慶應が筑波に敗れる波乱が起きた第2節。

勢いに乗る”国立の雄”を今週迎え撃つのは、

メンバーが揃い開幕から2連勝と充実の早稲田。

好ゲームは必至です。

ワールドカップ期間の中断前最後の試合となる第3節。

対戦カードと見どころを見ていきましょう。

スポンサーリンク

対抗戦 第3節スケジュール

9/14

帝京

○80-7

青山学院

大和スポ

慶應義塾

○101-0

成蹊

秋葉台

9/15

明治

○101-0

日本体育

足利陸上

早稲田

○52-8

筑波

ケーズデ

メンバー表と見どころ

帝京大 ー 青山学院

メンバー表

帝京青山学院
No氏名出身校氏名出身校
1清水 岳③大阪桐蔭渡邊将也④東京
2李 承爀③大阪朝鮮相根大和②京都成章
3細木康太郎②桐蔭学園堀田 琳③京都成章
4アレクサンダー
マクロビー①
St.Kentigern齊藤裕大③青山学院
5久保克斗③国学院栃木森田寛生③専大松戸
6リッチモンド
トンガタマ②
Otahuhu中谷玲於②京都成章
7金 隆生③大阪朝鮮小島静也②桐蔭学園
8安田 司③常翔学園下里雄大④名古屋
9土永 雷③光泉星 智博④北園
10北村将大③御所実桑田宗一郎②桐蔭学園
11平坂海人③日向手島 究②東農大二
12本郷泰司④京都成章西野稜祐③東京
13李 承信①大阪朝鮮河部周次③春日丘
14木村朋也③伏見工鈴木 峻④東海大相模
15奥村 翔③伏見工山同 走④久我山
16小林恵太②宮崎西鷲塚健志②桐蔭学園
17長谷川耀④佐世保工髙山偉壮③国学院栃木
18奥野翔太②常翔学園橋本秀太④青山学院
19野田 響③荒尾清原裕揮②東福岡
20山添圭祐①長崎北陽台松尾拓磨④長崎北陽台
21谷中樹平①御所実宮下賢志①日川
22押川敦治②京都成章世継栄太④青山学院
23新井 翼④流経大柏鎌田健太郎④報徳学園

帝京は前節日体大相手に59得点を挙げたオフェンスよりも、30失点を許したディフェンスにフォーカスしてくるでしょう。

特に課題は日体大の強みを出させてしまったバックス陣のディフェンス。

本郷主将(4年・京都成章)と開幕戦でスタメンを務めた李承信選手(1年・大阪朝鮮)のCTBコンビのディフェンスに注目しましょう。

そして開幕から奥野選手(2年・常翔学園)が務めてきた3番のポジションには細木選手(2年・桐蔭学園)が今季初めてスタメン入り。

スクラム、ボールキャリーに定評があり、ルーキーイヤーの昨年からメンバー入りをしていた同選手。

同学年のライバル奥野選手との激しいポジション争いにも注目です。

 

一方の青学は開幕戦(慶應戦)、第2節(早稲田戦)ともにノートライと攻撃陣が沈黙。

帝京相手に今季初トライを記録することができるか⁉

今季初スタメンとなるSH星 智博選手(4年・北園)、WTB鈴木 峻選手(4年・東海大相模)ら4年生の意地に期待しましょう。

 

 

