パナソニックの優勝で幕を閉じたラストシーズンの『ジャパンラグビートップリーグ』。

激戦の興奮も束の間、毎年この時期になると発表されるのは各チームの退団情報。

新たに加入する選手がいれば、その一方で、新天地を求める選手、引退を決断する選手もいる。

プロ選手を抱えるリーグである以上それはやむをえないことと頭では理解しているが、やはりファンとしては寂しさが募るもの。

果たして今年はどの選手がチームを離れる決断をしたのか。

ここでは今季トップリーグを戦った選手たちの退団・勇退情報をチーム別にまとめていきたい。

更新履歴
9/1  :日野追加
8/30:キャノン追加
8/12:リコー追加
8/2  :東芝追加
7/30:NTTコム追加
7/21:サントリー追加
7/19:NEC追加退団選手
   クボタ追加退団選手
7/14:NTTドコモ追加
7/12:サニックス追加

2021年度トップリーグ退団選手

パナソニックワイルドナイツ

PO選手名出身校在籍
LO三上 匠東海大8年
SH小西大樹東海大2年
CTBハロルド・フォスターフランデュトイ高3年
CTB
WTB
森谷圭介帝京大5年
WTB福岡堅樹筑波大5年

 

サントリーサンゴリアス

PO選手名出身校在籍
LO加藤広人早稲田大3年
FL
No.8
西川征克関西学院大11年
FLジョーダン・スマイラーパーマストン
ノース
4年
SHリチャード・ジャッドテムズ2年
SOボーデン・バレットニュープリマス1年
UTBウィル・チャンバーブリスベン2年
(7月21日追加)
CTB梶村祐介明治大3年

 

クボタスピアーズ

PO選手名出身校在籍
HO後藤満久京都産業大13年
LO今野達朗筑波大12年
LO金 昊範檀国大6年
SO
FB
ファレヌイ・ハウェラワイカト大2年
WTBタウモハパイ・ホネティ 花園大2年

(7月19日追加)

PR石田楽人専修大1年

 

トヨタ自動車ヴェルブリッツ

PO選手名出身校在籍
HO川西智治流通経済大11年
LOジェイソン
ジェンキンス
セントアルバンズ
カレッジ
4年
LOジェド・ホロウェイウェイブリー
カレッジ
1年
FLマイケル・フーパーマッコーリー大1年
No.8キアラン・リードカンタベリー大2年
SH岩村昂太同志社大5年

 

神戸製鋼コベルコスティーラーズ

PO選手名出身校在籍
PR山﨑基生流通経済大10年
PR沢居寛也立命大8年
HO長崎健太郎大阪体育大7年
HO鹿田翔平流通経済大3年
LOブロディ・レタリッククライスト
チャーチ
2年
FL谷口 到筑波大13年
FLグラント・ハッティングステレン
ボッシュ大
3年
No.8ナエアタ・ルイ流通経済大3年
SH梁 正秋京都産業大6年
WTB児玉健太郎慶應義塾大3年

 

NTTドコモレッドハリケーンズ

PO選手名出身校在籍
PRヘンカス・
ファンヴィック
ニルストローム高1年
HO緑川昌樹関西学院大10年
HO吉田伸介流通経済大4年
LO土屋鷹一郎早稲田大9年
FL衞藤陽介明治大10年
NO8秦 啓祐同志社大4年
SH秦 一平明治大9年
SHTJペレナラマナカレッジ1年
SOオーウェン・
ウィリアムス
アスゴル
アスタラベラ
1年
SOマーティ・バンクスクライスト
チャーチボーイズ
3年
WTB久内崇史筑波大5年
WTBマカゾレ・マピンピジムムババサ1年
WTBジョセファ・リリダムラトゥナブラ
カレッジ
6年
FBトム・マーシャルネルソン
カレッジ
1年

(7/14追加)

FL松岡大和天理大1年

 

キャノンイーグルス

PO選手名出身校在籍
CTB三友良平日本大12年
WTB
FB
橋野皓介同志社大11年
HO金子大介慶應義塾大10年
PR上田 聖天理大9年
SO上原 哲明治学院大5年
FL
No.8
エドワード・カークブリスベンステート高4年
WTB
FB
ホセア・サウマキ大東文化大4年
WTB
FB
三島藍伴立命館大4年
LOジャン・デ クラークステレンボッシュ大3年
LO宇佐美和彦立命館大2年
FL
No.8
吉田光治郎帝京大2年
FL
No.8
イオンギ譲摂南大2年
SH松山光秀天理大2年
HOエフィトゥシ・マアフイプスウィッチ
グラマー高
1年
LO
FL
No.8
ジェシー・パレテハウェラ高1年

(※8月30日追加)

SH田中史朗京都産業大2年

 

リコーブラックラムズ

PO選手名出身校在籍
HOベン・ファネルオールドボーイズ2年
LO馬渕武史日本大12年
FLエリオット・ディクソンセントビーズ3年
FL
No.8
オルジェン・カズミ明治大2年
SH米村龍二筑波大3年
WTB渡邊昌紀関東学院大9年
WTB山内俊輝筑波大5年

(※8月12日追加)

FL
LO
ブロードハースト
マイケル
キャンピオン高10年
WTb
FB
キーガン・ファリアセントジョーンズ2年

NTTコムシャイニングアークス

PO選手名出身校在籍
PRレイルア・マーフィー山梨学院大4年
PR申 友城延世大1年
LOルイス・コンラディポールルース高1年
FL
No.8
ヴィリー・ブリッツフリーステート大6年
No.8山下弘資中央大10年
SOクリスチャン
リアリーファノ
ピーターララー
セカンダリーカレ
2年
SOフレッチャー・スミスネルソンカレッジ1年
SO
FB
ピリ・パラオネ1年
CTBトロケ・マイケル日本大3年
WTB鶴谷知憲立正大7年
WTB大芝優泰成蹊大4年

