2020年度シーズンへ向けた各大学の戦力予想。

新戦力を迎え入れ、新たなシーズンへ臨む各チームの戦力図と布陣はどのようになっているのか!?

例年よりも少々早い時期ですが、個人的な戦力予想をしてみたいと思います。

今回は、昨季3年ぶりの全国復帰を果たした『同志社大学』。

予想する方法は、”昨年までの活躍”、”Aチームへの絡み”、”今後の期待値”などを鑑みて、各ポジションの『本命』、『対抗』、『期待』選手を挙げ、最後に現時点での”予想布陣”を見ていきます。

※あくまで私個人としての意見です。

では、まずはフォワード編からいってみましょう。

2019年度 基本布陣

今季の布陣を考える前に、まずは関西リーグで2位に入った昨年度のメンバーを振り返ってみます。

※太字は4年生

1 PR
田中翔④
(長崎北陽台)

2 HO
橋本一真④
(常翔学園)

3 PR
栗原勘之③
(報徳学園)

4 LO
松野泰樹④
(筑紫)

5 LO
平澤輝龍④
(前橋育英)

6 FL
中尾泰星③
(大分舞鶴)

8 No.8
服部 綾④
(東福岡)

7 FL
堀部直壮④
(筑紫)

下級生時代からチームを引っ張ってきた堀部直壮選手(クボタ)、服部綾選手(三菱自動車京都)を始め主力6人が抜けたフォワード陣。

今季は大幅な戦力の入れ替えを余儀なくされます。

中でも急務となるのは、前4人が抜けたタイトファイブの“世代交代”。

昨年は長年の課題であったスクラムでの奮闘が、チームへ安定感をもたらせた大きな要因だったこともあり、今季は”スクラムの再構築”が必要不可欠。

一体、どのようなメンバーが今季の”同志社スクラム”を担うことになるのでしょうか。

2020年度戦力予想~フォワード編~

それではここから各ポジション毎に今年度の戦力予想をしていきたいと思います。

フロントロー

<1番プロップ>

1番PR 戦力予想

【本命】 六車高寧選手(4年・函館ラ・サール)

【対抗】 ファイアラガ望サムエル選手(4年・常翔学園)

【期待】 畠中輝選手(4年・東福岡)

2年生の頃からAチームで試合に出場し、昨シーズン全試合でスタメンを張った田中翔選手(長崎北陽台-同大)が卒業した”1番”。

その後継者として真っ先に名前が挙がるのは、六車高寧選手(4年・函館ラ・サール)。

昨シーズンは田中選手のバックアッパーとしてリーグ戦4試合&大学選手権筑波大戦に出場を果たすなどAチームへ定着。

10月に行われた明治大との定期戦では紺グレの”1番”も背負いました。

小学生時代に空手で培ったという強いメンタルと低いプレーに定評がある好選手。

現時点で”1番”に最も近い位置にいると見ています。

 

そして対抗として挙げるのは、ファイアラガ望サムエル選手(4年・常翔学園)。

常翔学園時代に花園を縦横無尽に駆け回った姿がいまだ記憶に新しく、バックローとして2016年度の高校日本代表へ選出された逸材。

しかし、同志社入部後はここまで目立った活躍ができておらず、フロントローへ転向した昨シーズンもリーグ戦での出場は第3節大体大戦での途中出場のみ。

満を持して迎えるラストイヤー。

この選手がピッチ上で大暴れする姿を見たいと願うのは、同志社ファン共通の想いでしょう。

 

そして個人的に期待する選手としては、『高校三冠』を達成した2016年度東福岡の”不動の1番”畠中輝選手(4年)を挙げたいと思います。

 

このポジションは”本命”、”対抗”、”期待”の選手全て4年生。

期待されながらもここまでレギュラー定着に至っていないという点でも共通しています。

激しい部内競争を勝ち抜き、秋に1番を背負っているのは誰か。

リーグ開幕を楽しみにしましょう。

 

<2番フッカー>

2番HO 戦力予想

【本命】 井本智之選手(4年・筑紫)

【対抗】 山本敦輝選手(1年・常翔学園)

【期待】 杉山左門選手(2年・同志社香里)

昨シーズン”不動の2番”として活躍した橋本一真選手(現/東京ガス)が抜けたフッカー。

このポジションで本命視されるのは、井本智之選手(4年・筑紫)。

第95回大会(2015年度)に”記念枠”として出場した花園では、現在早稲田で活躍するPR久保優選手(早大4年)と共に、2年生ながら主力としてスクラムを牽引。

同志社ではここまでリーグ戦出場経験はないものの、昨シーズンはJrリーグ6試合で先発に名を連ねるなど、Aチーム定着へあと一歩のところにつけています。

最終学年の今季は1年を通して”2番”を背負う活躍が期待されます。

 

そして対抗となる選手は、今年度の”大型ルーキー”の1人・山本敦輝選手(1年・常翔学園)。

常翔学園では2年生の時にプロップ、3年生ではフッカーを任されるなど高いユーティリティ性を発揮し、昨年度の高校日本代表にも選出。

大学ではどのポジションで挑戦するのか現時点では不明ですが、1年目からAチームへ絡んでくる逸材であることは間違いありません。


この突進を1年目から見ることができるか。

非常に楽しみです。

 