慶應義塾大 ー 成蹊大

メンバー表

慶應義塾成蹊
No氏名出身校氏名出身校
1有賀光生④久我山田中耀大郎④桐蔭学園
2原田 衛②桐蔭学園山本京太郎③桐蔭学園
3大山祥平③慶應義塾板垣航太①東海大相模
4相部開哉③慶應義塾甲斐玲裕④成蹊
5今野勇久①桐蔭学園會田虎彦③成蹊
6川合秀和④久我山阿部卓朗④専大松戸
7良知兼佑④慶應NY甲山大悟④桐蔭学園
8山本 凱②慶應義塾平松東悟②久我山
9若林俊介③慶應義塾田村康陽①成蹊
10中楠一期①久我山鈴木大之②幕張総合
11佐々木隼①桐蔭学園木本捷斗④生田
12栗原由太④桐蔭学園川本憲人④東福岡
13三木亮弥③京都成章濱 慧悟④東農大一
14高木一成 ④慶應義塾五十嵐剛③関東学院
15小谷田尚紀③慶應志木神田圭大④幕張総合
16安田祐貴④慶應義塾村上広大④仙台一
17松岡勇樹①慶應義塾金子知史②伊奈学園
18鈴木悠太①慶應義塾鈴木 巽①新潟
19池田勇希③熊谷藤井洋行④帝京八王子
20内田尚輝④慶應義塾安立祥一郎③修猷館
21上村龍舞④国学院栃木高村瑛志②大分舞鶴
22銭形正汰③慶應義塾糊谷憲信①佐野日大
23鬼木 崇①修猷館諸藤 陸②茗渓学園

前節よもやの敗戦を喫した慶應

”必勝”を期した筑波の意地に最後は屈する結果となりましたが、スクラム、ラインアウトなどのセットプレーは試合を通して優位に立っていたことは間違いなく、フォワード陣はテコ入れをせず前節と同じメンバーで臨みます。

一方のバックスは、開幕から2試合スタメンを務めてきたSH上村龍舞選手(4年・国学院久我山)に代え、若林俊介選手(3年・慶應義塾)が今季初スタメンとなりました。

青学戦、筑波戦共に試合の主導権を握りながら、自分たちのミスで得点機を逸するシーンが目立つここまでの慶應。

昨季からAチームでの出場経験のある若林選手には、攻撃のリズムを変える働きを期待したいですね。

 

成蹊は前節明治戦から10人を入替え、ほぼ開幕戦のメンバーに戻してきました。

まずは明治に139失点を喫したディフェンス網の立直しが急務です。

 

明治大  日本体育大

メンバー表

明治日本体育
No氏名出身校氏名出身校
1安 昌豪④大阪朝鮮竹下 勇②広島工
2武井日向④国学院栃木北原寿哉③岡谷工
3村上 慎②法政二砂田優希①駒込
4片倉康瑛③明大中野永田義樹③佐賀工
5箸本龍雅③東福岡中川真生哉④玉川学園
6石井洋介④桐蔭学園髙橋泰地②秋田工
7繁松哲大③札幌山の手渡邊智永④国学院栃木
8坂 和樹④明中八王子ハラトア・ヴァイレア②日体大柏
9飯沼 蓮②日川本堂杏虎③国学院栃木
10山沢京平③深谷髙木陽太③府中西
11山﨑洋之④筑紫沢村 舜③鶴来
12射場大輔④常翔学園石田大河④九州学院
13森 勇登③東福岡クリスチャン・ラウイ②日体大柏
14矢野湧大④大分舞鶴田中大世①甲南
15雲山弘貴②報徳学園福島脩登①天理
16松岡賢太④京都成章中村建之③伏見工
17山本耕生②桐蔭学園新垣太世④コザ
18笹川大五④明大中野横地廣宜③広島工
19辻 惇朗④常翔学園諏訪和希②朝明
20山本龍亮③桐蔭学園毛利虎之介③御所実
21竹ノ内駿太②長崎南山堤 英登④佐賀工
22石川貴大③報徳学園松尾峻輔②長崎北陽台
23松本純弥②佐賀工竹田賢二④摂津

前節帝京から30得点を奪うなど攻撃力の高さを示した日体大

今節も前節と全く同じスターティングメンバーで臨みます。

しかし、今節の相手明治はフォワードの圧力、バックスの展開力共に現時点では帝京より上。

スクラムなどのセットプレーが多くなれば、その分フォワード陣の消耗も激しくなるため、できる限りイージーミス、ペナルティを少なくし、マイボールの保持時間を長くしたいところ。

留学生擁するチームと今季初めて相対する明治の肩が慣れてくる前に、No.8ヴァイレア、CTBラウイの留学生コンビがボールを持つ時間が多く見られれば、面白い展開になりそうです。

