各大学の2020年度新体制を紹介するシリーズの第3弾は関西大学Aリーグ。

2年連続で大学選手権ベスト4に進出した天理、準々決勝で前年度王者・明治に肉薄した関西学院と、”東高西低”が叫ばれて久しい大学ラグビーにあって、その実力差は確実に埋まりつつあります。

今年は(レギュレーションに変更がなければ)大学選手権出場枠が昨年より1枠減り3枠となることから、上位争いは昨年以上に激戦となることが予想されます。

新シーズンに向けて、各チームの新体制はどのような布陣となっているのか。

昨年の順位順に見ていきたいと思います。

関西大学ラグビー Aリーグ

天理大学

監督小松節夫
主将松岡大和FL4年甲南
副将シオサイア・フィフィタCTB4年日本航空石川

関西リーグ4連覇、2年連続の正月越えと、”関西の雄”としての地位を確固たるものにしてきた近年の天理大学。

一昨年は明治、昨年は早稲田と関東の伝統校の前に”完全アウェイ”の洗礼を受ける結果となってしまいましたが、今や天理が大学トップレベルの実力を有していることに疑いの余地はありません。

今年こそ悲願の日本一へ。

部員数150人超と強豪校でも随一の大所帯を率いるリーダーに就任したのは、昨年3年生ながら全試合に先発フル出場を果たし、フォワードの核として活躍した松岡大和選手。

同じポジションで昨季の主将を務めた岡山仙治選手(クボタへ加入)の様な派手さはないものの、オフェンス面では、ボールのある所に必ず顔を出せる洞察力と自らトライも奪える嗅覚を持ち、ディフェンス面においては、80分を通して相手にタックルをし続けられるフィットネスと献身性を持つ同選手。

この抜群のワークレートの高さもさることながら、試合中誰よりも大きな声を出し、チームが苦しいときでも味方を鼓舞し続けることができる資質はまさにリーダーの器。

他ライバル校は花園常連校出身のリーダーが名を連ね、さらに同学年にはSO松永拓郎選手(4年・大阪産大)、SH藤原忍選手(4年・日本航空石川)ら1年生時から不動の地位を確立してきた選手が存在する中でのこの選出。

松岡選手のリーダーシップと人柄の良さを感じざるを得ません。

前述した藤原選手、松永選手のHB団に加え、サンウルブズでここまで全試合に出場中のCTBシオサイア・フィフィタ副将ら、昨季の主力がこぞって残留する今季の天理は強い。

最注目のチームであることは間違いありません。

<2020戦力予想はこちら↓>

(最新)【戦力予想2020】関西Aリーグ 天理大学 ~FW編~

(最新)【戦力予想2020】関西Aリーグ 天理大学 ~BK編~

 

同志社大学

監督伊藤紀晶
主将中尾泰星FL4年大分舞鶴
副将栗原勘之PR4年報徳学園
人羅奎太郎SH4年東海大仰星

神戸製鋼でも活躍したOB伊藤紀晶氏を新HCへ迎え、新たなスタートをきる今季の同志社。

新チームの主将へ就任したのは九州の名門・大分舞鶴でも主将を務めた経験を持つ中尾泰星選手。

大学2年生時にレギュラーポジションを確保しながら、昨年はリーグ終盤までベンチ入りすら果たせない苦しいシーズンを過ごした同選手。

それでも第6節の天理戦で6番を付けて出場を果たすと、放たれた虎のようにボールへのしつこい絡みと好タックルを連発し定位置を確保。

迎えたリーグ最終戦の立命館戦では、その活躍が評価されMan of the Match(MOM)にも選ばれるなど、シーズン終盤にようやく本来の輝きを取戻す活躍を見せました。

やはり苦しい経験をした人間は強い。

復活を期すチームの主将を託されたのも納得です。

近年、ライバル天理に水を開けられて久しい同志社ですが、今年のチームはCTB和田悠一郎選手(3年・東海大仰星)、WTB山口楓斗選手(3年・東海大福岡)、LO梁本旺義選手(2年・常翔学園)、SH新和田錬選手(2年・尾道)ら、現在ジュニア・ジャパンとしてパシフィックチャレンジで輝きを見せている逸材がズラリ。

タレント力では決して天理にも引けを取りません。

個々の才能をいかにチーム力へ昇華させていくことができるか。

ここは伊藤新監督の手腕にも期待です。

まずは2015年以来となる5年ぶりの関西制覇、そして36年ぶりの大学日本一へ。

関西のラグビーファンは今年も『強い同志社』の復活を心待ちにしています。

<2020戦力予想はこちら↓>

【戦力予想2020】関西Aリーグ 同志社大学 ~FW編~

【戦力予想2020】関西Aリーグ 同志社大学 ~BK編~

 

関西学院大学

監督小樋山 樹
主将竹内海斗HO4年天理
副将呉 嶺太SO4年大阪朝鮮

昨季、5大会ぶりに出場した選手権準々決勝で明治相手に、試合終盤まで互角に渡り合った関西学院。

際立つスター選手はいないものの、磨き上げられたスクラムと強固なディフェンスで前年度王者を相手に真っ向から対抗した姿は見るものの心を揺さぶりました。

関学ここにあり。

そう印象づけるには十分な素晴らしいチームでした。

そして迎える今季、新チームの主将に任命されたのはHO竹内海斗選手。

昨季全試合でスタメン出場を果たし、PR原口主将、PR小寺選手と共に、チームの”生命線”であるスクラムの要として最前線で身体を張り続けた男。

この人事は今年もスクラムは重点強化ポイントの一つであるという意思の表れでしょう。

2015年度の最下位以降、6位、4位、4位、3位と着実に順位を上げてきた関学。

今季までNTTドコモでトップリーガーとして活躍してきた若き指揮官・小樋山樹氏(関学高-関学大)を迎えて挑む新シーズン。

また素晴らしいチームを作って、シーズンインを迎えて欲しいと思います。

 

