ファカタヴァ兄弟、古畑翔選手ら”ビッグネーム”が抜け、大幅な戦力入れ替えを余儀なくされた昨季の大東文化大学

1年生から主力を担ったFL佐々木剛選手(大東大-東芝)を主将に据え、復活を期して臨んだリーグ戦では、序盤で拓大と日大に敗れるなど苦戦が続き4位。

3位までに与えられる大学選手権の出場権を逃し、道半ばでシーズンを終えることとなりました。

2017年の復活優勝以降、2位(2018年)、4位(2019年)と徐々に順位を落とし、苦しむ『モスグリーン軍団』。

このまま低迷を続けるわけにはいきません。

復活を期す今季へ。

新たに加わったメンバーを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

2020年度新入部員一覧

PO氏名出身校サイズ代表歴
PR藤倉大介国学院栃木177/125代表候補
PR
HO
頼 拓治Glenalmond
College
174/105
PR
LO
藤本海晴大阪桐蔭180/103
PR
LO
河野 仁中部大
春日丘
180/98
HO伊藤正乃助 常翔学園171/87
LO新屋 快 大阪桐蔭196/106U17代表
代表候補
LOレオネ スコット ケアヌ
ププンガトア
Rotorua
Boys
188/93
LO
FL
No.8

松山 青

岐阜工

182/93
LO
FL
No.8

奥原岳人

大東大一

180/97
LO
FL
No.8

辻岡優希

和歌山工

180/91
LO
No.8
鈴木雄海金足農185/79
FL三村和真中部大
春日丘
181/80
FL手島壮汰石見智翠館172/87
FL
No.8
西林勇登御所実174/90代表候補
FL
No.8
WTB

菅原琉貴弥

秋田中央

167/70
SH稲葉聖馬御所実164/73U17代表
高校代表
SH
SO
髙田尚汰秋田工165/73
SO
CTB
小田嶋生吹秋田中央178/78
CTB宮垣優成大産大付178/85
CTB
WTB
川幡耕大大東大一172/81
WTB水関洸太朗常翔学園170/70
WTB
FB
佐藤亮吾秋田中央180/837'sアカデミー
WTB
FB
上之園拓眞川越工183/80
CTB
WTB
ラトゥ ペニエリ
ジュニア
St Peter's
Cambridge
190/96
FL
HO
PR

長田一志

小倉

175/90

(情報元:大東文化大ラグビー部HP)

留学生2人を含む総勢25名が新たに加入することになりました。

高校日本代表のSH稲葉聖馬選手(御所実)を筆頭に、代表クラスが4名。

前年度と比較しても、充実したリクルートと言えるのではないでしょうか。

注目はこの選手たち!

豪華代表クラスの面々

最も注目されるのはやはり代表候補に名を連ねたメンバーでしょう。

的確な判断とパスワークで”御所実の心臓部”を担い、明治大へ進学した大越勇気選手と並び『世代最高のスクラムハーフ』と評される稲葉聖馬選手。

花園準V御所実のフォワードの中心にして、ハードタックルでも鳴らす西林勇登選手。

177cm/125kgと規格外のサイズで1年生の頃から”国栃(コクトチ)”の3番を担い、『世代最強スクラム』の呼び声高い藤倉大介選手。

U17日本代表の経歴も併せ持ち、花園へ出場した選手中”2番目の高さ”を誇る196cmのビッグマン・新屋 快選手。

いずれも世代を代表する逸材だらけ。

この豪華な面々を見るだけでも大東大リクルートの充実ぶりが伺えます。

特にスクラムを武器とする藤倉選手には、大東大”最強スクラム”の象徴として活躍した藤井大喜・前副将の穴を埋める活躍に期待したいところですね。

東北が生んだ逸材

そして今年のルーキーの中で、忘れてはけないのはこの選手。

東北が生んだ”逸材中の逸材”・小田嶋生吹選手。

切れ味鋭いステップワークのみならず、広い視野と柔らかいハンドリング技術で味方を生かすプレーにも秀でる『万能型のセンター』。

そのプレーぶりは、言葉で説明するよりご覧頂いた方が早いでしょう。

ものが違いますね。

ボールを持つと何かやってくれそうな雰囲気を持つ選手。

これまで代表に縁が無かったことが不思議なくらいです。

 

さらに、同じ秋田中央からは50m5秒9の俊足を武器に、2年連続で”セブンスユースアカデミー”に選出された経歴を持つ佐藤亮吾選手も加入。

花園秋田県予選で伝統校・秋田工を2年続けて撃破したその実力は本物。

大学の舞台で大ブレークを期待したい選手達ですね。

 

それ以外にもNZの名門ロトルアボーイズで活躍したレオネ・スコット・ケアヌ・ププンガトア選手と、”大東大のレジェンド”・シナリ・ラトゥ氏の実弟ペニエリ・ラトゥ選手の息子ラトゥ・ペニエリ・ジュニア選手の『留学生コンビ』。

そして、秋田工の主将・SH髙田尚汰選手、石見智翠館の主将・FL手島壮汰選手ら、強豪校でリーダーを経験した選手も続々加入。

入学後の成長が楽しみな選手達がズラリと顔を並べます。

『モスグリーン軍団』復活へ

昨年はリーグ4位ながら、全7試合中6試合が10点差以内のゲームと接戦の連続。

特に、リーグ戦を制し選手権ベスト4まで駆け上がった東海大(●18-27)、3回戦で帝京大を破り同ベスト8へ進出した流経大(●21-22)とは、試合終盤までもつれる大激闘を演じました。

これは昨季のチームも大学界有数の実力を有していたことの証。

”低迷”と呼ぶには値しません。

今年度の主将を務める南昂伸選手(4年・御所実)を筆頭に、鈴木匠選手(4年・札幌山の手)、朝倉健裕選手(3年・御所実)、鎌田進太郎選手(3年・石見智翠館)、松田武蔵選手(2年・ロトルアボーイズ)らが残るバックス陣は昨年既に世代交代に成功。

となると今季の課題は、昨年からレギュラーが総入れ替えとなる”フロントロー陣”です。

やはり大東大の躍進には、代名詞である”大学最強スクラム”の復活が必要不可欠。

25名中16名をフォワード勢で埋めたルーキー達が、今季どこまでAチームの底上げに絡んでいくことが出来るか。

河野良太主将(大東大-中部電力-釜石SW)が率いた2017年度以来のリーグ戦制覇へ。

逆襲のモスグリーン軍団』へ期待しましょう!

スポンサーリンク
コメント欄
  1. 川崎茂信 より:

    期待してますよ。日本一へ。ゴウ‼️

コメントを残す

CAPTCHA