桐蔭学園の2連覇で幕を閉じた2020年度の全国高校ラグビー大会。

第100回の記念大会に相応しく、最後まで手に汗握る激戦が繰り広げられました。

例年ではこの後、花園で活躍した選手を中心に『高校日本代表』が結成されますが、今年は、コロナ禍のため当該活動が中止。

その代替として『大会優秀選手』30名が、日本協会から発表されました。

やはり気になってくるのは、彼らの進学先。

そこでここでは、優秀選手に選ばれた選手たちの顔ぶれを紹介するとともに、現時点で入手している情報をもとに、彼らの進学先をまとめていきたいと思います。

各大学のリクルートの充実度を示す1つの指標として、是非ご参考下さい。

※進学先の情報は、入手次第随時更新していきます。

大会優秀選手一覧と進学先

PO氏名所属学年サイズ進路
PR田中諒汰桐蔭学園3186/130
本田 啓東福岡3174/117東海
宮内慶大東福岡3176/107
森山飛翔京都成章1180/104
HO中山大暉桐蔭学園3175/100慶大
平生翔大関西学院3173/100
LO青木恵斗桐蔭学園3187/110帝京
田島貫太郎東福岡3194/87明大
ディアンズ
ワーナー
流経大柏3201/118
本橋拓馬京都成章3193/113帝京
FL
No.8
薄田周希東海大
仰星
2180/90
金 勇哲大阪朝鮮3176/95明大
倉橋歓太東海大
仰星
3182/104帝京
佐藤健次桐蔭学園3177/94早大
福田大晟中部大
春日丘
3175/95明大
ブル
セコナイヤ
大分東明3194/123日大
SH細矢聖樹國學院
栃木
3162/61早大
宮尾昌典京都成章3164/66早大
SO楢󠄀本幹志朗東福岡2176/83
安田昂平御所実3181/83明大
CTB秋濱悠太桐蔭学園3173/84明大
近藤翔耶東海大
仰星
3179/86東海
寺下功起東福岡3175/80明大
松澤駿平京都成章3177/85帝京
横山伊織流経大柏3176/90流経
WTB
FB
大畑亮太東海大
仰星
3175/74筑波
ナコ 
ジョアペ
大分東明3182/96日大
金 昂平大阪朝鮮3178/82明大
辻󠄀野隼大京都成章3175/82京産
矢崎由高桐蔭学園1180/77

(情報元:日本ラグビーフットボール協会)

大学別ランキング

ここからは進学人数を大学別に分け、ランキング形式でお伝えします。

1位 明治大(7人)

今年も圧倒的な1位は対抗戦王者・明治大学

2連覇を達成した桐蔭学園のバックスの要・秋濱悠太選手に、今季は”司令塔”としてチームを牽引した安田昂平選手(御所実)、そして、ベスト4へと躍進した大阪朝高の象徴・FB金 昂平選手など、今年も名だたる強豪校から『エース級』がこぞって紫紺の門戸を叩く。

さらにフォワード陣も、ヒガシの194cmの”長身ロック”田島貫太郎選手(東福岡)、大阪朝高の主将・金 勇哲選手、そして春日丘の主将・福田大晟など充実の顔ぶれ。

大学ラグビー界の中でも屈指の人気を誇り、豊富な推薦枠を持つ実に明治らしい布陣となっています。

2位 帝京大(4人)

そして2位は大学選手権ベスト4の帝京大学

No.8奥井章仁選手、HO江良颯選手(共に大阪桐蔭)の”超高校級コンビ”に象徴されるように、毎年多くの有望選手が入部する同校には、LO青木恵斗選手(桐蔭学園)、LO本橋拓馬選手(京都成章)という高校ラグビー界を代表する”ツインタワー”が揃って加入。

先に行われた決勝戦でも互いに違いを見せつけるなど、どのチームも喉から手が出るほど欲しい”大型ロック”を2人揃って呼び込めるあたりはさすが帝京。

2年時からチームの中核を担った倉橋歓太選手(東海大仰星)の加入も含め、今年も昨年に続く”豊作のリク”と言えるでしょう。

ここ3年は覇権から遠ざかるも、”真紅の王者”のネームバリューは全く色褪せていない。

3位 早稲田大(3人)

3位は大学選手権で2連覇を狙う早稲田

既に大学として公表しているため、詳細については別記事を参考にしていただきたい。

ただ言えることは、2連覇を達成した桐蔭学園のNo.8佐藤健次主将、準優勝した京都成章のSH宮尾昌典主将、そして国学院栃木のSH細矢聖樹主将と、世代トップの実力を持つことに加え、各チームでリーダーを経験している選手の加入は早稲田にとっては非常に大きい。

<早稲田2021推薦組↓>

【高校生進路2021】早稲田大学ラグビー部 スポーツ推薦入学者

4位 東海大&日大(2人)

4位は東海大と日大の2校。

まず、リーグ戦王者の東海大には、 強靱なボールキャリーで花園でも幾度となく相手ディフェンスをこじ開けたPR本田 啓選手(東福岡)、そして、準々決勝で東福岡と壮絶なる死闘を繰り広げた仰星の”リアルリーダー”CTB近藤翔耶主将(東海大仰星)が加入。

代表クラスの加入は例年多くはないものの、東海大のリクは毎年魅力的です。

 

そして、2年連続で選手権ベスト8と躍進の続く日大には、大分東明のNo.8ブル・セコナイヤ選手とWTBナコ・ジョアペ選手が加入。

2度目の花園出場ながら”ベスト16入り”を果たしたチームの原動力となった2人の入部は、日大にとって大きな力となるはずです。

5位 慶大&筑波&流経大&京産大(1人)

そして5位は4校が1名ずつ。

対抗戦3位の慶大に加入するのは、原田衛選手、田中慶伸選手(共に慶大3年・桐蔭学園)のルーツを継ぐ大器で、2年連続で花園優勝メンバーに名を連ねるHO中山大暉選手(桐蔭学園)。

リーグ戦2位の流経大には2年時から主力を担い、今季もチームの大黒柱として活躍したCTB横山伊織選手(流経大柏)。

関西リーグ3位の京産大には、京都成章の共同主将の一人としてチームを初の花園準優勝へ導いたFB辻野隼大選手がそれぞれ加入。

そして”大畑2世”として今年注目を浴びた東海大仰星の”スピードスター”大畑亮太選手は、”国立の雄”筑波を選択。

どの選手も1年目からAチームでの活躍が期待される逸材だらけです。

 

花園を席巻した彼らが大学という新たなステージで、どこまで輝きを増していくのか。

それぞれのジャージを身にまとう彼らの姿を、今から楽しみにしたいと思います。

大会エンディング

最後に、毎年”J SPORTS”が作成する号泣必至の『花園エンディング映像』を共有させて頂きます。

選手目線でも、親目線でも涙なしに見ることができません。

是非右手にハンカチをご用意の上、ご覧下さい。

<おすすめ書籍>

第100回全国高校ラグビー大会 決算号(※1/16発売)


高校ラグビー 花園の記憶(12/28発売)

<新チーム戦力予想↓>

【新チーム大予想2021】早稲田大学ラグビー部

【新チーム大予想2021】明治大学ラグビー部

【新チーム大予想2021】慶應義塾大学蹴球部

【新チーム大予想2021】天理大学ラグビー部

【新チーム大予想2021】法政大学ラグビー部

<早稲田2021推薦組>

【高校生進路2021】早稲田大学ラグビー部 スポーツ推薦入学者

<昨年度進路情報>

【新入生2020まとめ】大学ラグビー 主要リーグ2020年度新入部員

コメントを残す

CAPTCHA