高校日本代表候補に続き、日本協会から2021年度の『U20日本代表』候補メンバーが発表された。

今年の活動はコロナ禍のため全てオンライン上で行われるとのことだが、ここに選出されたメンバーは『U20世代』を代表する将来有望な選手ばかり。

彼らが桜のジャージへ袖を通し、日の丸を背負ってピッチに立つ姿が今から楽しみでならない。

ここでは、今回代表候補に選ばれたメンバーの中で個人的な注目選手を紹介すると共に、候補者数をチーム別のランキング形式で見ていきたい。

2021年度 U20日本代表候補

フォワード(27名)

PO氏名所属出身校サイズ
PR亀山昇太郎早稲田大茗渓学園176/120
PR木原三四郎専修大東福岡181/108
PR高橋陽大神戸製鋼ロトルア
ボーイズ
186/108
PR西﨑海人京都産業大報徳学園177/105
PR前川直哉東海大東海大
仰星
178/106
PR宮内慶大関西大東福岡175/105
PR山本敦輝同志社大常翔学園177/106
HO大本峻士常翔学園173/102
HO當眞 蓮帝京大流経大柏176/92
HO中山大暉慶応義塾大桐蔭学園176/94
HO平生翔大関西学院大関西学院172/100
HO
PR
本田 啓東海大東福岡173/117
LO青木恵斗帝京大桐蔭学園187/110
LO川瀬悠河東海大東海大
相模
188/90
LOシンクル蓮流通経済大札幌
山の手
190/100
LO田島貫太郎明治大東福岡195/88
LOワーナー
ディアンズ
東芝流経大柏201/117
LO本橋拓馬帝京大京都成章192/113
FL薄田周希東海大仰星180/92
FL木戸大士郎明治大常翔学園185/93
FL佐藤健次早稲田大桐蔭学園177/93
FL福田大晟明治大中部大
春日丘
173/95
FL村田陣悟早稲田大京都成章185/100
FL吉田爽真明治大國學院
栃木
177/93
NO8茨木 颯東福岡186/81
NO8倉橋歓太帝京大東海大
仰星
181/103
NO8丹治好晴専修大東海大
相模
180/88

注目選手

昨冬花園で活躍したメンバーを中心に豪華な顔ぶれが並ぶフォワード陣。

国際レベルのフィジカルが求められるこのポジションにあって、3人の高校生が飛び級で選出されたことには正直驚いた。

昨今の花園、そして今年3月に行われた選抜大会を見ていても感じるが、高校生のフィジカルレベルは近年目覚ましいスピードで進化を遂げているということなのだろう。

 

そしてこのフォワードで個人的に注目するのは、NZからの”逆輸入選手”高橋陽大選手(神戸製鋼)。

中学3年生で海を渡りNZの名門・ロトルアボーイズへ留学、1年目から『U15』の地域選抜に選ばれるなど頭角を現わすと、高校2年生ではスーパーラグビー・チーフスの『U18代表』、NZの”トップ100”と言われる『高校代表候補』に日本人で初めて選出。

そのままNZへ滞在していればチーフスの『U20』入りも確実視される中、昨年12月に神戸製鋼とプロ契約を結んだ正真正銘の逸材だ。

近年大学ラグビーでも”逆輸入選手”が増加傾向にある中、特に体格・フィジカル・俊敏性を求められる”NZの第1列”として実績を残してきたことは本当に素晴らしく、日本人としての可能性を大いに感じさせてくれる。

日本の高校や大学を通らずとも、トップチームや日本代表で活躍できる。

高橋選手には”留学”や”第1列”を志す選手たちにとって、モデルケースとなる活躍を是非期待したいところだ。

バックス(21名)

PO氏名所属出身校サイズ
SH川久保瑛斗長崎北陽台160/66
SH髙橋佑太朗茗渓学園172/72
SH辻 時羽東海大常翔学園173/70
SH宮尾昌典早稲田大京都成章163/68
SH宮坂航生専修大中部大
春日丘
172/72
SO小村真也帝京大ハミルトン
ボーイズ
179/80
SO嶋 竜輝近畿大日本航空
石川
176/83
SO辻野隼大京都産業大京都成章176/83
SO楢本幹志朗東福岡177/83
SO堀 日向太筑波大中部大
春日丘
175/72
CTB東 海隼光泉
カトリック
181/79
CTB川村祐太関西学院大関西学院180/90
CTB平 翔太東福岡175/85
CTB近藤翔耶東海大東海大仰星179/86
CTB寺下功起明治大東福岡176/80
CTB横山伊織流通経済大流経大柏176/85
WTB大畑亮太筑波大東海大仰星172/69
WTB安田昂平明治大御所実181/85
FB坂本公平明治大東福岡178/82
FB金 昂平明治大大阪朝鮮178/82
FB福島秀法修猷館182/82