そして期待する選手に挙げたいのは、杉山左門選手(2年・同志社香里)。

2018年度の花園大阪府予選で決勝へ進んだ同志社香里の主将で、昨年末にはU20日本代表候補にも選出された逸材。

昨年はJrリーグも含め公式戦出場記録はないものの、2年目でのブレイクを期待したい選手の1人です。

 

<3番プロップ>

3番PR 戦力予想

【本命】 栗原勘之選手(4年・報徳学園)

【対抗】 李優河選手(2年・大阪朝鮮)

【期待】 文裕徹選手(4年・大阪朝鮮)

このポジションの本命は、やはり栗原勘之選手(4年・報徳学園)をおいて他にいません。

”世代交代”が求められるフロントローにおいて、この選手の存在は今年も同志社にとっては心強い限り。

SH人羅選手(4年・東海大仰星)と共に『副将』へ就任した今季は、スクラムやセットプレーの中心としてだけでなく、リーダーとしてチームを牽引する役割が求められます。

 

そして、対抗となる選手と期待する選手には、李優河選手(2年・大阪朝鮮)と文裕徹選手(4年・大阪朝鮮)を挙げます。

大阪の強豪・大阪朝鮮の先輩と後輩にあたる2人。

昨シーズンは、

李選手が”リーグ戦4試合&大学選手権筑波戦”出場

文選手が”リーグ戦3試合”出場と、

Aチームでの出場実績では李選手が一歩リードしています。

共に110kgを超えるサイズも魅力の”大型プロップ”。

栗原選手を脅かす存在となってくれることを期待したいと思います。

セカンドロー

<4番ロック>

4番LO 戦力予想

【本命】 南光希選手(3年・東海大仰星)

【対抗】 

【期待】 馬渡仁之祐選手(2年・東海大仰星)

2年生の頃からAチームで活躍してきた松野泰樹選手(現/横河武蔵野)が抜けた”4番”のポジション。

ここはやはり、南光希選手(3年・東海大仰星)を本命に推したいと思います。

2017年度の花園を制した東海大仰星の主力で、2017年度の高校日本代表候補、2019年度のU20日本代表候補にも名を連ねた逸材。

昨シーズンは、第6節の天理大戦、第7節の立命館大戦と終盤の重要な試合でスタメン出場を果たすなど、2年目にしてAチームへ定着。

今季は主力としての活躍を期待したい選手の1人です。

 

そして個人的に期待する選手には、南選手と同じ東海大仰星出身の馬渡仁之祐選手(2年)を挙げます。

花園府予選決勝で常翔学園に屈し、本大会を前に連覇の道を閉ざされた悔しさを経験している2017年度の中心選手。

1年目の昨季は主にJrリーグを主戦場としてきましたが、昨年末のU20日本代表候補にも選出された今季は、Aチームへ是非絡んできてほしい選手の1人。

ロックの専門選手が少なく、層の厚くないこのポジション。

仰星出身のフォワードらしく機動力に優れ、ラグビー理解度の高いこの2人にかかる期待は非常に大きいものがあります。

 

<5番ロック>

5番LO 戦力予想

【本命】 梁本旺義選手(2年・常翔学園)

【対抗】 大熊陽介選手(4年・国学院栃木)

【期待】 楠本勝大選手(1年・浪速)

ラグビーではまだ無名の前橋育英から伝統校のレギュラーの座を勝ち取った平澤輝龍選手が卒業した”5番”。

このポジションは常翔学園で2018年度の主将を務めた梁本旺義選手(2年)を本命に挙げたいと思います。

高校時代は代表に縁がなかったものの、昨年7月にはU20日本代表として『ワールドラグビーU20トロフィー2019』へ参戦。

さらに、ジュニア・ジャパンの一員として参加した今年3月の「ワールドラグビー パシフィック・チャレンジ 2020」では、初戦のトンガ戦、前回王者・フィジー戦のスタメンに名を連ねるなど、主力として日本の初優勝へ貢献。

世界を舞台にそのポテンシャルの高さを証明して見せました。

”不動の4番&5番”が君臨した昨年度の同志社ではAチームとしての出番機会はなかったものの、今季は同学年の馬渡選手と共にフォワードの中心となってもらいたい選手の1人です。

 

対抗となるのは大熊陽介選手(4年・国学院栃木)。

#ラグビーを止めるな2020”プロジェクトに投稿された動画を私も拝見しましたが、抜群の運動量と強力なタックルを誇る好選手。

チームにとって欠かせない”身体を張れる”選手ですね。

 

最後に期待する選手には浪速高校出身の楠本勝大選手(1年)を挙げます。

”体格や身体能力の高さ”に恵まれた選手を発掘・育成する『2018年度第4回TIDキャンプ』に”ビッグマン”として選出され、全国の逸材が揃うメンバーの中、「一番成長した選手」としてMVPを獲得した隠れた俊英。

