コロナ禍での開催が危ぶまれていた関西大学ラグビーですが、9月24日に関西ラグビー協会より『公式戦』扱いでのリーグ開催が正式に発表されました。

一時は『中止(不成立)の方針』と報道されていただけに、どんな形であれ開催の方向が示されたことはファンとして喜ばしい限り。

まずは、この決定に至るまで日々頭を悩まされたであろう協会関係者、そして活動再開へ向けてご尽力された各大学関係者の皆様へ、心から感謝を申し上げたいと思います。

今年のリーグ戦は開始時期がずれ込むことから、8チームの総当たりではなく、4チームずつを2リーグに分け、最後に順位決定戦が行われる特別なレギュレーション下での開催。

そこでこの記事では、開幕日の11月7日(土)を迎える前に、リーグをより楽しむための参考情報として、各大学別にスケジュールと個人的な見どころをまとめていきたいと思います。

リーグ編成

リーグ分けは前年度順位の奇数(1,3,5,7位)チームと、偶数(2,4,6,8位)チームがベース。

(※関西大はBリーグからの昇格のため8位相当)

Odd(奇数)リーグ

天理大学 関西学院大学 近畿大学 摂南大学

Even(偶数)リーグ

同志社大学 京都産業大学 立命館大学 関西大学

大学別日程と展望

天理大学

11/714:00天理摂南天理親里
11/1514:00天理近畿神戸ユニ
11/2214:00天理関学大神戸ユニ

昨季リーグ4連覇を達成した天理は、関西学院、近大、摂南のグループへ入ることが決定。

昨年の主力11人が残り、CTBシオサイア・フィフィタ選手(4年・日本航空石川)、SH藤原 忍選手(4年・日本航空石川)、SO松永拓朗選手(4年・大産大付)ら『黄金世代』が牽引する今季も、”リーグ大本命”の地位は揺るぎません。

不安要素があるとすれば、京産大や立命館のような”強力フォワード”を看板とするチームとの対戦がリーグ内ではないこと。

例年は関東勢との対戦を前に、関西で彼らと肌を合わせることでスクラムの仕上がりやコンタクト強度を体感できる場があったため、この変則的なレギュレーションが選手権へどう影響するか。

ここは一つの注目ポイントになると考えます。

<2020年戦力予想>

【戦力予想2020】天理大学 ~フォワード編~

【戦力予想2020】天理大学 ~バックス編~

<2020新入生>

【”黒衣”へ挑む挑戦者たち】天理大学 2020年度新入生

同志社大学

11/814:00同志社関大鶴見緑地
11/1514:00同志社立命館宝ヶ池
11/2113:00同志社京産大布引

昨季リーグ2位で3年ぶりとなる選手権の舞台へ復帰した同志社

今季は、下級生時代からチームを支えてきたFL堀部直壮選手(現/クボタ)、No.8服部綾選手(現/三菱自動車京都)らビッグネームが卒業し、”世代交代”が求められる年。

中でも、昨年大躍進を遂げチームへ安定をもたらせたスクラムの”再構築”は必要不可欠。

バックスには、 SO田村魁世選手(3年・桐蔭学園)、WTB/FB山口楓斗選手(3年・東海大福岡)やCTB/FB稲吉渓太選手(3年・東福岡)ら世代を代表するタレントを擁しているだけに、この部分で京産大、立命館の後塵を拝すようでは、5年ぶりとなる関西制覇はなかなか見えてきません。

カギとなるのはやはり昨年19-27で敗れた京産大との最終戦。

Evenリーグを全勝で駆け抜け、Oddリーグ1位通過が有力視される天理への挑戦権をがっちり確保してほしいところです。

<2020年戦力予想>

【戦力予想2020】同志社大学 ~フォワード編~

【戦力予想2020】同志社大学 ~バックス編~

<2020新入生>

【名門へ集いし俊英たち】同志社大学 2020年度新入生

【少数精鋭の逸材揃い】同志社大学 2020年度入部予定者

関西学院大学

11/712:00関学大近畿天理親里
11/1512:00関学大摂南神戸ユニ
11/2214:00関学大天理神戸ユニ

5年ぶりの出場となった大学選手権で明治と互角の勝負を演じ、強烈なインパクトを残した昨季の関学大

今季は3年間の指揮を終え退任した牟田至前監督に変わり、今年3月まで現役トップリーガーだった若き指揮官・小樋山樹氏を新監督へ迎え再出発を図るシーズン。

中でもSH橋詰学選手(3年・天理)を除き、主力が総入れ替えとなるバックス陣の世代交代は急務です。

初戦で激突する近大は昨季リーグ第6節で対戦し、フォワード戦での劣勢により後半逆転負けを喫した因縁の相手。

何としても初戦を勝利で飾り、2年連続の選手権出場へ弾みをつけたいところでしょう。

<2020新入生>

【『高大連携』西の代表格】関西学院大学 2020年度新入生

京都産業大学

11/812:00京産大-立命館鶴見緑地
11/1512:00京産大関大宝ヶ池
11/2113:00京産大同志社布引

47年にわたる指導でチームを全国有数の強豪校へ育て上げた”大西体制”が終焉を迎え、新たな時代へと舵を切る京産大

今季は昨季の主力10人が残り、さらに、京都成章で主将を務めたFL三木皓正選手(1年・京都成章)、ヒガシの韋駄天”WTB松岡大河選手(1年・東福岡)、”リーチ2世”No.8ヴェア・タモエフォラウ選手(1年・札幌山の手)ら即戦力と目されるルーキーを多く迎え、例年以上に戦力は充実。