そして、接戦に持っていくために避けなければいけないのはやはり大量失点。

その意味でキーとなるのは、

前節139得点した明治の攻撃力に対してどれだけディフェンスで対抗できるか⁉

攻撃力は申し分ないだけに、この試合は日体大のチームディフェンスに注目したいと思います。

 

そして、明治にとっては中断期間前に、”今一度チームを引き締める”、という意味でも重要な試合となります。

筑波戦では相手バックスに上手く走られ30失点、成蹊戦では試合終盤に我慢しきれず被トライを喫しているだけに、留学生擁する日体大オフェンスをしっかり止め切ることが大事。

11月以降の強豪との対戦を前に、ポジティブな内容で前半戦のレビューをしたいところでしょう。

 

 

早稲田大  筑波大

メンバー表

早稲田筑波
No氏名出身校氏名出身校
1久保 優③筑紫木原優作①東福岡
2森島大智④早稲田実安里大吾③名護
3小林賢太②東福岡横木海斗③旭野
4三浦駿平④秋田中央後藤海夏人④茗渓学園
5下川甲嗣③修猷館中原健太③法政二
6相良昌彦①早稲田実中田都来③
7幸重 天④大分舞鶴土谷深浩④福岡
8丸尾崇真③早稲田実田上徳馬 ④熊本
9齋藤直人④桐蔭学園杉山優平④大阪桐蔭
10岸岡智樹④東海大仰星山田雅也③桐蔭学園
11古賀由教③東福岡仁熊秀斗③石見智翠館
12中野将伍④東筑岡﨑航大③長崎北陽台
13桑山淳生④鹿児島実石川千暁④洛北
14安部勇佑③久我山島田悠平④久我山
15河瀬諒介②東海大仰星松永貫汰②大阪産大付
16原 朋輝②桐蔭学園吉田隼人④長崎北陽台
17横山太一②久我山北島 純④城南
18阿部対我②早稲田実増田 瑛④St.Thomas
19中山 匠④成城学園石松大空④明善
20大崎哲徳②久我山髙田風吾②桐蔭学園
21河村謙尚②常翔学園一口隼人③兵庫星稜
22中西亮太朗②早稲田実鳥越賢太郎③福岡
23松下怜央①関東学六浦熊谷兼人④茗渓学園

”慶應撃破!”の興奮冷めやらぬ中、筑波が次に迎えるは好調早稲田。

開幕から早慶明との厳しい3連戦が続く筑波にとって、大学選手権の出場権確保(4位以内)を揺るぎないものにするためには、この3連戦を2勝1敗で乗り切る事がマスト課題。

シーズンインする前は厳しいと思われていましたが、前節慶應を破ったことにより、その可能性は大きく広がってきました。

早稲田には昨季こそ開幕戦で完敗(●10-55)を喫したとはいえ、フィジカル勝負で優位に立つことができれば相性は決して悪くない相手。

今のチーム状態なら昨季の二の舞にはならないはずです。

 

ただ、先ほど発表されたメンバー表を確認するとCTB野中亮志選手(4年・東海大仰星)の欠場が決定。

これまで岡﨑選手と共に攻守の要として活躍してきた野中選手の欠場は筑波にとって非常に痛い。

しかし、代わって13番のポジションに入るのは今シーズン副将を務める石川千暁選手(4年・洛北)。

試合に出れなくても周りを鼓舞し続け、グラウンド内外でリーダーシップを発揮してきた頼れる副将が、満を持して今季初スタメンです。

今年の筑波のテーマは

”4年生の意地”

石川選手の意地に注目です。

 

