2020年度シーズンへ向けた各大学の戦力予想。

新戦力を迎え入れ、新たなシーズンへ臨む各チームの戦力図と布陣はどのようになっているのか!?

シーズン前の参考までに、個人的な戦力予想をしてみたいと思います。

今回お送りするのは、今季3年ぶりの1部挑戦となる『関東学院大学』。

予想する方法は、”昨年までの活躍”、”Aチームへの絡み”、”今後の期待値”などを鑑みて、各ポジションの『本命』、『対抗』、『期待』選手を挙げ、最後に現時点での”予想布陣”を見ていきます。

※あくまで私個人としての意見です。

では、まずはフォワード編からいってみましょう。

2019年度 基本布陣

今季の布陣を考える前に、まずは昨年度のメンバーを振り返ってみます。

※太字は4年生

1 PR
児玉悠希③
(大分雄城台)

2 HO
矢吹悠斗③
(深谷)

3 PR
横堀亘④
(桐生第一)

4 LO
山﨑海②
(佐賀工)

5 LO
川崎龍清④
(盛岡工)

6 FL
尾崎遼太朗③
(ウェストレイク
ボーイズ)

8 No.8
鈴木伊織④
(関東学院
六浦)

7 FL
松本裕司②
(常翔学園)

卓越したキャプテンシーと類い希なるアタックセンスで、チームを一部復帰へ導いたNo.8鈴木伊織主将(現/マツダ)。

入替戦の決勝トライへ繋がった執念のバックフリップパスは、何度見ても胸が熱くなります↓

その鈴木主将に加え、副将として身体を張り続けた川崎龍清選手(現/パナソニック)、スクラムを支えてきた横堀亘選手ら大黒柱の卒業は、チームにとって大きなマイナス要素であることは間違いありません。

しかし、一部復帰を掴み取った主力のうち5人は今年も健在。

特に今季の中心となる4年生は1年生の時に、2017年度の2部降格を経験している世代。

同じ悔しさを後輩達に味わせるわけにはいきません。

今季は”一部残留”が至上命題。

そのためには、4年生の奮闘が必要不可欠でしょう。

2020年度戦力予想~フォワード編~

それではここから各ポジション毎に今年度の戦力予想をしていきたいと思います。

フロントロー

<1番プロップ>

1番PR 戦力予想

【本命】 児玉悠希選手(4年・大分雄城台)

【対抗】 倉本 操選手(4年・保善)

【期待】 兒玉隆之介選手(1年・佐賀工)

まずはフロントロー。

”1番”の本命に挙げるのは、昨季拓殖大との入替戦含むシーズン5試合で先発した児玉悠希選手(4年・大分雄城台)。

主将も務めた高校時代は、大分舞鶴、大分東明など強豪勢が多数を占める”大分選抜”へ、雄城台から唯一選出され国体へ出場した経歴を持つ逸材。

今季も持ち前の”低く押し込むスクラム”で、カントーのスクラムを支えてくれることを期待します。

 

”対抗”とみるのは、昨季リーグ戦3試合に先発するなど児玉選手と激しい定位置争いを繰り広げた倉本 操選手(4年・保善)。

最終学年を迎える今季、このポジションのスタメンを掴むのはどちらか。

同学年2人の争いに注目しましょう。

 

そして、注目ルーキー・兒玉隆之介選手(1年・佐賀工)には、昨年度佐賀工の”強力スクラム”を支えた存在として、1年目からの突き上げに期待したいと思います。

 

<2番フッカー>

2番HO 戦力予想

【本命】 矢吹悠斗選手(4年・深谷)

【対抗】 岡 輝剛選手(4年・佐賀工)

【期待】 早瀬 旦選手(2年・石見智翠館)

 

続いてはフッカー。

このポジションは、昨季リーグ戦全試合で”2番”を背負った矢吹悠斗選手(4年・深谷)を今年も本命に挙げます。

深谷高時代は盟友・FB山沢京平選手(深谷-明大4年)と共に2年生の頃から花園で活躍するなど、”雑草軍団”カントーにおいて数少ない『高校日本代表』の経歴を持つ逸材。

『副将』へ就任した今季は文字通り”リーダー”として、フォワードをまとめ上げる役割が期待されます。

そして、矢吹選手の”対抗”と見るのは、昨季リーグ戦では主にベンチスタートながら、入替戦という重要な試合で”2番”を背負い、正確なスローイングと強力なボールキャリーで1部復帰へ貢献した岡 輝剛選手(4年・佐賀工)。
昨年7月には『U20日本代表』の一員として”World Rugby U20 Trophy2019”で優勝を経験するなど、世界を舞台にその能力の高さを遺憾なく発揮しました。
『フォワードリーダー』として臨む今季、求められるのはまず定位置確保。
このポジションも4年生同士の定位置争いが熱くなりそうです。
そして”期待する選手”には、昨季リーグ戦4試合に出場するなど、1年目から多くのプレータイムを獲得した早瀬 旦選手(2年・石見智翠館)を挙げたいと思います。

