2020年度関西Aリーグ第3節の出場メンバーと見どころをお伝えしていきます。(※随時更新)

更新履歴
11/20:立命vs関大/同大vs京産見どころ寄稿
11/21:摂南vs近大/天理vs関学メンバー追加

第3節対戦表

11月21日
11:00Even立命大〇38-0関西大布引
13:00Even同大〇49ー19京産大布引
11月22日
12:00Odd摂南大13-47〇近畿大神戸ユ
14:00Odd関学大17-43〇天理大神戸ユ

立命館大 - 関西大

スターティングメンバー

※太字は前節からの変更メンバー(ポジション変更含む)

立命館大学

1 PR
百地龍之介③
(東海大仰星)

2 HO
中川 魁②
(大阪桐蔭)

3 PR
横田優人④
(玉島)

4 LO
田中雄太郎④
(立命館宇治)

5 LO
畠澤 諭④
(開志国際)

6 FL
内田功平④
(東筑)

8 No.8
庄司拓馬④
(東海大仰星)

7 FL
野村雅大④
(大阪桐蔭)

9 SH
北村瞬太郎①
(国学院栃木)

12 CTB
山口魁生④
(清水谷)

10 SO
江良 楓③
(大阪桐蔭)

13 CTB
木田晴斗③
(関西大倉)

11 WTB
間瀬陽紀②
(深谷)

15 FB
安井拓馬②
(東海大仰星)

14 WTB
藤井健太郎③
(伏見工)

関西大学

1 PR
成宮銀次郎③
(京都成章)

2 HO
淡野徳蔵④
(尾道)

3 PR
龍田恭佑③
(京都成章)

4 LO
南 陽高④
(中部大
春日丘)

5 LO
福島 蒼②
(大産大附)

6 FL
池原自恩②
(関大一)

8 No.8
高井杏輔④
(報徳学園)

7 FL
栗本勘司③
(報徳学園)

9 SH
溝渕元気①
(大産大付)

12 CTB
川瀬諒太③
(石見智翠館)

10 SO
山田 駆④
(報徳学園)

13 CTB
花田康輔④
(東海大福岡)

11 WTB
澤口飛翔①
(御所実)

15 FB
松本大吾④
(東海大仰星)

14 WTB
勝又佑介④
(常翔学園)

※リザーブ含むメンバー表はこちら

見どころ

昨季はAリーグでの対戦なし。

立命館大学

・フォワードはHO島田久満副将、FL宮下大輝選手の主力組がこの試合リザーブへ回り、②中川 魁選手(2年・大阪桐蔭)、⑥内田功平選手(4年・東筑)を新たに起用してきた。

・この試合がAリーグ初スタメンとなる②中川選手は、大阪桐蔭の2018年度花園優勝メンバー。島田副将始め東海大仰星の歴代主力メンバーが集い、チーム屈指の層を誇るポジションで、その存在感を示すことができるか。

・⑥番へ入った内田選手は、東筑高時代はスクラムハーフとして鳴らし、163cmとサイズは小柄ながら、高い機動力と低く刺さるタックルで魅せる”小兵フランカー”。今季初出場となるこの試合で4年生としての意地を見せつけてほしい。

・バックスは前節から⑨⑩⑮のセンターラインを入替え、開幕節・京産大と同じメンバーに戻してきた。

・立命館はここまで2試合の平均失点が”43”と、6位と低迷した昨年の”36”を上回る。リーグ屈指の攻撃力を誇るバックスを生かすためには、ディフェンスでいかに我慢し、アタックの時間を増やすことができるかにかかっている。選手権への希望は絶たれたが、来季へ繋げるためにも、この試合では本来の『攻撃的ディフェンス』を見せてほしいところ。

 

関西大学

・フォワードは前節のメンバーを中心に、交流試合で主力を務めていた池原自恩選手(2年・関大一)を新たに⑥番へ起用してきた。持ち前の”ハードなタックル”で2連敗と苦しむチームへ勢いをもたらせたい。

・バックスは開幕節以来のスタメン復帰となる⑪澤口飛翔選手(1年・御所実)を除いて、前節と同じメンバーで臨む。

・アタックを牽引する⑮松本大悟副将(4年・東海大仰星)、⑩山田 駆選手(4年・報徳学園)ら4年生を中心に、⑪澤口選手そして開幕から⑨番を背負う溝渕元気選手(1年・大産大附)らルーキーを盛り立てたい。

