大学ラグビーも各リーグが終了し、2020年度シーズンもいよいよ大詰めを迎えています。

今季はコロナ禍で短期集中型の過酷な日程を余儀なくされる中、最後まで各校のプライドを懸けた激戦が繰り広げられました。

ここでは、その印象的なシーズンの中でも、個人的に最も活躍したと思う選手を、”ベスト15”という形でポジション別に発表していきたいと思います。

今回は東海大が3連覇を達成した『関東リーグ戦1部編』をお伝えします。

2020関東リーグ戦1部 ベスト15

選出のポイントは例年同様以下の通りです。

選出ポイント
・コンスタントに試合に出続けていた選手
・チームのために体を張っていた選手
・単純にプレースタイルが好きな選手
・出来る限り4年生

それではポジション別に発表していきましょう。

(以下 敬称略)

フォワード(FW)

フロントロー(PR/HO)

PR1 児玉悠希(関東学大4年/大分雄城台)

下級生時代から試合へ出場し、チームを支えてきた功労者。

持ち前の”低く押し込むスクラム”が、自身初となる1部の舞台でも十分通用することを証明した。

フォワードのカントー”を再び印象づけてくれた1年。

心から労いの言葉を贈りたい。

【候補選手】

稲田 壮一郎(法大3年/中部大春日丘)

小川寛大(流経大4年/伏見工)

檀野友多郎(専大4年/光泉)

 


HO 藤村琉士(日大4年/京都成章)

日大フォワードに1本筋を通す”ハードワーカー”。

今季は第2節から登場すると、開幕戦(中大戦)での苦戦がまるで嘘の様にチームを戦う集団へと変貌させた。

派手さはなくとも、コンタクトエリアで愚直に身体を張る姿は、”闘将”の名こそ相応しい。

【候補選手】

松田一真(流経大4年/常翔学園)

山田生真(東海大4年/東海大仰星)

岡 輝剛(関東学大4年/佐賀工)

 


PR3 菊田圭佑(法大4年/仙台育英)

昨年からリーグ戦全ての試合で”③番”を背負い、今季4位へと躍進したチームを支え続けた。

東海大や流経大など上位勢相手にも互角以上に渡り合い、完全に法政の武器として定着した”スクラム”。

その進化はこの選手の存在なくして語ることは出来ない。

【候補選手】

津嘉山廉人(流経大4年/流経大柏)

壽文字 将(関東学大4年/盛岡工)

前田 翔(東海大3年/東海大仰星)

 

セカンドロー(LO)

LO4 呉山聖道(大東大4年/大阪桐蔭)

SH南主将が開幕節を最後に長期離脱する中、ゲームキャプテンとしてピッチへ立ち続けた。

勝ちに恵まれない状況の中でも最後に踏みとどまることができたのは、いかなる局面でも身体を張り続けたこの選手の存在が大きい。

この背中を見た後輩たちが、来期以降再び強い”モスグリーン軍団”を作り上げてくれることを、期待して止まない。

【候補選手】

ワイサケ・ララトプァ(東海大2年/Ratu SirLala)

趙 誠悠(日大3年/大阪朝鮮)

タマ・カペネ(流経大3年/Scots College)

 


LO5 藤牧拓真(中央大4年/国学院栃木)

時にはペネトレーターとして、時にはジャッカルの名手として、攻守にわたり獅子奮迅の活躍を見せた。

181cmとロックとしては小柄ながら、ピッチ上での存在感は誰よりも大きい。

FL川勝自然主将と並び今季の中大を象徴する存在だった。

【候補選手】

横井 隼(東海大4年/石見智翠館)

竹部 力(法大1年/大分舞鶴)

矢野裕二郎(関東学大1年/関東学院六浦)

バックロー(FL/No.8)

FL6 吉永純也(法大4年/東福岡)

何度も負傷に倒れながらも、次の試合では”⑥番”をまとい復活してきた。

怪我を押してのプレーは自身満足いくものではなかったもしれないが、主将としてピッチに立ち、味方を鼓舞し続けたことに大きな価値がある。

将来のある選手。

まずはゆっくりと傷を癒やし、次なるステージへと歩を進めてもらいたい。

【候補選手】

川勝自然(中大4年/桐蔭学園)

田中侑輝(大東大4年/岐阜工)

山﨑 海(関東学大3年/佐賀工)

 


FL7 坂本侑翼(流経大4年/流経大柏)

痛みをいとわない愚直なプレーでチームを支える生粋のファイター。

留学生を中心とした”破壊力”が代名詞の流経フォワードにあって、毎試合、地道な仕事に徹するこの選手の貢献度は計り知れない。

正直昨季までこの選手に注目してこなかったが、今季そのプレーに触れ、主将へ選ばれた意味を理解した。

【候補選手】

山下憲太(法大4年/長崎海星)

ジョーンズリチャード剛(東海大3年/伏見工)

西山周作(中大2年/桐蔭学園)

 


No.8 吉田大亮(東海大4年/東海大仰星)

コロナに揺れる難しいシーズンを戦い抜き、チームをリーグ3連覇へと導いた。

今季はチームのまとめ役に徹してか、まだまだ大人しい印象が拭えない。

東海の日本一達成には、この闘将の爆発が不可欠。

【候補選手】

長谷銀次朗(日大4年/御所実)

原 健将(専修大4年/桐蔭学園)

尾崎遼太朗(関東学大4年/ウェストレイクボーイズ)

バックス(BK)

ハーフバック(SH/SO)

SH 成田 圭(中大4年/明和県央)