<3番プロップ>

3番PR 戦力予想

【本命】 島津弘二朗選手(3年・本庄第一)

【対抗】 壽文字 将選手(4年・盛岡工)

【期待】 長田将大選手(4年・関東学院六浦)

 

下級生の頃から試合へ出場してきた横堀亘選手が卒業した”3番”。

ここは非常に悩ましいところですが、

昨季入替戦含むシーズン3試合に出場した島津弘二朗選手(3年・本庄第一)

国士舘大戦の先発含む昨季リーグ戦4試合でプレータイムを確保した壽文字 将選手(4年・盛岡工)

そして、昨季春季大会全試合でピッチに立ち、リーグ戦でも1試合へ出場した長田将大選手(4年・関東学院六浦)

現状この3人が横一線の位置にいると見ます。

さらに今年は、オール東京として国体へ出場した、180cm/110kgのサイズを誇る”巨漢プロップ”関口力也選手(1年・目黒学院)も加入。

この高いレベルの争いを制し、今季”カントーの3番”を背負うのは誰か。

開幕戦のメンバー発表を楽しみに待ちたいと思います。

セカンドロー

<4番ロック>

4番LO 戦力予想

【本命】 山﨑 海選手(3年・佐賀工)

【対抗】 薄 達也選手(4年・宗像)

【期待】 矢彦沢洋平選手(3年・東京)

 

続いてはロック。

まず”4番”の本命に挙げるのは、名門・佐賀工で2年生からレギュラーを張り、”高校日本代表候補”にも選出された逸材・山﨑 海選手(3年・佐賀工)。

高3時に出場した選抜大会の予選リーグでは、東海大仰星、茗渓学園、仙台育英が同居する”死のグループ”を3連勝で突破し、ベスト8の実績を残した世代の中心選手。

大学でも1年目からレギュラーの座を掴み取り、昨年も国士舘大戦を除くシーズン全試合で”4番”を背負うなど中心選手として活躍。

3年目となる今季も、フォワードの中核を担ってもらわなければならない選手です。

 

山﨑選手の”対抗”と見るのは、昨季夏合宿のA戦でベンチ入りを果たし、ジュニア選手権では3試合へ出場するなど、Bチームの主力として活躍した薄 達也選手(4年・宗像)。

そして”期待する選手”には、ルーキーイヤーからA戦に出場するなど早くから頭角を現わしながら、昨季は10月に行われた大東大C戦1試合の出場にとどまった矢彦沢洋平選手(3年・東京)を挙げたいと思います。

 

<5番ロック>

5番LO 戦力予想

【本命】 本多覚人選手(3年・前橋育英)

【対抗】 小濱康嵩選手(3年・鹿児島実)

【期待】 矢野裕二郎選手(1年・関東学院六浦)

 

続いては、昨季川崎龍清選手(現/パナソニック)が務めた”5番”。

このポジションは、昨季、リーグ戦の国士舘大戦で先発出場を果たした、”190cm/100kgのサイズを誇る”長身ロック”本多覚人選手(3年・前橋育英)を”本命”。

そして、昨季春季大会全試合に出場し、秋シーズンではジュニア選手権の主力を務めた小濱康嵩選手(3年・鹿児島実)を”対抗”に、それぞれ挙げたいと思います。

 

さらに今年は、中学時代に”神奈川県選抜”として全国大会へ出場した経験を持ち、一芸に秀でる選手の発掘を目的とした『2018年度第4回TIDキャンプ』へ”ビッグマン”として選出された矢野裕二郎選手(1年・関東学院六浦)、そして昨年度の佐賀工で中心選手として花園でも活躍した岡本 心選手(1年・佐賀工)が加入。

それぞれ192cm、187cmとサイズも魅力十分。

彼らが1年目からAチーム争いへ絡んでくるようであれば、このポジションの層はさらに厚くなることでしょう。

非常に楽しみです。

 

バックロー

<6番フランカー>

6番FL 戦力予想

【本命】 尾崎遼太朗選手(4年・ウェストレイクボーイズ)

【対抗】 

【期待】 門馬紀征選手(4年・日大)

