2020年度シーズンへ向けた各大学の戦力予想。

新戦力を迎え入れ、新たなシーズンへ臨む各チームの戦力図と布陣はどのようになっているのか!?

例年よりも少々早い時期ですが、個人的な戦力予想をしてみたいと思います。

今回は、関西Aリーグで前年度6位から今年巻き返しを図る『立命館大学』。

予想する方法は、”昨年までの活躍”、”Aチームへの絡み”、”今後の期待値”などを鑑みて、各ポジションの『本命』、『対抗』、『期待』選手を挙げ、最後に現時点での”予想布陣”を見ていきます。

※あくまで私個人としての意見です。

では、まずはフォワード編からいってみましょう。

2019年度 基本布陣

今季の布陣を考える前に、まずは昨年度のメンバーを振り返ってみます。

※太字は4年生

1 PR
向仲涼④
(東海大仰星)

2 HO
島田久満③
(東海大仰星)

3 PR
金沢一希④
(常翔学園)

4 LO
徳谷琉希②
(石見智翠館)

5 LO
横井達郎④
(東海大仰星)

6 FL
宮下大輝②
(報徳学園)

8 No.8
庄司拓馬③
(東海大仰星)

7 FL
野村雅大③
(大阪桐蔭)

リーグ2位の好成績を残した前年度のチームから、現在トップリーグで活躍するFL古川聖人前主将(現/トヨタ自動車)、PR山口達也選手(現/NTTコム)、LO小島佑太選手(現/NTTドコモ)らが抜けた昨季の立命館。

半数以上の主力が残ったとはいえ、リーグ開幕戦ではいきなり近大の前に不覚を取り(●31-47)、最下位に沈んだ大体大にも唯一の白星を献上(●22-31)するなど、結果は2勝5敗の6位。

試合序盤に失点を重ねる悪い流れを断ち切ることができず、悔しいシーズンを過ごすことになりました。

個々のタレント力とアタック力ではリーグ上位勢と比較しても遜色はないため、両プロップが抜けたスクラムの安定と、”リーグ平均失点36”と昨季脆さを露呈したディフェンスの再整備が、今季の浮上に向けた喫緊の課題となりそうです。

2020年度戦力予想~フォワード編~

それではここから各ポジション毎に今年度の戦力予想をしていきたいと思います。

フロントロー

<1番プロップ>

1番PR 戦力予想

【本命】 百地龍之介選手(3年・東海大仰星)

【対抗】 藤野 翼選手(2年・関東学院六浦)

【期待】 前川和輝選手(1年・天理)

昨季リーグ全試合でスタメンを張った向仲涼選手が抜けた”1番”。

ただこのポジションには、一昨季、ルーキーながらリーグ戦5試合に先発出場した百地龍之介選手(3年・東海大仰星)が控えます。

2017年度に花園を制した東海大仰星『長田組』の主力で、『高校日本代表』『ジュニア・ジャパン』『U20日本代表』など年代別の代表全てに名を連ねてきた世代屈指の左プロップ。

昨季は向仲選手のバックアッパーという役割でしたが、今年はチームの中核として大爆発してくれることを期待しています。

 

そして、百地選手の”対抗”と見るのは、昨季ルーキーながらジュニアリーグでプレータイムを得た藤野 翼選手(2年・関東学院六浦)。

“期待する選手”には、奈良の名門天理で2年生から主力を務め、”不動の1番”として中山律希選手(明大1年)と共に天理フォワードの中心へ君臨した前川和輝選手(1年・天理)を挙げたいと思います。

 

<2番フッカー>

2番HO 戦力予想

【本命】 島田久満選手(4年・東海大仰星)

【対抗】 横尾太一選手(3年・東海大仰星)

【期待】 安部薫平選手(1年・東海大仰星)

このポジションは、昨シーズン全試合で”2番”を背負った島田久満選手(4年・東海大仰星)が今年も本命。
2015年度の花園では2年生ながら主力として優勝へ貢献し、翌2016年度にはフォワードの中心選手として準優勝を経験するなど、大舞台での経験と実績は世代トップクラス。
”副将”へ就任した今季は、スクラム、ラインアウトなどのセットプレーのみならず、秀逸なフィールドプレーでも身体を張ってチームを牽引してくれることでしょう。
また、このポジションは、2017年度の花園優勝メンバー・横尾太一選手(3年・東海大仰星)や、”高校日本代表候補”にも選出された昨年度の”フォワードの要”安部薫平選手(1年・東海大仰星)ら仰星の主力組に加え、2018年度大阪桐蔭の花園優勝メンバーでもある中川魁選手(2年・大阪桐蔭)も在籍するなど、フォワード随一の層の厚さを誇る激戦区。
今年も高いレベルで定位置争いが繰り広げられることになりそうです。

