2011年度以降、9年連続で花園のファイナリストを生み出している近畿勢。

過去5年で3度の優勝を誇る大阪勢だけでなく、昨年はその大阪勢を準々決勝(東海大仰星)・準決勝(常翔学園)で下した奈良県代表・御所実業がファイナリストとなり、桐蔭学園と激戦を繰り広げました。

『全国一の激戦区』に相応しく、強豪チームが割拠する近畿圏。

果たして今年『近畿王者』のタイトルを手にするのはどこのチームか!?

全国選抜大会への出場を懸けた近畿大会がスタートします。

スポンサーリンク

第71回近畿高校ラグビー大会概要

日程

2月15日(土) 一回戦   京都山城総合運動公園

2月16日(日) 準々決勝  京都山城総合運動公園

2月22日(土) 準決勝   宝ヶ池公園球技場

2月23日(日) 決勝    宝ヶ池公園球技場

出場校

大阪府Aブロック東海大仰星
Bブロック大阪桐蔭
Cブロック常翔学園
Dブロック大阪朝鮮
京都府Aブロック京都成章
Bブロック洛北
Cブロック同志社
Dブロック京都工学院
兵庫県Aブロック報徳学園
Bブロック関西学院
滋賀県1位光泉
2位滋賀学園
奈良県Aブロック天理
Bブロック御所実
和歌山県1位熊野
2位近大和歌山

今年度の近畿大会は京都府が舞台となるため、京都からは開催枠2校が追加され4校が出場権を得る形となります。

出場校の顔ぶれを見ても例年と大きく変わりはありませんね。

ただ、全国でも参加チーム数の多い大阪や兵庫の決勝戦で、

<大阪>

Aブロック 東海大仰星 86-7 興国

Cブロック 常翔学園 85-0 高津

<兵庫>

Aブロック 報徳学園 87-0 科学技術

Bブロック 関西学院 86-0 星陵

このように大差がつくほど戦力の一極集中が進んでいることに驚きを感じます。

その意味では、大阪のBブロック決勝で大阪桐蔭へ肉薄した同志社香里の健闘(●22-24)は、賞賛に値しますね。

花園出場は叶わないながらも毎年好成績を残し、兄貴分同志社大学へいい人材を輩出する同校は、栄枯盛衰の激しい大阪でも貴重な存在です。

私も高校時代何度か対戦し、やはり敗れています。。。

 

尚、第21回全国選抜大会の予選を兼ねる同大会では、上位5校に同大会への出場権が与えられます。

組み合わせ

2月8日に関西ラグビー協会のTwitterで組み合わせが発表されました。

天理vs関西学院の昨季同大会ベスト4同士の激突も見物ですが、やはり一番の注目は3年連続で同一カードとなった報徳学園vs京都成章でしょう。

こんなことってあるんですね。。。

過去2年間、この対決は大きく明暗を分ける形となっています。

<2018年>

近畿大会1回戦で報徳学園が38-17で勝利。そのまま近畿大会で準優勝。

選抜大会でもベスト8の実績を残し、花園ではBシードとしてベスト8進出。

一方の京都成章は全国での実績を残せず、花園ではノーシードで3回戦敗退。

<2019年>

近畿大会1回戦で京都成章が33-17で勝利。そのまま近畿大会優勝。

選抜大会でもベスト4の実績を残し、花園ではAシードとしてベスト8進出。

一方の報徳学園はセブンズ大会ベスト4の実績を残すも、花園ではノーシードで2回戦敗退。

 

上記のように、近年花園でのシード校選定は全国選抜大会の成績が大きく影響するため、敗れた時点でその出場権を失うこの『近畿大会一回戦』は、大きな意味を持ってきます。

まさに因縁。

果たしてこの重要な一戦を制すのはどちらか。

一回戦から目が離せません。

 

また、同志社高校が棄権したことにより、熊野高校が不戦勝となり2回戦へ進むことになっています。

地元京都で古豪同志社が奮闘する姿を楽しみにしていましたが、、、残念ですね。

試合結果

1回戦(2/15)

滋賀学園7-76○東海大仰星
天理19-21○関西学院
京都工学院10-19○大阪桐蔭
同志社●不戦勝○熊野
近代和歌山0-137○常翔学園
報徳学園19-33○京都成章
洛北7-31○大阪朝鮮
光泉7-15○御所実

10点差以内の試合が3試合と、例年以上に接戦となる試合が多く見られました。

昨年同大会ベスト4同士の激突となった天理対関西学院は、前半で12点のビハインドを負った関西学院が後半3トライを畳みかけ強豪・天理を撃破。

そして、一回戦屈指の好カードで3年連続の対戦となった京都成章vs報徳学園は、後半29分の時点で26-19と終盤までもつれる展開となりましたが、最後は京都成章の強力フォワードが意地を見せ、モールでのトライで突き放しに成功。

昨年に続き、宿敵相手に勝利を収める結果となりました。

2018年:報徳学園 38-17 京都成章

2019年:京都成章 33-17 報徳学園

2020年:京都成章 33-19 報徳学園

得点が似通っているのも何かの因果でしょうか。。

惜しくも選抜出場を逃した報徳学園ですが、同県のライバル関西学院と切磋琢磨し、ここからの成長に期待したいですね。

 

準々決勝(2/16)

東海大仰星○34-7関西学院
大阪桐蔭○51-7熊野
常翔学園21-36○京都成章
大阪朝鮮○20-5御所実

昨冬花園準々決勝の再戦となった京都成章vs常翔学園は、5T,1PGと着実に加点した成章が見事リベンジ。

1回戦に続く強豪撃破で、連覇へ向けていよいよエンジンがかかってきたか。

次戦は花園準Vの御所実を破った大阪朝鮮が相手。

非常に楽しみですね。

この日の結果、ベスト4へ進出した大阪勢3校と京都成章が全国選抜大会の出場権を獲得。

残る1枠を巡って、関西学院、熊野、常翔学園、御所実が争うこととなりました。

昨年全国ベスト4以上の2校(常翔学園、御所実)が第5代表争い。。。

この圧倒的なレベルの高さが近畿大会の魅力ですね。

準決勝(2/22)

東海大仰星-大阪桐蔭
京都成章-大阪朝鮮

順位戦

関西学院-熊野
常翔学園-御所実

順位決定戦(2/23)

第5代表決定戦

第3,第4代表決定戦

決勝戦

最終順位

 

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA