2020年度シーズンへ向けた各大学の戦力予想。

新戦力を迎え入れ、新たなシーズンへ臨む各チームの戦力図と布陣はどのようになっているのか!?

シーズン前の参考までに、個人的な戦力予想をしてみたいと思います。

予想する方法は、”昨年までの活躍”、”Aチームへの絡み”、”今後の期待値”などを鑑みて、各ポジションの『本命』、『対抗』、『期待』選手を挙げ、最後に現時点での”予想布陣”を見ていきます。

※あくまで私個人としての意見です。

今回お送りするのも関西のタレント軍団『立命館大学』。

前回のフォワードに引き続き、今回はバックスの戦力を考えてみたいと思います。

それではいってみましょう。

<フォワード編はこちら↓>

【戦力予想2020】関西Aリーグ 立命館大学 ~FW編~

2019年度 基本布陣

今季の布陣を考える前に、まずは昨年度のメンバーを振り返ってみます。

※太字は4年生

9 SH
松本涼志③
(立命館宇治)

12 CTB
藤高将④
(大阪桐蔭)

10 SO
江良楓②
(大阪桐蔭)

13 CTB
木田晴斗②
(関西大倉)

11 WTB
片岡涼亮④
(流経大柏)

15 FB
安井拓馬①
(東海大仰星)

14 WTB
藤井健太郎②
(京都工学院)

昨季は、1年を通して流動的にポジションを入れ替えるなど、試行錯誤の跡が見て取れたシーズンでした。

ディフェンス面での脆さを露呈し、最終的にリーグ6位と結果を残すことはできませんでしたが、片岡涼亮前主将ら4年生が脇を固めながら、CTB/WTB木田晴斗選手、WTB藤井健太郎選手など、活きのいい新3年生を中心に据えた布陣は将来性抜群。

大幅なメンバー変更もなく、多くの有望新人を迎えて臨む今季は、上位進出へのチャンスの年と言えます。

2020年度戦力予想~バックス編~

それではここから各ポジション毎に今年度の戦力予想をしていきたいと思います。

ハーフバック

<9番スクラムハーフ>

9番SH 戦力予想

【本命】 松本涼志選手(4年・立命館宇治)

【対抗】 平尾剛士選手(3年・東福岡)

【期待】 諸井琉也選手(2年・流経大柏)

まずはスクラムハーフ。

このポジションの本命に挙げるのは、昨季、リーグ戦第4節以降の4試合で”9番”を背負い、強気なプレーでチームへ活力を与えた松本涼志選手(4年・立命館宇治)。

過去2年間はリーグ戦の出場はなかったながらも、地道な努力を重ね、3年目でブレイクを果たした苦労人。

”副将”へ就任した今季は、リーダーとして立命バックス陣を牽引する役割が求められます。

こちら↓の記事からも今季に懸ける意気込みが伝わってきます。

 

松本選手の”対抗”と見るのは、平尾剛士選手(3年・東福岡)。

東福岡時代は、『U17日本代表』『U18日本代表』に名を連ねた隠塚翔太朗選手(法大3年)、広い視野を持つ竹村嶺選手(東海大3年)ら錚々たるライバルが存在する中で、2年生の頃から選抜大会、花園でプレータイムを得てきた逸材。

大学入学後もリーグ開幕節の近大戦でいきなり先発デビューを果たすなど、1年目からチームの中心として活躍するも、昨季は松本選手の台頭によりシーズン途中でスタメンの座を失うという悔しい経験をしました。

3年目となる今季は、”9番”奪還を期すシーズン。

高いレベルでの争いを期待したいと思います。

 

そして、”期待する選手”に挙げるのは、創部初のアシックスカップ(7人制大会)制覇と、花園ベスト4を達成するなど躍進を遂げた、2018年度の流経大柏で中心選手として活躍した諸井琉哉選手(2年・流経大柏)。

7人制の準決勝・桐蔭学園戦、決勝・東海大仰星戦でも貴重なトライを奪うなど、早いテンポの球捌きのみならず、自ら取り切るランスキルにも長ける超攻撃型スクラムハーフ。

昨季は、春シーズンの帝京大、天理大とのA戦に出場するなど1年目から早くも台頭。

まだリーグ戦の出場機会はありませんが、今年成長が楽しみな選手であることは間違いありません。

 

<10番スタンドオフ>

10番SO 戦力予想

【本命】 江良楓選手(3年・大阪桐蔭)

【対抗】 

【期待】 森 駿太選手(1年・東福岡)

このポジションは、江良楓選手(3年・大阪桐蔭)が今年も本命。
大阪桐蔭時代は2年生の時に司令塔として花園を経験し、3年生ではセンターとして同校初となる”花園準V”へ導いた屈指のゲームメーカー。
昨季のリーグ戦では先発の5試合含む全試合に出場を果たすなど、2年目ながらチームの司令塔へと君臨。
”ATTリーダー”へ就任した今季は、SH松本選手と共にシーズンを通して立命大のアタックを牽引する活躍が期待されます。
そして”期待する選手”に挙げるのは、注目ルーキーの1人・森 駿太選手(1年・東福岡)。
明治大で活躍する兄(森勇登選手)に負けず劣らずの高いスキルを持ち、昨年は”ヒガシの10番”を背背負い、”高校日本代表候補”にも選出された技巧派司令塔。
是非1年目からAチームへ絡む活躍を見せてほしいと思います。

センター

<12番センター>

12番CTB 戦力予想

【本命】 宮嵜隼人選手(2年・報徳学園)

【対抗】 北川大夢選手(2年・佐野日大)

【期待】 菱田一風樹選手(1年・国学院栃木)

続いてはセンター。

まず12番の”本命”と見るのは、宮嵜隼人選手(2年・報徳学園)。
昨季はBチームの主力として、1年目からジュニアリーグで多くのプレータイムを獲得。
意外性のあるゲームメイクと局面を打開する華麗な足技は一見の価値あり。

報徳学園出身者らしくスキルフルな好素材。

今季は持ち前の”柔”のプレーで、藤高将選手が抜けた穴を埋める活躍を見せてほしいところです。

 

”対抗”と見るのは、選抜2勝を挙げた2018年度の佐野日大でエースを務め、昨シーズンはBチームのセンターとして宮嵜選手と共にジュニアリーグで活躍した北川大夢選手(2年・佐野日大)。

そして”期待する選手”には、2年生から名門・国栃の”13番”に君臨し、昨冬花園では報徳学園、東福岡といった高い攻撃力を持つ相手に、強烈なタックルを浴びせ続けた菱田一風樹選手(1年・国学院栃木)を挙げたいと思います。

 

<13番センター>

13番CTB 戦力予想

【本命】 木田晴斗選手(3年・関西大倉)

【対抗】 山田大貴選手(4年・常翔学園)

【期待】 有吉 健選手(1年・東福岡)

”13番”の主軸を担うのは、やはり今年も木田晴斗選手(3年・関西大倉)でしょう。

高校時代は無名な存在ながら、大学入学後は、強靱な足腰と破壊的な突破力で『ジュニア・ジャパン』『U20日本代表』へ選出されるなど、驚異的なスピードでその名を全国に轟かせる関西屈指のフィニッシャー。

U20日本代表として参加した今年3月の『ワールドラグビーパシフィック・チャレンジ2020』では、前回大会王者のフィジー相手に2トライを記録し初優勝へ貢献するなど、今やU20世代の押しも押されぬ”エース”へと君臨。

将来のジャパン入りを嘱望され、対戦校にとって驚異であり続けるこの選手は今年も欠かすことが出来ません。

 

木田選手の”対抗”と見るのは、昨夏まではCチームの試合にも出場しながらも、ジュニアリーグでの経験を経て、第5節の天理大戦でAリーグデビューを果たした山田大貴選手(4年・常翔学園)。

そして”期待する選手”には、強さと巧さを兼ね備え、広い視野と鋭いアングルチェンジで魅せる注目ルーキーの1人・有吉 健選手(1年・東福岡)を挙げたいと思います。

 

バックスリー

<11番ウィング>

11番WTB 戦力予想

【本命】 安井拓馬選手(2年・東海大仰星)

【対抗】 森優太選手(4年・朝明)

【期待】 間瀬陽紀選手(2年・深谷)

続いてはバックスリー。

まず”11番”の本命に挙げるのは、安井拓馬選手(2年・東海大仰星)。

”エース”として臨んだ高3の大阪府予選決勝では常翔学園の前に敗れ、花園出場こそならなかったものの、大学1年目の昨季はリーグ戦4試合で”15番”を託されるなど、そのポテンシャルの高さを遺憾なく発揮。

大物ルーキー・FB吉本匠希選手(1年・常翔学園)が加入した今年、安井選手の起用法が注目されるところですが、この選手の変幻自在なステップと高い決定力は、ウィングの方がより生きると個人的には考えています。

今年は高校時代から慣れ親しんだ大外のポジションで、ピッチを躍動する姿を見せてほしいと思います。

 

そして安井選手の”対抗”と見るのは、タレントが集った2016年度の朝明で”エース”を務め、昨年京産大戦でAリーグデビューを果たした森優太選手(4年・朝明)。
”期待する選手”には、2018年度の”高校日本代表候補”にも選ばれ、躍動感溢れるランが魅力の間瀬陽紀選手(2年・深谷)を挙げたいと思います。

<14番ウィング>

14番WTB 戦力予想

【本命】 藤井健太郎選手(3年・京都工学院)

【対抗】 

【期待】 西辻隆真選手(4年・大阪桐蔭)

”14番”のポジションは、昨シーズンのリーグ戦で全試合に先発出場を果たした藤井健太郎選手(3年・京都工学院)が今年も本命。

2018年に『ユース五輪日本代表(セブンズ)』としてユース五輪で銅メダル獲得、

昨年は『ユニバーシアード日本代表(セブンズ)』として日本勢初の金メダル獲得、

さらに『セブンズ日本代表』としてセブンズ最高峰の大会”ワールドラグビーセブンズシリーズ”のドバイ大会でキャップを獲得するなど、

セブンズにおける実績は大学生の中でも群を抜きます。

伏見工』の”魂”を受け継ぐ選手として、アタックのみならず、ディフェンスでも身体を張れる希代のフィニッシャー。

木田晴斗選手と双璧をなす立命館の”絶対的エース”として、今年もチームを勝利に導く働きを期待したいところです。

 

そして”期待する選手”には、今季ラストイヤーでの爆発に期待がかかる、チームの”ウェイトリーダー”西辻隆真選手(4年・大阪桐蔭)を推したいと思います。

 

<15番フルバック>

15番FB 戦力予想

【本命】 吉本匠希選手(1年・常翔学園)

【対抗】 加賀山彩人選手(3年・洛北)

【期待】 

ラストを飾るフルバック。

ここは、昨冬花園ベスト4・常翔学園の”絶対的エース”吉本匠希選手(1年・常翔学園)を”本命”に挙げます。

広いストライドから繰り出される懐の深いラン、瞬時にトップギアに入る加速力、そして卓越したボディバランスなど、フィニッシャーに求められる資質を高いレベルで持ち合わせる逸材。


花園準々決勝で、Aシード京都成章を撃破した2トライはまさに圧巻。

今季はウィングとしての起用も考えられるところかと思いますが、この選手の”機を見るに敏なライン参加”と攻守にわたる”ダイナミズム”は、やはりフルバックでの起用を前提に考えたいところ。

ディフェンス面でチームの信頼を得ることが出来れば、1年目から不動の地位を確立する可能性も十分にあると見ています。

 

”対抗”と見るのは、昨季春シーズンの同志社戦でAチームの”15番”を任され、ジュニアリーグではウィング、フルバックとして多くのプレータイムを得た加賀山彩人選手(3年・洛北)。

そして"期待する選手"として、高校時代『高校日本代表候補』『セブンズユースアカデミー』に名を連ねた池島龍門選手(4年・常翔学園)を挙げたかったのですが、、、

この選手の名がHPに見当たらないのは気になるところです....

 

2020年度予想布陣

9 SH
松本涼志④
(立命館宇治)

12 CTB
宮嵜隼人②
(報徳学園)

10 SO
江良楓③
(大阪桐蔭)

13 CTB
木田晴斗③
(関西大倉)

11 WTB
安井拓馬②
(東海大仰星)

15 FB
吉本匠希①
(常翔学園)

14 WTB
藤井健太郎③
(京都工学院)

SO江良楓選手、CTB木田晴斗選手、WTB藤井健太郎選手ら、3年生を中心に若い力が躍動する今季の立命館。

アタックの破壊力は関西リーグ随一。

まさに”タレント軍団”の名に相応しくワクワクする布陣ですね。

 

<フォワード編はこちら↓>

【戦力予想2020】関西Aリーグ 立命館大学 ~FW編~

<天理大2020戦力予想はこちら↓>

【戦力予想2020】関西Aリーグ 天理大学 ~FW編~

【戦力予想2020】関西Aリーグ 天理大学 ~BK編~

<同志社大2020戦力予想はこちら↓>

【戦力予想2020】関西Aリーグ 同志社大学 ~FW編~

【戦力予想2020】関西Aリーグ 同志社大学 ~BK編~

<他リーグ予想はこちら↓>

(最新)【戦力予想まとめ】2020年度主要リーグ メンバー予想

コメントを残す

CAPTCHA