 

<3番プロップ>

3番PR 戦力予想

【本命】 横田優人選手(4年・玉島)

【対抗】 高澤将司選手(3年・深谷)

【期待】 末永 天選手(1年・仙台)

”3番”のポジションは、昨季ジュニアリーグで主力を務め、ラストイヤーでの定位置奪取に燃える横田優人選手(4年・玉島)が”本命”。
”対抗”として見るのは、同じく昨季ジュニアリーグで横田選手のバックアッパーとしてプレータイムを得た高澤将司選手(3年・深谷)。
そして”期待する選手”に挙げるのは、『2018年度第4回TIDキャンプ』で”ビッグマン”として注目され、昨年度の『高校日本代表候補』にも選出された末永 天選手(1年・仙台)。
178cm/120kgを誇るサイズは魅力十分です。
昨シーズンのこのポジションは、金沢一希選手と紙森大樹選手の4年生2人が主に務めただけに、3年生以下の選手にとってはAリーグでの経験不足は否めません。
スクラムの屋台骨を担う重要なポジションだけに、スクラム安定には彼らの成長は必要不可欠です。

セカンドロー

<4番ロック>

4番LO 戦力予想

【本命】 徳谷琉希選手(3年・石見智翠館)

【対抗】 西尾勇哉選手(4年・中部大春日丘)

【期待】 服部 峻選手(1年・東福岡)

続いてはロック。

まず”4番”のポジションは、昨季天理大戦でAリーグデビューを果たすなど、シーズン終盤にスタメンの座を勝ち取った徳谷琉希選手(3年・石見智翠館)を本命に挙げます。

高校時代は2年生からチームの主力として花園でも活躍し、3年時には『高校日本代表候補』にも名を連ねた逸材。

3年目でのさらなる飛躍に期待です。

 

そして”対抗”と見るのは、昨シーズン春季トーナメントでAチームのスタメンに名を連ね、秋シーズンではジュニアリーグの主力として活躍した西尾勇哉選手(4年・中部大春日丘)。

”期待する選手”としては、ヒガシの”不動の4番”として昨冬花園でも活躍した服部 峻選手(1年・東福岡)を挙げたいと思います。

 

<5番ロック>

5番LO 戦力予想

【本命】 田中雄太郎選手(4年・立命館宇治)

【対抗】 畠澤 諭選手(4年・開志国際)

【期待】 泰地風我選手(1年・常翔学園)

続いては、大黒柱・横井達郎選手(東海大仰星-立命大)が抜けた”5番”。

今年このポジションの”本命”に推すのは田中雄太郎選手(4年・立命館宇治)。

昨シーズンはリーグ開幕から2試合で先発に名を連ねながら、シーズン中盤以降は主にBチームでの試合へ出場するなど悔しさの残るシーズンとなりました。

”LOリーダー”へ就任した今季は、定位置確保はもちろんのこと、ラインアウトにおいても中心を担う活躍が期待されます。

 

そして”対抗”と見るのは、昨季ジュニアリーグ6試合で先発出場を果たした畠澤 諭選手(4年・開志国際)。

180cm台前半の選手が揃う立命大ロック陣にあって、”192cm”とチーム最長身を誇るサイズはやはり大きな武器。

チームへ”高さ”をもたらす存在として、シーズンを通してAチームへ絡む活躍を見せてほしいと思います。

 

最後に”期待する選手”には、泰地風我選手(1年・常翔学園)を挙げます。

高校時代は個人として花園のピッチに立つことは叶わなかったものの、190cmを越える魅力的なサイズを武器に、山本嶺二郎選手(京都成章-明大1年)、新屋快選手(大阪桐蔭-大東大1年)らと共にU17近畿ブロック代表に選出された経歴を持つ隠れた逸材。

まだそのプレーを目にしたことはありませんが、個人的に大学でのブレークを期待したい選手の1人です。

 

バックロー

<6番フランカー>

6番FL 戦力予想

【本命】 宮下大輝選手(3年・報徳学園)

【対抗】 長田啓選手(2年・東福岡)

【期待】 伊藤優汰選手(1年・城東)

