2020年度対抗戦Aグループ第6節の出場メンバーと見どころをお伝えしていきます。(※随時更新)

更新履歴
11/20:明治vs帝京戦メンバー&見どころ寄稿
11/21:早稲田vs慶應メンバー追加
      立教vs日体大戦メンバー追加
      青学vs筑波戦メンバー追加
11/22:早稲田vs慶應見どころ追加

第6節対戦表

11月22日
13:00帝京大23-39〇明大秩父宮
11月23日
14:00慶大11-22〇早大秩父宮
11:30立教大21-23〇日体大AGF
14:00青学大15-80〇筑波大AGF

帝京大 - 明治大

スターティングメンバー

※太字は前節からの変更メンバー(ポジション変更含む)

帝京大学

1 PR
近藤芽吹④
(新潟工)

2 HO
江良 颯①
(大阪桐蔭)

3 PR
渡邉元太④
(大分臼杵)

4 LO
アレクサンダー・
マクロビー②

5 LO
山川一瑳②
(常翔学園)

6 FL
金 隆生④
(大阪朝鮮)

8 No.8
奥井章仁①
(大阪桐蔭)

7 FL
松本健留④
(大阪桐蔭)

9 SH
片岡祐二②
(京都成章)

12 CTB
押川敦治③
(京都成章)

10 SO
高本幹也②
(大阪桐蔭)

13 CTB
尾﨑泰雅④
(伏見工)

11 WTB
木村朋也④
(伏見工)

15 FB
平坂海人④
(日向)

14 WTB
人見太基③
(伏見工)

<リザーブ>

16李 承爀 4 179/105 大阪朝鮮高級学校
17清水 岳 4 174/108 大阪桐蔭高校
18河島ミーシャ 3 182/110 筑紫高校
19江里口真弘 2 184/103 大分東明高校
20リッチモンド・トンガタマ F 3 188/121 OtahuhuCollege
21土永 雷 4 170/73 光泉高校
22北村将大 4 172/87 御所実業高校
23岡村晃司 4 171/85 御所実業高校

 

明治大学

1 PR
中村公星②
(国学院栃木)

2 HO
田森海音③
(長崎北陽台)

3 PR
村上 慎③
(法政二)

4 LO
片倉康瑛④
(明大中野)

5 LO
髙橋 広大④
(桐蔭学園)

6 FL
福田陸人③
(國學院栃木

8 No.8
箸本龍雅④
(東福岡)

7 FL
繁松哲大④
(札幌山の手)

9 SH
飯沼 蓮③
(日川)

12 CTB
廣瀬雄也①
(東福岡)

10 SO
森 勇登④
(東福岡)

13 CTB
児玉 樹③
(秋田工)

11 WTB
石田吉平②
(常翔学園)

15 FB
雲山弘貴③
(報徳学園)

14 WTB
猿田 湧④
(秋田工)

<リザーブ>

16三好優作 4 174/99 松山聖陵高校
17中山律希 1 169/102 天理高校
18為房慶次朗 1 180/111 常翔学園高校
19山本嶺二郎 1 191/103 京都成章高校
20柴 大河 4 180/92 國學院大學久我山高校
21梅川太我 4 164/66 石見智翠館高校
22齊藤誉哉 2 180/89 桐生第一高校
23齊藤大朗 4 181/90 桐蔭学園高校

見どころ

昨季は40-17で明治が勝利。

帝京大学

・フォワードは⑥金 隆生選手(4年・大阪朝鮮)、⑦松本健留主将(4年・大阪桐蔭)の両フランカーを除いて、早稲田戦と同じ布陣に戻してきた。

・早稲田戦では今季初の秩父宮という大舞台、そして特にフォワードにおけるリーダー陣の不在が響き、本来の力を出せないまま終わった印象が強い。この試合では4年生、特に前節からスタメンへ定着した⑦松本主将のリーダーシップに期待したい。

・バックスは⑫押川敦治選手(3年・京都成章)1人を除いて、大幅にメンバーとポジションの変更を行ってきた。

・”⑨番”へ入った片岡祐二選手(2年・京都成章)はこの試合が対抗戦初出場。名門・京都成章で1年生からレギュラーを張り、”U17代表”、”高校代表候補”にも名を連ねた逸材。バックス”最激戦区”の様相を呈するこのポジションで、大一番に先発起用されたその期待に応えたい。

・対抗戦での⑬尾﨑泰雅選手(4年・伏見工)のセンター起用は、2018年度最終節の筑波戦以来。今季ここまでウィングとして披露してきた強靱なバネとフィジカルを、本来のセンターで爆発させる姿を見たい。

・この試合で敗れると昨年早稲田戦の敗戦を機に4連敗と、シーズン終盤に崩れていった昨年の悪夢が甦る。今季は副将としてもチームを牽引し続けてきた”大黒柱”FB奥村翔選手(4年・伏見工)の欠場は痛いが、スタメン、そしてリザーブへ多く名を連ねる4年生を中心に結束し、この大一番に臨みたいところ。

 

明治大学

・フォワードは前節までの3試合ではメンバー変更がなかったが、この試合では①中村公星選手(2年国学院栃木)、③村上 慎選手(3年・法政二)の両プロップ始め、⑤髙橋広大選手(4年・桐蔭学園)ら今季初スタメン組をメンバーに加えてきた。

・①中村選手はこの試合が対抗戦初スタメン。2018年度の国栃で主将を務め、”高校代表”、”U20代表”の候補にもそれぞれ名を連ねる逸材。2年目で巡ってきた千載一遇のチャンス。持ち前のスクラムとボールキャリーで魅せたい。

・今年最終学年となる⑤髙橋選手も対抗戦初スタメンとなる。この試合ではフォワードに4年生4人と従来より多く起用してきた。明慶戦の敗戦からの再出発、そして敗れると優勝戦線から離脱するという重要な一戦。立て直しを託された4年生の意地に期待をしたいところ。

・バックスは本来センターの森 勇登選手(4年・東福岡)をスタンドオフへ起用してきた。東福岡2年生時の花園で司令塔を務めてはいたが、大学で⑩番を背負う姿はこれまで記憶にない。類い希なる空間把握能力と絶妙な間とリズムを操るパスワークで、明治のアタックラインを牽引し、この試合初スタメンとなる⑫廣瀬雄也選手(1年・東福岡)のポテンシャルを引き出したい。

・そしてハイライトは、怪我で戦線離脱していた⑮雲山弘貴選手(3年・報徳学園)のメンバー復帰。昨季、空位となったフルバックで定位置を確保すると、持ち前の”ダイナミズム”に”安定感”と”凄み”が加わり、サンウルブズのトレーニングスコッドにも選ばれた”紫紺の至宝”。山沢選手、池戸選手らロングキッカー不在のこの試合では、キックでチームを前へ出す動きが求められる。

・帝京は早稲田、明治は慶應、共に敗戦からの立て直しを図る大一番で、共に4年生を多くスタメンに起用してきた両チーム。実力はほぼ互角。この試合は4年生の気持ちが強い方が勝つと見る。

<明治対帝京戦レビュー↓>

【第6節ゲームレビュー】関東対抗戦A 明治大vs帝京大

慶應義塾大 ー 早稲田大

スターティングメンバー

※太字は前節からの変更メンバー(ポジション変更含む)

