1部復帰のシーズンを2勝5敗の7位で終えた摂南大学

最終的に入替戦へ回ったとは言え、リーグ終盤に大体大(〇36-5)、近大(〇47-41)を相次いで破り、入替戦では龍谷大(〇66-21)を一蹴。

3連勝でシーズンを終えたことは、新シーズンへ向けて確かな手応えを掴んだことでしょう。

Aリーグ定着と上位進出を目論む今季。

果たして新戦力の顔ぶれは如何に。

今年入部した新入生の顔ぶれを見ていきたいと思います。

2020年度新入部員一覧

PO氏名出身校サイズ代表歴
PR石﨑 聖興国170/92
PR仲嶺夏輝尾道170/90
PR田沼 樹静岡東170/100
PR佐藤脩太報徳学園180/98
PR向井健登向陽175/102
PR原渕修人摂津176/95
HO大西 翔大産大付173/88
HO徳重 怜滋賀学園176/104
LOトゥポウ・
ヴエティ
レリーン
メモリアル
195/92
LO追田凛太郎枚方184/90
LO前川晃進滋賀学園183/97
LO今田伸太大阪桐蔭174/86
FL西山栄寿京都工学院172/78
FL森山迅都京都工学院185/90
FL松川嵩良天理170/76
FL山田丈朗和歌山工168/76
No.8ショー・
マミニアシ
マリスト
ブラザーズ
186/102
SH三田村裕城石見智翠館172/65
SH瀬川十輪日本航空
石川
171/63
SO白川将麻石見智翠館173/79
CTB溝口広之東海大仰星170/75
CTB宮崎雄輔報徳学園170/73
CTB橋本拓真常翔学園165/72
WTB前薗斗真東海大仰星170/75
WTB平等義経京都成章174/74
WTB宮﨑大翔京都廣学館183/83
WTB安立直也常翔学園174/84
WTB鶴田拓希京都成章167/72
FB岩根豪太日本航空
石川
175/71

今年は29名が加入することになりました。

 

個人に目を向けると、

昨冬花園2回戦でAシード京都成章を追い詰めた尾道”不動の1番”仲嶺夏輝選手、

大阪桐蔭の”5番”として花園3試合に出場したLO今田伸太選手、

強豪・京都工学院の”主力コンビ”FL西山栄寿選手、FL森山迅都選手、

花園Bシード日本航空石川で、チームの”心臓部”として好パスを供給し続けたSH瀬川十輪選手と、2年生からフルバックのレギュラーとして最後尾に君臨したFB岩根豪太選手、

さらに、ラグビーIQが高くクレバーなプレーで魅せる花園ベスト8東海大仰星の”11番”WTB前薗斗真選手、

そして、中学時代に志氣陸王選手(東福岡-帝京大)、山本嶺二郎選手(京都成章-明大)と共に、『セブンズユースアカデミー』に選ばれた経歴を持つWTB鶴田拓希選手(京都成章)など、

代表クラスのメンバーこそいないものの、一線級の選手の名前も多く見られます。

期待の持てる面々と言えるのではないでしょうか。

注目はこの選手たち!

それでは次に、個人的な注目選手を見ていきたいと思います。

2人の”花園”経験者

部員不足により単独校として15人制の大会に参加できなかった選手たちで構成される”U18合同チーム東西対抗戦”。

通称『もう一つの花園』。

全国のラガーマンに夢と希望を与える舞台として定着してきた”ドリームマッチ”。

そして、昨冬この舞台を経験した選手のうち2名の選手が摂南へ入部することになりました。

1人目は、

田沼 樹選手(PR 静岡東)

”U18東海代表”として合同チームの全国大会(コベルコカップ2019)へ出場を果たすと、本大会ではプロップとして4試合全てに先発出場し、チームのボウル優勝(全体7位)へ貢献。

最前線で身体を張り続けるそのプレースタイルが評価を集め、”東軍代表”として夢舞台である『もう一つの花園』への出場を果たしました。

当時、静岡東高は部員数がわずか2名、そしてそのチームから選ばれた田沼選手が静岡県で唯一の代表選出だったということからも、この選手の実力の高さを窺い知ることができます。

 

そして2人目は、”U18近畿代表”の一員として『コベルコカップ2019』へ出場した、

追田凛太郎選手(LO 枚方)

予選グループでは田沼選手のいるU18東海代表、U18北信越代表を破り1位突破を果たすと、最上位のカップ戦ではU18九州代表、U18関東代表との争いを制し見事優勝(全体1位)。

迫田選手は近畿代表の主力として、全4試合中3試合でスタメン出場を果たすなど活躍。

大会後にはチームの中で特に際だった活躍をした選手へ送られる『優秀選手』を受賞しました。

優勝チームの中で選ばれた『優秀選手』の称号。

その価値は格別です。

西軍代表”として参加した『もう一つの花園』でもスタメンに名を連ねると、接点での強さを存分に発揮し勝利へ貢献。

その実力が全国でも通用することを証明してみせました。

 

個人的にも、高校時代、同じ”学区”のチームとして何度も練習試合をしたことのある”枚高選手”の活躍は、非常に感慨深いものがあります。

 

全国的には無名ながら彼らに共通しているものは、たとえ恵まれない環境下でも決して腐らず、ラグビーへ真剣に取り組む”情熱”を持ち、強豪校の選手達に対しても決して引けを取らない高い”ポテンシャル”を有す『逸材』であるということ。

推薦なのか一般なのか入部の経緯は分かりませんが、”隠れた原石”へ目を付け、彼らを迎え入れた摂南大というチームにも敬意を表したい。

そして何よりも、単独チームとして15人制に出られなかった選手たちが、夢舞台の”花園”を経験し、大学というステージでも楕円球を追いかけるという”決断”をしてくれたこと、

これほど嬉しい事はありません。

彼らが関西最高峰の舞台でどこまで飛躍していくのか。

入学後の活躍に注目をしていきたいと思います。

 

リオ五輪でセブンズ日本代表を銅メダルに導いた瀬川智広氏を新監督に迎えた今季の摂南大。

持ち前の攻撃力に確かなハンドリング技術と緻密なチーム戦術が加われば、上位進出は自ずと見えてきます。

世界を知る名将の下、目指すは11年ぶりの大学選手権出場。

摂南大とルーキーの活躍へ注目しましょう!

コメントを残す

CAPTCHA