過去5年で4度のリーグ優勝に輝くなど、『リーグ戦の雄』として君臨する東海大学

しかし日本一への道は険しく、世代屈指のリーダー・真野泰地主将が率いた昨季も、7戦全勝でリーグ王者に輝きながら、大学選手権では明治の厚い壁に阻まれ準決勝敗退。

未だ無冠の状態が続きます。

悲願奪取を目論む新シーズンへ。

今年はどのようなメンバーが加入したのか。

新入部員の顔ぶれを見ていきたいと思います。

2020年度新入部員一覧

PO氏名出身校サイズ代表歴
PR安藤良太東海大相模178/100
PR佐藤颯人大分東明172/110
PR高橋 凜東海大仰星175/100代表候補
PR玉木皓盛東福岡177/102
PR細川大介黒沢尻北179/100
PR松井龍司東海大相模167/108
PR真利香之輔桐蔭学園172/100
PR森下竜次鹿児島実180/100
PR姚 優保善187/117
HO内舘修蔵専大松戸170/94
HO奥田玲大京都工学院170/94
HO勝本礼雄東海大相模171/95
HO下江康輔東福岡171/91
LOアフ・オフィナ東海大福岡185/100高校代表
LO池田智茅東海大相模182/89
LO朴 淳宇大阪朝鮮182/97
LO細川翔永黒沢尻北182/93
LO山口真之介松山聖陵180/98
FL
No.8
小野寺健太宮古173/83
FL
No.8
菊池朝海向上173/95
FL佐々木浩祐札幌山の手176/94
FL
No.8
椎名耀二幕張総合179/83
FL
No.8
許 懐恩淡江183/100
FL
No.8
白井僚真清水南178/94
FL
No.8
藤原大志尾道170/84
FL
No.8
弓部蒼生石見智翠館171/95
FL
No.8
吉田統弥九州学院170/85
FL
No.8
若山英弘東海大相模175/78
SH梅本晴矢幕張総合165/72
SH関 大介東海大相模166/66
SH竹田怜央東海大仰星170/74
SO武藤ゆらぎ東海大仰星170/75
SO本山嵐士長崎北陽台175/75
CTB小倉 空四日市工176/93
CTB落合悠星京都工学院173/90
CTB柏原昌太東海大相模174/81
CTB小池隆真東海大甲府171/93
CTB手島 錦東農大二175/83
CTB何松健太郎東海大仰星178/90代表候補
CTBポロメア・カタ東海大福岡178/100高校代表
WTB今井惇平茗渓学園169/73
WTB上村悠次郎筑紫173/75
WTB川久保彪我長崎北168/78
WTB栗崎弘樹東海大相模177/85
FB谷口宜顕東海大仰星172/82U17代表
高校代表
FB田中 挑東農大二176/68
FB
WTB
入駒亮太ロトルア
ボーイズ
175/76

(情報元: 東海大学体育会ラグビー部HP)

総勢47名が新たに加入。

この人数は、リーグ戦のみならず対抗戦グループ&関西リーグも含めて最多の数。※2位は天理大の41名。

45名が入部した昨年に続き、今年も圧倒的な数の選手達が強豪・東海の門戸を叩くことになりました。

豪華付属校メンバー

東海大と言えば、やはり気になるのは日本屈指の学校数を誇る付属校メンバー。

ラグビー強豪校として知られる東海大仰星、相模、福岡、甲府から、今年は総勢16名が入部することになりました。

この数字は慶應義塾早稲田関西学院ら、『高大連携』を謳う東西の強豪とも肩を並べる人数。

昨年の付属校出身者が9名だったことを考えても、今年の東海はリクルートの充実ぶりが伺えます。

それでは、付属各校から注目の選手を学校別に見ていきましょう。

”パワフル留学生”東海大福岡

まずは、2012年の創部ながら強豪ひしめく福岡県で既に、強豪校の仲間入りを果たしている東海大福岡

同校から入部したのは、トンガからの”パワフル留学生”No.8アフ・オフィナ選手と、CTBポロメア・カタ選手。

両選手とも高校レベルでは群を抜くフィジカルの強さを誇り、2人揃って昨年度の高校日本代表に選出された逸材です。

特に、2年生の時にも飛び級で高校日本代表に選ばれたポロメア選手は、SO,CTB.FBとバックスの複数ポジションを担える”ユーティリティ性”に加え、留学生ながらキャプテンとしてもチームを牽引した才器。