慶應義塾大学

1 PR
竹内 寛④
(慶應義塾)

2 HO
原田 衛③
(桐蔭学園)

3 PR
大山祥平④
(慶應義塾)

4 LO
相部開哉④
(慶應義塾)

5 LO
北村裕輝④
(慶應義塾)

6 FL
今野勇久②
(桐蔭学園)

8 No.8
髙武俊輔②
(尾道)

7 FL
山本凱③
(慶應義塾)

9 SH
上村龍舞④
(国学院栃木)

12 CTB
鬼木 崇②
(修猷館)

10 SO
中楠一期②
(国学院
久我山)

13 CTB
三木亮弥④
(京都成章)

11 WTB
佐々木隼②
(桐蔭学園)

15 FB
山田 響①
(報徳学園)

14 WTB
沖 洸成④
(尾道)

<リザーブ>

16田中慶伸 3 171/100 桐蔭学園高校
17松岡勇樹 2 176/105 慶應義塾高校
18岡 広将 1 173/101 桐蔭学園高校
19福澤慎太郎 1 168/92 本郷高校
20池田勇希 4 182/105 熊谷高校
21安藤 快 4 168/70 慶應義塾志木高校
22イサコ・エノサ F 2 183/98 King's College
23鎌形正汰 4 172/83 慶應義塾高校

早稲田大学

1 PR
久保 優④
(筑紫)

2 HO
宮武海人③
(早大学院)

3 PR
小林賢太③
(東福岡)

4 LO
大﨑哲徳③
(國學院
久我山)

5 LO
下川甲嗣④
(修猷館)

6 FL
相良昌彦②
(早稲田実)

8 No.8
丸尾崇真④
(早稲田実)

7 FL
村田陣悟①
(京都成章)

9 SH
小西泰聖②
(桐蔭学園)

12 CTB
平井亮佑④
(修猷館)

10 SO
吉村 紘②
(東福岡)

13 CTB
長田智希③
(東海大仰星)

11 WTB
古賀由教④
(東福岡)

15 FB
河瀬諒介③
(東海大仰星)

14 WTB
槇 瑛人②
(國學院
久我山)

<リザーブ>

16川﨑太雅 1 171/105 東福岡高校
17横山太一 3 177/107 國學院大學久我山高校
18阿部対我 3 180/113 早稲田実業学校
19桑田陽介 3 185/102 明和高校
20田中智幸 3 175/91 早稲田大学高等学院
21河村謙尚 3 171/76 常翔学園高校
22伊藤大祐 1 179/85 桐蔭学園高校
23南 徹哉 4 177/82 修猷館高校

見どころ

慶應義塾大学

・フォワードは⑥今野勇久選手(2年・桐蔭学園)をスタメンへ戻し、明治戦、青学戦で輝きを放った髙武俊輔選手(2年・尾道)を⑧番へ起用してきた。昨季の早慶戦を経験している選手がスタメンに6人。全員が骨身を惜しまずハードワークできる実に慶應らしい布陣。

・バックスは前節欠場した中楠一期選手(2年・国学院久我山)が”⑩番”へ復帰し、明治戦と同じメンバーを組んできた。

・⑮山田響選手(1年・報徳学園)を始めランナーの揃うバックスリーは魅力十分だが、得点力の面では早稲田に分がある。早稲田撃破のためには昨年早稲田を苦しめたHB団(⑨植村⑩中楠)のキックを絡めたゲームメイク、そして⑬三木亮弥副将を中心としたラインディフェンスでの奮闘が不可欠。

・セットプレーやブレイクダウンなどの接点で渡り合い、早稲田フォワードの歯車を狂わせることが出来れば面白い展開になってくる。

・この試合に慶應が勝てば俄然盛り上がってくる対抗戦の優勝戦線。2010年度以来、10年ぶりとなる早慶戦勝利でライバル早稲田の独走を阻止したいところ。

 

早稲田大学

・負傷で第3節以降欠場が続いていた⑥相良昌彦選手(2年・早稲田実)が復帰し、フォワードは昨年の早慶戦に出場したメンバー6人がスタメンに名を連ねるベスト布陣。早稲田フォワード随一のワークレートを誇るこの”仕事人”の復帰はチームにとって大きい。

・バックスも前節欠場した吉村 紘選手(2年・東福岡)が”⑩番”に復帰し、前節司令塔を務めた”エース”河瀬諒介選手(3年・東海大仰星)が本来のフルバックへ帰還。これにより展開力と決定力を兼ね備える理想的なバックスが完成。宿敵相手に戦う準備は整った。

・そして忘れてはいけないのが、この試合㉒番としてメンバー入りした伊藤大祐選手(1年・桐蔭学園)。パス、キック、ラン、フィジカル全てにおいて格別な才能を持つ今年の”最注目ルーキー”。この早慶戦出場すれば、将来のジャパンを背負って立つ逸材の”アカクロデビュー戦”として語り継がれる記念すべき試合となる。

・慶應は開幕節筑波戦の敗戦後、”タックル”と”接点”への『原点回帰』でチームの立直しが進み、明治撃破で”要警戒チーム”へと変貌を遂げた。⑥今野勇久選手(2年・桐蔭学園)、⑦山本凱選手(3年・慶應義塾)の両フランカーを中心にディフェンスは強固。密集サイドで少しでも孤立するとタックルとジャッカルの餌食になる。

・早稲田としては対抗戦を通して安定感が増してきたセットプレーを起点に、ボールを大きく動かし、慶應ディフェンスに的を絞らせないアタックを展開したい。

・カギを握るのは⑨小西⑩吉村のHB団。帝京戦で躍動した彼らの展開力がこの試合でも炸裂すれば、大量得点での勝利も見えてくる。

・過去の戦績、戦前の下馬評関係なく慶應は決して負けてはいけない相手。コロナ禍を乗り越え相まみえるこの大一番で、『丸尾組』のプライドを見せつけてほしい。

<早慶戦レビュー↓>

【早慶戦2020レビュー】関東対抗戦A 第6節 早稲田大vs慶應義塾大

立教大 - 日本体育大

スターティングメンバー

※太字は前節からの変更メンバー(ポジション変更含む)

立教大学

1 PR
古川瑛也④
(専大松戸)

2 HO
相良隆太④
(桐蔭学園)

3 PR
麻生典宏③
(桐蔭学園)

4 LO
村田裕太③
(函館
ラサール)

5 LO
秋元律樹④
(立教新座)

6 FL
金子裕二朗④
(桐蔭学園)

8 No.8
紀伊雄介②
(桐蔭学園)

7 FL
守 源②
(立教新座)

北山翔大④
(東海大仰星)

中田航央④
(東海大仰星)

10 SO
岡本力哉④
(中部大
春日丘)

13 CTB
山口航貴④
(桐蔭学園)

11 WTB
天羽秀太①
(桐蔭学園)

15 FB
小林将也④
(国学院栃木)

14 WTB
青木天真④
(立教新座)

<リザーブ>

16勝沼 遼 3 172/99 新潟明訓高校
17野口真郁 4 168/88 立教新座高校
18湯村 怜 2 176/116 立教新座高校
19二木翔太郎 1 175/95 立教新座高校
20亀井 駿 4 176/88 茗溪学園高校
21北川時来 1 169/82 國學院大學久我山高校
22三村真優 3 175/88 東海大学付属仰星高校
23吉澤雅樹 2 176/86 桐蔭学園高校