(情報元:日本ラグビーフットボール協会HP)

注目選手

先週行われた春季大会初戦(大東大戦)で衝撃デビューを飾った小村真也選手(帝京大)を始め、バックスにも世代を代表するメンバーが集結。

この中で注目選手に挙げるのは、今回6人が選ばれた高校生の1人・SH川久保瑛斗選手(長崎北陽台)。

的確なパスワーク、強気な仕掛け、そしてサイズを補って余りあるディフェンス力を武器に、北陽台で2年時から⑨番を背負う長崎の逸材。

先日発表された『高校日本代表候補』に名を連ねたのに加え、当時中学生で唯一人選出された『セブンズユースアカデミー』にも2017年度から5年連続で招集されるなど、7人制の選手としても高い評価を受ける次世代の”スター候補生”だ。

今年の北陽台はHB団でコンビを組むSO大町佳生選手(3年)、ロックの白丸智乃祐選手(2年)も『高校代表候補』に選出されるなど豊富なタレントを擁している。

彼らがこの代表活動を通して培った経験やスキルをチームへどう還元していくのか。

今年の北陽台というチームにも期待をしたい。

学校別候補者ランキング

ここからは代表候補者の人数を所属チーム別に見ていく。

順位チーム名総数FW/BK
1位明治大8名4名/4名
2位帝京大5名4名/1名
東海大5名3名/2名
3位早稲田大4名3名/1名
4位専修大3名2名/1名
東福岡3名1名/2名
5位流通経済大2名1名/1名
筑波大2名0名/2名
京産大2名1名/1名
関西学院大2名1名/1名
6位神戸製鋼1名1名/0名
東芝1名1名/0名
慶応義塾大1名1名/0名
同志社大1名1名/0名
近畿大1名0名/1名
関西大1名1名/0名
東海大仰星1名1名/0名
常翔学園1名1名/0名
茗渓学園1名0名/1名
光泉カトリック1名0名/1名
長崎北陽台1名0名/1名
修猷館1名0名/1名

今回最も多くの代表候補を輩出したのは明治大

今年度も全体最多11名の代表クラスが入部し、この『U20』にもフォワード・バックスそれぞれ4名が選出された点からも、”対抗戦王者”の戦力の充実ぶりとバランスの良さがうかがえる。

 

全体2位に入ったのは帝京大東海大

前者は明治と並び花園のスター級が多く加入し、後者は例年以上に多くの新入生(55名)を迎え入れた。

いずれもタレント力は大学トップクラス。

この結果は納得だろう。

 

そして、3位に入った早稲田からは佐藤健次選手(桐蔭学園)ら期待のルーキー勢に加え、村田陣悟選手(2年)も候補に名を連ねた。

高校時代、『高校日本代表』のセレクションで落選し、その悔しさを糧に大学でさらなるレベルアップに取り組んできた同選手。

ルーキーイヤーの昨季はフォワードの中核として大ブレークを果たし、早稲田の大学選手権準優勝へ貢献した功労者なだけに、この選出は早稲田ファンにとっても嬉しいニュースだ。

 

そして最後に、昨年度の”大学王者”天理大にはやはり触れておきたい。

高校ラグビー界のスター選手に頼らず、叩き上げの選手を中心に据え、昨年ついに悲願の日本一を掴み取った”黒衣軍団”。

今年の新入生に代表クラスは存在せず、『U20』でも選出者がいなかった事実からも、チームとしてのそのブレない姿勢とポリシーが伝わってくる。

フィフィタ選手(現/近鉄)・藤原選手(現/NTTコム)・松永選手(現/東芝)ら『黄金世代』が卒業し、世代交代を進める今季。

名将・小松監督がどのようなチームを作り上げてくるのか。

今年もその戦いぶりに注目したい。

<高校日本代表候補ランキング↓>

【2021年度】ラグビー高校日本代表候補 学校別ランキング

<大学新入生特集2021↓>

【新入生2021まとめ】大学ラグビー 2021年度新入部員

コメントを残す

CAPTCHA