大学ラグビーも各リーグが終了し、2020年度シーズンもいよいよ大詰めを迎えています。

今季はコロナ禍で短期集中型の過酷な日程を余儀なくされる中、最後まで各校のプライドを懸けた激戦が繰り広げられました。

ここでは、その印象的なシーズンの中でも、個人的に最も活躍したと思う選手を、”ベスト15”という形でポジション別に発表していきたいと思います。

今回は明治が2連覇を達成した『関東対抗戦Aグループ編』をお伝えします。

 

2020関東対抗戦A ベスト15

選出のポイントは例年同様以下の通りです。

選出ポイント
・コンスタントに試合に出続けていた選手
・チームのために体を張っていた選手
・単純にプレースタイルが好きな選手
・出来る限り4年生

それではポジション別に発表していきましょう。

(以下 敬称略)

フォワード(FW)

フロントロー(PR/HO)

PR1 木原優作(筑波大2年/東福岡)

『高校日本代表』『ジュニアジャパン』など各年代別の代表に名を連ねる世代屈指のフロントロー。

ルーキーイヤーから筑波の”1番”を託され、今季も対抗戦全試合で先発出場を果たした。

175cm/100kgと強豪校のプロップとしては決して大柄ではないが、スクラムの強さと俊敏さを兼ね備えたフィールドプレーは一級品。

筑波フォワードはこの選手の存在なくしては語れない。

【候補選手】

竹内 寛(慶大4年/慶應義塾)

久保 優(早大4年/筑紫)

近藤芽吹(帝京大4年/新潟工)

 


HO 原田 衛(慶大3年/桐蔭学園)

強靱なフィジカルと巧みなスクラムワークで、昨季以降、慶應”不動の2番”として君臨する。

今季”11トライ”は対抗戦堂々のトライ王。

この数字は慶應の武器である”ドライビングモール”の破壊力を示すと同時に、ラインアウトにおけるこの選手の”スローイング”の正確さも証明している。

【候補選手】

田森海音(明大3年/長崎北陽台)

江良颯(帝京大1年/大阪桐蔭)

相良隆太(立大4年/桐蔭学園)

 


PR3 小林賢太(早大3年/東福岡)

早稲田のスクラムを”耐える”スクラムから、”押し込む”スクラムへと進化させた功労者。

80分間走りきるフィットネスと柔らかいハンドリングスキルは現代の”プロップ像”を象徴する。

早稲田の2連覇はこの選手の組むスクラムにかかっているといっても過言ではない。

【候補選手】

大山祥平(慶大4年/慶應義塾)

渡邉元太(帝京大4年/大分臼杵)

大賀宗志(明大2年/報徳学園)

 

セカンドロー(LO)

LO4 片倉 康瑛(明大4年/明大中野)

明治のラインアウトを司るビッグマン。

今季は開幕戦こそ欠場するも、第2節以降全試合で”4番”を背負い、副将としても最前線で身体を張り続けた。

この先の選手権でもラインアウト前方に立ち塞がるこの高い壁を攻略しなければ、対戦校にとって勝利は見えてこない。

【候補選手】

相部開哉(慶大4年/慶應義塾)

中原健太(筑波大4年/法政二)

大﨑哲徳(早大3年/国学院久我山)

 


LO5 山川一瑳(帝京大2年/常翔学園)

フォワードからバックスまで複数ポジションをこなす期待のアスリート。

毎試合スタメンが入れ替わる今季の帝京にあって、唯一開幕から全試合でスタメンを張り続けた。

ジャンパーから突破役まで大車輪の活躍を見せたこの選手が、選手権でもフォワードの軸となってくることは間違いない。

【候補選手】

下川甲嗣(早大4年/修猷館)

玉置将也(日体大4年/熊野)

森田寛生(青学大4年/専大松戸)

 

バックロー(FL/No.8)

FL6 肘井洲大(青学大4年/常翔学園)

今季対抗戦で一番のサプライズがこの選手。

開幕節・早稲田戦で見せた”魂のタックル”は、強烈なインパクトとして今も脳裏に焼き付いている。

170cm/80kgのサイズで躍動する姿は、まさに『小兵フランカーの星』。

対抗戦デビューを果たした今年がラストイヤーとなってしまうことが残念でならない。

【候補選手】

福田陸人(明大3年/国学院栃木)

相良昌彦(早大2年/早稲田実)

今野勇久(慶大2年/桐蔭学園)

 


FL7 山本 凱(慶大3年/慶應義塾)

慶應浮沈のカギを握る唯一無二のファイター。

今季も対抗戦全試合で”7番”を背負い、タックル、ジャッカル、ボールキャリー全てで違いを生み出し続けた。

第3列に求められるスキルやセンスなど、総合力でこの選手の右に出るものはいない。

【候補選手】

繁松哲大(明大4年/札幌山の手)

中谷玲於(青学大3年/京都成章)

村田陣悟(早大1年/京都成章)

 


No.8 箸本龍雅(明大4年/東福岡)

巨躯を揺らしてキャリーを繰り返す姿はまさに鬼神。

その”主将然”たる表情、立ち居振る舞いは、どんな時でもチームへ闘志と落ち着きをもたらせる。

主将の役割はチームを勝たせること。

その意味でもこの選手を外すわけにはいかない。

【候補選手】

丸尾崇真(早大4年/早稲田実)

齊藤裕大(青学大4年/青山学院)

奥井章仁(帝京大1年/大阪桐蔭)

バックス(BK)

ハーフバック(SH/SO)

SH 飯沼 蓮(明大3年/日川)