京都産業大学

監督伊藤鐘史
主将田中利輝FL4年東海大仰星
副将城間 賢FL4年御所実
ニコラス・ホフアFB4年札幌山の手

47年間にわたる指導でチームを全国レベルの強豪に育て上げた大西監督が勇退し、新たな時代へと舵を切る京産大。

新チームのリーダーを託されたのは、昨季リーグ全試合に先発フル出場した屈強な戦士・田中利輝選手。

今季、多くのリーダーを輩出している山田生真主将(4年・東海大)が率いた2016年度の東海大仰星の中心選手にして、昨季のリーグ開幕戦(関学大戦)では3年生ながらゲームキャプテンに任命されるなど、優れたリーダーシップも持ち合わせる男。

そのキャプテンシーにも期待がかかります。

昨年関西勢は大学選手権の決勝に残れなかったことから、今季関西リーグに与えられる選手権の出場枠は3。

昨年と同じ4位のポジションにいては全国への道は見えてきません。

世界を知る伊藤新監督、田中新主将のタッグがチームをどこまで引き上げることが出来るのか。

新生・京産大の戦いぶりに注目しましょう。

近畿大学

監督中島 茂
主将森田博斗PR4年常翔学園
副将今住拳矢朗WTB4年東福岡

勢いに乗ると手が付けられない厚みのあるラグビーを見せる一方で、下位チーム相手には苦戦を強いられるなど、浮き沈みの激しいシーズンを過ごした昨季の近大。

第6節で関学大に渾身の勝利を収めたその翌週に、7位摂南大に敗れ選手権出場を逃した最終節は、まさにそれを象徴するシーンでした。

2016年の4位を最後にここ数年下位に低迷するチームにあっては、やはり”安定感”が上位進出のカギになってきます。

昨季公式戦での試合出場が無くラストイヤーに懸ける森田主将のもと、目指すは関西制覇と8年ぶりの大学選手権出場。

近大の代名詞『イケイケラグビー』の真骨頂を是非見せて欲しいと思います。

立命館大学

監督中林正一
主将庄司拓馬LO4年東海大仰星
副将島田久満HO4年東海大仰星
松本涼志SH4年立命館宇治

立命館の新キャプテンに就任したのは、2015年度の東海大仰星で2年生ながら全国制覇メンバーに名を連ね、2016年度は中心選手として準優勝に貢献した庄司拓馬選手。

能力の高い選手が集った2016年度の東海大仰星『山田組』の中でも、ペネトレーターとしての存在感は随一だった逸材。

大学でもその抜群の突破力と高いワークレートで、1年生時から試合に出場し2,3年時は主力としてほぼ全ての試合に出場。

主将就任は既定路線だったと言っていいでしょう。

昨年は前年度2位チームとして臨みながら、開幕戦で近大に敗れるなど苦戦が続き、最終的に2勝5敗の6位と低迷した立命館。

その大きな要因は『失点の多さ』にあると考えます。

平均失点で見ると3位だった2017年度は”28点”、2位だった2018年は”22点”。

そして昨年度は”35点”と、その違いは明らか。

攻撃力の高いチームが多く、打ち合いとなる試合が多い関西リーグでは、やはり”高いディフェンス力”が上位チームの絶対条件。

昨年が3年生以下を中心とした若いチームだったことを考えると、今年はその真価が問われる年。

チームカラーが確立され、充実したメンバーも抱える立命館。

このポジションにいていいチームではありません。

<2020年戦力予想は↓>

(最新)【戦力予想2020】関西Aリーグ 立命館大学 ~FW編~

(最新)【戦力予想2020】関西Aリーグ 立命館大学 ~BK編~

 

摂南大学

監督瀬川智広
主将未発表
副将

開幕から5連敗と苦みながらも、最後は入替戦も含め3連勝でシーズンを締めくくった摂南大。

東芝の監督としてトップリーグ連覇に導いた知将・瀬川智広氏を新監督に迎え、再出発を図る今季。

新幹部はどのような布陣となるのか。

発表され次第お伝えしたいと思います。

 

関西大学

監督桑原久佳
主将淡野徳蔵HO4年尾道
副将松本大吾CTB4年東海大仰星

2018年度の降格からわずか1年でA昇格を果たした関西大。

大体大との入替え戦は、キックを織り交ぜた多彩な攻撃、鋭い出足のディフェンス、1プレー1プレーに対する選手の盛り上がりなど、この試合に全てを懸けてきたチームの想いが存分に伝わってくる渾身の内容でした。

決して妥協しない厳しい鍛錬で培った実力は本物。

そして2年ぶりにAリーグを戦うチームの主将を任されたのは広島の名門・尾道で主将経験もある淡野徳蔵選手。

そして、副将には東海大仰星『山田組』で副将を務めた松本大吾選手が就任し、しっかり淡野選手の脇を固めます。

下級生には大阪桐蔭で主力として全国制覇を経験したLO稲留将貴選手(2年)ら好選手も揃う関大。

Aリーグでの大暴れを期待しましょう。

各チーム主将まとめ

大学氏名PO学年出身
天理松岡大和FL4年甲南
同志社中尾泰星FL4年大分舞鶴
関西学院竹内海斗HO4年天理
京都産業田中利輝FL4年東海大仰星
近畿森田博斗PR4年常翔学園
立命館庄司拓馬WTB4年東海大仰星
摂南未発表
関西淡野徳蔵HO4年尾道

<2020年戦力予想はこちら↓>

(最新)【戦力予想まとめ】2020年度大学ラグビー主要リーグ メンバー予想

コメントを残す

CAPTCHA