まだまだ荒削りなプレーは目立ちますが、その破壊力は抜群です。

2人を見ていると、あの『目黒学院コンビ』の再来を感じざるを得ません。

2018年度に東海大で初の”留学生主将”を務め、”2019年W杯戦士”の1人アタアタ・モエアキオラ選手(現/チーフス&神戸製鋼)と、1年目からトップリーグの強豪サントリーで大活躍中のテビタ・タタフ選手(現/サントリー)。

1年目からチームの主力を担い、幾度となくビッグプレーを披露したOB戦士のように、オフィナ選手とポロメア選手にもルーキーイヤーからの大ブレイクに期待したいと思います。

 

”躍進の世代”東海大相模

近年目覚ましい躍進を遂げる東海大相模からは、8名のメンバーが入部。

彼らは、昨年公式戦で2度にわたりライバル慶應義塾を撃破し、『高校三冠』を達成した桐蔭学園相手にも真っ向勝負を挑み、堂々と渡り合った世代。

チームの大黒柱で高校日本代表候補の”大器”SO池戸将太郎主将は、対抗戦王者・明治を挑戦の場に選びましたが、PR安藤良太選手、LO池田智茅選手、CTB柏原昌太選手ら、2年生からレギュラーとして活躍した主力の多くは”兄貴分”への進学を選択。

OBのFB酒井亮治選手(3年)が1年目からエースとして確固たる地位を確立したように、彼らにも是非ルーキーイヤーからAチームへ絡む活躍を見せてほしいと思います。

 

”最強の付属校”東海大仰星

そして最後は、花園優勝5度を誇る『最強の付属校』東海大仰星

2年ぶりに出場した昨冬花園では、準々決勝で御所実相手に同校史上初の”ノートライ負け”という悔しい敗戦を喫するも(●0-14)、メンバーを見ると5人の高校代表クラスを擁するタレント軍団。

レベルの高さは折り紙付きです。

そして、その仰星から今年東海への進学を決めたのは5人。

まずは、神奈川選抜にも選ばれるなど中学時代から注目された存在ながら、地元ではなく大阪での挑戦を選択した武藤ゆらぎ選手。

広い視野に裏打ちされた秀逸なラインコントロールのみならず、卓越したボディバランスで自らも仕掛けられるスタンドオフ。

代表候補にこそ名を連ねてはいませんが、世代を代表する司令塔の1人であることに疑いの余地はありません。

強豪・長崎北陽台の”不動の10番”本山嵐士選手との司令塔争いは、非常に見応えがありそうです。

 

そして、5度目の花園制覇を成し遂げた仰星2017年度”長田組”で、1年生として唯一スタメンに名を連ねたFB谷口宜顕選手。

2年生でU17代表、3年生で高校日本代表と各年代の代表を歴任してきた逸材は、”個”の力で局面を打開することが出来る数少ない選手の一人。

石岡玲英選手(御所実-法政大)、山口泰輝選手(長崎北陽台-帝京大)、吉本匠希選手(常翔学園-立命館大)ら、同世代に突出した才能が並ぶ”最激戦区”フルバック。

このポジションでの代表選出は、この選手の能力の高さを如実に物語っていると言えるでしょう。

 

バックスにはさらに、パス、キック、ラン全てを高いレベルでこなし、代表候補にも名を連ねたCTB何松健太郎選手、そしてフォワードには、仰星のプロップらしく強さと機動力を持ち合わせた代表候補・高橋 凜選手も入部。

ここ数年、仰星の主力は、早稲田のCTB長田智希選手、FB河瀬諒介選手、同志社のCTB和田悠一郞選手、立教のSO三村真優選手、関学のSO坂原春光選手のように、ライバル校へ流れる傾向が見られただけに、今年の新入生の充実ぶりには首脳陣も胸を撫で下ろしているのではないでしょうか。

 

前川鐘平選手(現/神戸製鋼)、野口竜二選手(現/パナソニック)、そして昨年度の主将・眞野泰地選手(現/東芝)など、これまで多くのリーダーを輩出してきた東海大仰星

今年もOBのNo.8吉田大亮選手が主将を務め、2016年度”山田組”を率いた山田生真選手がFWリーダーとして脇を固めます。

やはり東海大の躍進には彼らの存在が必要不可欠。

フォワード、バックス共に昨シーズンの主力が半数以上残り、SO丸山凛太朗選手(3年・東福岡)、WTB望月裕貴選手(3年・東海大翔洋)らビッグネームも健在。

”東海悲願の日本一へ”

いよいよ勝負の年を迎えます。

コメントを残す

CAPTCHA