天理大学の初優勝で幕を閉じた2020年度の大学ラグビー。

36年ぶりとなる関西勢の優勝、そして過去3年続けて異なるチームが王座に輝いた事実は、『対抗戦1極集中』の時代に終止符を打ち、『群雄割拠時代』の到来を感じさせてくれます。

シーズンを終え、新たに結成される新チームが早くも見据えるのは来シーズン。

各チームの実力が拮抗する中、有力となってくるのはどのチームなのか!?

毎年選手が入れ替わる学生ラグビーにおいて、どの選手が卒業し、どの選手が残るのかは、来季の戦力を測る上で非常に重要なポイントとなってきます。

そこでここでは、今季の基本布陣を振り返りながら、2021年度シーズンへ臨む新チームの戦力を完全主観で考えてみたいと思います。

まずは、関東対抗戦Aグループの『明治大学』編から。

※新入生も含めた具体的な”戦力分析”は来シーズン開始前に行う予定です。

2020年度基本布陣

太字は今春卒業を迎えるメンバー

1 PR
中村公星②
(国学院栃木)

2 HO
田森海音③
(長崎北陽台)

3 PR
大賀宗志②
(報徳学園)

4 LO
片倉康瑛④
(明大中野)

5 LO
髙橋 広大④
(桐蔭学園)

6 FL
福田陸人③
(國學院栃木)

8 No.8
箸本龍雅④
(東福岡)

7 FL
繁松哲大④
(札幌山の手)

9 SH
飯沼 蓮③
(日川)

12 CTB
廣瀬雄也①
(東福岡)

10 SO
森 勇登④
(東福岡)

13 CTB
児玉 樹③
(秋田工)

11 WTB
石田吉平②
(常翔学園)

15 FB
雲山弘貴③
(報徳学園)

14 WTB
石川貴大④
(報徳学園)

<今季の成績>

関東対抗戦:1位 6勝1敗

大学選手権:ベスト4

来季残る主力メンバー:9人

卒業生主な進路

PO氏名出身校進路
PR三好優作松山聖陵キャノン
LO片倉康瑛明大中野サントリー
LO髙橋広大桐蔭学園清水建設
FL繁松哲大札幌山の手NTTドコモ
LO
No.8
箸本龍雅東福岡サントリー
SO山沢京平深谷パナソニック
SO
CTB
森 勇登東福岡東芝
WTB
CTB
石川貴大報徳学園NTTドコモ
FB猿田湧秋田工キャノン
WTB小島昂明大中野日野
CTB小幡将己石見智翠館NEC
主務松下忠樹明大中野クボタ
(スタッフ)

※随時更新

ポジション別戦力予想

フォワード編

フロントロー

<主な卒業生>

HO三好優作選手(松山聖陵)


三好選手が卒業を迎えるとはいえ、①中村公星選手(2年・国学院栃木)、②田森海音選手(3年・長崎北陽台)③大賀宗志選手(2年・報徳学園)ら、今季の主力が揃って残ることは、とりわけスクラムに矜恃を持つ明治にとっては大きい。

プロップには今季もAチームで出場した山本耕生選手(3年・桐蔭学園)、村上慎選手(3年・法政二)ら上級生に加え、ルーキーながら今季対抗戦デビューを果たした為房慶次朗選手(1年・常翔学園)、 中山律希選手(1年・天理)ら能力の高い選手が揃う。

さらにフッカーも、レギュラークラスの実力を持つ紀伊遼平選手(2年・桐蔭学園)が控えるなど、フロントローの選手層は間違いなく対抗戦屈指。

来季も激しいポジション争いが繰り広げられそうだ。

セカンドロー

<主な卒業生>

片倉康瑛選手(明大中野)

高橋広大選手(桐蔭学園)


2年生で頭角を現わし、その後3年間”ラインアウトの番人”として君臨してきた片倉選手、そして4年目で定位置を確保した髙橋選手が揃って卒業を迎える。

主に4年生が中核を担ってきただけに世代交代は避けられないが、このポジションは、今季対抗戦序盤でスタメンを張った武内慎選手(2年・石見智翠館)、そしてルーキーながら今季の対抗戦を経験した山本嶺二郎選手(1年・京都成章)、亀井茜風選手(1年・長崎北陽台)など、いずれも190cmを超す”ビッグマン”がズラリと顔を揃える。

そしてさらに、高校時代に飛び級で『U20日本代表』へ選出された経歴を持つ松本光貴選手(1年・明大中野八王子)という逸材の存在も忘れてはいけない。

主力が抜けポジション争いが激化するこの”ロック”のポジションは、来季メンバー選考に最も頭を悩ませそうだ。

バックロー

<主な卒業生>

FL繁松哲大選手(札幌山の手)

FL山本龍亮選手(桐蔭学園)

FL柴大河選手(国学院久我山)

No.8箸本龍雅選手(東福岡)

No.8篠田昌寿選手(日立一)