高さに劣る同志社フォワード陣にあって、190cmを越えるそのサイズは魅力十分。

直にプレーを見れる日が今から楽しみです。

 

バックロー

<6番フランカー>

6番FL 戦力予想

【本命】 中尾泰星選手(4年・大分舞鶴)

【対抗】 

【期待】 大山卓真選手(1年・報徳学園)

続いてはバックロー。

まず”6番”は、昨シーズン苦しみながらもリーグ終盤に定位置を確保し、出場わずか3試合ながらMVP級の輝きを放った中尾泰星選手(4年・大分舞鶴)。

一撃必殺のタックルと闘争心溢れるプレーで『第110代主将』へ就任した今季。

キーワードは『”関西の雄”復権』。

”闘将”へかかる期待は大きいものがあります。

 

そして期待する選手に挙げるのは、昨年度報徳学園の副将を務めたルーキー大山卓真選手(1年・報徳学園)です。

166cmと小柄なサイズながら高いワークレートと強靱なフィジカルを武器に、全国屈指の強豪校で1年生から花園を経験。

昨年は文字通りフォワードの中心としてチームを牽引しました。

大山選手に目指してほしいのは、”大学1年目でのAチーム定着”。

この激戦区においては厳しいミッションかもしれませんが、将来的には中尾泰星主将の後継者として活躍してくれることを期待しています。

 

<7番フランカー>

7番FL 戦力予想

【本命】 丸山泰史選手(4年・尾道)

【対抗】 小島雅登選手(2年・東福岡)

【期待】 西濱悠太選手(1年・東福岡)

1年生から中心選手として活躍した堀部直壮選手(現/クボタ)が抜けた”7番”。

その後継者・筆頭候補は丸山泰史選手(4年・尾道)と見ます。

抜群の突破力とトライを取る嗅覚に優れ2016年度の高校日本代表候補にも選出された逸材。

昨年はリーグ戦での出場機会はなかったものの、Bチームの主力としてJrリーグの舞台で研鑽を積んできました。

満を持して迎えるラストイヤー。

”4年生の意地”を見せつけて欲しいと思います。

 

そして対抗する選手と期待する選手には、”U17日本代表”、”高校日本代表候補”と各世代の代表クラスに名を連ねてきた小島雅登選手(2年・東福岡)と西濱悠太選手(1年・東福岡)を挙げます。

高校ラグビー界『西の横綱』東福岡でそれぞれ2年生から主力を担い、2018年度には小島選手(当時3年)がFL、西濱選手(当時2年)がNo.8として共に戦った経験も持つ2人。

高いポテンシャルを持つ彼らの台頭は、このポジションのレギュラー争いをさらに上のレベルへと押し上げてくれるはず。

フォワードの中でも16人と最多の登録人数を誇るフランカー。

この激戦区を制するのはどの選手か。

 

 

<8番ナンバーエイト>

8番No.8 戦力予想

【本命】 木原音弥選手(3年・東福岡)

【対抗】 斎藤 響選手(4年・福岡工大城東)

【期待】 田中晴大郎選手(4年・長崎北陽台)

副将としてフォワードを牽引した服部綾選手(現/三菱自工京都)が卒業したナンバーエイト。

”大黒柱”の抜けた穴はやはり大きい。

しかし、このポジションにはこの選手がいます。

東福岡高2年時に主力として『高校三冠』へ貢献し、U17日本代表、高校日本代表、U20日本代表候補と世代別代表全てに選出されてきた逸材・木原音弥選手(3年・東福岡)。

フィジカル、スピード、ランに優れ、アタックとディフェンスを共に高いレベルでこなすオールラウンダー。

2年目の昨季は主に第3列のバックアッパーとして関西リーグ全試合でベンチ入りするなど、Aチームでの経験も十分。

今季はナンバーエイトとしてフォワードの中核を担ってくれることを期待します。

 

そして対抗となる選手&期待する選手に挙げるのは、昨シーズンの関西リーグ・関学大戦で“8番”を背負った斎藤響選手(4年・福岡工大城東)と、サイズを生かした突破が魅力の田中晴大郎選手(4年・長崎北陽台)。

ラストイヤーを迎える2人の4年生の奮闘にも注目していきます。

2020年度予想布陣

1 PR
六車高寧④
(函館ラサール)

2 HO
井本智之④
(筑紫)

3 PR
栗原勘之④
(報徳学園)

4 LO
南光希③
(東海大仰星)

5 LO
梁本旺義②
(常翔学園)

6 FL
中尾泰星④
(大分舞鶴)

8 No.8
木原音弥③
(東福岡)

7 FL
丸山泰史④
(尾道)

<バックス編はこちら↓>

【戦力予想2020】関西Aリーグ 同志社大学 ~BK編~

<天理大編はこちら↓>

【戦力予想2020】関西Aリーグ 天理大学 ~FW編~

【戦力予想2020】関西Aリーグ 天理大学 ~BK編~

<他リーグ予想はこちら↓>

(最新)【戦力予想まとめ】2020年度大学ラグビー主要リーグ メンバー予想

コメントを残す

CAPTCHA