(※7/30追加)

FL鶴谷昌隆筑波大8年
CTB池田悠希東海大3年

 

東芝ブレイブルーパス

PO選手名出身校在籍
LO小瀧尚弘帝京大6年
LO梁 大煐高麗大3年
LOサム・トムソンウスター大1年
FL山本紘史明治大12年
CTB渡邊太生筑波大11年
WTB宇薄岳央同志社大13年
(※8/2追加)
LOマイルズ・エドワーズフェアファクス高1年

 

ヤマハ発動機ジュビロ

PO選手名出身校在籍
PR山村 亮関東学院大17年
FB五郎丸 歩早稲田大13年
WTB田中渉太早稲田大10年
HO名嘉翔伍明治大10年
PR山本幸輝近畿大8年
FL粟田祥平関西学院大7年
LO
FL
ヘルウヴェ拓殖大7年
FL西内勇人法政大6年
PR西内勇二法政大4年
WTBシオネ
トゥイプロトゥ
セントケビンズ高3年
FLパディ・バトラーリムリック大2年

 

Honda HEAT

PO選手名出身校在籍
PR具 智元拓殖大4年
HO川俣晃人拓殖大6年
HO藤浪輝人天理大3年
HO呉 季依典帝京大2年
CTBショーン・トレビータワ高3年
CTB具 智允拓殖大5年

 

日野レッドドルフィンズ

PO選手名出身校在籍
PR村上玲央関西大8年
FL藤田哲啓帝京大8年
SH田川明洋明治大7年
PR長野正和流通経済大5年
HO崩 光瑠東海大5年
HO小野貴久帝京大5年
CTB林 泰基立命館大4年
No.8ニリ・ラトゥセイクリッド
ハート高
3年
No.8新井信善 関東学院大3年
WTB中園真司関東学院大3年
LO北川俊澄関東学院大2年

(※9月1日追加)

LOリアキ・モリセントボールズ
カレッジ
4年

 

三菱重工相模原ダイナボアーズ

PO選手名出身校在籍
SH西舘健太流経大柏15年
CTB/WTBレポロ・テビタ山梨学院大11年
PR成 昂徳帝京大7年
FL比果義稀明治大7年
FLトーマス優
デーリックデニイ
白鷗大5年
CTB田畑万併慶應義塾大5年
WTB中濱寛造早稲田大4年
FL/No8土屋樹生山梨学院大4年
SH比屋根裕樹東海大4年
FB井口剛志早稲田大3年
PR李 城鏞帝京大3年
PRタウマファイ竜白鷗大3年
SOジェームズ・ウィルソンサウスランド
ボーイズ高
2年

 

NECグリーンロケッツ

PO選手名出身校在籍
PR足立 匠流通経済大3年
HOカイ・ストロームオークランド大2年
LOパトリック・タファブリスベン
ステート高
1年
LOサム・ジェフリーズセントジョセフ高2年
FL松村拓海法政大4年
FLジャック・ラムキャンベラ大2年
SOアレックス・グッドハート
フォードシャー
1年
CTB釜池真道同志社大12年
CTB金村良祐帝京大4年
CTB山崎 翔専修大4年
CTBベンハード・
ヤンセ ヴァン
レンスバーグ
ノースウエスト大1年
WTBアンドリュー・
ケラウェイ
ザ・スコッツ大1年
FB高平祐輝明治大7年

(7月19日追加)

SH中嶋大希流通経済大3年

 

宗像サニックスブルース

PO選手名出身校在籍
PR佐々木駿日本体育大3年
HO王 鏡聞大阪体育大3年
LO福坪龍一郎鹿屋工7年
LOマーク・アボットカンタベリー大2年
LOジェームズ・ムーアブリスベン高3年
LO廣田耀規四日市農芸3年
LO寺田桂太帝京大1年
FL
No.8
ダン・プライヤーオークランド
グラマー高
3年
FL
No.8
サム・チョンキットハミルトン
ボーイズ高
3年
No.8ラーボニ
ウォーレン
ボスアヤコ
エンデバー高2年
SH藤井達哉東海大福岡2年
CTB
FB
ジェイソン・エメリマッセー大3年
CTBトニシオ・ヴァイフ天理大1年

(7/12追加)

No.8金堂 礼東海大6年
CTBティム・ベネットペナント
ヒルズ高
2年
WTB
FB
レメキ ロマノ ラヴァランコーン高1年
FL横井 隼東海大3ヶ月


ラグビーマガジン2021年9 月号【最新号】

<2021年度新加入選手↓>

【新リーグへ!】2021-2022年度ジャパンラグビー新入団選手まとめ

コメントを残す

CAPTCHA


ラグビーファン御用達!『J SPORTSオンデマンド』

数あるスポーツチャンネルの中でも、よりラグビーに特化したコンテンツとして圧倒的な配信数を誇る『J SPORTSオンデマンド』。

地上波での放送が少ないラグビー競技にあって、スマホさえあればいつでも試合を楽しむことができるこのサービスは、ラグビー視聴の”マストアイテム”として多くのファンに重宝されています。

・通勤&通学中にスマホやタブレットで視聴

・仕事中は会社のPCで視聴(非推奨)

・週末はテレビにつないで家族で視聴

など、様々なシーンでラグビーを楽しむなら『J SPORTSオンデマンド』がオススメです。