続いてはフォワード第3列。

まず”6番”は、昨年、リーグ戦の第3節以降全ての試合でスタメンを務めた尾崎遼太朗選手(4年・ウェストレイクボーイズ)が今年も”本命”。

小6から本場NZのオークランドでラグビーを学び、178cm/100kgという大柄なサイズながら、抜群の運動量と前へ出る推進力に秀でる屈強なフランカー。

思い出されるのは、昨季入替戦後半ロスタイムに、最後の力を振り絞って向かってくる拓大へ刺さり続けたタックルです。

やはりフランカーの仕事量は、カントーの”生命線”。

今季もこのポジションはこの選手が軸になってくるでしょう。
”期待する選手”には、ラストイヤーでの定位置奪取へ懸ける166cm/90kgの”小兵フランカー”門馬紀征選手(4年・日大)を挙げたいと思います。

<7番フランカー>

7番FL 戦力予想

【本命】 宮川雅也選手(3年・仙台育英)

【対抗】 美浪康平選手(4年・石見智翠館)

【期待】 長谷川 怜選手(1年・仙台育英)

続く”7番”。

このポジションの”本命”に挙げるのは、東北の名門・仙台育英で1年生からレギュラーを張り、主力として3年連続で花園のピッチに立った宮川雅也選手(3年・仙台育英)。
昨季はリーグ開幕から2試合で“6番”を背負いながらも、その後は主にベンチスタート。
悔しさの残るシーズンとなっただけに、今季へ懸ける想いは人一倍強いはず。
ロック、フランカー、ナンバーエイトなど複数ポジションを担える存在として、去年の悔しさを払拭する働きをしてくれることを期待したいと思います。

宮川選手の”対抗”と見るのは、美浪康平選手(4年・石見智翠館)。

痛みを厭わない献身的なプレーで2年生の頃からAチームへ絡む活躍を見せるも、昨シーズンの試合出場は、”7番”として先発した4月の日大A戦(練習試合)のみ。

コンディション面に不安は残りますが、万全の状態であれば、確実にAチーム争いへ絡んでくる選手と見ています。

 

そして”期待する選手”には、170cm/80kgとサイズは小柄ながら、強烈なタックルとワークレートの高さに定評のある新鋭・長谷川 怜選手(1年・仙台育英)を挙げたいと思います。

 

<8番ナンバーエイト>

8番No.8 戦力予想

【本命】 松本裕司選手(3年・常翔学園)

【対抗】 小川優太選手(4年・関東学院六浦)

【期待】 福士萌起選手(4年・佐賀工)

フォワードの最後は、昨季主将としてチームを1部昇格へ導いた鈴木伊織選手(現/マツダ)が務めた”ナンバーエイト”。

今季このポジションの”本命”に挙げるのは、昨年”不動の7番”として活躍した松本裕司選手(3年・常翔学園)。

常翔時代は出場機会にあまり恵まれなかったものの、昨季は拓殖大との入替戦含むシーズン全試合で先発出場を果たし、No.8鈴木主将、FL尾﨑選手と共に強力な第3列を形成するなど、大学2年目で大ブレイク。

今季は空位となった”8番”としてピッチを縦横無尽に駆け回り、攻守にわたりチームを勝利へ導く働きを期待したいと思います。

 

そして”対抗”とみるのは、昨季ジュニア選手権の3試合でナンバーエイトとして先発するなど、Bチームの主力として活躍した小川優太選手(4年・関東学院六浦)。

最終学年でのリーグ戦1部デビューはあるのか。
こちらも注目です。
また、本日発売のラグビーマガジン11月号には、昨季入替戦で昇格へ導く決勝トライを挙げたWTB福士萌起選手(4年・佐賀工)の『No.8起用』を示唆する情報も。


ラグビーマガジン 2020年 11 月号 [最新号]

184cm/100kgとチームでも随一のサイズを誇る”大型バックス”なだけに、もしコンバートとなれば、このポジションの定位置争いはさらに激化することになりそうです。

2020年度予想布陣

1 PR
児玉悠希④
(大分雄城台)

2 HO
矢吹悠斗④
(深谷)

3 PR
島津弘二朗③
(本庄第一)

4 LO
山﨑 海③
(佐賀工)

5 LO
本多覚人③
(前橋育英)

6 FL
尾崎遼太朗④
(ウェストレイク
ボーイズ)

8 No.8
松本裕司③
(常翔学園)

7 FL
宮川雅也③
(仙台育英)

<バックス編はこちら↓>

(最新)【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 関東学院大学~BK編~

<2020リーグ日程とレビュー↓>

【結果速報&順位表】大学ラグビー2020 関東リーグ戦1部

<法政大2020戦力予想はこちら↓>

【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 法政大学 ~FW編~

【戦力予想2020】関東リーグ戦1部 法政大学 ~BK編~

<他リーグ予想はこちら↓>

【戦力予想まとめ】2020年度主要リーグ メンバー予想

コメントを残す

CAPTCHA