昨季、関西リーグで4戦全敗の6位に終わった摂南大学

A昇格2年目も厳しい戦いを強いられる結果となったが、関学大、立命大からそれぞれ30得点以上を奪うなど、その攻撃力は上位勢相手でも十分通用することを証明して見せた。

大学のバックアップを受けグラウンド&部室棟など上位進出へ向け設備面が充実していく中、今季ターゲットと定めるのは2009年度以来の全国復帰。

果たして今年はどのようなメンバーが新戦力として加入したのか。

新入生の顔ぶれと注目選手をポジション別に見ていきたい。

2021年度新入部員一覧

PO氏名出身校サイズ代表歴
PR下大迫陽斗天理164/85
PR昇 幹太天理171/90
PR米田悠海関大北陽175/100
PR梁 起繁大阪朝鮮177/100
HO岡本拓也玉島176/95
HO片松寛太弓削商船182/95
HO小堀真吾京都成章170/81
HO中村勝英京都工学院170/90
LO大野拓也興国180/90
LO住 隼仁高知中央183/90
LO田中翔馬城南180/90
LO武藤彩冬奈良朱雀182/108
FL出原 禅天理165/70
FL角谷宏大常翔学園176/85
FL加覧和成大産大附175/90
FL河野秀太郎報徳学園178/80
FL東野和哉東海大仰星172/87
SH大津直人常翔啓光168/75
SH佐藤侃太常翔啓光162/60
SH坪内太一ロトルア
ボーイズ
168/70
SH松下宇宙日本航空
石川
170/65
SO片岡聖磨大阪桐蔭172/81
CTB池田翔太常翔学園176/85
CTB嶋本大賀大産大附175/78
CTB中村太遥創志学園170/95
WTB木村大起明石城西175/81
FB小畑美嵐淀川工科180/72
FB木田匡哉常翔啓光175/75
FBサポイ
ヴィリアミ
開志国際185/90
FB鈴木尊就常翔学園175/75
FB長谷川舜一東海大福岡173/80
FB水戸部駿季京都成章171/70

(情報元:摂南大学ラグビー部HP)

今年新たに加入したのは32名。

近畿地区の強豪校を中心に、楽しみなメンバーが名を連ねている。

ポジション別注目選手

ここからは注目選手をポジション別に見ていきたい。

フォワード(FW)

フロントロー(PR/HO)

摂南のスクラムを支えるフロントローには、

・部員数38人で『花園ベスト4』という快挙を達成した大阪朝高”不動の①番”梁起繁選手(大阪朝鮮)

・”奈良の名門”天理で①番と③番を務めた下大迫陽斗選手&昇 幹太選手(天理)

・岡山の強豪玉島で1年時からフォワードの中核を担い、昨年は主将としてチームを3季連続の花園出場へと導いたHO岡本拓也選手(玉島)

・大産大附と共に大阪の”第2勢力”を形成する関大北陽の副将・PR米田悠海選手(関大北陽)

など楽しみなメンバーが顔を揃えた。

このポジションはPR1小井田幸彌選手(摂津)、HO保手濱大地選手(常翔学園)、PR3木屋暁貴選手(洛北)ら主力の多くが卒業しただけに、今季は世代交代が求められる年。

この中から1年目からAチームへ絡んでくる選手が出てくるか。

大学ラグビーでは珍しい高専高校からの”挑戦者”片松寛太選手(弓削商船)の成長も含め、楽しみにしていきたい。

 

セカンドロー(LO)

このポジションの注目は、興國の大野拓也選手。

”激戦区”大阪の高校のため全国にはなかなか縁がなかったものの、この選手の卓越したボディバランス、強力なハンドオフ、そして前への推進力は一級品。

#ラグビーを止めるな2020』プロジェクトへ投稿された動画からも、その凄みは十分に伝わってくる。

Aリーグを舞台にその才能がどこまで伸びていくのか。

非常に楽しみだ。

 

バックロー(FL/No.8)

このポジションには、

・2年時にはウィングとして花園で1試合4トライを記録するなど、スピード・ステップワークに加え、フィジカルと機動力も兼ね備える攻撃的FL河野秀太郎選手(報徳学園)

・165cmのサイズながら名門・天理のレギュラーとして活躍し、花園の近畿ブロック決勝(vs報徳)ではチーム唯一のトライを記録した出原 禅選手(天理)

・昨冬花園1回戦日川戦で常翔の⑦番を背負った角谷宏大選手(常翔学園)