対抗戦全試合でスタメンを張り、明治”不動の9番”として君臨。

今季は持ち前のゲームメイクに加え、アタックでのサポートプレーやタックル、ジャッカルでも身体を張り続けた。

毎試合チームへ安定感をもたらすその活躍ぶりは、王者・明治の”心臓部”を担う存在として相応しい。

【候補選手】

上村龍舞(慶大4年/国学院栃木)

鈴村淳史(筑波大3年/中部大春日丘)

小西泰聖(早大2年/桐蔭学園)

 


SO 吉村 紘(早大2年/東福岡)

巧さと速さに加え、今季は力強さも備えたゲームメイクで早稲田のアタックを牽引。

前司令塔・岸岡智樹選手(現/クボタ)との”比較”という重圧を見事に跳ね返し、後継者争いの議論に終止符を打った。

早稲田2年連続の”荒ぶる”獲得のためには、この選手の成長が不可欠。

【候補選手】

山田雅也(筑波大4年/桐蔭学園)

高本幹也(帝京大2年/大阪桐蔭)

岡本力哉(立教大4年/中部大春日丘)

センター(CTB)

CTB12  岡﨑航大(筑波大4年/長崎北陽台)

昨季の度重なる負傷から復活し、今季は第4節・立教大戦を除く全ての試合で80分間ピッチに立ち続けた。

ボールキャリーやタックルなど全ての局面で”ハードワーク”するその姿は、”泥臭さ”、”しぶとさ”を標榜する筑波ラグビーを見事に体現する。

シーズンを通してその勇姿を見ることができたことに感謝したい。

【候補選手】

森 勇登(明大4年/東福岡)

平井亮佑(早大4年/修猷館)

押川敦治(帝京大3年/京都成章)

 


CTB13 三木亮弥(慶大4年/京都成章)

慶應”魂のタックル”を体現するハードタックラー。

今季も全試合で最後までピッチに立ち続け、屈強な猛者たちへひたすらタックルを繰り返した。

今季はラストイヤー。

副将としても”日本一”という結果を掴み取りたい。

【候補選手】

児玉 樹(明大3年/秋田工)

長田智希(早大3年/東海大仰星)

河部周次(青学大4年/中部大春日丘)

 

バックスリー(WTB/FB)

WTB11 石田吉平(明大2年/常翔学園)

ついに今季ベールを抜いだ明治の”リーサルウェポン”。

ディフェンスラインを瞬時に切り裂くステップと爆発的な加速力は、これまで持っていた常識を凌駕する。

まだあと2年、この選手が”紫紺”に袖を通す姿を見れる明治ファンが羨ましくてならない。

【候補選手】

尾﨑泰雅(帝京大4年/伏見工)

仁熊秀斗(筑波大4年/石見智翠館)

古賀由教(早大4年/東福岡)

 


WTB14 槇 瑛人(早大2年/国学院久我山)

SH小西選手、SO吉村選手と並ぶ早稲田『新・黄金世代』の中心的存在。

トライ数4本はウィングとして決して多いとは言えないが、ここぞという場面で見せるラインブレイクは苦しい局面を何度もチャンスに変えてきた。

そのフィジカルの強さは早稲田バックス随一。

個人的に最も選手権での爆発に期待がかかる選手でもある。

【候補選手】

木村朋也(帝京大4年/伏見工)

沖 洸成(慶大4年/尾道)

植村陽彦(筑波大2年/茗渓学園)

 


FB 奥村 翔(帝京大4年/伏見工)

今季挙げた115得点は対抗戦断トツの得点王。

レギュラーを勝ち取った昨季以降、”最後尾”に君臨し続けるこの選手の貢献度は計り知れない。

対抗戦では早稲田戦から3連敗と苦しい状況が続くが、”9連覇時代”を知るラスト世代の中心選手として、このままで終わるわけにはいかない。

【候補選手】

松永貫汰(筑波大3年/大産大附)

小林将也(立教大4年/国学院栃木)

山田 響(慶大1年/報徳学園)

 

ルーキーオブザイヤー

FL  村田陣吾(早大1年/京都成章)

第2節・立教大戦でスタメンの座を勝ち取ると、以降全試合で80分間ピッチに立ち続けた。

局面を打開する頑強な”ボールキャリー”と、ハードワークを厭わない”献身性”は、今や早稲田にとって欠くことができない。

プレータイムで見ると筑波FL梁川選手、慶應FB山田選手に次ぐ3番手ながら、チームへの貢献度ではこの選手が”No.1”と見る。

ベスト15まとめ

◆2020年度関東対抗戦Aベスト15◆

1 PR
木原優作②
(筑波大)

2 HO
原田 衛③
(慶應大)

3 PR
小林賢太③
(早稲田大)

4 LO
片倉康瑛④
(明治大)

5 LO
山川一瑳②
(帝京大)

6 FL
肘井洲大④
(青学大)

8 No.8
箸本龍雅④
(明治大)

7 FL
山本 凱③
(慶應大)

9 SH
飯沼 蓮③
(明治大)

12 CTB
岡﨑航大④
(筑波大)

10 SO
吉村 紘②
(早稲田大)

13 CTB
三木亮弥④
(慶應大)

11 WTB
石田吉平②
(明治大)

15 FB
奥村 翔④
(帝京大)

14 WTB
槇 瑛人②
(早稲田大)

<2020年度ベスト15まとめ>

【勝手にベスト15まとめ】大学ラグビー2020 対抗戦/リーグ戦/関西A

<新チーム戦力予想↓>

【新チーム大予想2021】早稲田大学ラグビー部

【新チーム大予想2021】明治大学ラグビー部

【新チーム大予想2021】慶應義塾大学蹴球部

【新チーム大予想2021】天理大学ラグビー部

コメントを残す

CAPTCHA