・関大はここまで開幕節・同志社戦では24-14、京産大戦では10-10でHTを迎えるなど、特に前半戦での奮闘が光る。規律あるディフェンスとセットプレーは、上位勢相手でも十分対抗できることを証明してきているだけに、後はそれを80分間を通して継続できるかどうかがカギ。

・攻撃力の高い立命館へディフェンスで対抗し、Aリーグで2017年以来となる勝利を掴み取りたい。

 

同志社大 - 京都産業大

スターティングメンバー

※太字は前節からの変更メンバー(ポジション変更含む)

同志社大学

1 PR
山本敦輝①
(常翔学園)

2 HO
谷本卯楽③
(同志社)

3 PR
李 優河②
(大阪朝鮮)

4 LO
小菅由一郎③
(京都成章)

5 LO
南 光希③
(東海大仰星)

6 FL
中尾泰星④
(大分舞鶴)

8 No.8
田中晴大郎④
(長崎北陽台)

7 FL
梁本旺義②
(常翔学園)

9 SH
人羅奎太郎④
(東海大仰星)

12 CTB
岡野喬吾①
(常翔学園)

10 SO
田村魁世③
(桐蔭学園)

13 CTB
稲吉渓太③
(東福岡)

11 WTB
和田悠一郎③
(東海大牛星)

15 FB
桑山太一④
(国学院
久我山)

14 WTB
山口楓斗③
(東海大福岡)

京都産業大

1 PR
野村三四郎②
(西陵)

2 HO
梅基天翔③
(高岡第一)

3 PR
平野叶翔③
(西陵)

4 LO
樋口誠也④
(京都成章)

5 LO
アサエリ・
ラウシ②
(日本航空
石川)

6 FL
田中利輝④
(東海大仰星)

8 No.8
城間 賢④
(御所実)

7 FL
三木皓正①
(京都成章)

9 SH
廣田 瞬③
(天理)

12 CTB
家村健太②
(流経大柏)

10 SO
西仲 隼②
(近大附)

13 CTB
ニコアス・
ホフア④
(札幌山の手)

11 WTB
吉松玲於④
(筑紫)

15 FB
船曳涼太①
(神戸科技)

14 WTB
堀田礼恩③
(京都成章)

※リザーブ含むメンバー表はこちら

見どころ

昨季は27-19で京産大が勝利を収めている。

同志社大学

・フォワードは⑧番に田中晴大郎選手(4年・長崎北陽台)が入った以外は前節と同じメンバー。シーズン終盤へほぼメンバーが固まってきた。

・中でもここまで攻守に渡って躍動する②谷本卯楽選手(3年・同志社)、④小菅由一郎選手(3年・京都成章)ら3年生以下のメンバーがスタメンを張り、HO井本智之選手(4年・筑紫)、PR栗原勘之選手(4年・報徳学園)ら4年生がリザーブに控えるタイトファイブの陣容は近年になく厚い層を誇る。

・さらにこの試合では、2016年度の”高校日本代表”として鳴り物入りで入部しながら、ここまで不本意なシーズンを送ってきた⑰ファイアラガ・望・サムエル選手(4年・常翔学園)が今季初のメンバー入り。高校時代、花園を縦横無尽に駆け回ったその爆発力に期待したい。

・バックスは昨季リーグ戦全試合で先発フル出場を果たした⑪和田悠一郎選手(3年・東海大仰星)が満を持しての今季初登場。類い希なるアタックセンスと一撃必殺のタックルを併せ持つオールラウンダーの復帰で、”タレント軍団”の名に相応しいバックス陣が形成される。

・京産大からの勝利のためには、避けて通れないのが”フォワード戦”。特にセットプレーで後手に回るとなかなかリズムは生まれてこない。2016年度以来となるリーグ戦勝利へ向けて、まずはフォワードで真っ向勝負を挑み、役者の揃うバックス陣で仕留める展開を期待したい。

 

京都産業大学

・フォワードは⑤アサエリ・ラウシ選手(2年・日本航空石川)がスタメンへ復帰し、前節ロックに入った田中利輝主将(4年・東海大仰星)をフランカーへ戻してきた。

・突破力に優れるNo.8ヴェア・タモエフォラウ選手(1年・札幌山の手)をリザーブへ回し、”和製バックロー”を組んできたことは、対同志社へ”パワー”でなく”機動力”を重視したいという意図が見て取れる。

・バックスは開幕から変更なく不動のメンバー構成。中でも巧みな捌きとボックスキックでフォワードを前へ出せる⑨廣田 瞬選手(3年・天理)、展開力に加え自ら仕掛けるステップワークも光る⑩西仲 隼選手(2年・近大附)で形成するHB団は目下絶好調。