・大阪桐蔭との花園府予選決勝で仰星の⑥番を背負った東野和哉選手(東海大仰星)

など、全国トップクラスの強豪校で活躍してきた逸材がこぞって加入。

このバックローは昨季共同主将を務めた”大黒柱”春山右京選手(報徳学園)が抜けたものの、登録人数”21人”を誇るフォワードの最激戦区。

彼らの加入はただでさえハイレベルなポジション争いを、さらに一段上のものにしてくれそうだ。

バックス(BK)

続いてはバックス。

ハーフバック(SH/SO)

このハーフバックでは、SH大津直人選手とSH佐藤侃太選手(共に常翔啓光)を注目に挙げたい。

かつて戦後初となる4連覇の偉業を達成した啓光学園。

私の兄の母校でもあるこの高校は、2007年に着手した進学校化の影響で2008年度を最後に全国から姿を消し、部員数減少が進んだ2019年度は単独チームとして予選へ出場できないまでにチーム状態は落ち込んだ。

その真っ只中を経験してきた彼らの世代は、どんな苦しい状況におかれても決して腐らず、ラグビーに真摯に取り組むかたわら部員を勧誘し続けた。

その結果、新入生9名を迎え部員数20名に達した昨年は、2年ぶりに単独チームとして花園予選へ出場を果たし、見事1勝を達成。

伝統は途絶えることなく継承された。

そして、チームにいたわずか6人の3年生のうち、FB木田匡哉選手含む3人が大学でも第一線でラグビーを継続することを選択。

近年この高校名を大学で見ることが少なくなってきた中で、この選択は正直胸が熱くなる。

困難な状況を乗り越えてきた彼らが、新たなステージでどのように成長を遂げていくのか。

ここからの4年間を応援していきたい。

 

センター(CTB)

このポジションの注目は、やはり池田翔太選手(常翔学園)。

中学時代は大阪府スクール選抜の主力として全国ジュニア大会で活躍すると、高校では2年生で名門のレギュラーポジションを獲得。

高いハンドリングスキルに加え、スピードとフィジカルも兼ね備えるセンターとして、2019年度の花園では岡野喬吾選手(同志社大2年)と共に強力なセンターコンビを形成。

花園ベスト4進出へ大きく貢献した。

摂南にはテビタ・タイ選手(4年)、ツイドラキ・ヴィリアミ(4年)、東将吾選手(3年・芦屋学園)ら個で局面を打開できるセンターが名を連ねるが、この選手の実力であれば早々にAチームへ絡んでくる可能性は十分。

1年目からピッチで暴れ回る姿を期待したい。

 

バックスリー(WTB/FB)

ラストを飾るバックスリー。

このポジションにも、

・鋭いライン参加で幾度も相手ディフェンスラインを切り裂き、開志国際を初の花園出場へと導いたポイ・ヴィリアミ選手(開志国際)

・昨冬花園2回戦(vs鹿児島実)では”常翔の⑦番”を背負い出場を果たした鈴木尊就選手(常翔学園)

・福岡の”強豪”東海大福岡の主将兼エース長谷川舜一選手(東海大福岡)

など多士済々なタレントが顔を揃えた。

いずれも将来の摂南バックスを担いうる選手たち。

WTB前薗斗真選手(2年・東海大仰星)、WTB勝又朋幸(4年・常翔学園)、熊倉拓海選手(4年・神戸科技)、FB大藏脩平(4年・京都工学院)らが割拠するバックスリーで、1年目から頭角を現わしてくれることを期待したい

関西Aリーグの視聴方法について

今年の関西Aリーグも”J SPORTSオンデマンド”が、開幕節から最終節まで全試合を配信してくれます。

なんくる
毎年ありがとうございます!

9月の配信スケジュール

9月18日(土)

17:30~:同志社大 vs 関西大 (録画)

※京産大vs摂南大戦は10/24へ順延

9月19日(日)

11:45~:立命館大 vs 関西学院大(Live)

14:00~:近畿大  vs 天理大(Live)

J SPORTSオンデマンド公式へ

<関西Aリーグ試合結果速報>

【結果速報】大学ラグビー2021 関西大学Aリーグ 日程と順位表

<新入生情報2021↓>

【新入生2021まとめ】大学ラグビー 2021年度新入部員

<新体制情報↓>

【2021最新】関西大学ラグビーAリーグ 新体制まとめ

コメントを残す

CAPTCHA