そして対する早稲田にとっては現状のチーム状況を測る上で筑波は絶好の相手です。

日体大(○68-10)、青学大(○92-0)とどちらも圧勝で退けてきたとはいえ、それはフォワードが優位に立ち、ある程度余裕を持って戦えたからこその結果。

フィジカルバトルを主戦場とする筑波のようなチームを相手にどれだけ戦えるかは、まだ未知数です。

チームディフェンスは昨年から確実に進化を遂げているため、この試合ではスクラム、ラインアウト、ブレイクダウンなどの接点での攻防に注目したいと思います。

勢いにのる筑波を圧倒することが出来れば、、、

悲願の日本一への期待値がより高まってきますね。

メンバーを見てもフォワードはほぼ固定されてきた印象。

そしてバックス陣も、WTB古賀選手(3年・東福岡)、FB河瀬諒介選手(2年・東海大仰星)が定位置へ復帰し、豪華な布陣が形成されてきています。

 

いずれにしても筑波、早稲田共にバックスに豊富なタレントを擁するチーム同士。

ボールが左右に大きく動くスリリングな展開を期待したいと思います。

注目試合レビュー(9/16追記)

明治大 ○103-0 日本体育大

衝撃的な展開となりましたね。

日体大が試合序盤で留学生を起点としペースを作れれば、試合として面白くなると思ってましたが、この日は明治の集中力の高さが完全に上回りました。

序盤からボールをワイドに振る展開で山﨑選手(4年・筑紫)、矢野選手(4年・大分舞鶴)の両WTBにボールを集め確実に前進は図り、そこにHO武井主将、LO箸本選手、SO山沢選手、CTB森選手らが次々と絡む怒涛のラッシュ。

開始7分で先制トライを記録するとその後もFW、BK一体となった流れるような攻撃で、前後半あわせて15トライ。

予想に反する圧勝劇となりました。

 

明治としてはキックを極力抑えて、留学生が得意とするアンストラクチャーの場面を少なくしたことも功を奏しましたね。

必然的に明治のボール保持率も高まり、ヴァイレア選手、ラウイ選手にビッグゲインを許すシーンは殆ど見られませんでした。

そして、後半メンバーが変わっても最後まで集中力を切らさず、帝京に30得点した日体大の攻撃力をシャットアウトしたことも評価できるのではないでしょうか。

タレント軍団が規律を守り、やるべきことを遂行すればこういう展開となる。

まさにお手本のような試合でした。

中断前にポジティブな試合内容。

いい形で中断期間へ入る事ができそうです。

それにしても今季は明治のロック箸本龍雅選手(3年・東福岡)のボールキャリーが目立ちますね。

高校時代から一人では太刀打ちできない”超高校級”の逸材でしたが、昨年まではディフェンス、ブレイクダウンなど、どちらかといえば裏方に徹する姿が印象的でした。

しかし、3年生となった今季はボールキャリーの数も増え、捕まっても足をかいて一歩でも前に出ようとする姿が多く見られ、突破役としての自覚がより一層強まった印象を受けます。

東福岡の同級生森勇登選手(3年)と同様、ボールを持つと何かしてくれそうな雰囲気を持つ同選手。

今季は特に注目したいと思います。

 

そして日体大にとっては厳しい現実を突きつけられる形となりました。

帝京戦で力を発揮したディフェンスでのファイトが殆ど見られず、明治に余裕を持たせればやはりこういう結果となってしまいます。

自慢の攻撃力を発揮するためにもまずはディフェンスから。

中断明けの慶應戦では立ち直った姿を是非見せてほしいと思います。

 

早稲田大 ○52-8 筑波大

明治日体戦に続き想定外の点差がつく試合となってしまいましたね。。。

筑波はオフェンス、ディフェンス共に慶應戦ほどの圧力をかける事ができず、試合を通して体の重さとメンタルの疲労を感じさせるような内容でした。

開幕から明治、慶應、早稲田と続く筑波にとっては、ピークをどこに持っていくかは非常に難解な課題。

4位以内確保のために”3試合で2勝!”ではなく”3試合で最低1勝”と考えるならば、第2戦の慶應戦にターゲットを絞ってきたという事は十分納得できます。

対筑波との試合に序盤戦のピークを明確に設定できる早慶明に対して、序盤戦で脱落しないよう全ての試合に全力でぶつからなければいけない筑波。

やはり筑波に与えられるスケジュールは酷ですね。

毎年この時期感じる事ですが、この試合を見て改めて強く思いました。

ただもちろん、今年のスケジュールは昨年の順位が考慮されているため、公平性という点ではある程度担保されているのも事実。

また、前年度5位と筑波と同じ立場ながら、リーグ戦で快進撃を続けている日大のようなケースもあります。(※開幕から法政、流経大、大東大を撃破し3連勝)