続いてはフォワード第3列。

まず”6番”の本命は、ルーキーイヤーからAリーグの試合へ出場する宮下大輝選手(3年・報徳学園)。

2年生から名門・報徳の主力を務め、3年時には”副将”としてチームをベスト8に導いた闘将。

屈強なフィジカルにバックス並みのスピード、そしてトライへの嗅覚に優れた関西屈指のバックロー。

昨季はフランカーとして3試合、ナンバーエイトとして3試合に先発するなど、チームの主力として大車輪の活躍。

今季もこのポジションは、この選手が軸となることは間違いないでしょう。

 

宮下選手の”対抗”と見るのは、2018年度の高校日本代表候補に最多11人を輩出したタレント軍団”ヒガシ”の主力として、2年生の頃から選抜大会、花園で多くのプレータイムを得てきた長田啓選手(2年・東福岡)。

 

そして”期待する選手”には、昨春の選抜大会で札幌山の手、慶應義塾を破るなど徳島県勢初の”選抜2勝”を達成した県立高・城東で副将を務めた注目ルーキー・伊藤優汰選手(1年・城東)を挙げたいと思います。

<7番フランカー>

7番FL 戦力予想

【本命】 野村雅大選手(4年・大阪桐蔭)

【対抗】 内田功平選手(4年・東筑)

【期待】 

続く”7番”。

このポジションは、1年生からリーグ戦に出場し、昨季もシーズンを通して”7番”を守り続けた野村雅大選手(4年・大阪桐蔭)が今年も”本命”。

”激戦区”フランカーで不動の地位を築き、屈指のボールキャリアーでもあるこの選手は今年も外すことは出来ません。

 

そして”対抗”と見るのは、内田功平選手(4年・東筑)。

高校時代はスクラムハーフとして鳴らした選手らしく、162cmとサイズは小柄ながら、高い機動力と低く刺さるタックルで魅せる”小兵フランカー”。

昨年は開幕節の近大戦でAリーグデビューを果たすなど、スタメン2試合を含む5試合に出場。

ラストイヤーでのこの選手の突き上げに期待です。

 

<8番ナンバーエイト>

8番No.8 戦力予想

【本命】 庄司拓馬選手(4年・東海大仰星)

【対抗】 宮下大輝選手(3年・報徳学園)

【期待】 

フォワードの最後を飾るナンバーエイト。

ここは、今季チームの”主将”へ就任した庄司拓馬選手(4年・東海大仰星)が”本命”と見ます。

今シーズン、主要リーグの大学で最多5人の主将を生み出した2016年度東海大仰星の『山田組』。

その主力メンバーとして、2015年度の花園制覇と2016年度の準優勝を経験し、『U17日本代表』『高校日本代表候補』にも名を連ねてきた俊傑。

ボールキャリー、タックル、ジャッカルなどコンタクトエリアでの高いワークレートとダイナミズムを持つこの選手は、今年『関西制覇』を目標に掲げるチームにとって欠かすことのできない存在です。

チーム戦略として2列目での起用も考えられますが、個人的にはスクラム最後尾からチームを鼓舞する役割を期待したいと思います。

2020年度予想布陣

1 PR
百地龍之介③
(東海大仰星)

2 HO
島田久満④
(東海大仰星)

3 PR
横田優人④
(玉島)

4 LO
徳谷琉希③
(石見智翠館)

5 LO
田中雄太郎④
(立命館宇治)

6 FL
宮下大輝③
(報徳学園)

8 No.8
庄司拓馬④
(東海大仰星)

7 FL
野村雅大④
(大阪桐蔭)

最後に

余談ですが、今年新しくなった同部公式ホームページが、非常に綺麗で見やすいものになっています。

選手検索(ポジション別,学年別)や試合情報検索などが容易であることに加え、表示速度が速くユーザビリティに富んでいます。

部としての発信量も多く、ファンを大切にする作り手やスタッフの想いが伝わってきますね。

今年の立命館。注目です!

<バックス編はこちら↓>

(最新)【戦力予想2020】関西Aリーグ 立命館大学 ~BK編~

<天理大2020戦力予想はこちら↓>

【戦力予想2020】関西Aリーグ 天理大学 ~FW編~

【戦力予想2020】関西Aリーグ 天理大学 ~BK編~

<同志社大2020戦力予想はこちら↓>

【戦力予想2020】関西Aリーグ 同志社大学 ~FW編~

【戦力予想2020】関西Aリーグ 同志社大学 ~BK編~

<他リーグ予想はこちら↓>

(最新)【戦力予想まとめ】2020年度主要リーグ メンバー予想

コメントを残す

CAPTCHA