リーグ戦全試合でスタメンを張り、今季も”不動の9番”へ君臨。

”中大のエンジン”として攻守に走り続け、効果的なパスを供給し続けた。

前年度最下位から5位への躍進は、この選手が支えたと言っても過言ではない。

【候補選手】

中村友哉(東海大4年/伏見工)

隠塚翔太朗(法大3年/東福岡)

野村 悠(流経大3年/流経大柏)

 


SO 芳崎風太(関東学大3年/関東学院六浦)

スタンドオフとして、センターとして、シーズンを通して”カントー”のアタックの中心であり続けた。

7位のチームで得点ランク2位(58得点)の成績は見事の一言。

この選手がいる限り、来季も復活への歩みが止まることはない。

【候補選手】

熊田経道(法大1年/大産大附)

武藤ゆらぎ(東海大1年/東海大仰星)

森野幹太(専大4年/東福岡)

 

センター(CTB)

CTB12  夏井大樹(専大4年/秋田中央)

開幕戦以降勝利に見放されながらも、主将として全ての試合でグラウンドへ立ち続けた。

今季躍進を目指した専修にとって、最下位という成績は決して臨んだものではなかったはず。

それでも最後まで戦う姿勢が失われなかったのは、いかなる時もこの選手がピッチでチームを牽引し続けたからこそ。

その奮闘に心から敬意を表したい。

【候補選手】

赤木 凜(東海大4年/伏見工)

有田闘志樹(法大3年/鹿児島実)

広瀬龍二(日大2年/日川)

 


CTB13 ヴィリアメ・タカヤワ(流経大4年/KelstonBoys)

スピード、フィジカル、柔軟性全てに優れ、流経の”ダイナミックラグビー”を体現するオールラウンダー。

今季もチームの中核としてピッチ上でその存在感を示し続けた。

サンウルブズにも選ばれたイノケ・ブルア選手(3年)の”ジョーカー”起用は、この選手が毎試合安定した働きをしてくれるからこそ成り立つ。

流経悲願の選手権制覇へ、この選手は欠かすことができない。

【候補選手】

フレイザー・クワーク(日大3年/開志国際)

杉浦拓実(東海大4年/東京)

綿引寛人(中大4年/国学院栃木)

 

バックスリー(WTB/FB)

WTB11 福士萌起(関東学大4年/佐賀工)

ボールを持てば誰にも止められない。

今季も大外で幾度もチャンスを演出し、『無双』の名をほしいままにした。

多くの一流選手を生み出した”カントー”。

その伝統を今季受け継ぐならこの選手か。

モエキ

次はどこでこの名を見ることが出来るのか、楽しみにしたい。

【候補選手】

中西海斗(流経大3年/報徳学園)

石岡玲英(法大1年/御所実)

谷口宜顕(東海大1年/東海大仰星)

 


WTB14 水間夢翔(日大2年・佐賀工)

今季リーグ戦最大のインパクトはこの選手。

167㎝/93kgの体躯から信じられないほどのパワーとスピードを放ち続けた。

今季8トライはリーグ戦トライランク2位だが、最終戦が行われていたらトライ王の座はこの選手のものだったかもしれない。

選手権でもこの”重戦車ウィング”が猛威を振るえば、昨年越え(ベスト4以上)も現実味を帯びてくる。

【候補選手】

萬田開人(関東学大4年/仙台育英)

斉藤大智(法大4年/黒沢尻北)

花田悠太朗(専大4年/日川)

 


FB 根塚洸雅(法大4年/東海大仰星)

トライランキングでは10位(5T)に終わったが、この選手の価値は数字で推し量ることはできない。

チャンスを演出するランスキル、最後尾を司るエリアマネジメント、そしてチームを鼓舞する闘争心。

その全てが”スペシャル”。

今年でラストイヤー。

選手権で躍動する姿が見たかった。

【候補選手】

河野竣太(流経大3年/常翔学園)

酒井亮治(東海大3年/東海大相模)

鈴木 匠(大東大4年/札幌山の手)

ルーキーオブザイヤー

LO  竹部 力(法大1年/大分舞鶴)

開幕から7試合全てで先発フル出場。

今季ルーキーで全試合に先発した選手6人中、フル出場した選手はわずか2人(竹部選手/WTB石岡玲英選手)。

中でも、消耗度の高いフォワードとして、1年間ピッチに立ち続けたことは称賛に値する。

将来の法政を背負って立つ存在。

期待しかない。

ベスト15まとめ

◆2020年度関東リーグ戦ベスト15◆

1 PR
児玉悠希④
(関東学大)

2 HO
岡 輝剛④
(日本大)

3 PR
菊田圭佑④
(法政大)

4 LO
呉山聖道④
(大東大)

5 LO
藤牧拓真④
(中央大)

6 FL
吉永純也④
(法政大)

8 No.8
吉田大亮④
(東海大)

7 FL
坂本侑翼④
(流経大)

9 SH
成田 圭④
(中央大)

12 CTB
夏井大樹④
(専修大)

10 SO
芳崎風太③
(関東学大)

13 CTB
ヴィリアメ・
タカヤワ④
(流経大)

11 WTB
福士萌起④
(関東学大)

15 FB
根塚洸雅④
(法政大)

14 WTB
水間夢翔②
(日本大)

<2020年度ベスト15↓>

【勝手にベスト15!!】大学ラグビー2020 関東対抗戦Aグループ

【勝手にベスト15!!】大学ラグビー2020 ムロオ関西Aリーグ

<新チーム戦力予想↓>

【新チーム大予想2021】法政大学ラグビー部

【新チーム大予想2021】早稲田大学ラグビー部

【新チーム大予想2021】明治大学ラグビー部

【新チーム大予想2021】天理大学ラグビー部

 

コメントを残す

CAPTCHA