下位のチームはどこかでそのディスアドバンテージを打開する必要性があることは理解していますが、だからこそ今季筑波が上位に入った暁には、是非来期のスケジュールを考慮してほしいですね。

個人的には前年度順位によって早慶戦、早明戦が開幕節に組まれることもありだと思っています。

 

話が少々脱線しましたが、筑波は敗れたとはいえ選手権出場の芽がなくなったわけではありません。

次節は11月4日の帝京戦。

3連戦で疲労した身体を心身共にリセットする時間は十分にあります。

帝京戦を今シーズン最大のターゲットとして、充実した中断期間を過ごしてほしいですね。

特にこの試合で苦戦したラインアウトの整備は急務です。

 

一方の早稲田は快心の勝利と言ってもいい内容でした。

プレッシャーをかけ続けたラインアウトは研究の成果がよく表れ、スクラム、ブレイクダウンでも劣勢に回る事は殆どありませんでした。

フォワードが前進できればタレント揃いのバックスでトライが取れる。

絵に描いたような展開となりましたね。

筑波の出来が良くなかったことを考慮しても、被トライをモールからの1本に抑えたディフェンスも十分評価できます。

これで3試合全て10失点以下。

山下大悟監督時代も含め、4年越しのチームディフェンス強化が実を結んできました。

”ディフェンスの固い早稲田は強い”

試合ごとに日本一への期待度は高まるばかりです。

ただ唯一懸念点を挙げるとすれば、フロントローの層の薄さでしょうか。

後半20分に前3人が全員入れ替わった後は、筑波にスクラムで押される場面が目立つようになりました。

夏合宿を越えてスクラムは天理、帝京など上位校を押し込むまでに変貌を遂げたとはいえ、まだまだチーム全体の底上げにはつながっていない印象です。

この試合では大勢が決した後の交代だったため結果に影響はありませんでしたが、競った展開でのメンバー交代も上位勢との戦いでは想定できること。

メンバーが変わった事でここまで崩れるのは看過できません。

上位進出のためにはリザーブメンバーの充実は不可欠な要素。

久保優選手(3年・筑紫)、小林賢太選手(2年・東福岡)を脅かす選手の台頭が待たれます。

 

帝京は青学に12トライを浴びせ快勝。

No.8安田司選手(3年・常翔学園)、奥村選手(3年・伏見工)、木村朋也選手(3年・伏見工)ら取るべき人がトライを取っている点は心強い限りですが、先制トライを奪われた試合の入りにはまだまだ課題が残ります。

中断明けからはいよいよ筑波含めた強豪との4連戦がスタート。

どこまでチーム力を伸ばすことが出来るか。

 

そして慶應は成蹊相手に101点ゲームをやってのけました。

今季初めて9番に入った若林俊介選手(3年・慶應義塾)がいいリズムで高速展開を生み出し、スタンドオフの中楠選手(1年・国学院久我山)もだいぶチームにフィットしてきた印象です。

シーズン終盤の得失点差を考慮しても、この得点は大きな意味を持つことになりそうですね。

順位表(第3節終了時点)

順位チーム試合得点失点点差
1明 大3300453830138263
1早 大3300322621218194
1帝京大3300332621744173
4慶 大3201222015020130
5筑波大31029558125-67
6日体大30035340230-190
6青学大30031110207-197
6成蹊大30032112318-306
スポンサーリンク
コメント欄
  1. 終わってみれば問題になりませんでしたね。先回やっても同じ結果と予測される内容でした。オールブラックスとトンガ同様の実力差を感じました。

コメントを残す

CAPTCHA