4年間チームを支えてきた”大黒柱”箸本主将に加え、 ”Mr.仕事人”繁松選手が抜けるバックロー。

ここはロック同様主に4年生が今季主力を務め、メンバーの入替えも殆どなかったことから、フォワードの中では最も世代交代に苦労しそうだ。

”フランカー”は今季も全試合でスタメンを張った福田陸人選手(3年・国学院栃木)が軸となり、そこへ楢崎海人選手(2年・筑紫)、古庄竜也選手(2年・中部大春日丘)、森山雄太選手(1年・東福岡)らが頭角を現わしてきそうだが、今季箸本主将が全試合でスタメンを務めた”ナンバーエイト”は横一線。

今季の箸本主将のように”ロックからのコンバート”という選択肢も考えられそうだが、個人的には、脇野倫太朗選手(2年・深谷)、石浦大貴選手(1年・報徳学園)など、このポジションを主戦場とする選手の台頭に期待したい。

 

いずれにしても、”絶対的リーダー”が抜けるフォワードにあっては、来季どの選手がリーダーシップを発揮し、その穴を埋めるのか。

ここも注目のポイントとなりそうだ。

バックス編

ハーフバック

<主な卒業生>

SH梅川太我選手(石見智翠館)

SO山沢京平選手(深谷)

SO森勇登選手(東福岡)


”スクラムハーフ”は、2年時からレギュラーを張り、来季は幹部候補としても有力な飯沼蓮選手(3年・日川)が不動の地位を築く。

しかしこのポジションは、昨季対抗戦でプレータイムを得ながら、今季は殆ど出場する機会のなかった竹ノ内駿太選手(3年・長崎南山)や丸尾祐資選手(2年・報徳学園)に加え、大越勇気選手(1年・茗渓学園)、萩原周選手(1年・大阪桐蔭)といった世代でもトップクラスの地位にいるタレントを抱えるなど、その陣容は豪華そのもの。

この中からまずは誰が”2番手候補”として名乗りを挙げるのか、注目したいところだ。

 

そして、今季副将を務めた山沢選手の負傷離脱により、森選手が代役を務めた”スタンドオフ”。

ラストイヤーにこの”両雄”の共演が見たかった。

その思いは、シーズンが終わった今でも消えることはない。

ただ、山沢選手はパナソニックへの加入が発表され、森選手もトップリーグ入りが予想されるなど、ラグビー選手としての将来はまだまだこれから。

共に新たなステージでの活躍を期待したい。

そしてこの2人の後を継ぐ人材は、やはり齊藤誉哉選手(2年・桐生第一)と池戸将太郎選手(1年・東海大相模)。

共に今季対抗戦でスタメン出場の機会をえながら、シーズン終盤に”⑩番”を背負ったのが森選手という事実は、2人がチームの絶対の信頼を得るには至らなかったということを物語っている。

どちらも”司令塔”としての才能は申し分ない逸材同士。

この悔しさを糧に、来季どこまで成長した姿を見せるのか。

非常に楽しみだ。

センター

<主な卒業生>

齊藤大朗選手(桐蔭学園)


森勇登選手がスタンドオフへ回ったことにより、シーズン終盤は児玉樹選手(3年・秋田工)と廣瀬雄也選手(1年・東福岡)がセンターコンビを組んだ。

”柔と剛”のバランスもよく、連携面でも光るプレーを連発したこの2人が、来季もベースとなってくることは間違いない。

準決勝で敗れた経験からも、来季はさらに成長し、一段とスケールアップもしてくることだろう。

主力が安泰なのはチームにとっては非常に心強いが、個人的には、報徳学園時代に主将として花園ベスト8を経験し、来季はラストイヤーを迎える江藤良選手(3年・報徳学園)の奮起、そして昨冬花園で初の単独優勝を達成した桐蔭学園の主力・石塚勝己選手(1年・桐蔭学園)の台頭にも期待をしたい。

バックスリー

<主な卒業生>

WTB石川貴大選手(報徳学園)

WTB猿田湧選手(秋田工)

FB小島昂選手(明大中野)


今季Aチームでも活躍した3選手が卒業するバックスリー。

中でも大学選手権の準決勝(天理戦)で個人技による2トライを奪い”紫紺のプライド”を示した石川選手の卒業はチームにとっては大きい。

それでもこのポジションは、石田吉平選手(2年・常翔学園)、松本純弥選手(3年・佐賀工) 、高比良隼選手(3年・長崎北)といった多士済々のメンバーが顔を揃えるタレントの宝庫。

さらに2年時から”不動の⑮番”として君臨するFB雲山弘貴選手(3年・報徳学園)も健在とあれば、大幅な戦力ダウンは考えづらい。

来季ラストイヤーを迎える新4年生の意地に期待すると共に、 WTB西川賢哉選手(1年・桐蔭学園)、FB林哲平選手(1年・東海大相模)ら新戦力の台頭も待たれるところだ。

<進路と2021展望↓>

早稲田大ラグビー部 卒業生進路と2021展望

帝京大ラグビー部 卒業生進路と2021展望

大学ラグビー 卒業生進路と2021展望まとめ

<2021新体制情報↓>

【対抗戦新体制】大学ラグビー2021 関東対抗戦A 新幹部情報まとめ

<高校生進路2021↓>

【高校生進路2021】早稲田大学ラグビー部 スポーツ推薦入学者

【有望選手進路】第100回全国高校ラグビー 大会優秀選手と進学先

コメントを残す

CAPTCHA