春の風物詩として定着した『春の選抜大会』。

昨年はコロナ禍のため2011年度の東日本大震災時以来2度目の大会中止となり、『冬の花園』が唯一の全国大会として無観客のもと取り行われました。

22回目を迎える今年も大会の開催可否については引続き協議中にあるものの、各地では選抜大会の予選会と位置づけられる新人大会が始まろうとしています。

激戦の地方大会を制し、本大会へ名乗りを挙げるチームはどこか。

ここでは、各地の予選大会の結果と出場校を見ていきたいと思います。

<2021年度新人大会↓>

【近畿大会2021速報】高校ラグビー 第72回近畿高校新人大会

【九州大会2021速報】高校ラグビー 第43回木元杯全九州高校新人大会

更新履歴
2/23:近畿地区代表決定
2/22:東海地区&九州地区代表決定
2/21:中国地区代表決定
2/14:北信越地区&四国地区代表決定
2/11:東北地区代表決定

第22回全国選抜ラグビー大会概要

日程・会場

<日程>

未定

<開催場所>

熊谷スポーツ文化公園熊谷ラグビー場

補助陸上競技場

出場校一覧

ブロック(枠)学校名出場回数新人大会
北海道(2)札幌山の手
(北海道)
17大会連続
17回目
優勝
函館ラ・サール
(北海道)
2大会連続
5回目
2位
東 北(3)秋田工
(秋田)
6大会連続
13回目
優勝
仙台育英
(宮城)
2大会連続
18回目
2位
黒沢尻北
(岩手)
6大会ぶり
3回目
3位
関 東(6)
(前年度優勝
1枠含む)
北信越(2)日本航空石川
(石川)
5大会連続
8回目
北陸大会
優勝
開志国際
(新潟)
初出場信越大会
優勝
東 海(2)中部大春日丘
(愛知)
5大会連続
12回目
協会推薦
朝明
(三重)
5大会ぶり
7回目
協会推薦
三重大会
優勝
近 畿(5)常翔学園
(大阪)
2大会連続
13回目
優勝
大阪桐蔭
(大阪)
2大会連続
9回目
2位
天理
(奈良)
2大会ぶり
9回目
3位
東海大仰星
(大阪)
9大会連続
20回目
4位
京都成章
(京都)
3大会連続
10回目
5位
中 国(1)石見智翠館
(島根)
2大会ぶり
9回目
優勝
四 国(1)松山聖陵
(愛媛)
6大会ぶり
3回目
優勝
九 州(5)東福岡
(福岡)
15大会連続
18回目
長崎北陽台
(長崎)
4大会連続
8回目
高鍋
(宮崎)
2大会ぶり
6回目
佐賀工
(佐賀)
9大会連続
16回目
大分東明
(大分)
2大会ぶり
2回目
開催県(1)
実行委員会
推薦枠(4)
-
-
-
-

各予選ブロック

北海道大会

<決勝> 11月16日

札幌山の手 〇38-5 函館ラ・サール

東北大会

<準決勝> 2月11日

仙台育英 〇35-12 黒沢尻北

秋田工  〇36-14 青森山田

 

<決勝> 2月13日

秋田工 〇28-19 仙台育英

 

<3位決定戦> 2月13日

黒沢尻北 〇17-12 青森山田

関東大会

※大会中止

※出場校は別途選定

 

北信越大会

【信越ブロック】

<準決勝> 2月11日

岡谷工  〇13-12 飯田

開志国際 〇17-12 北越

 

<決勝> 2月13日

開志国際 〇41-21 岡谷工

 

【北陸ブロック】

<リーグ戦> 2月11日

若狭東    〇19ー0 富山第一

日本航空石川 〇33-0 若狭東

日本航空石川 〇43ー0 富山第一

東海大会

※大会中止

東海ラグビー協会が下記2校を推薦へ。

中部大春日丘(愛知)

理由:過去10年間の実績と今年1月の全国大会ベスト8の実力から選出

朝明(三重)

理由:愛知を除く3県(三重、岐阜、静岡)のうち、抽選で三重に割り振り、今月20日に閉幕した三重県高校新人大会優勝の朝明を選出

近畿大会

<準決勝> 2月20日

常翔学園 〇35-20 天理

大阪桐蔭 〇(不戦勝) 東海大仰星

※東海大仰星の棄権により大阪桐蔭が決勝進出

 

<決勝> 2月23日

常翔学園 〇34-17 大阪桐蔭

 

<3位決定戦> 2月23日

天理 〇(中止) 東海大仰星

※東海大仰星棄権のため

 

<第5代表決定戦> 2月23日

京都成章 〇50-10 関西学院

 

中国大会

<準決勝> 2月20日

尾道    〇38-10 倉敷

石見智翠館 〇60-0 大津緑洋

 

<決勝> 2月21日

石見智翠館 〇42-0 尾道

 

 

四国大会

<決勝> 2月14日

松山聖陵 〇31-7 城東

九州大会

<2回戦(代表決定戦)>  2月22日

東福岡   〇124-5 鹿児島実

長崎北陽台 〇93-0 専大玉名

高鍋    〇36-19 読谷

佐賀工   〇33-14 大分東明

※開催は2回戦まで

※2回戦の勝者4校と2回戦の敗者1校が出場

※選考会議の結果、大分東明が出場権を獲得


<2021年度新人大会↓>

【近畿大会2021速報】高校ラグビー 第72回近畿高校新人大会

【九州大会2021速報】高校ラグビー 第43回木元杯全九州高校新人大会

コメントを残す

CAPTCHA