大西監督が築いた伝統に、2015年W杯戦士の伊藤鐘史新監督がどのようなエッセンスを加えるのか。

まずは初戦で昨季リーグ第6節で不覚を取った立命館へリベンジし、全勝でライバル同志社との決戦を迎えたいところでしょう。

<2020新入生>

【京産大新時代へ】京都産業大学 2020年度新入生

 

近畿大学

11/712:00近畿関学大天理親里
11/1514:00近畿天理神戸ユニ
11/2212:00近畿摂南神戸ユニ

昨季3勝4敗の5位で大学選手権出場を逃した近大

勝利すれば選手権出場の可能性が残されていた中で、後半ロスタイムに大逆転負けを喫した摂南との最終戦はまさに痛恨のゲームでした。

昨季の悔しさを経験した主力10人が残る今季。

試合ごとに見られる”ムラ”をいかに減らせるかが、近大躍進のカギと見ます。

悲願の選手権出場へ、まずはリーグ戦で関学撃破と摂南へのリベンジが不可欠。

”イケイケラグビー”の爆発を楽しみにしたいと思います。

<2020新入生>

【関西屈指の攻撃ラグビー】近畿大学 2020年度新入生

立命館大学

11/812:00立命館-京産大鶴見緑地
11/1514:00立命館同志社宝ヶ池
11/2111:00立命館関大布引

前年度2位から一転6位と低迷した昨季の立命館

『ジュニアジャパン』『U20日本代表』の”エース”CTB木田晴斗選手(3年・大倉)や『セブンズ日本代表』のWTB藤井健太郎選手(3年・京都工学院)など、特にバックスには才能溢れるランナーを抱えるだけに、今季浮上のカギは”フォワード陣の奮起”と、昨季平均36失点を喫した”ディフェンス”。

その意味で開幕戦でぶつかる京産大は、看板の強力フォワードを全面に押し出して戦ってくる願ってもない相手。

ここでフォワード陣が堂々と渡り合い勝利を収めることができれば、一気にリーグの”台風の目”となってくる可能性は十分に秘めています。

逆襲の立命館。

期待しましょう。

<2020年戦力予想>

【戦力予想2020】立命館大学ラグビー部 ~フォワード編~

【戦力予想2020】立命館大学ラグビー部 ~バックス編~

<2020新入生>

【関西有数のタレント軍団】立命館大学 2020年度新入生

摂南大学

11/714:00摂南天理天理親里
11/1512:00摂南関学大神戸ユニ
11/2212:00摂南近畿神戸ユニ

昨季2勝5敗のリーグ7位に沈んだ摂南大

しかし、シーズン最後の2試合を勝利で飾り(〇36-5大体大/〇47-41近大)、入替戦で龍谷大を圧倒するなど(〇66-21)、チームは上り調子の状態でシーズンを終えました。

元来、CTB/FBツイドラキ・ヴィリアミ選手(3年)、 CTBテビタ・タイ選手(3年)ら強力な留学生を中心としたアタッキングラグビーは、関西でも有数の破壊力を誇るだけに、そこへ、『東芝』『リオ五輪セブンズ代表』を率いた瀬川智広新監督による”トップレベルのコーチング”が注入されたとき、下位へ沈むチームが果たしてどのように変貌を遂げるのか。

今季の摂南。

侮れないチームになりそうです。

<2020新入生>

【注目は2人の”原石”】摂南大学 2020年度新入生

関西大学

11/814:00関大同志社鶴見緑地
11/1512:00関大京産大宝ヶ池
11/2111:00関大立命館布引

入替戦で大体大を破り(〇43-21)、2年ぶりのAリーグ昇格を果たした関西大学

今季はコロナ禍での特別なレギュレーション下ということで、対戦相手は同志社、京産大、立命館とどこも強豪揃い。

昇格組の関大にとっては厳しい戦いとなることは間違いありません。

しかし、今季はリーグ後の入替戦が行われないこともあり、見方を変えれば、”降格を考えず思い切ったチャレンジが出来るシーズン”であるとも言えると思います。

昨季入替戦で見せた”気迫と結束”、そしてグラウンドを大きく使うダイナミックな”関大ラグビー”を体現できれば、Aリーグでも戦える力は十分にある。

関大旋風』に期待をしたいと思います。

<2020新入生>

【巻き起こせ『関大旋風』】関西大学 2020年度新入生

順位決定戦

リーグ日程終了後、各リーグの同順位同士による『順位決定戦』が下記日程で行われます。

11/2912:00Odd2位Even2位宝ヶ池
11/2914:05Odd1位Even1位宝ヶ池
12/612:00Odd4位Even4位宝ヶ池
12/614:00Odd3位Even3位宝ヶ池

今季関西リーグへ割り当てられている大学選手権への出場枠は『3』。

1位決定戦は選手権でのシード権を争う大事な戦い。

※リーグ1位は3回戦がシードとなり、準々決勝から登場

※リーグ2位は初戦となる3回戦の相手が”対抗戦4位”となる

そして3位決定戦は事実上、大学選手権への出場決定戦。

こちらも白熱すること間違いありません。

最後まで目が離せない今年の関西Aリーグ。

11月7日(土)の開幕が今から楽しみでなりません。

<Aリーグ速報と順位表↓>

【結果速報&順位表】大学ラグビー2020 関西Aリーグ

<大学選手権組み合わせ予想↓>

【最新順位と組み合わせ予想】第57回全国大学ラグビー選手権大会

コメント欄
  1. 우라 より:

    今年も天理がぶっちぎりでしょうか?

    • 戦力的には今年も天理が頭一つ抜けていると思います。
      ただ、先週末の立命館戦を見る限り、
      チームとしての仕上がりにはもう少し時間が必要という印象を受けます。
      実力的に競ると見られる同志社、京産大、立命館との対戦がリーグ内でないことは残念ですね。。

コメントを残す

CAPTCHA