・ただ、ここまでバックス陣を中心に高い攻撃力を見せる同志社に対しては、同じ土俵で戦うことはやはり避けたい。勝利に徹するためには、スクラムやドライビングモールなど得意のフォワード戦で圧力をかけ、スローテンポの展開へ持ち込みたいところ。

・同志社相手にはここまでリーグ3連勝中とはいえ、今季の勢いは目を見張るものがあり、相手として申し分なし。今季のスローガン『TKO(天理 Knock Out)』達成のためにも、ここで足止めを食らうわけにはいかない。

摂南大 - 近畿大

スターティングメンバー

摂南大学

1 PR
小井田幸彌④
(摂津)

2 HO
保手濱大地④
(常翔学園)

3 PR
木屋暁貴③
(洛北)

4 LO
上辻佑磨④
(天理)

5 LO
高城勝一④
(汎愛)

6 FL
岡﨑幸斗③
(常翔学園)

8 No.8
ヴィリアミ・
ルトゥア・
アホフォノ②

7 FL
春山右京④
(報徳学園)

9 SH
三田村直輝④
(石見智翠館)

12 CTB
東 将吾②
(芦屋学園)

10 SO
山田吏樹④
(朝明)

13 CTB
ヴィリアミ・
ツイドラキ③
(ラトウナヴラ)

11 WTB
テビタ・タイ③
(トゥポウ
カレッジ)

15 FB
大藏脩平③
(伏見工)

14 WTB
藤井延卓③
(常翔啓光
学園)

近畿大学

1 PR
池田真人②
(中部大
春日丘)

2 HO
河田啓佑④
(近大附)

3 PR
森田博斗④
(常翔学園)

4 LO
坂上知志④
(三島)

5 LO
沈 尚勇④
(大阪朝鮮)

6 FL
中村健志②
(近大附)

8 No.8
末廣大智④
(京都成章)

7 FL
酒井秀章④
(中部大
春日丘)

9 SH
田原慶人②
(石見智翠館)

12 CTB
福山竜斗③
(天理)

10 SO
半田裕己①
(天理)

13 CTB
小林建太③
(近大附)

11 WTB
宮宗 翔③
(大阪桐蔭)

15 FB
中洲晴陽③
(筑紫)

14 WTB
康 起等④
(大阪朝鮮)

※リザーブ含むメンバー表はこちら

天理大 - 関西学院大

スターティングメンバー

天理大学

1 PR
谷口祐一郎④
(東海大仰星)

2 HO
佐藤 康③
(天理)

3 PR
小鍜治 悠太④
(大産大附)

4 LO
ナイバルワガ・
セタ②
(秋田工)

5 LO
アシペリ・
モアラ③
(日本航空
石川)

6 FL
服部航大③
(天理)

8 No.8
山村勝悟②
(天理)


7 FL
松岡大和④(甲南)

9 SH
藤原 忍④
(日本航空
石川)

12 CTB
市川敬太④
(日新)

10 SO
松永拓朗④
(大産大附)


13 CTB
シオサイア・
フィフィタ④
(日本航空
石川)


11 WTB
マナセ・
ハビリ①
(高知中央)

15 FB
江本洸志③
(日本航空
石川)

14 WTB
土橋源之助④
(光泉)

関西学院大学

1 PR
田畑司④
(関西学院)

2 HO
竹内海斗④
(天理)

3 PR
小寺晴大④
(関西学院)

4 LO
野矢健太郎①
(石見智翠館)

5 LO
渡邉 蓮④
(京都成章)

6 FL
魚谷勇波③
(東海大仰星)

8 No.8
松田進太郎③
(京都成章)

7 FL
上條元也④
(関西学院)

9 SH
橋詰 学③
(天理)

12 CTB
徳岡虎太郎③
(関西学院)

10 SO
呉 嶺太④
(大阪朝鮮)

13 CTB
塩谷大稀③
(京都成章)

11 WTB
奥平 湧③
(尾道)

15 FB
奥谷友規④
(京都成章)

14 WTB
伴井亮太②
(大阪桐蔭)

※リザーブ含むメンバー表はこちら

 

<第2節ゲームレビューへ↓>

【第2節ゲームレビュー】関西Aリーグ 同志社大学vs立命館大学

<大学選手権組み合わせ予想↓>

【組み合わせ予想も!?】ラグビー大学選手権2020 日程&組み合わせ

<Aリーグスケジュールへ↓>

【結果速報&順位表】大学ラグビー2020 関西Aリーグ

コメントを残す

CAPTCHA