、昨季対抗戦4試合でスタメンを務めた武内慎選手(3年・石見智翠館)、1年目から対抗戦を経験する山本嶺二郎選手(2年・京都成章)、亀井茜風選手(2年・長崎北陽台)、 高校時代にU20へ飛び級で選出された松本光貴選手(2年・明大中野八王子)ら逸材がずらりと顔を揃える激戦区。

彼らの加入はただでさえ激しいこのポジションの定位置争いを、さらに熱いものにしてくれそうだ。

バックロー(FL/No.8)

このポジションには、

抜群のフィジカルで名門常翔で1年時からレギュラーを張ったLO/FL木戸大士郎主将(常翔学園)、

1年時からレギュラーとして花園を経験し、2年生では負傷したCTB奥田主将に代わり、ゲームキャプテンを務めた新潟工の”大黒柱”LO/FL稲村心主将(新潟工)、

姫野和樹選手以来の”1年生NO.8”として活躍し、長く阻まれてきた花園3回戦の壁を突破した春日丘の精神的支柱・福田大晟主将(中部大春日丘)、


国栃の副将にしてパス、タックル、キャリー全てが一線級の吉田爽真選手(国学院栃木)。

そして、

破壊力抜群のボールキャリーと卓越したキャプテンシーを併せ持つ金勇哲主将(大阪朝鮮)、

など、花園を沸かせた強豪校で”リーダー”を務めた選手たちがこぞって集結した。

箸本龍雅主将という”ビッグネーム”に加え、 繁松哲大選手、山本龍亮選手ら主力組が多く抜けただけに、高いリーダーシップを兼ね備える彼らの存在は明治にとって大きなものになってきそうだ。

バックス(BK)

ハーフバック(SH/SO)

東福岡、桐蔭学園と並び毎年スキルフルなスクラムハーフを輩出する御所実業からは、『U17日本代表』にも名を連ねた登根大斗主将(御所実)が加入。

ハーフバック団の中でも明治の⑨番は、大黒柱の飯沼蓮選手(4年・日川)、丸尾祐資選手(3年・報徳学園)、大越勇気選手(2年・茗渓学園)、 萩原周選手(2年・大阪桐蔭)など、世代最高峰のタレントが名を連ねる。

この激戦区で登根選手がどうレギュラー争いへ絡んでいくのか。

楽しみにしていきたい。

センター(CTB)

このポジションの目玉は何といっても、2連覇を達成した桐蔭学園でNo.8佐藤健次主将と双璧をなした秋濱悠太副将。

卓越したボディバランスと相手を置き去りにする鋭角なステップで、最強を誇る桐蔭学園で2年時から”エース”として君臨。

”柔らかさ”と”強さ”を併せ持ち、即戦力ルーキーの呼び声も高い。

さらに、縦への突破力に優れる花園準V京都成章の”不動の⑬番”山田歩季選手、”西の横綱”ヒガシの攻守の要・寺下功起選手(東福岡)、王者桐蔭学園へ肉薄した相模の主将にして”ハードタックラー”吉田輝雅選手(東海大相模)にも注目だ。

バックスリー(WTB/FB)

このポジションの新入生は実に豪華絢爛。

別次元のランスキルで3年連続で『セブンズユースアカデミー』へ選出された経歴を持ち、桐蔭学園・藤原監督に「今大会のFBで一番いい」と言わしめた逸材・金昂平選手(大阪朝鮮)、

 

抜群のスピードとスケールの大きいランで”藤田慶和2世”の呼び声高い坂本公平選手(東福岡)、

 

高校2年生時から花園を席巻した世代屈指の”フィニッシャー”安田昂平選手(御所実)

この3人を同じチームで見られることは、ファンにとっては堪らないことだろう。

『バックスにいい選手が集った時の明治は強い』

彼らが在籍するここから4年間、他校にとって脅威となってくることは間違いなさそうだ。

対抗戦2021の視聴方法について

今年の関東対抗戦も”J SPORTSオンデマンド”が、開幕節から最終節までLive配信を中心に全試合を配信してくれます。※見逃し配信あり

なんくる
毎年重宝させて頂いています!

明治戦9月配信スケジュール

9月12日(日)

15:00~:明治大 vs 青山学院大 (Live)

9月18日(日)

15:00~:立教大 vs 明治大 (Live)

J SPORTSオンデマンド公式へ

<対抗戦2021スケジュール>

【結果速報】大学ラグビー2021 関東対抗戦Aグループ 日程と順位表

<卒業生進路&2021展望↓>

明治大ラグビー部 卒業生進路と2021年展望【新チーム大予想】

【新チーム大予想まとめ】大学ラグビー 卒業生進路と2021年展望

<新入生情報2021↓>

【新入生2021まとめ】大学ラグビー 2021年度新入部員