日本体育大学

1 PR
中村建之④
(伏見工)

2 HO
森屋颯太③
(横須賀総合)

3 PR
砂田優希②
(駒込)

4 LO
小泉敦矢②
(成城学園)

5 LO
玉置将也④
(熊野)

6 FL
山崎健人④
(明治学院
東村山)

8 No.8
ミキロニ・
リサラ③
(日体大荏原)

7 FL
永田義樹④
(佐賀工)

9 SH
梶田壮馬③
(西陵)

12 CTB
皆川祥汰③
(駒込)

10 SO
貝森瞭太③
(つくば秀英)

13 CTB
宮本郁大③
(熊本北)

11 WTB
沢村 舜④
(鶴来)

15 FB
ハラトア・
ヴァイレア③
(日体大柏)

14 WTB
田中大世②
(甲南)

<リザーブ>

16白鳥大城 3 175/96 東京高校
17松田大空 2 178/91 新潟工業高校
18久次米 洸 2 178/118 御影高校
19林 大豊 4 171/101 御所実業高校
20毛利虎之介 4 171/86 御所実業高校
21本堂杏虎 4 173/82 國學院大學栃木高校
22髙木陽太 4 174/77 府中西高校
23松尾峻輔 3 166/80 長崎北陽台高校

青山学院大 - 筑波大

スターティングメンバー

※太字は前節からの変更メンバー(ポジション変更含む)

青山学院大

1 PR
髙山偉壮④
(国学院栃木)

2 HO
堀田 琳④
(京都成章)

3 PR
中西翔太郎③
(國學院
久我山)

4 LO
江金 海④
(大阪桐蔭)

5 LO
森田寛生④
(専大松戸)

6 FL
肘井洲大④
(常翔学園)

8 No.8
齊藤裕大④
(青山学院)

7 FL
中谷玲於③
(京都成章)

9 SH
亀井健人①
(桐蔭学園)

12 CTB
西野稜祐④
(東京)

10 SO
桑田宗一郎③
(桐蔭学園)

13 CTB
河部周次④
(中部大
春日丘)

11 WTB
衣笠竜世③
(國學院
久我山)

15 FB
黒木陽斗③
(桐蔭学園)

14 WTB
大村知意②
(茗渓学園)

<リザーブ>

16鷲塚健志 3 178/95 桐蔭学園高校
17田中創太郎 1 175/98 國學院大學久我山高校
18藤本壮真 3 175/101 川和高校
19小島静也 3 178/78 桐蔭学園高校
20久野太嗣 2 168/80 青山学院高等部
21山同 光 2 164/62 國學院大學久我山高校
22小田原 廉 2 170/74 桐蔭学園高校
23工藤 優 4 173/80 流通経済大学付属柏高校

 

筑波大学

1 PR
木原優作②
(東福岡)

2 HO
肥田晃季②
(中部大
春日丘)

3 PR
山崎昇悟③
(浦和)

4 LO
梁川賢吉①
(尾道)

5 LO
中原健太④
(法政二)

6 FL
深山竣介③
(長崎南山)

8 No.8
飛髙昂空④
(宮崎大宮)

7 FL
岩田真樹③
(明大中野
八王子)

9 SH
鈴村淳史③
(中部台
春日丘)

12 CTB
岡﨑航大④
(長崎北陽台)

10 SO
松永貫汰③
(大産大附)

13 CTB
谷山隼大①
(福岡)

11 WTB
嶋田 修④
(大分上野丘)

15 FB
植村陽彦②
(茗渓学園)

14 WTB
一口隼人④
(兵庫星陵)

<リザーブ>

16神野広希 2 168/95 本郷高校
17安里大吾 4 173/100 名護高校
18内田康介 1 175/104 旭野高校
19八木澤龍翔 2 188/105 流通経済大学付属柏高校
20楢本鼓太朗 2 171/91 修猷館高校
21今井 快 4 164/72 明治大学付属中野高校
22松島 聡 2 173/75 大分舞鶴高校
23川合カイト 3 183/87 小山台高校

観戦にあたっての注意事項

11月21日(土)開催試合より、全会場アルコール類持込、飲酒禁止となりました。

 

<明治対帝京戦レビュー↓>

【第6節ゲームレビュー】関東対抗戦A 明治大vs帝京大

<大学選手権組み合わせ予想↓>

【最新順位と組み合わせ予想】第57回全国大学ラグビー選手権大会

<対抗戦スケジュールへ↓>

関東対抗戦Aグループ 結果速報&レビュー

コメントを残す

CAPTCHA